[ リストに戻る ]
No.1634へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「Some Kind of Wonderful  【reviced edition】」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:46:50 [No.1609]
第1話 「届いてはいけない想い」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:47:47 [No.1610]
第2話  「壊れた時計」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:06:11 [No.1611]
第3話 「天使からの招待状」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:46:10 [No.1612]
第4話「Reunion 前編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:05:31 [No.1613]
第5話「Reunion後編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:13:46 [No.1614]
第6話「天使の憂鬱」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 20:51:42 [No.1615]
第7話「Do you see the light?」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 21:17:14 [No.1616]
第8話「一人ぼっちじゃない。」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:18:40 [No.1617]
第9話「Who’s that girl?」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:40:56 [No.1618]
第10話「Another Angel」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:04:51 [No.1619]
第11話「変わらないもの」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:13:25 [No.1620]
第12話 「ギャンブル」 - スタンリー - 2011/10/30(Sun) 21:13:32 [No.1621]
第13話 「懺悔」 - スタンリー - 2011/11/03(Thu) 23:15:00 [No.1622]
第14話 「告白」 - スタンリー - 2011/11/05(Sat) 21:42:46 [No.1623]
第15話 「White Light」 - スタンリー - 2011/11/13(Sun) 20:37:11 [No.1624]
第16話「あの日の果実」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 20:35:07 [No.1625]
第17話 「Forgiveness」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 21:19:08 [No.1626]
第18話 「Silent  Jealousy」 - スタンリー - 2012/01/15(Sun) 20:53:36 [No.1627]
第19話「幸福な時間」 - スタンリー - 2012/01/29(Sun) 20:40:44 [No.1631]
第20話 「北からの風」 - スタンリー - 2012/02/19(Sun) 21:06:15 [No.1633]
第21話 「親友」 - スタンリー - 2012/02/26(Sun) 00:10:17 [No.1634]
第22話 「遅すぎたヒロイン」 - スタンリー - 2012/03/18(Sun) 23:06:28 [No.1635]
第23話 「西高東低?」 - スタンリー - 2012/03/21(Wed) 21:12:24 [No.1636]
第24話 「愛しき人」 - スタンリー - 2012/04/14(Sat) 20:33:04 [No.1637]
第25話 「悲しい決断」」 - スタンリー - 2012/05/19(Sat) 23:10:33 [No.1639]
第26話 「優しい嘘」 - スタンリー - 2012/05/20(Sun) 20:48:06 [No.1640]
第27話 「嵐のあとに・・・」 - スタンリー - 2013/01/06(Sun) 21:14:47 [No.1642]
第28話 「Love Drive」 - スタンリー - 2013/01/12(Sat) 19:06:45 [No.1643]
第29話 「夢のグランド」 - スタンリー - 2014/08/03(Sun) 21:01:31 [No.1645]


第21話 「親友」 (No.1633 への返信) - スタンリー

第21話 「親友」

淳平は綾との電話を終えた後、自宅の玄関へ来訪者

を迎えに行く。




?「よぉ、真中。」



淳平「その声は、やっぱ、お前かぁ。」







本内「お前に恋人ができたお祝いに、親友がはせ

参じたのに随分な態度だなぁ。」



淳平「お祝いに来たわりには、手ぶらじゃないか。

おおかた唯のところで、さっき電話してたのを聞いて

覗きにきたんだろう。」



本内「ばれたか。まぁ、そんじょそこらの女なら、電話でも

いいかって思ったけど、凄い有名人らしいからこりゃあ会っ

て聞くべきかと思ってさ。

それに運がよければその有名人の彼女に会えるかもって思ってな。」



淳平「さっき唯にも言ったけど、彼女はここにわいないぜ。

それに別にこれと言って話すことはないけど・・・。

まぁ、ここじゃ、なんだから、あがれよ。」



本内「お邪魔しまぁす。あっ、唯もドラマが見終わったら来る

って言ってたぞ。」



淳平「別に、来なくていいって。」



淳平と本内が淳平の部屋に入る。



淳平「それで、唯から何を聞いてるんだって?」


本内「ああ、今朝お前が、彼女の家に行って、告ったって

それで彼女がOKしてくれたから、付き合ってるって。」



淳平「うん、その通りだ。

さぁ、話は済んだんだから、帰ってくれるか。」



本内「おいおい、そんなに邪険にするなよ。

俺は今でも親友であり真中監督の忠実なキャメラマンのつもり

なんだからな。」



淳平「まぁ、帰ってくれって言うのは半分冗談だけど、半分マジなんだ。

実はお前が来た時、ちょうど彼女と電話中だったんだ。

それを邪魔されたから、ちょっとイラっときてな。それに、今、俺の電話

を待ってくれてると思うから、早く電話をしたいからさ。」



本内「それは、悪い事をしたな。

でも俺は別に気にしないから、電話をしてもらってもいいんだぜ。」



淳平「俺が気にするのっ!」



本内「まぁまぁ、そう興奮するなよ。彼女とは、いつでも話せるんだ

からさ。」


淳平「確かに、それはそうだけど。」



本内「ということで、唯が私のおかげで2人が付き合うことができ

たって自慢してたから、その訳を教えてくれよ。」



淳平「彼女の許可がないとそれを話すことは出来ないな。

どこでどうつながって、彼女の耳に入るか分からないからな・・・

って、まぁ唯経由しかないんだが・・・。」



本内「なんだよ、ケチ。」



淳平「ケチって・・・。あのなぁ、今は、付き合いだしたばっかりで

デリケートな時期だから、しばらくそぉっとしておいてくれよ。」



本内「分かったよ、その件は唯から教えてもらうから。」



淳平「なら初めっから唯に聞けよ、全く。」


本内「お前がフランスに行ってる彼女にフラれた時、てっきり

お嬢(荒木)か沙織と付合うもんだと思ってたんだぜ。」


淳平「お嬢(荒木)か沙織?なんでだよ。」


本内「二人ともお前に気があったみたいだったしさ。」



淳平「・・・・・。」


本内「なんだよ。急に黙り込んだりして。

もしかして、二人から告られて断ったんじゃないか。」



淳平「それは・・・ないけど・・・確かに二人とも

魅力的な異性ではあるけど・・・。」



本内「あるけど?」


淳平「お嬢の場合は、卒業して地元に就職したろう。

遠距離はちょっとな。」


本内「遠距離って言っても別に海外じゃないんだから

・・・まぁ、いいか。じゃぁ沙織は、あいつはこっち

で女優の仕事を探すって言ってたよな。」



淳平(誰にも話してないけど、半年前、沙織には告られ

て断ったんだよなぁ。)


淳平「沙織は・・・・・・・なんて言ったらいいのかなぁ

・・・。」



本内「沙織の話は、まぁ、いいや。そんじゃぁ、お店のコで

・・・えぇと誰だったかなぁ・・・あのストーカー騒ぎになり

そうだった・・・あのコ。」



淳平「香のことだろう。」



本内「そうそうあん時は、唯とお店の女番長みたいな咲さん

が間に入って、結局西野を理由に納得させたんだよな。」



淳平「そのコの話は、やめろって。今は何事もなかったように

お店で普通に接してるんだから。」



本内「ゴメン、ゴメン、じゃぁ彼女の話は、いいとしてさぁ。

就職の話だけど、これからどうするつもりだ?」



淳平「再来週の水曜に角倉さんの事務所で、就職の面接を

受けるつもりだけどっ・・・てこれは決まるまで内緒だった。」




本内「面接?今更、真中と面接なんてなぁ、お前あそこに入

り浸っていたから、スタッフだけじゃなく、事務所の全員と

知り合いみたいなもんだろう。」



淳平「あの頃は、お手伝いとして・・・っていうかバイトとして

接してたわけだから、一応ケジメということで面接をするんだ

と思うんだけど。

そのおかげで、スーツを一着作ることになったんだけどな。」



本内「一着も持ってなかったのか?」



淳平「成人式の時に時に作ったきりだから、小さくなっちゃ

ってさぁ。

それで、今週の水曜日に彼女とスーツを買いに行く約束をし

てるんだ。」



本内「それって、デートってことか?」



淳平「夕食の約束もしてるから、デートになるかな。」



本内「ふーん、ラブラブだなぁ。

俺の知ってる真中はそういうの一切興味なさそうだったから

ひょっとしたらこいつホモかもって思ってた時期があったな。」


淳平「ホモって・・・交際が面倒なだけで、俺は人一倍女のコ

の事が好きなんだけどな。

あれっ、そういえば学生時代に、ある女のコから告られた時男性

の人が好きで構わないから付き合ってくださいって言われたこと

があるけど・・・。それから学校関係のコに告白されなくなった

のはひょっとして、本内ぃ・・・。」


淳平が睨む。


本内「ハハハ、ゴメンゴメン、そんなに怖い顔をすんなよ。

でも、そのおかげで、告白を断る必要もなくなったからいいだろう。」


淳平「そりゃぁ、そうだけど・・・。

でもそいつらの間では俺は、ホモになっているじゃないか。

すぐにあれは誤解だったって、みんなに言っといてくれよ。

そうしないと次みんなに会うとき恥ずかしいからな。」



本内「分かった。」



突然、玄関からチャイムの音がする。



本内「唯がきたみたいだな。」

淳平「ドラマってまだ終わってないんじゃないか。


まぁ、いいや。ちょっと行ってくる。」




淳平が本内を自室に残して、部屋を出て

玄関へ向かう。



淳平が玄関の鍵を解除して、ドアを開ける。



そしてそこに立っていた唯とは違う女性を見て驚き一瞬、言葉を失う。















短い沈黙の後、淳平の口から出てきた言葉が・・・

「に、西野」だった。
  


[No.1634] 2012/02/26(Sun) 00:10:17
i220-109-163-26.s02.a023.ap.plala.or.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS