[ リストに戻る ]
No.1640へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「Some Kind of Wonderful  【reviced edition】」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:46:50 [No.1609]
第1話 「届いてはいけない想い」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:47:47 [No.1610]
第2話  「壊れた時計」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:06:11 [No.1611]
第3話 「天使からの招待状」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:46:10 [No.1612]
第4話「Reunion 前編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:05:31 [No.1613]
第5話「Reunion後編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:13:46 [No.1614]
第6話「天使の憂鬱」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 20:51:42 [No.1615]
第7話「Do you see the light?」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 21:17:14 [No.1616]
第8話「一人ぼっちじゃない。」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:18:40 [No.1617]
第9話「Who’s that girl?」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:40:56 [No.1618]
第10話「Another Angel」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:04:51 [No.1619]
第11話「変わらないもの」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:13:25 [No.1620]
第12話 「ギャンブル」 - スタンリー - 2011/10/30(Sun) 21:13:32 [No.1621]
第13話 「懺悔」 - スタンリー - 2011/11/03(Thu) 23:15:00 [No.1622]
第14話 「告白」 - スタンリー - 2011/11/05(Sat) 21:42:46 [No.1623]
第15話 「White Light」 - スタンリー - 2011/11/13(Sun) 20:37:11 [No.1624]
第16話「あの日の果実」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 20:35:07 [No.1625]
第17話 「Forgiveness」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 21:19:08 [No.1626]
第18話 「Silent  Jealousy」 - スタンリー - 2012/01/15(Sun) 20:53:36 [No.1627]
第19話「幸福な時間」 - スタンリー - 2012/01/29(Sun) 20:40:44 [No.1631]
第20話 「北からの風」 - スタンリー - 2012/02/19(Sun) 21:06:15 [No.1633]
第21話 「親友」 - スタンリー - 2012/02/26(Sun) 00:10:17 [No.1634]
第22話 「遅すぎたヒロイン」 - スタンリー - 2012/03/18(Sun) 23:06:28 [No.1635]
第23話 「西高東低?」 - スタンリー - 2012/03/21(Wed) 21:12:24 [No.1636]
第24話 「愛しき人」 - スタンリー - 2012/04/14(Sat) 20:33:04 [No.1637]
第25話 「悲しい決断」」 - スタンリー - 2012/05/19(Sat) 23:10:33 [No.1639]
第26話 「優しい嘘」 - スタンリー - 2012/05/20(Sun) 20:48:06 [No.1640]
第27話 「嵐のあとに・・・」 - スタンリー - 2013/01/06(Sun) 21:14:47 [No.1642]
第28話 「Love Drive」 - スタンリー - 2013/01/12(Sat) 19:06:45 [No.1643]
第29話 「夢のグランド」 - スタンリー - 2014/08/03(Sun) 21:01:31 [No.1645]


第26話 「優しい嘘」 (No.1639 への返信) - スタンリー

第26話 「優しい嘘」


つかさが淳平のマンションの玄関から綾の姿を見て。


西野「東城さん!?」



綾「西野さん!?」

二人が驚く。


淳平(うわぁ、東城が来てたのかぁ。

どうすればいいんだ。

だけどここは、やっぱりさっきの話で通すしかないな。)


淳平「なんだぁ、電話がまちきれなくてこっちに来ちゃった

のか、綾。」



綾(えっ、綾って・・・何か意味がありそうね、じゃぁ私も・・・。)

綾「ごめんなさい、淳平。

お邪魔だったかな?」



つかさ(綾・・・淳平って・・・・やっぱり二人って付き合ってたの?

もう嫌、ここには居たくない。)



淳平「いや、西野は今帰るみたいだから。」



西野「今すぐ帰るから、東城さん、淳平くんとお幸せにね。それじゃぁ。」



綾「えっ、うん・・・さようなら・・・。」



西野が、綾の横を通って、淳平のマンションを出ていく。



怒って出て行った、つかさを見送る淳平の目は、涙があふれている。






つかさが淳平のマンションの近くに止まっていた正太郎の車の横を通る。



正太郎(あれっ、今、出てきたコって、前にどこかで見たことがあるような。

一体誰だったかなぁ?)


正太郎の携帯に綾から着信がある。


正太郎「もしもし、姉ちゃん?」


綾「待っててもらって悪いけど、先に帰ってて。

私は、お友達に車で送ってもらうことになったから。」



正太郎「ああ、分かった。」


二人が電話を切る。

正太郎が車を自宅に向け走らせる。




つかさが家への帰り道の途中で、淳平の所に行こうとしていた

唯に出会う。



唯「西野先輩ですよね。こんばんは、お久しぶりです。」



つかさ「唯ちゃん、こんばんは、久しぶりね。」



唯「大丈夫ですか、先輩。

じゅんぺいと何かあったんですか?」



つかさ「さっき淳平くんのマンションに訪ねたらね

今東城さんと付き合ってるって言われてね。」



唯「じゅんぺい、先輩に正直に話したんですね。

今日、じゅんぺいったらね、東城さんに告白されて・・・

じゃなかった、告白して、それで恋人になったんですよね。」



つかさ「今日?」


唯 「はい、1週間前の祝賀会で4年ぶりくらいに会ったって、

それで今日恋人・・・。

あっ、じゅんぺいって先輩に何て言ってたんですか?」



つかさ「4年前から付き合ってるって言ってたけど・・・

あれは嘘だったの?」



唯「あちゃぁー、私って余計なことを言っちゃったみたい。」



つかさ「唯ちゃん、淳平くんのこと、もっと詳しく話してくれる?」



唯「えーっと、そのぅ・・・言いづらいなぁ。」



つかさ「お願い、絶対、唯ちゃんから、聞いたなんて言わないから。

ねっ、お願い。」


つかさが涙目になって唯に頼む。



唯「分かりました。」



唯が、この4年間淳平がつかさと付き合っていることを理由に

他のコからの告白を断っていたことや、つかさからの返信の手紙を

読んで、淳平が泣いたことをつかさに話す。



つかさ(今、冷静に考えると、淳平くんの言ってた事っておかしいわ。

もし、私と東城さんと二股をかけるんだったら、別に東城さんと付き

合ってることを私に話す必要ってないじゃない。

嘘でも、淳平くんが私のことを好きだって言ってくれてれば二人同時

に付き合うことが出来たわけだし・・・。

私、淳平くんのところに行かないと。そして、淳平くんと・・・。)


つかさが淳平のマンションに戻ろうとする。



唯「西野先輩、今から何処へ行くつもりですか?」



つかさ「淳平くんのところよ。」



唯「今、じゅんぺいには東城さんがいるのを、知ってますよね。」



つかさ「知ってるけど・・・。私、土曜日にまたフランスへ帰る

つもりだから、今戻ってって話さないと当分会えないから・・・

だから行かせて、お願い、唯ちゃん」




唯「先輩は勝手すぎます。

くわしい理由は知らないけど、先輩は2度もフってるんですよ。

知らないかもしれないけど、二人が高校1年の時フられた夜の

自宅への帰り道、じゅんぺいは泣きながら歩いてたんだから。

この前フラれたときだって・・・。

それと、淳平がさっきどんな気持ちで、先輩に嘘をついたのか

考えてあげてください。」



つかさ(そうだ、私って2回も淳平くんのことをフってるんだ

・・・。

じゅんぺいくん・・・私に嫌われようとして、こんな嘘を・・・。)


つかさ「これって、淳平くんのやさしさなの?」



唯「じゅんぺいは、不器用だから、あまりいい方法じゃなかった

かもしれないですけどね。

ただ、それを私が台無しにしちゃったみたいですけど・・・・。」



つかさの目から涙がこぼれる。



つかさ「ううん、唯ちゃんは、悪くない。

私って、さっき淳平くんにフラれたんだね。」



唯「ちがいます。

先輩が、じゅんぺいをフッて、じゅんぺいが東城さんと付き合った

ただそれだけ。

だから、フラれたわけじゃないと思います。」



つかさ(唯ちゃん、優しいんだね。)



つかさ「家に帰るね。」



唯「私一緒に先輩の家まで、行きましょうか?」



つかさ「ううん、一人で大丈夫だから。おやすみなさい、唯ちゃん。」



唯「おやすみなさい、先輩・・・。」




つかさは、一人さびしく家に向かい歩きだした。


[No.1640] 2012/05/20(Sun) 20:48:06
i219-164-47-177.s02.a023.ap.plala.or.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS