[ リストに戻る ]
No.1633へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「Some Kind of Wonderful  【reviced edition】」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:46:50 [No.1609]
第1話 「届いてはいけない想い」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:47:47 [No.1610]
第2話  「壊れた時計」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:06:11 [No.1611]
第3話 「天使からの招待状」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:46:10 [No.1612]
第4話「Reunion 前編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:05:31 [No.1613]
第5話「Reunion後編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:13:46 [No.1614]
第6話「天使の憂鬱」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 20:51:42 [No.1615]
第7話「Do you see the light?」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 21:17:14 [No.1616]
第8話「一人ぼっちじゃない。」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:18:40 [No.1617]
第9話「Who’s that girl?」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:40:56 [No.1618]
第10話「Another Angel」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:04:51 [No.1619]
第11話「変わらないもの」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:13:25 [No.1620]
第12話 「ギャンブル」 - スタンリー - 2011/10/30(Sun) 21:13:32 [No.1621]
第13話 「懺悔」 - スタンリー - 2011/11/03(Thu) 23:15:00 [No.1622]
第14話 「告白」 - スタンリー - 2011/11/05(Sat) 21:42:46 [No.1623]
第15話 「White Light」 - スタンリー - 2011/11/13(Sun) 20:37:11 [No.1624]
第16話「あの日の果実」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 20:35:07 [No.1625]
第17話 「Forgiveness」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 21:19:08 [No.1626]
第18話 「Silent  Jealousy」 - スタンリー - 2012/01/15(Sun) 20:53:36 [No.1627]
第19話「幸福な時間」 - スタンリー - 2012/01/29(Sun) 20:40:44 [No.1631]
第20話 「北からの風」 - スタンリー - 2012/02/19(Sun) 21:06:15 [No.1633]
第21話 「親友」 - スタンリー - 2012/02/26(Sun) 00:10:17 [No.1634]
第22話 「遅すぎたヒロイン」 - スタンリー - 2012/03/18(Sun) 23:06:28 [No.1635]
第23話 「西高東低?」 - スタンリー - 2012/03/21(Wed) 21:12:24 [No.1636]
第24話 「愛しき人」 - スタンリー - 2012/04/14(Sat) 20:33:04 [No.1637]
第25話 「悲しい決断」」 - スタンリー - 2012/05/19(Sat) 23:10:33 [No.1639]
第26話 「優しい嘘」 - スタンリー - 2012/05/20(Sun) 20:48:06 [No.1640]
第27話 「嵐のあとに・・・」 - スタンリー - 2013/01/06(Sun) 21:14:47 [No.1642]
第28話 「Love Drive」 - スタンリー - 2013/01/12(Sat) 19:06:45 [No.1643]
第29話 「夢のグランド」 - スタンリー - 2014/08/03(Sun) 21:01:31 [No.1645]


第20話 「北からの風」 (No.1631 への返信) - スタンリー

第20話 「北からの風」



淳平が自宅で夕食後、車内のぬいぐるみを全て袋に詰めて、自室

にもってくる。


淳平がベッドに腰掛一息ついて。



淳平(ふぅー。結構な量があるなぁ。これどう処理しようか。

東城に渡す・・・っていうのはないよなぁ。

ただのいたずらと言っても、お店のコ達からの物だしな。

また唯にやるか。)


淳平が唯に携帯で電話する。



唯「もしもし、じゅんぺい、何か用?」


淳平「ぬいぐるみを、もらってくれないかな。」


唯「ぬいぐるみって、車内にあった、あれ?」



淳平「そう、あれだけど。」


唯「う〜ん、どうしようかなぁ。」


淳平「頼むよ。」



唯「分かった。今度持ってきて。」


淳平「助かるよ。」



唯「ところで、今そこに東城さんっているの?」



淳平「そこって、今俺の部屋に独りでいるけど。」



唯「一緒じゃないんだ。あんた、今晩なんか用事があったの?」



淳平「二人で外出して東城の家に戻った時、向こうの両親が

家に帰ってきてるって言ってたからさ、なんとなく行きに

くくてさ。」



唯「行きにくい・・・って、なんで?」



淳平「何でって・・・俺って、無職じゃん。」



唯「無職?あんた、東城さんに会いに行ったんでしょ。」



淳平「あん時は、今まで撮った作品を持っていくだけだった

から、恋人じゃなかったし・・・。」



唯「あれ?告白しに行ったんじゃなかったっけ?」



淳平「えっ・・・あぁ、そうだけど・・いや、作品を

見て、・・・話をしていて・・・それで・・ゴニョ・・

ゴニョ。」



唯「まぁ、いいわ。要するに、向こうの両親にあって

無職の自分を紹介されるかもしれないのが嫌だったん

だね。」


淳平がポツリと。


淳平「そのとおりです。」



唯「同級生とはいえ、あんなすごい賞をとった超有名作家さん

だもんね、しょうがないか。」



淳平「だろう。」


淳平の電話にキャッチホンが入る。


淳平「あっ、キャッチ入った・・・東城から」


唯「いいわ、じゃぁまた今度ね。」


淳平「ぬいぐるみ持ってくから、それと今日

悪かったな、ドタキャンして。」


唯「いいから、東城さん待ってるから早く出てあげて

バイバイ。」


唯が電話を切る。



綾が自室から携帯電話で淳平と話している。


綾「あっ、真中くん。」



淳平「どうかしたのか?」


綾「えーっとね、特に用事はないんだけどね・・・。

なんとなく、声が聞きたかったから・・・、迷惑だった?」



淳平「別に、そんなわけないよ。

俺たち付き合ってるんだから気にするなって。」



綾「ありがとう。ところで水曜日のスーツを買いに行く件だけ

どね、デパートのお店のディスカウントクーポンがあるから

一度行ってみたらどうかなって思ってね。」



淳平「へぇー、クーポンがあるんだ。でも、デパートでスーツ

って値段が高いんじゃないか?」



綾「そうね、ちょっと高いかも知れないわね。」



淳平「その辺の、紳士服量販店のスーツで問題ないから。」



綾「そう、何か私余計な事を言っちゃったみたいね。ごめんなさい。」



淳平「別に謝ることじゃないよ。・・・分かった、いくらくらいするか

分からないけど、デパートの紳士服売り場を覗いてみるか。」


綾「えっ、いいの?」



淳平「ああ、ただの冷やかしになっちゃうかも知れないけどな。」



綾「私、真中くんに、スーツを一着プレゼントしたい。」



淳平「プレゼント?別にいいよ、だって理由がないし・・・。」



綾「今まで私に送ってくれたファンレターのお礼っていうのはどう?」



淳平「そんなの気にするなよ。あんなもん別にお金なんか全くかかっ

てないんだから。」



綾「どうしても、お礼がしたいの・・・、ダメ?」



淳平「分かった、じゃぁ今回は、その好意に甘えることにするよ。」



綾「ありがとう、真中くん。」



淳平「おいおい、お礼を言うのは俺の方だって。ハハハ」



綾「本当ね、アハハ。」



綾「さっきね、美鈴ちゃんに電話する機会があったから私たち

今日から付き合ってるって言っちゃったんだけどね、迷惑だった?」



淳平「東城が気にしないんだったら、俺は別に構わないよ。

高校時代と違って、知り合いの異性と付き合うのは、もう恥

ずかしいことじゃないしな。」



綾「そうね。それでね、北・・・」と綾が話した時に、受話

器から淳平の母の声が聞こえる。


淳平の母「淳平、お友達がいらっしゃったみたいだから、ちょっと

玄関に来て。」


淳平「誰だろうなぁ、あっ本内かも。

もしかして唯から東城の事を聴いて、話を聞きに来たのかも。

ちょっと悪いけど、また後で電話するから。」



綾「うん、分かった。じゃぁ、電話を待ってるからね。」


二人が電話を切る。

綾(もっと、話がしたかったのに・・・でもまた後で電話をして

くれるって言ってたから・・・)


綾の電話に美鈴から着信がある。

綾(あれ、美鈴ちゃんから電話だ。)



綾「もしもし、美鈴ちゃん、どうしたの?」



美鈴「東城先輩、実はすぐに伝えたいことがあるのですが。」



綾「何、私に伝えたいことって?」



美鈴「実は、さっきの電話の件ですけどね、あの電話の後、

すぐにうちの兄に電話をしたら、偶然そちらに北大路先輩が

帰ってて会ったらしく兄貴の奴真中先輩と西野先輩が別れて

フリーになったって事を話したらしいんですよ。」



綾「えっ、北大路さんこっちにいるの?それって何時ごろの

話なの?」


美鈴「兄の話だと、ついさっき駅前のファミレスで別れたって

言ってたから・・。」


綾「それで北大路さん、真中くんの所に行ったの?」


美鈴「それは分かりません。

でも先輩の性格から考えておそらく、そうじゃないかと思うん

ですけど・・・。」



綾「そういえば、さっき真中くんの所に電話をした時、真中くん

のお母さんがお友達が来たって言ってたけど・・・その相手って

もしかして・・・。」



美鈴「えっ、さっきですか?じゃぁ、やっぱり行っちゃった

みたいですね。」



綾「そう・・・みたいね。」



美鈴「申し訳ないですけど、今から北大路先輩に電話をして

真中先輩は東城先輩と付き合ってるって私の口からは言えま

せんよね。」



綾「そうね。私どうしたらいいのかな。」



美鈴「ここは真中先輩を信じるしかないと思うんですけど・・・。」


綾「そうよね、真中くん、私のことを恋人として認めてくれたん

だもん、北大路さんに何を言われても、大丈夫よね。

だって、西野さんと付合ってた時、北大路さんに告白された時断ったっ

て言ってたし・・・。

私の時もきっと、そうしてくれると思うからね。」


美鈴「そうですよね。幾らなんでも、今日恋人同士になった日に

他の女のコに言い寄られて、なびくわけないですよね。

北大路先輩には可愛そうですけど、東城先輩は心配しなくてもいいと

思いますよ。」


綾「うん、真中くん、後で電話をくれるって言ってくれたから、彼を

信じて電話を待つことにするわね。」




美鈴「そうですね。じゃぁ、東城先輩また何かあったら、教えてくださいね。」



綾「うん、そうするね、じゃぁ、美鈴ちゃん、お電話ありがとうね。」



美鈴「いえ、じゃあ、失礼します。」


二人が電話を切る。


綾(私、真中くんのこと、信じてるから・・・・。)


[No.1633] 2012/02/19(Sun) 21:06:15
i222-150-3-239.s02.a023.ap.plala.or.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS