[ リストに戻る ]
No.1635へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「Some Kind of Wonderful  【reviced edition】」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:46:50 [No.1609]
第1話 「届いてはいけない想い」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:47:47 [No.1610]
第2話  「壊れた時計」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:06:11 [No.1611]
第3話 「天使からの招待状」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:46:10 [No.1612]
第4話「Reunion 前編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:05:31 [No.1613]
第5話「Reunion後編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:13:46 [No.1614]
第6話「天使の憂鬱」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 20:51:42 [No.1615]
第7話「Do you see the light?」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 21:17:14 [No.1616]
第8話「一人ぼっちじゃない。」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:18:40 [No.1617]
第9話「Who’s that girl?」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:40:56 [No.1618]
第10話「Another Angel」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:04:51 [No.1619]
第11話「変わらないもの」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:13:25 [No.1620]
第12話 「ギャンブル」 - スタンリー - 2011/10/30(Sun) 21:13:32 [No.1621]
第13話 「懺悔」 - スタンリー - 2011/11/03(Thu) 23:15:00 [No.1622]
第14話 「告白」 - スタンリー - 2011/11/05(Sat) 21:42:46 [No.1623]
第15話 「White Light」 - スタンリー - 2011/11/13(Sun) 20:37:11 [No.1624]
第16話「あの日の果実」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 20:35:07 [No.1625]
第17話 「Forgiveness」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 21:19:08 [No.1626]
第18話 「Silent  Jealousy」 - スタンリー - 2012/01/15(Sun) 20:53:36 [No.1627]
第19話「幸福な時間」 - スタンリー - 2012/01/29(Sun) 20:40:44 [No.1631]
第20話 「北からの風」 - スタンリー - 2012/02/19(Sun) 21:06:15 [No.1633]
第21話 「親友」 - スタンリー - 2012/02/26(Sun) 00:10:17 [No.1634]
第22話 「遅すぎたヒロイン」 - スタンリー - 2012/03/18(Sun) 23:06:28 [No.1635]
第23話 「西高東低?」 - スタンリー - 2012/03/21(Wed) 21:12:24 [No.1636]
第24話 「愛しき人」 - スタンリー - 2012/04/14(Sat) 20:33:04 [No.1637]
第25話 「悲しい決断」」 - スタンリー - 2012/05/19(Sat) 23:10:33 [No.1639]
第26話 「優しい嘘」 - スタンリー - 2012/05/20(Sun) 20:48:06 [No.1640]
第27話 「嵐のあとに・・・」 - スタンリー - 2013/01/06(Sun) 21:14:47 [No.1642]
第28話 「Love Drive」 - スタンリー - 2013/01/12(Sat) 19:06:45 [No.1643]
第29話 「夢のグランド」 - スタンリー - 2014/08/03(Sun) 21:01:31 [No.1645]


第22話 「遅すぎたヒロイン」 (No.1634 への返信) - スタンリー

第22話 「遅すぎたヒロイン」


一方、淳平と本内が淳平の部屋で話をしていた時、綾は自室で

1人淳平の電話を待っていた。



綾は、淳平への訪問者が西野であることを知らずに、北大路

さつきだと思っている。


綾の部屋に母から内線がはいる。


綾の母「綾ちゃん、お風呂空いたから、入ったらどう?」



綾「今、小説に集中しているから、後ではいるね。」


綾の母「そう、じゃぁあまり無理をしないで頑張ってね。」


綾「うん。」


綾が受話器を置く。


綾(今頃、北大路さんは、真中くんに会ってるんだろうな。

今の私たちの関係を知らないから、真中くんに告白してたり

して・・・・。)


綾が、高校時代に北大路さつきが人前で淳平に言った言葉を

思い出す。


綾(『さつき「真中くらい簡単に襲えちゃうから。」・・・』

真中くんって4年以上も恋人といなかったから、北大路さんが

大胆な行動に出たら、コロッと落ちちゃうかも・・・・。

ううん、そんなはずない、私は真中くんを信じてるから、絶対

そんなことは・・・ない・・・と思う。でも、やっぱり、私って

自分に自信がないから・・・ついつい悪い方に考えちゃうんだわ。)



綾(西野さんが真中くんと付き合ってたときって、同じように西野

さんも真中くんのことが心配だったのかなぁ。

あぁ、待つのがこんなにつらいなんて、思わなかった。

私は恋人なんだから、こちらから電話がかかってくるのを待つんじゃ

なくて、別にこちらから電話をしてもいいんじゃない。

でも、取り込んでて、電話にでなかったら・・・・。)



綾(高校時代みたいに、自分の気持ちを押し殺してただ待ってる

だけじゃダメじゃないの。

今日みたいに、私から思い切って告白したから、恋人になれた訳

だし・・・。

そうよ、恐れていてはダメ、私のほうから、動かないと・・・。)



隣の弟の部屋のドアが開いて閉まる音がする。


綾(あっ、正太郎、帰ってきたんだ。


そうだ、外はもう暗いし、車ならすぐだから・・・正太郎に送って

もらおう。)



綾が自室をでて、正太郎の部屋のドアをノックする。
「コン、コン」



綾がドアを開ける。


綾「正太郎、入るわよ。」



正太郎「なんだよ、姉ちゃん。」



綾「えーっとね、今から急用でお友達の家に行かなきゃなら

ないの。悪いけど車で送ってもらっていいかな。」



正太郎「えーっ、俺、今バイトが終わって、帰ってきたばかりで

疲れてんだから、勘弁してくれよぉ。」



綾「疲れてるところホント悪いんだけど、すぐそこだから・・・。」



正太郎「面倒くさいからヤダ。」



綾がムッとして・・・。


綾「じゃぁ、もういい。私が運転するから、正太郎の車のカギを

貸して。」



正太郎「えっ、姉ちゃんが免許は持ってるのは知ってっけど、運転

なんかできんのか?

確か、4年前、家の駐車場で親父の車を塀にぶつけてそれ以来・・・。」


綾「あれ以来一度も運転したこと無いけど・・・・、でも法律的には何

の問題もないし、確かに車を一部壊しちゃったけど記録的には無事故無

違反なんだから・・・。」



正太郎「法律的にはって・・・・あれから一度も運転したことないって

・・・。

そんな話を聞いたら貸せねーよ。

あぁー、もう分かったよ、送ってっから、早く準備しろよ。」



綾「ありがとう。すぐに、準備をするからね。」


綾が自室に戻り、ドレッサーの前で化粧をしている。

綾(早く行かないと、北大路さんに告白されて真中くん、悩ん

でたり困ったりしてるといけないから・・・。)


正太郎が綾の部屋に入り、綾に呼びかける。


正太郎「姉ちゃん、先に車に行って待ってっから、早くきてく

れよな。」


綾「うん、すぐ行くからね。」



正太郎「なんだ、化粧なんかして、友達って、ひょっとして

男なのか?」


綾「えっ、違うわよ。正太郎には関係ないでしょ。」



正太郎「まっ、どっちでもいいけど、早くしろよな。」



綾「分かったわよ。」

正太郎が玄関から外に出て、駐車場へ向かう。



その時、綾の家の門の近くでタクシーが止まり、女性が1人降りる。



正太郎「誰だ、こんな時間に・・・・、まぁ、俺には関係ないか。」



正太郎が自分の車に入り、綾の来るのを待っている。



綾が化粧を終え、玄関に行き、靴を履き、ドアノブに手を掛けたとき

インターホンのチャイムの音がする。


綾(こんな時間に誰なの?)と綾が思ったとき、既にドアを開

けていた。



そこに立っていたのは、今、淳平にあっているはずの北大路さつきが

立っている。



綾「北大路さん?

どうしてここに・・・。」

綾(真中くんに会ってるはずじゃなかったの?それとも、真中くん

に会った後にここへ来たの?)



さつき「こんばんは、東城さん。久しぶりだね。」



綾「こんばんは・・・・久しぶり。」



さつき「突然、来ちゃってごめんなさい。

ちょっと東城さんに確かめたい事があって

来たんだけどね。」


綾「確かめたいこと?」



さつき「そう、真中のことでね。

外村に今日聞いたんだけど、この前の祝賀会の時に、

真中が自分で西野さんと別れたって言ってたってこと

は知ってる?」



綾「うん・・・。」



さつき「そう、やっぱり知ってたんだ・・・。」



綾「あのぉ、北大路さん、玄関じゃなんだから

私の部屋で話さない?」



さつき「外にタクシーを待たせてあるから、それに

話もすぐに終わると思うしここでいいわ。。」



綾「そう・・・。」


さつき「じゃぁ、単刀直入に聞くけど、東城さんは

まだ真中のことが好きなの?」



綾「えっ・・・・。」

綾が先程、淳平と電話で話してたことを思い出す。


綾(『東城が気にしないんだったら、俺は別に構わないよ。

高校時代と違って、知り合いの異性と付き合うのは、もう

恥ずかしいことじゃないしな。』)


綾がさつきに自分と真中の関係のことを話す決心をする。



綾「北大路さん、真中くんと私のことで、北大路さん

に言わなければならないことがあります。」



さつき「真中と東城さんのこと?」


綾が軽く頷く。

綾「真中くんと私は今日、恋人同士になりました。」



さつき「今日って、東城さん、それ本当のことなの?」



綾「そう、本当のこと。」



さつき「東城さんが相手なら、私に勝ち目がないのはあの頃

から分かっているからね。

今でも真中のことを引きずってたけど、もうこれで

きっぱりあきらめがつく・・・。」



綾「ごめんなさい、北大路さん。」



さつき「いやねぇ、謝られたら、余計私がみじめになる

じゃない。別に同情なんかいらないから・・・。」



綾「同情だなんて・・・。言いにくいかもしれないけど、

もし私が真中くんのことを忘れてたら、どうするつもり

だったの?」



さつき「それはもちろん、すぐにタクシーに乗って真中の

所へ行って押し倒してでも、恋人になるつもりよ。」



綾「そう、でも、まさか、北大路さんが先に私の家に来ると

は思わなかったわ。」



さつき「さっきも言ったけど、東城さんがまだ、真中のことを

思っていたらさ、いくら私が押し倒して、自分の物にしても、

後からきっと、真中にフられると思ったの。

それに、私、思うの。

恋ってさ、必ずしも早い者勝ちじゃないって。」



綾「高校時代の北大路さんじゃ考えられないほど慎重ね。

あの頃だったら、真中くんに絶対直接会いに行ってると思うから

・・・。」



さつき「私も、大人になったっていうのかな。それとも、年を

とって単純に恋に臆病になっているだけかもね。」



綾「ごめんなさい、こんな所で、話し込んじゃって、やっぱり

部屋に上がってもらったほうがよさそうね。」



さつき「ううん、もう用が済んだから、帰るわね。

さっきも言ったけど外にタクシーを待たせてあるしね。

それに、東城さんのほうこそ、今外出するところだったみたい

なのに、悪かったわね。」



綾「外出?そう、そう、私って、外に出るんだった。」



さつき「そうね、それじゃ、東城さん、真中と幸せにね。」



綾「ありがとう。」



さつきが、ドアを閉めて待たせてあるタクシーに向かい

歩き出す。



さつきが、待っていたタクシーに乗り、運転手に自宅までの

道のりを伝えると、タクシーが発進する。


さつき(結局、私の恋は実らなかったけど、東城さんが相手なら

全然文句ないよ。

高校3年の学園祭の時は、二人して、真中にフられたけど、今回は

良かったね、東城さん・・・。

さぁ、これで真中のことは綺麗さっぱり忘れて、新しい恋でもしよ

うかな。

明日京都に帰ったら、美鈴を誘って一緒にヤケ酒でも飲もう。)




心では明るい事を考えながらも、さつきはタクシーの後部座席

で一人うつむき、微妙に肩を震わさせて静かに涙を流していた。


[No.1635] 2012/03/18(Sun) 23:06:28
i220-109-166-189.s02.a023.ap.plala.or.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS