[ リストに戻る ]
No.1627へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「Some Kind of Wonderful  【reviced edition】」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:46:50 [No.1609]
第1話 「届いてはいけない想い」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:47:47 [No.1610]
第2話  「壊れた時計」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:06:11 [No.1611]
第3話 「天使からの招待状」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:46:10 [No.1612]
第4話「Reunion 前編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:05:31 [No.1613]
第5話「Reunion後編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:13:46 [No.1614]
第6話「天使の憂鬱」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 20:51:42 [No.1615]
第7話「Do you see the light?」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 21:17:14 [No.1616]
第8話「一人ぼっちじゃない。」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:18:40 [No.1617]
第9話「Who’s that girl?」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:40:56 [No.1618]
第10話「Another Angel」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:04:51 [No.1619]
第11話「変わらないもの」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:13:25 [No.1620]
第12話 「ギャンブル」 - スタンリー - 2011/10/30(Sun) 21:13:32 [No.1621]
第13話 「懺悔」 - スタンリー - 2011/11/03(Thu) 23:15:00 [No.1622]
第14話 「告白」 - スタンリー - 2011/11/05(Sat) 21:42:46 [No.1623]
第15話 「White Light」 - スタンリー - 2011/11/13(Sun) 20:37:11 [No.1624]
第16話「あの日の果実」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 20:35:07 [No.1625]
第17話 「Forgiveness」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 21:19:08 [No.1626]
第18話 「Silent  Jealousy」 - スタンリー - 2012/01/15(Sun) 20:53:36 [No.1627]
第19話「幸福な時間」 - スタンリー - 2012/01/29(Sun) 20:40:44 [No.1631]
第20話 「北からの風」 - スタンリー - 2012/02/19(Sun) 21:06:15 [No.1633]
第21話 「親友」 - スタンリー - 2012/02/26(Sun) 00:10:17 [No.1634]
第22話 「遅すぎたヒロイン」 - スタンリー - 2012/03/18(Sun) 23:06:28 [No.1635]
第23話 「西高東低?」 - スタンリー - 2012/03/21(Wed) 21:12:24 [No.1636]
第24話 「愛しき人」 - スタンリー - 2012/04/14(Sat) 20:33:04 [No.1637]
第25話 「悲しい決断」」 - スタンリー - 2012/05/19(Sat) 23:10:33 [No.1639]
第26話 「優しい嘘」 - スタンリー - 2012/05/20(Sun) 20:48:06 [No.1640]
第27話 「嵐のあとに・・・」 - スタンリー - 2013/01/06(Sun) 21:14:47 [No.1642]
第28話 「Love Drive」 - スタンリー - 2013/01/12(Sat) 19:06:45 [No.1643]
第29話 「夢のグランド」 - スタンリー - 2014/08/03(Sun) 21:01:31 [No.1645]


第18話 「Silent  Jealousy」 (No.1626 への返信) - スタンリー

第18話 「Silent  Jealousy」


夕暮れの母校からの帰り道、綾が淳平に話しかけた。


綾「真中くん、あのね、さっき家で話してたことなんだけどね。」



淳平「ああ、二人のこれからの話のこと?」



綾「うん、あの真中くんにこうしもらいたいって事なんだけどね。

お願いがあるの。ただ、ちょっと話しにくいことなんだけどね。」



淳平「遠慮なんかしないで、なんでも言ってくれていいんだぜ。」



綾「じゃぁ、言うね。あのぉ、気を悪くしないでもらいたいんだ

けど、その、夜のアルバイトなんだけど、辞めるわけにはいかな

いかなって・・・。」



淳平「えっ、あの仕事かぁ。そりゃぁ、有名一流作家の彼氏が

キャバクラのボーイなんてみっともないからな。」



綾「ううん、みっともないとか、そんな理由じゃないの

ただ・・・・。」



淳平が少し感情的になりながら。

淳平「みっともなきゃ、他にどんな理由があるんだよ。」


綾「それは、ちょっと言い辛くて・・・・。」



淳平「東城って、仕事で人を判断するような人だとは、

思わなかったから正直言ってショックだな。」


綾も少し感情的になって。

綾「だから、さっきからそんな理由じゃないって、言ってる

じゃない。もういい、真中くんに私の気持ちなんて分かる

はずない。」


綾が怒って、つないでいた手を離して歩き出す。



淳平「怒ったのか?悪かったゴメン。」


淳平が少し早足で綾を追いかける。


綾「もう知らない。」

綾も少し膨れっ面になりながら早足で歩きだす。


淳平(東城にマジで怒られたのは高1の時、映研

に誘った時以来2回目だな。)


淳平が立ち止まって、ポツリと言う。


淳平「あの時と同じだな・・・。」



綾が立ち止まる。

綾「あの時・・・・って?」



淳平「俺が高1の時映研に誘った時のことだよ。結局、怒っ

ている理由が分からないまま、ただ謝ってさ・・・。

また今回も俺が悪いとは思うんだけど・・・・その、俺って

この歳になってもあの時みたいに、気持ちが分からなくてさ

全然成長してないみたいだな。」



綾「私の方こそ、・・・ごめんなさい。さっき、告白前に私の

ことが分からないって言ってくれてたのに、まだ同じ態度を

とっちゃって。」



綾「じゃぁ、あのアルバイトを止めて欲しい理由を話すね。

・・・笑わないで欲しいんだけどね。
真中くんが私の知らないお店のコ達と、緒にいるのがね嫌

だったの。それに、車で送るっていうのも・・・嫌なの。

もちろんお仕事だって事は分かってるんだけどね。

さっき付き合うことになったばかりで自分にまだ自信がない

から、ちょっぴり不安になっちゃってね、それでね。」



淳平「そうかぁ、それでかぁ。それを俺は勝手に勘違いをして

気まずい思いをさせて。ホント悪かった。」



綾「ううん、私が恥ずかしがってて、素直じゃなかったの

がいけないの。」



淳平「本当は、決まるまで誰にも言わないでおこうと思ってたこと

だけどさ。この前喫茶店にいた時、角倉さんから電話があったろう。

再来週の水曜日に、角倉さんのところの事務所の面接を受ける事に

なってるんだ。」



綾「就職するの?」



淳平「まだ、面接前だから、決まった訳じゃないけどな。でももし

決まれば夜のだけじゃなくてさ、バイトは全部辞めるつもりなんだ。

バイト先にはもう話してあるんだ。ただ角倉さんには、高3の時の映画

の件があるから、期待していると採ってくれないかもしれないから。」



綾「でも流石に今回は無いんじゃないの?」



淳平「東城は知らないかもしれないけど、今映画だけじゃなく映像

関係はこの不景気のあおりをモロに受けて、何処も厳しいらしい。

不景気になると、企業が宣伝・広告にお金を使わないようになる

らしくてスポンサー探しが難しいって角倉さんが言ってた。」



綾「そういえば、雑誌の担当の人が出版業界もスポンサー探しが難

しいって言ってたわ。どこの業界も大変なんだね。」


淳平「ああ。でも就職できるかどうかに係わらず係わらず夜の

バイトは止める」



綾「本当にいいの?」


淳平「いいって。収入は減るけど、その分夜、会えるからさ。」



綾「嬉しい。でも絶対就職できるよ。



淳平「それでさぁ、今思いついたんだけど、俺と一緒に面接用の

スーツを買いに行くのに付き合ってくれないかなぁ。

俺って成人式の時にスーツを作ったきりでさ、体が大きくなって

着れなくなっちゃってさ。

角倉さんの話がなくてもこれから面接の時に要ると思って本当は

唯の服を買う時一緒に買おうと思ってたんだけど、あの時思った

より、服が高くてさ、スーツを買うお金が足りなく無くなっちゃっ

たんだ。

それで月・火はバイトがあるから水曜日に買いに行きたいなって思っ

てるけど、どうかな?」



綾(一緒にショッピングに行こうってことだよね。)



綾「偶然水曜の午後に注文した服をデパートに取りにいくから

その時にスーツを買いに行くっていうのはどう?」



淳平「いいぜ、午後なら・・・じゃぁ2時に家へ車で迎えにいくよ。

それで買物のあとに、できたら夕飯を一緒にしたいんだけど。」



綾(これってデート?)

綾「うん、分かった。じゃぁ、2時に私の家でね。」


また二人は手をつなぎ歩き出した。

しばらく歩くと、綾の家が近づいてくる。



綾「この後何か予定ってあるの?」
+

淳平「別にないけど。東城は?」



綾「私もないから、家に来る?ただ、両親が家にいると思

うけど。」



淳平「お母さんたちって・・・そうかぁ。」



綾が淳平を気持ちを察して。


綾「私の家はすぐそこだから、ここでいいわ。

送ってくれてありがとう。

水曜日までに二人のこれからについて考えておくからね。」



淳平「えっ?ああ、それよりも今朝渡した俺の作品のことも

忘れないでくれよな。」



綾「すっかり忘れてた。」



淳平「今日の本来の目的はそれなんだからさ。でも無理は

しないでいいから、じゃぁ、またな。」



綾「うん、さようなら。後で電話するね。」



淳平「いつでもいいから。」


淳平は自分の家へ向かい歩き出した。



綾は淳平の後ろ姿を見送ると、幸せな気分で家に帰った。


[No.1627] 2012/01/15(Sun) 20:53:36
i60-34-69-31.s02.a023.ap.plala.or.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS