[ リストに戻る ]
No.1639へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「Some Kind of Wonderful  【reviced edition】」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:46:50 [No.1609]
第1話 「届いてはいけない想い」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:47:47 [No.1610]
第2話  「壊れた時計」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:06:11 [No.1611]
第3話 「天使からの招待状」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:46:10 [No.1612]
第4話「Reunion 前編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:05:31 [No.1613]
第5話「Reunion後編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:13:46 [No.1614]
第6話「天使の憂鬱」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 20:51:42 [No.1615]
第7話「Do you see the light?」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 21:17:14 [No.1616]
第8話「一人ぼっちじゃない。」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:18:40 [No.1617]
第9話「Who’s that girl?」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:40:56 [No.1618]
第10話「Another Angel」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:04:51 [No.1619]
第11話「変わらないもの」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:13:25 [No.1620]
第12話 「ギャンブル」 - スタンリー - 2011/10/30(Sun) 21:13:32 [No.1621]
第13話 「懺悔」 - スタンリー - 2011/11/03(Thu) 23:15:00 [No.1622]
第14話 「告白」 - スタンリー - 2011/11/05(Sat) 21:42:46 [No.1623]
第15話 「White Light」 - スタンリー - 2011/11/13(Sun) 20:37:11 [No.1624]
第16話「あの日の果実」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 20:35:07 [No.1625]
第17話 「Forgiveness」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 21:19:08 [No.1626]
第18話 「Silent  Jealousy」 - スタンリー - 2012/01/15(Sun) 20:53:36 [No.1627]
第19話「幸福な時間」 - スタンリー - 2012/01/29(Sun) 20:40:44 [No.1631]
第20話 「北からの風」 - スタンリー - 2012/02/19(Sun) 21:06:15 [No.1633]
第21話 「親友」 - スタンリー - 2012/02/26(Sun) 00:10:17 [No.1634]
第22話 「遅すぎたヒロイン」 - スタンリー - 2012/03/18(Sun) 23:06:28 [No.1635]
第23話 「西高東低?」 - スタンリー - 2012/03/21(Wed) 21:12:24 [No.1636]
第24話 「愛しき人」 - スタンリー - 2012/04/14(Sat) 20:33:04 [No.1637]
第25話 「悲しい決断」」 - スタンリー - 2012/05/19(Sat) 23:10:33 [No.1639]
第26話 「優しい嘘」 - スタンリー - 2012/05/20(Sun) 20:48:06 [No.1640]
第27話 「嵐のあとに・・・」 - スタンリー - 2013/01/06(Sun) 21:14:47 [No.1642]
第28話 「Love Drive」 - スタンリー - 2013/01/12(Sat) 19:06:45 [No.1643]
第29話 「夢のグランド」 - スタンリー - 2014/08/03(Sun) 21:01:31 [No.1645]


第25話 「悲しい決断」」 (No.1637 への返信) - スタンリー

第25話 「悲しい決断」



綾が正太郎が運転中の車の助手席に座って考えている。



綾(西野さん、真中君のことをフッておいて今更何をしに来たの?

帰国したからお土産を届けに来ただけって・・・・てことじゃないよね。

やっぱり、また恋人同士に戻りたいって言いにきたのかな。

もし、もしもそうだったら、真中君は・・・西野さんと・・・。)


綾が高校三年生のときの文化祭に終った後で部室の扉越しで告白をして

淳平にフられた時の事を思い出しつぶやく。


綾「またフられるのかなぁ。」


正太郎「姉ちゃん、今なんか言った?」


綾「えっ、うぅん、ちょっとした独り言だよ。」



正太郎「あっ、そう。ならいいけどさ。

そろそろ、目的地付近だけどさ、どこで降ろしゃいい?」



綾「じゃぁ、そこの角でいいわ。」





淳平のマンションの前で正太郎が停車して、綾が降車する。



綾「15分位ここで待ってて、それまで待ってて戻らなか

ったらそのまま家に帰っていいいからね。」


正太郎「分かった15分だな。」



綾が淳平のマンションの建物に入っていく。


綾が淳平のマンションのドアの前で、立ち止まる。



綾(勢いでここまで来ちゃったけど、私にこのインターホンを

押す勇気があるの・・・。

もし、真中君と西野さんの関係が元に戻ったら・・・・。

ううん、違う真中君は・・・、真中君は今日私と付き合うって

言ってくれたもん。

私が今の彼女なんだもん。





でも、西野さんは誰もが羨むくらい綺麗で、可愛くて、明るくて

それに性格も良くて・・・・・私なんか・・・・・・・。)


綾がドアの前でインターホンを押すのを躊躇っている時、つかさ

の話を聞きながら淳平はつかさと綾のどちらを選択するのか考え

ていた。


淳平が申し訳なさそうに話しているつかさを見て・・・。


淳平(もし、ここで、西野をフれば、またあの悲しくて寂しそうな顔

を見なきゃならないのか・・・。

今西野のことを抱きしめてスキだって言えたら、この寂しそうな顔を

笑顔に変えることができだろうけど・・・。

西野とよりを戻せば、東城を2度フル事になるし、そうすればまた東城

が涙を・・・。)



淳平の頭に高校時代、文化祭の日の部室の扉ごしにで綾が淳平に告白

したときの事が思い浮かび鬱な気分になる。





淳平(西野はまたすぐフランスに帰っちゃうし、またしばらく帰れそう

にないみたいだけど、でも東城はすぐそばにいる・・・。

遠くにいく人の悲しい顔と近くにいる人の涙か・・・・。)



淳平(高校時代は、西野と付き合うって決めてたから悲しそうな顔を見

るのが嫌で、東城をあきらめたけど・・・。

近くにいる分だけ今は西野の悲しい顔を見ることよりも、東城の悲しい

顔を見るのがつらいし、今日付き合うって言っておいて今更なんて・・。)



淳平(西野が寂しい想いをしている時や悲しい顔をしている時、今の俺

なんかじゃ西野のそばにいてやれない・・・。

それなら、向こうで新しい彼氏を作った方が西野にとって幸せなんじゃ

ないのか。

かと言って西野の悲しそうな顔は見たくない、じゃぁ俺は一体どうすれば

いいんだ・・・。


        ・

        ・

        ・

        ・

        ・


そうだ、俺が西野に嫌われれば、少なくとも西野の悲しそうな顔を見なく

済むんじゃないのか。

そう、俺が悪者に成って嫌われれば・・・。)



つかさ「・・・・それでね、もし淳平くんさえ良かったらね、この前

送ったものを全部返して、それともう一度私・・・」



淳平「西野。」

淳平が突然つかさの話を遮る。



つかさ「どうしたの、突然大きな声を出したりして。」



淳平「俺さぁ、実を言うと今東城と付き合ってるんだ

4年前から。」




つかさ「東城さんと淳平くんが?嘘。

だって、あの手紙には、淳平くんの携帯の番号とか、いつ帰ってくるの

とか、何処で会おうかとか書いてあったじゃない。」




淳平「あん時、二股かけようと思ってたんだよ。

だって二人とも凄く魅力的なんだからさ。」




つかさ「そんな、淳平くんは、そんなこと出来る人じゃないもん。」



淳平「そりゃぁ時が経てば、人は変わるからさ。

俺も西野と一緒でさぁ、独りで寂しかったからな。

それに俺と東城が付き合ってる証拠にほら。」


淳平がつかさに携帯の着信履歴を見せる。



つかさ「・・・。」



淳平「今朝から夕方まで東城の家に行ってたんだぜ。

それについさっき俺の友達が来る前までだって電話で話してたしな。

さっきは電話の途中だったんで俺からかけなおすことになっている

から・・・。

さっきいた友達が帰ったら、また今晩会うつもりだったんだぜ。」


淳平(やぱい、目頭が熱くなってきやがった。

ここで涙を見せたらダメだ。

俺は映画監督になるんだから、この程度の演技が出来なくてどうする。

ここは耐えないと・・・・。)



淳平が、目に涙がにじんでるのを隠す為に、つかさから顔を逸らす。




つかさ「そうなんだ、淳平くん東城さんと付き合ってたんだ・・・。

私は、てっきり淳平くんが私のことをずぅっと好きでいてくれてると

信じてたのに・・・酷い。」





淳平「さっき、時が経てば人は変わるって言ったろう。

それに俺はこんなヤツなんだからさっさと忘れて、フランスで

いい男でも見つけて幸せになれよ。」



つかさ「言われなくても、そうするわ。」



淳平「・・・。」


つかさは怒って、玄関に向かう。



一応、淳平も玄関までついて行く。



つかさが靴をはいて、玄関のドアを開けるとインターホンを

押すのを躊躇している綾が立っていた。


[No.1639] 2012/05/19(Sat) 23:10:33
i219-164-47-177.s02.a023.ap.plala.or.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS