[ リストに戻る ]
No.1625へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「Some Kind of Wonderful  【reviced edition】」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:46:50 [No.1609]
第1話 「届いてはいけない想い」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:47:47 [No.1610]
第2話  「壊れた時計」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:06:11 [No.1611]
第3話 「天使からの招待状」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:46:10 [No.1612]
第4話「Reunion 前編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:05:31 [No.1613]
第5話「Reunion後編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:13:46 [No.1614]
第6話「天使の憂鬱」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 20:51:42 [No.1615]
第7話「Do you see the light?」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 21:17:14 [No.1616]
第8話「一人ぼっちじゃない。」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:18:40 [No.1617]
第9話「Who’s that girl?」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:40:56 [No.1618]
第10話「Another Angel」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:04:51 [No.1619]
第11話「変わらないもの」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:13:25 [No.1620]
第12話 「ギャンブル」 - スタンリー - 2011/10/30(Sun) 21:13:32 [No.1621]
第13話 「懺悔」 - スタンリー - 2011/11/03(Thu) 23:15:00 [No.1622]
第14話 「告白」 - スタンリー - 2011/11/05(Sat) 21:42:46 [No.1623]
第15話 「White Light」 - スタンリー - 2011/11/13(Sun) 20:37:11 [No.1624]
第16話「あの日の果実」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 20:35:07 [No.1625]
第17話 「Forgiveness」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 21:19:08 [No.1626]
第18話 「Silent  Jealousy」 - スタンリー - 2012/01/15(Sun) 20:53:36 [No.1627]
第19話「幸福な時間」 - スタンリー - 2012/01/29(Sun) 20:40:44 [No.1631]
第20話 「北からの風」 - スタンリー - 2012/02/19(Sun) 21:06:15 [No.1633]
第21話 「親友」 - スタンリー - 2012/02/26(Sun) 00:10:17 [No.1634]
第22話 「遅すぎたヒロイン」 - スタンリー - 2012/03/18(Sun) 23:06:28 [No.1635]
第23話 「西高東低?」 - スタンリー - 2012/03/21(Wed) 21:12:24 [No.1636]
第24話 「愛しき人」 - スタンリー - 2012/04/14(Sat) 20:33:04 [No.1637]
第25話 「悲しい決断」」 - スタンリー - 2012/05/19(Sat) 23:10:33 [No.1639]
第26話 「優しい嘘」 - スタンリー - 2012/05/20(Sun) 20:48:06 [No.1640]
第27話 「嵐のあとに・・・」 - スタンリー - 2013/01/06(Sun) 21:14:47 [No.1642]
第28話 「Love Drive」 - スタンリー - 2013/01/12(Sat) 19:06:45 [No.1643]
第29話 「夢のグランド」 - スタンリー - 2014/08/03(Sun) 21:01:31 [No.1645]


第16話「あの日の果実」 (No.1624 への返信) - スタンリー

16話「あの日の果実」


綾が唯にメールを送信後にピザを注文して、自室に戻り化粧を直して、書類を

持って応接室に入る。

淳平「だいぶ、時間がかかったみたいだけど、どうかしたの?」


綾「ほら、さっきちょっと泣いちゃったから、お部屋に行ってお化粧を直してたの。」


淳平「そうか・・・・」

淳平(大人になると女の子って大変だなぁ。)



綾「ところで、その小説はどう?」



淳平「とてもいい作品だと思うよ。」



綾「その他に今、連載中で雑誌に未掲載分のもあるけど、続きは読みたくない?」



淳平「えぇっ、本当にいいの?実は、今月号の続きが気になってて・・・・あっ!」




綾「あれ、真中くんって、私の小説が載ってる雑誌って買ったこと無いって言って

なかった?」


綾が笑って淳平の顔を見る。



淳平「いやぁ、あの。」



綾「どうかしたの?本内さん。」

笑いながら淳平に尋ねる。



淳平「えっ・・・・。」




綾「私、知ってるのよ。真中くんが毎月欠かさず私の小説が載っている

雑誌を買ってくれてるって事も、本内という偽名を使って私にファンレ

ターを送ってくれてた事もね。」



淳平「なんだ、バレてたのか。でもどうして分かっちゃったのかなぁ。」



綾「この前電話した時ね、真中くんのお母さんが私に、真中くんが毎月

私の雑誌を買ってるって教えてくれたの。

あと偽名は、コンクールのDVDと一緒に入っていた真中くんのメモの

筆跡と本内さんのファンレターの筆跡が全く一緒だったからなの。

それと昨日、真中くんの親友でもあり、唯ちゃんの彼氏の名前が本内さんっ

て分かったしね。」



淳平「名探偵東城って感じだな。推理小説家としてもやっていけそうだ。」



綾「そう?機会があれば、挑戦してみようかしら。」



綾「ところで、恋愛が面倒とか映画を撮るのに夢中になってて西野さんの

ことは4年も忘れていたとか言っていたのに、どうして偽名まで使って私

には手紙を書いてくれてたの?」



淳平「西野には俺の方から会わないって言っちゃった手前、手紙を送るわけ

にもいかなくてさ・・・。」



淳平「あの手紙は、その、恋愛とか好きとかじゃなくて純粋に東城を応援

してっていうか・・・・・・・東城とは、その、東城の小説で映画を作る

という夢があるから、仕事ぶりが気になってさ。一方通行でもいいから

関わりあっておきたかったんだ。それに、どんな形でもいいから役に立ち

たいとも思っていたし・・・。

ただあんな別れ方をしたから、俺の名前で書いたら、読んでくれないかも

しれないと思ってさ。それで偽名を・・・。」



綾「私、さっき真中くんなしで、賞をとったって言ったけど、真中くんの

おかげで、賞がとれたんだと思う。本当にあのファンレターのおかげで

頑張れたんだもん。」



淳平「俺も、東城のノートのおかげで、ここまで頑張れたようなもんだから、

お互い様かもな。」



綾「ううん、私は高校を卒業してから、真中くんには何もして上げられなかっ

たから。」



淳平「そんなことないって。東城が卒業後に書いた小説も、凄い励みになった

んだぜ。

東城も頑張っているんだから、俺も頑張らなきゃって感じでさぁ。だから、

一緒だって。」



綾「うん、お互い助け合って頑張れたんだね。」



インターホンの呼び出し音がする。



綾「ピザの宅配がきたみたいね、取りに行ってくるから。悪いけど、ダイニングの

方へ行っててくれる?」



淳平「分かった。じゃぁピザを食べながら、恋ネタの一切ない寂しかった学生時代

の話でもするか。」


綾「うふふ、そうね。すぐ行くから待っててね。」



二人で応接室を出た。
























ダイニングで昼食を終えた後、淳平は応接室に戻り、雑誌の未掲載分の小説を読んでいる。

綾は歯を磨いた後で、自室によりノートPCを持って応接室に入り淳平の正面でノートPC

を使い小説を執筆している。

午後4時に綾が2人分のコーヒーとショートケーキを持ってきてテーブルの上に置きまた

執筆している。

部屋の中は、さっきの告白のときの重い空気とは対照的にどこか暖かい雰囲気のなか、綾の

キーボードを打つ音と、置時計の針の音と、時々淳平が小説のページをめくる音だけする。

ただ綾がストーリーを考えている間、キーボードを打つ手を休めているので、綾の耳に秒針

の音だけが聞こえてくる。


綾は心地良い雰囲気のなか、好きな人と同じ時間と同じ空間を共有しながら、幸せな気分

に浸っている。



綾(この置時計の針の音を聞いていると、まるで、今まで止まっていた真中くんへの想いを刻

む時計の針が動きだしたみたいな感じがする。)



淳平が綾のキーボードを打つ音が長時間止まっているのに気付いた。

淳平「執筆は終わったのか?なんか、ぼぉっとしてるみたいだけど。」



綾「ううん、ちょっと、考え事をね。今、手を休めてた時にね、時計の秒針の音を聞い

てたら、何だか高校3年の冬に別れた時から止まってた、私と真中くんの時間を刻む

時計が動き出したみたいな感じがしてね。それで、ちょっと幸せな気分に浸っていたの。」



淳平「あの分かれた日に俺達二人の関係は止まっていたからな。そんな表現がパッと出て

くるなんてさ、さすが小説家だな。」



綾「そう?でも、この時計は私たちの夢への到達までの時間を刻むものでもあるし、別れ

へのカウントダウンを刻むものでもあるわね。」



淳平「別れへのカウントダウンか・・・確かに出会いがあれば、必ず別れがあるからな。

でも今日からつきあうことになったばかりなのに「別れ」って余り縁起のいい話じゃないな。」



綾「そうね。ちょっと、タイミング的にあまり良くない話だったわね。ごめんなさい。」

綾(私って、ちょっと褒められたからって、調子に乗って余計なことを・・・。)



淳平「別に、いいよ。それよりもっと俺たちのこれからの事について考えないか?」



綾「例えば?」



淳平「そうだなぁ・・。例えば、俺にこうして欲しいとか、ここは直して欲しいとか

私はこうしたいとか、二人でこうしたいとか、別に、何でもかまわないんだ。」



綾「告白する事で頭が一杯だったから、恋人になってからの事は全然考える余裕が

なかったの。だから真中くんから先に言ってみて。」



淳平「そうか。でも余り深く考えることもないんだけどな。ただ、俺も突然の告白だっ

たから・・・。

でも俺が言い出したことだから少し考えるよ。」



綾「うん、分かった。」



綾は、またキーボードを打鍵し始めた。




淳平は二人でこれからどうしたいかについて考えている。


淳平(東城に、直して欲しいとか、こうして欲しいとかは、さっき、告白される

前にフッた訳とカブるからもう特にないし・・・。)



淳平(映画とか小説の話は、この前の祝賀会でしたしなぁ。これから暇な時は一緒

に映画を見に行ったりデートをしたいっていうのも、あえて上げる必要もないだろし。)



淳平の考えは次第に本題からはなれ、少し不埒な妄想に変わっていった。



淳平(そりゃぁ、俺だって男だし、こんなきれいな恋人ができたんだから、あんな

ことやこんなことをしてみたいけど、さすがに付き合うことになった初日にそんな

話をしたら、おかしいよなぁ。でもキスくらいだったら・・・それも今って

・・・昼飯ってピザだったじゃん。東城は食後にハミガキをしたからいいけど・・・。

キスしたいからハミガキがしたいなんてことは絶対言えないし・・・。あっ、ガムなら

ポケットにあった・・・・といっても東城がキスをOKしてくれるとは限らないし・・・。

でも俺って、寝ている間に東城にキスされたことがあったっけ。だから拒まれる事はまず

ないと思うけど・・・でもムードって大切だよな・・・って、こんなこと考えてたら、ああ

なんか今すぐにでも東城と無茶苦茶キスがしたくなってきた。)



淳平が、ふとテーブルの上のケーキの上にある果物をみて・・・



淳平(「いちご・・・・・・・・・ぱんつ」)



淳平「そうだ。」



綾が少し驚いて。

綾「えっ、どうしたの急に大きな声をだして?」



淳平「あっ、ごめん、今からちょっと一緒に行きたい所があるんだけど、大丈夫か?」



綾「えっ、行きたい所って何処?」



淳平「一緒に行けば分かるって。今4時半位だし、今日は日曜日できっと誰もいないはず

だから。」

淳平が読んでいた小説をまとめて、テーブルの上に置き、立ち上がる。



綾「えっ、今から?いいけど・・・・。これって、さっきの話と関係があるの?」



淳平「いや、ちょっと従兄弟に頼まれてたことがあってちょっと手伝って欲しいんだ。」



綾(お手伝い?)



綾「じゃぁ、ちょっと着替えてくるから待ってて。」



淳平「別に格好なんていいから、すぐに行こうぜ。」




綾「そう?じゃあ、行くね。」と言って立ち上がる。
    ・
    ・
    ・
    ・
二人は家から外に出て歩いていた。(何故か、淳平だけはガムを噛んでいる。)



二人の歩いているその道は、綾が過去3年、晴れの日も、雨の日も、雪の日も歩いた道だった。


[No.1625] 2011/12/03(Sat) 20:35:07
i219-164-46-22.s02.a023.ap.plala.or.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS