[ リストに戻る ]
No.1642へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「Some Kind of Wonderful  【reviced edition】」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:46:50 [No.1609]
第1話 「届いてはいけない想い」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:47:47 [No.1610]
第2話  「壊れた時計」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:06:11 [No.1611]
第3話 「天使からの招待状」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:46:10 [No.1612]
第4話「Reunion 前編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:05:31 [No.1613]
第5話「Reunion後編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:13:46 [No.1614]
第6話「天使の憂鬱」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 20:51:42 [No.1615]
第7話「Do you see the light?」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 21:17:14 [No.1616]
第8話「一人ぼっちじゃない。」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:18:40 [No.1617]
第9話「Who’s that girl?」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:40:56 [No.1618]
第10話「Another Angel」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:04:51 [No.1619]
第11話「変わらないもの」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:13:25 [No.1620]
第12話 「ギャンブル」 - スタンリー - 2011/10/30(Sun) 21:13:32 [No.1621]
第13話 「懺悔」 - スタンリー - 2011/11/03(Thu) 23:15:00 [No.1622]
第14話 「告白」 - スタンリー - 2011/11/05(Sat) 21:42:46 [No.1623]
第15話 「White Light」 - スタンリー - 2011/11/13(Sun) 20:37:11 [No.1624]
第16話「あの日の果実」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 20:35:07 [No.1625]
第17話 「Forgiveness」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 21:19:08 [No.1626]
第18話 「Silent  Jealousy」 - スタンリー - 2012/01/15(Sun) 20:53:36 [No.1627]
第19話「幸福な時間」 - スタンリー - 2012/01/29(Sun) 20:40:44 [No.1631]
第20話 「北からの風」 - スタンリー - 2012/02/19(Sun) 21:06:15 [No.1633]
第21話 「親友」 - スタンリー - 2012/02/26(Sun) 00:10:17 [No.1634]
第22話 「遅すぎたヒロイン」 - スタンリー - 2012/03/18(Sun) 23:06:28 [No.1635]
第23話 「西高東低?」 - スタンリー - 2012/03/21(Wed) 21:12:24 [No.1636]
第24話 「愛しき人」 - スタンリー - 2012/04/14(Sat) 20:33:04 [No.1637]
第25話 「悲しい決断」」 - スタンリー - 2012/05/19(Sat) 23:10:33 [No.1639]
第26話 「優しい嘘」 - スタンリー - 2012/05/20(Sun) 20:48:06 [No.1640]
第27話 「嵐のあとに・・・」 - スタンリー - 2013/01/06(Sun) 21:14:47 [No.1642]
第28話 「Love Drive」 - スタンリー - 2013/01/12(Sat) 19:06:45 [No.1643]
第29話 「夢のグランド」 - スタンリー - 2014/08/03(Sun) 21:01:31 [No.1645]


第27話 「嵐のあとに・・・」 (No.1640 への返信) - スタンリー

第27話 「嵐のあとに・・・」



綾と淳平はつかさが出て行った後、淳平の部屋にいる。


淳平「東城が俺の家に来るのは久しぶりだな。」


綾「そうね、家庭教師みたいなことをしてた時以来ね・・・・。」

綾(あの時、居間で真中くんに無断でキスをしたんだ・・・・。)






淳平は、綾が黙って何かを思い出しているのを察して・・・。

淳平「ごめん、なんか嫌なことを思い出させたみたいだな。」


綾「ううん、別になんでもないから。でも、真中くんのお部屋に

来るのは久しぶりだから、懐かしい気がするわ。」

綾が、淳平の部屋を見渡す。



淳平「撮影の機材と賞状が増えたくらいで、あの頃と基本的に

何も変わってないはずだけど。」


綾「あの作品の他にも賞をもらってたんだね。

あっ、エアコンがある。」


淳平「ああ、エアコンね、さすがに夏は暑くてさ、扇風機だけじゃ

厳しいからな。」



綾「そうね、前に来たときって、とても暑い日だったね。」



淳平「そうだったな。」



綾「・・・。」



淳平「・・・。」

二人の会話が途切れる。






淳平が話かける。


淳平「そういえば、何か用だった?

電話を待ってくれてると思ったけど・・・。」



綾「えーっとね・・・・。」


淳平「付き合ってるわけだから、いつ来ても悪かぁない

けどな。」



綾「そうよね。」


綾「・・・。」



淳平「・・・。」

二人の会話が再度、途切れる。






淳平「誤解して欲しくないから、話すけど。

西野は友達の結婚式の後でここによっただけだから。」


綾「うん・・・。」



淳平(いまいち、信用してないみたいだけど・・・。

さっき涙こそ見せなかったけど、きっと涙目くらいになって

たから。)



淳平「さっき、西野と何があったか話すよ。」



綾「別に、いいわ。」



淳平「いいや、俺は知っておいて欲しいんだ。」



綾「・・・。」


淳平「西野は友達の結婚式出席の為に昨帰国して

今日、その結婚式の後に、ここにきてこの前の手紙

のことを謝りにきたんだ。」



淳平「手紙のことを気にしててさ、それで、俺がもうあの失恋から

立ち直ったから気にするなみたいなって言って、その後に東城とつき

合ってるって・・・。」



淳平「そうしたら、西野が怒って帰るって言って、一緒に玄関に

行ったら東城がドアを開けて、後は知っての通りなんだけどな。」



綾「つきあってるのだって、西野さんと別れたあとなのに

どうして怒るの?」



淳平「つきあってるっていうのはさぁ、言いにくいんだけど

・・・今日からじゃなくて・・・4年前からって嘘をついた

から。」



綾「さっきドアが開いたとき真中くんが私のことを綾って呼ぶから

何かあったと思ったけど、そうだったんだ。」



淳平「西野の悲しい顔を見るのがつらかったから嘘をついたんだけど

・・・東城をだしに使て悪い事をしちゃったな。」



綾「ううん、別に私のことはいいんだけどね。ただ、西野さんがね。」



淳平「・・・。」



綾「ごめんなさい。」



淳平「別に怒ってないから、特に謝るなって。」



綾「違うの、実は、私、さっき、真中くんの所に西野さんが来ている

のを知ってたの。」



淳平「だっ、誰に聞いたんだ?」



綾「それは、私の口からは言えないけど・・・。」




淳平「あの時ここに西野が来てたのを知ってたのは本内だけだから

唯から教えてもらったと思うけど。」



綾「分かっちゃったみたいね。

でもお願いだから唯ちゃんを怒らないでね。」



淳平「怒らないから。

それにもし怒ったとしても逆ギレされるのがオチだし。」



綾「そうね。

それで西野さんが来てたのを知ってね、彼女と私とを比べたら

断然綺麗で性格もいいし、絶対にお料理だって上手に出来ると

思うから、もしかして真中くんって西野さんとよりをもどしちゃ

うのかなって思うと、家でじっと電話を待つことができなくなっ

ちゃって、ここに来ちゃったの。

でも、大変な時に来ちゃったみたいで、本当に、ごめんなさい。」



淳平「俺って全然信用がないんだなぁ。

確かに高校時代の優柔不断な俺を知ってるから仕方がないかも

しれないな。」



綾「4年以上も分かれていたって言っても、お互い好きあっていた

わけだしそう関単に、割り切れるわけじゃないと思うから・・・。

それに、真中くんは、嫌われようとして、あえてあんな嘘をついた

わけだしとてもつらかったと思うから仕方ないよ。」



淳平(東城って何て優しいんだろう。)

淳平「今の恋人を前にして言う事じゃないけど、東城が言うように

すぐには
忘れる事はできないと思う・・・・だけど西野のことを忘れるよう

努力するから。」



綾「ううん、無理はしないでいいからゆっくりでいいのよ。

私も真中くんにフラれても、ずぅっと忘れられなかったわけだしね。」



淳平「そうか・・・、今朝東城の家で、あの時フッたことは謝らないっ

ていったけどそれを聞いちゃうと謝ったほうが良さそうだな。

本当にゴメン。」



綾「ううん、そんなつもりで言ったんじゃなくて・・・、あの、なんて

言えばいいのかな、好きになった人の事を忘れるのは難しいって事を言

いたかっただけなんだけど・・・。」



淳平「東城の言いたい事は分かったから、いいよ。

これで西野も俺なんかに会いに来たりはなしたりすることも無いだろう

しな・・・。

じゃぁ、この話は、おしまいにして、もっと明るい話をしようぜ。」



綾「そうね、私たち今日から付き合うことになったんだから、本当

ならもっと明るい話をしたいわね。」


綾(でも、真中くんさびしそう・・・・。)



淳平「そうだな、ところで、今日言ってた話だけど、何か思い浮かん

だこととかある?」



綾’「それって、水曜日で良かったんじゃなかったの?」



淳平「そうだけど、なんとなくさ。」



綾「そうね。実は1つあるの。」



淳平「それって何?」



綾「お互いの呼び方なんだけどね。東城とか真中くんじゃなく

てもっと恋人らしい呼び方ってあるのかなって思って。」



淳平「呼び方かぁ。東城は、俺のことをどう呼びたいんだ?」



綾「真中くんから言ってみて、その呼び方を参考にして決め

たいから。」



淳平が少し考えている。



淳平「そうだな、あっちの国の映画とか見てて、昔ッから

いいなって思ってたのがあるんだ。」



綾「海外の呼び方なの?」



淳平が真顔で・・・。

淳平「じゃぁ、俺は東城の事をハニーって呼ぶから、それに

あわせて、俺の事をダーリンって呼んでくれ。」


綾(嘘、冗談よね。)

綾「本気なの?」



淳平「ああ、本気だけど・・・嫌か?」



綾「嫌じゃないけど、ちょっと恥ずかしいかも・・・。」



淳平「慣れれば、平気だって。じゃぁ、早速練習してみよう。」


綾「えっ、今言うの?」


綾の質問を無視して、淳平が話しかける。

淳平「水曜日は2時に向かえにいくから、遅れないように準備

しておいてくれよ、ハニー。」



綾が顔を赤らめてうつむきながら、ためらいながら小声で・・・・。

綾「分かったわ、・・・・ダーリン。」


綾(二人しかいないのに、凄く恥ずかしい。これって人前でも

言わなきゃならないの?)



淳平「・・プーッ、・・・・ハハハハハ。」

淳平が笑いをこらえていたが、我慢しきれなくなって笑い出す。



綾「えっ、真中くん、これって冗談だったの?」



淳平「俺、普通の日本人だぜ。そんなこと言いいたい訳ないじゃん。」



綾の顔が恥ずかしさで更に赤くなる。

綾「もぉー、さっき本気だって言ってたから、呼んだのに。」



淳平「ゴメン、ゴメン、あまりにも場が重苦しかったから、それで少し

明るくしようと思って言ってみたけど、まさか本当に言うとは・・・。」



綾「真剣に呼び方を考えてたのに。」



淳平「じゃぁ、東城はどう呼んで欲しいんだ?」



綾が淳平に背をむけながら・・・。

綾「もう、知らない。」



淳平「だから謝っているじゃないか。機嫌を直してくれよ。

東城の呼んで欲しい呼び方で呼ぶからさぁ。」



綾(本当は『あや』って呼んでもらいたいけど、教えてあげない。)


綾が淳平に背を向けたまま話す。

綾「私は、怒ってるの。」



淳平が後ろから両腕を綾の首の周りに優しく腕を回して抱きつきながら

顔を綾の左耳の横に近づけて優しくささやく。



淳平「好きだよ、綾。」



綾「えっ・・・!?」

綾が、突然の予期せぬ言葉に驚き言葉を失う。



数秒の沈黙の後、淳平が綾から離れる。

綾が顔を赤らめ、振り返り、嬉しそうな顔をしながら・・・。

綾「そ、そんな甘い言葉でささやかれても騙されないんだからね。」



淳平「本当に悪かった。でもこれで分かったけど、東城は、『あや』

って呼んで欲しいんだな。

じゃぁ、俺のことも『じゅんぺい』でいいから。

ただ、東城が他の呼び方で呼びたいんなら別だけど・・・。」



綾が機嫌を直して。

綾「ううん、『じゅんぺい』でいい。」



淳平「じゃぁお互い名前で呼ぶことにしような。」



綾「そうね。」



淳平「ところで今日、弟さんにここまで送ってもらったみたいだけど

車は運転しないのか?」



綾「一応運転はできるんだけどね。家族がさせてくれないの。」



淳平「家族が?どうして?」



綾「私って、4年前にお父さんの車を駐車場に入れるときにね

家の塀ぶつけて車の一部を壊しちゃったことがあって、それ以

来運転させてくれないの。」



淳平「せっかく、免許があるのにもったいないなぁ。

えーと、今日は日曜で今9時だし、近くのスーパーは閉店してるな。」


綾「スーパーがどうしたの?」


淳平「スーパーの駐車場なら、運転の練習ができると思ってさ。

今から行ってみようぜ。」



綾「今からなの?」




淳平「そう、今から。」


淳平が車のキーを机の上から取り、二人で部屋を出た。


[No.1642] 2013/01/06(Sun) 21:14:47
i60-34-68-31.s02.a023.ap.plala.or.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS