[ リストに戻る ]
No.1636へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「Some Kind of Wonderful  【reviced edition】」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:46:50 [No.1609]
第1話 「届いてはいけない想い」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:47:47 [No.1610]
第2話  「壊れた時計」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:06:11 [No.1611]
第3話 「天使からの招待状」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:46:10 [No.1612]
第4話「Reunion 前編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:05:31 [No.1613]
第5話「Reunion後編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:13:46 [No.1614]
第6話「天使の憂鬱」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 20:51:42 [No.1615]
第7話「Do you see the light?」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 21:17:14 [No.1616]
第8話「一人ぼっちじゃない。」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:18:40 [No.1617]
第9話「Who’s that girl?」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:40:56 [No.1618]
第10話「Another Angel」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:04:51 [No.1619]
第11話「変わらないもの」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:13:25 [No.1620]
第12話 「ギャンブル」 - スタンリー - 2011/10/30(Sun) 21:13:32 [No.1621]
第13話 「懺悔」 - スタンリー - 2011/11/03(Thu) 23:15:00 [No.1622]
第14話 「告白」 - スタンリー - 2011/11/05(Sat) 21:42:46 [No.1623]
第15話 「White Light」 - スタンリー - 2011/11/13(Sun) 20:37:11 [No.1624]
第16話「あの日の果実」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 20:35:07 [No.1625]
第17話 「Forgiveness」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 21:19:08 [No.1626]
第18話 「Silent  Jealousy」 - スタンリー - 2012/01/15(Sun) 20:53:36 [No.1627]
第19話「幸福な時間」 - スタンリー - 2012/01/29(Sun) 20:40:44 [No.1631]
第20話 「北からの風」 - スタンリー - 2012/02/19(Sun) 21:06:15 [No.1633]
第21話 「親友」 - スタンリー - 2012/02/26(Sun) 00:10:17 [No.1634]
第22話 「遅すぎたヒロイン」 - スタンリー - 2012/03/18(Sun) 23:06:28 [No.1635]
第23話 「西高東低?」 - スタンリー - 2012/03/21(Wed) 21:12:24 [No.1636]
第24話 「愛しき人」 - スタンリー - 2012/04/14(Sat) 20:33:04 [No.1637]
第25話 「悲しい決断」」 - スタンリー - 2012/05/19(Sat) 23:10:33 [No.1639]
第26話 「優しい嘘」 - スタンリー - 2012/05/20(Sun) 20:48:06 [No.1640]
第27話 「嵐のあとに・・・」 - スタンリー - 2013/01/06(Sun) 21:14:47 [No.1642]
第28話 「Love Drive」 - スタンリー - 2013/01/12(Sat) 19:06:45 [No.1643]
第29話 「夢のグランド」 - スタンリー - 2014/08/03(Sun) 21:01:31 [No.1645]


第23話 「西高東低?」 (No.1635 への返信) - スタンリー

第23話 「西高東低?」



綾は、玄関で、さつきが淳平に会わなかったことを知り

ほっとしている。



綾(いけない、正太郎が駐車場で待ってるわ。もう用がすんだ

から、送ってもらわなくてもいいって言わないと。)


突然、綾の携帯に唯から着信がある。

綾(あれ、唯ちゃんからだ。)


綾「もしもし、唯ちゃん。」


唯「東城さん、今、淳平に大変なことがあったみたいなん

ですけど知っています?」


綾「大変って、真中くん、事故でもしたの?」


唯「ううん、そっちの大変じゃなくて、違うほうのなんで

すけど。」



綾「そう、じゃあ、安心したわ。」



唯「それが、今から言うことを聞いたら安心なんかできない

じゃないかなと思うんですけど・・・。

あっ、これって話さないほうがいいのかな。」



綾「そこまで、言うんだったら教えてもらった方が良さ

そうね。」


唯「じゃぁ、順番に話すね。」



唯「今日、私の彼氏がね、私からじゅんぺいが東城さん

と恋人同士になったのを聞いて、じゅんぺいの家に話し

を聞きに行ったの。」


綾「その時、真中くんと電話で話してたら、真中くんが

誰かが来って言ってたけど、本内さんだったんだね。」


唯「そう、私もその時見てたテレビドラマの番組が終わったら

行くつもりだったけど、ついさっき彼が、じゅんぺいの家から

私のアパートに戻って来たのよ。」


綾「何かあったの。」


唯「それがね、彼に戻ってきた理由を聞いてビックリしたんだ

けどね。

西野先輩がさっきじゅんぺいのマンションに来て・・・・。」


綾「!!!」


唯「それで、じゅんぺいが私の彼に、西野先輩と話しがある

からって、マンションから帰されて・・・。」



綾「・・・・・・。」


唯「ちょっと、東城さん、私の話って聞いてますか?」


綾「う、うん、聞いてるよ。それで、今二人はどこにいるの?」


唯「じゅんぺいのマンションらしいけど・・・、ひょっとしたら

二人で外出してるかも。」



綾「それで、二人は・・・その・・どんな話をしてたって?」



唯「それが、彼氏帰るとき、玄関で西野先輩とすれ違っただ

けだから、二人の会話までは、分からないの。」



綾「そうなの。」



唯「もし気になるんだったら、私が今からじゅんぺいの所に

行って聞いて来ましょうか?」



綾「えっ、ううん、それはやめた方がいいんじゃない。

ほら、受験の日みたいに感情的になって真中くんに変な事を

言うちゃうかもしれないからね。」



唯「そうですね。あの後じゅんぺいとは気まずかったです

からね。」


綾「それに、これは真中くんと私の問題だから、私がどうする

か考えないとね。」



唯「分かりました。でも何かあったら、連絡くださいね。

私も、じゅんぺいに何かあったら連絡しますから。」



綾「うん、ありがとう。」



唯「それじゃぁ、失礼します。」



二人が電話を切る・・・と同時に綾にさつきが淳平の所に行った

と思った時とは比べられない不安感に襲われる。


綾(北大路さんの次は、西野さんだなんて・・・・。)


綾の脳裏に、高校卒業後味わった西野に対する劣等感が蘇ってくる。


綾(『どうして私じゃダメなの?どうして西野さんなの?・・・

西野さんは陽気な性格だし、男子からも人気があるし恋愛にも積極的

だし、容姿もそこらのアイドルよりも綺麗だし、私が彼女に勝る点

といえば、小説を書く事くらいしかないじゃない。』)



綾(真中くんの前ではいつも綺麗でいたいから、お化粧をまめにして

たけど、きっと西野さんに比べたらまだ私なんて・・・。

今日は、早く告白しなきゃと思って積極的になれたけど、私の性格は

どちらかと言うとあの時のままだし・・・。

やっぱり私が西野さんに勝てることといったら、小説しかない・・・。)


綾(それにさっき北大路さんが言ってたけど、恋愛って必ずしも早い者

勝ちじゃないと思うから、今は私が、恋人でもすぐに真中くんの気持ち

が西野さんに行っちゃうかも知れないから・・・。

私ってまた、フラれるのかな。さっきは真中くんからの電話が待ち遠し

かったけど、今はその電話が来るのが怖い・・・。)


綾の目に涙がにじむ。


玄関のドアが突然開く。


正太郎「姉ちゃん、おっせぇよ。ずぅっと待ってるのに・・・って

姉ちゃん泣いてるのか?」


綾「ううん、泣いてなんかないよ。」


正太郎「さっき、どっかの女が訪ねてたみたいだけど、ひょっと

して何か言われたのか?」



綾「あの女の人は、関係ないの。」


正太郎「もしかして、高校時代みたいに、彼氏がいる男の事が好き

になって、それで、その彼女が乗り込んできたんじゃないだろうな。」



綾「そんな訳ないじゃない。彼、別かれたって言ってたし・・・。」

綾(いけない、私ったら、弟に今付き合っている人がいることをしゃ

べっちゃった。それに含みを持たせた言い方で・・・。)


正太郎「姉ちゃんはウブだから、そいつに騙されてるんだって。

誰だよ、その男は、おれが今からそいつの家に行ってぶん殴っ

てやるから。」



綾「ちょっと説明が悪かったせいもあるけど、彼はそんな

ことが出来る人じゃないから。

それにもう一回言うけどさっき訪ねてきた彼女は私の高校時代の

映研部のお友達だから、本当に関係ないの。」



正太郎「そうか、そういえば昔見たことあるな・・・。

俺もちょっと熱くなっちゃったから・・・。

で、今から、どうするんだ?」


綾(逃げてちゃダメよね。もしフられるんだったら

電話じゃなくて、直接本人に聞きたいから・・・って

私って振られることを前提にしてるし・・・。

ダメ、例え西野さんに勝る点が小説しかなくても、私は

真中くんを信じる。もう、これしかない。)



綾が淳平のマンションに行く決心をする。



綾「うん、待たせて悪かったわね。」




二人が玄関を出て、駐車場に停めてある正太郎の車に乗る。



綾(私、真中くんのことを信じてるから・・・・。


[No.1636] 2012/03/21(Wed) 21:12:24
i219-164-47-177.s02.a023.ap.plala.or.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS