[ リストに戻る ]
No.1631へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「Some Kind of Wonderful  【reviced edition】」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:46:50 [No.1609]
第1話 「届いてはいけない想い」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:47:47 [No.1610]
第2話  「壊れた時計」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:06:11 [No.1611]
第3話 「天使からの招待状」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:46:10 [No.1612]
第4話「Reunion 前編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:05:31 [No.1613]
第5話「Reunion後編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:13:46 [No.1614]
第6話「天使の憂鬱」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 20:51:42 [No.1615]
第7話「Do you see the light?」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 21:17:14 [No.1616]
第8話「一人ぼっちじゃない。」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:18:40 [No.1617]
第9話「Who’s that girl?」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:40:56 [No.1618]
第10話「Another Angel」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:04:51 [No.1619]
第11話「変わらないもの」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:13:25 [No.1620]
第12話 「ギャンブル」 - スタンリー - 2011/10/30(Sun) 21:13:32 [No.1621]
第13話 「懺悔」 - スタンリー - 2011/11/03(Thu) 23:15:00 [No.1622]
第14話 「告白」 - スタンリー - 2011/11/05(Sat) 21:42:46 [No.1623]
第15話 「White Light」 - スタンリー - 2011/11/13(Sun) 20:37:11 [No.1624]
第16話「あの日の果実」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 20:35:07 [No.1625]
第17話 「Forgiveness」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 21:19:08 [No.1626]
第18話 「Silent  Jealousy」 - スタンリー - 2012/01/15(Sun) 20:53:36 [No.1627]
第19話「幸福な時間」 - スタンリー - 2012/01/29(Sun) 20:40:44 [No.1631]
第20話 「北からの風」 - スタンリー - 2012/02/19(Sun) 21:06:15 [No.1633]
第21話 「親友」 - スタンリー - 2012/02/26(Sun) 00:10:17 [No.1634]
第22話 「遅すぎたヒロイン」 - スタンリー - 2012/03/18(Sun) 23:06:28 [No.1635]
第23話 「西高東低?」 - スタンリー - 2012/03/21(Wed) 21:12:24 [No.1636]
第24話 「愛しき人」 - スタンリー - 2012/04/14(Sat) 20:33:04 [No.1637]
第25話 「悲しい決断」」 - スタンリー - 2012/05/19(Sat) 23:10:33 [No.1639]
第26話 「優しい嘘」 - スタンリー - 2012/05/20(Sun) 20:48:06 [No.1640]
第27話 「嵐のあとに・・・」 - スタンリー - 2013/01/06(Sun) 21:14:47 [No.1642]
第28話 「Love Drive」 - スタンリー - 2013/01/12(Sat) 19:06:45 [No.1643]
第29話 「夢のグランド」 - スタンリー - 2014/08/03(Sun) 21:01:31 [No.1645]


第19話「幸福な時間」 (No.1627 への返信) - スタンリー

第19話「幸福な時間」


綾が家に入ると両親は既に帰宅している。


綾「ただいま。」


綾の母「おかえりなさい、どこかへ行ってたの?」



綾「うん、高校時代の友達とちょっとね。」



綾の母「そう、ところで、応接室にカップとお皿がそのまま

になってるみたいだから、ちゃんと片付けておいてね。」



綾「すぐに片付けるね。」



綾の母「じゃぁ、後片付けが終わったら、夕食にしましょう。」



綾「うん。」



綾が応接間の後片付けをしている。

綾は幸せな気分に浸りながら、今日の出来事を思い出している。

綾(今日、ここで私たちは恋人になれたんだ・・・。

高校3年の冬、勉強疲れで寝ていた真中くんに勝手にキス

しちゃってとても苦しい想いをしていてたのに・・・さっき

キスしっちゃったんだ・・・それも真中くんの方から・・・。

片思いで罪悪感がのこるキスと両思いのキスではやっぱり違う。

あの時は実らない恋だと思ってあきらめてたけどまさか今日

実るなんて私って、今凄く幸せ・・・。)



綾は幸せな気分に浸りながら、これからのことを考えている。


綾(これからのことかぁ・・・・。とりあえず、お互いの呼び方を

替えたいな。

やっぱり「あや」って呼んでもらいたいけど、真中くんはどう思っ

ているいのかな。

それと真中くんはどう呼んでもらいたいんだろう。

私が「あや」ならやっぱり「じゅんぺい 」かな。

でも、まだ最初は照れて「じゅんぺいくん」とか「じゅんくん」かな。)



綾(もし彼が就職するんだったら、土曜・日曜日はきっとオフのはず

だよね。

出来るだけ執筆とか講演等の仕事は避けるようにしないと・・・。)



綾(そういえば、真中くんと付き合う事になったことを美鈴ちゃんに

伝えないと。

こうなれたのも彼女が祝賀会を開いて真中くんと再会できたおかげだし

西野さんと別れたのを教えてくれたおかげだから・・・。)



キッチンから内線が入り綾が受話器をとる。



綾の母「綾ちゃん。もう夕飯の準備が出来たけど、まだ、お片づけに

時間がかかりそう?」



綾「うん、あとちょっとで終わるから、先に食べてて。」




綾の母「分かったけど、冷めちゃうから早くきてね。」


綾が受話器を戻す。



綾が小説とノートPCを自室に運んだ後に、お盆にケーキのお皿と

カップを載せててキッチンへ行った。



綾の母「もう、遅いから、お父さん、食べ終わってお風呂に入っ

ちゃったじゃない。」



綾「ちょっと時間がかかっちゃって。」



綾の母「まぁ、いいわ、お料理が冷めちゃうといけないから早

く座って、食べてね。」



綾「うん、ところで、今日は何を買ってきたの?」



綾の母「お父さんのスーツを買いにいってたの。」



綾「そうなんだ、スーツを買いに・・・!ねぇ、お母さん、スーツ

を買ったんだったら何か、お店からディスカントのクーポンとか貰

わなかった?」



綾の母「別にもらわなかったけど・・・。ただお店からのダイレクト

メールには何かついてたみたいだけど・・・、どうして?」


綾「えっ・・・、えーっとね、私の友達の弟さんがね、デパートで就

職活動用のスーツを買いたいって言ってたからね、それでね。」



綾の母「そう、もし要るんだったら、寝室にあるはずだから後で

持ってきてあげるわね。」


綾「うん。」


















綾は食事後自室で美鈴に電話をかけている。



美鈴「もしもし」


綾「もしもし美鈴ちゃん。私、東城ですけど。」


美鈴「東城先輩、こんばんは。」


綾「こんばんは。美鈴ちゃんに伝えたい事があって

電話したんだけど、今って大丈夫?。」


美鈴「大丈夫ですけど、私に伝えたい事ですか?

ひょっとして、真中先輩のことですか?」



綾「うん、そうなの。」


美鈴「それで。その後どうしたんですか?」


綾「美鈴ちゃんがあの事を教えてくれたおかげで

真中くんの恋人になることが出来ました。」



美鈴「本当ですか・・・。

先輩、昔からの恋が実ったみたいですね。

おめでとうございます。」



綾「うん、ありがとう。」



美鈴「それで、どうやって真中先輩をゲットしたんですか?」



綾「まだ、真中くんがみんなにどう伝えるか分からないから

詳しいことは、言っちゃいけないかもしれないんだけどね・・・。

でも、美鈴ちゃんには話すけど、まだ誰にも言わないで欲しいの。」



美鈴「誰にも言いません。約束します。」



綾「真中くん本人から聞いた話だと、卒業後は色々な女のコから

告白されてたらしくて凄くもてたらしいの。」



美鈴「えっ、あの人がですか?この前会った時は、別人みたいに

格好良くなってたけど・・・。」



綾「幼馴染の唯ちゃんって覚えているか知らないけどね、彼女も

言ってたから、きっとそうだと思うの。

ただ、西野さんがいるから告白されても、全て断ってたみたい

なんだけどね。」



美鈴「唯ちゃんなら、私も覚えてますよ。あの頃の先輩からは

想像できないですけど、彼女もそう言うならね。」



綾「それでね、唯ちゃん、真中くんが、フリーになったから

振られた寂しさから真中くんが変な女のコとくっつかないかを

心配して、大学の後輩の女の子を紹介する事になったの。

それを私が今朝知ってね、もしかしたらそのコと付き合っちゃ

う事になるかもしれないと思って、慌てて私の方から告白したら

真中くんがOKしてくれたの。」



美鈴「先輩って変わりましたねぇ。

あの頃は自分の気持ちを外に出さないように、胸の内にしまって

たのに、こんなに積極的になれたのは、真中先輩のことをそれだけ

好きだったってことなんですか?」



綾「そうね、真中くんは私にとって運命の人だからね。それに真中

くんにも言われて分かったことたけど、私って自分の気持ちに素直

になれなくてね、それで大分損してたみたい。告白した後に分かっ

たことだけど、真中くんにとって、初恋の人だって言ってたから。」



美鈴「えっ、そうなんですか?でも、聞いた話だと、真中先輩って

西野先輩と中学3年から付き合ってったって・・・。」



綾「そう、そこが不思議なの。彼が中学校3年の時に西野さん

に告白したのを知っているから。

今度会った時にでも確認してみるわ。」



美鈴「そうですか。初恋の理由は先輩も知らないみたいですね。

でも、それが本当なら、二人は最初は両思いだったことになり

ますよね。」



綾「そうなるわねぇ。でも、その後の私の態度や行動が彼を迷わせ

たみたいで、美鈴ちゃんも知ってのとおり、学園祭前に西野さんを

選んだみたいなの。」



美鈴「そういえば、真中先輩って学園祭前に、東城先輩には他に好

きな男性がいて避けられているって言ってました。」



東城「避けてたのは事実だけど、それには訳があって・・・。」



美鈴「そうだったんですか・・・。でも、その時はつらい思いを

したみたいですけど、今は恋人になれたんですから、

いいじゃないですか。過去より今が大事ですからね。」



東城「うん、私もそう思う。」



美鈴「ところで先輩、さっきは絶対言わないって言いましたけど

真中先輩と付き合っていることだけは兄と北大路先輩に

だけは話してもいいですか?」



綾「どうしてなの?」



美鈴「実は以前話したと思いますけど、私から、北大路先輩には

真中先輩が西野先輩と分かれたことを絶対話さないですけど、もし

かしたら、私の兄が話しちゃうかもしれないんですよ。

そうしたら、東城先輩が付き合ってるのを知らずに北大路先輩が

真中先輩にアタックしちゃうかもしれないし・・・。

北大路先輩って真中先輩のことをまだ引きずっているらしくて

今も恋人がいないみたいだから。」



綾「北大路さんも、まだ真中くんのことを・・・。そうねぇ、

うん、じゃぁ、付き合うようになったのは教えても

構わないわよ。

でも私から告白したことは、まだ言わないで欲しいの。」


綾(もし北大路さんが真中くんに告白したら、悩んじゃうかもしれ

ないし、それと真中くんは、唯ちゃんに言ったみたいに告白したの

は自分とかいうかも知れないからね。)



美鈴「分かりました。告白のことは言いませんけど、早速兄と

北大路先輩には二人が付き合っていることを話しますね。」



綾「私のために気を使わせてわるいわね。」



美鈴「いいえ、尊敬する先輩の役に立てたたんですから

これくらいはいいですよ。」



綾「それじゃ、そろそろ失礼しようかしら。」


美鈴「そうですね、じゃぁ、先輩、真中先輩とお幸せに。」


綾「ありがとう、美鈴ちゃん、さようなら。」


二人が電話を切る。


綾(次は、真中くんに電話をしよう。もう、夕食は食べ終った

かなぁ。あと少し経ったら電話をしよう。)

綾は、幸せな気分で、時間が経つのを待っていた。


一方美鈴は・・・



美鈴(さっき、東城先輩にああは言ったけど、北大路先輩に真中先輩

のことはあきらめて下さいって言わなきゃならないなんて、また私っ

て、余計な事を言っちゃったかも・・・。

あぁ、北大路先輩にどうやって伝えたらいいんだろう。)

自室で、一人悩んでいた。


[No.1631] 2012/01/29(Sun) 20:40:44
i121-113-184-216.s02.a023.ap.plala.or.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS