[ リストに戻る ]
No.1643へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「Some Kind of Wonderful  【reviced edition】」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:46:50 [No.1609]
第1話 「届いてはいけない想い」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:47:47 [No.1610]
第2話  「壊れた時計」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:06:11 [No.1611]
第3話 「天使からの招待状」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:46:10 [No.1612]
第4話「Reunion 前編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:05:31 [No.1613]
第5話「Reunion後編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:13:46 [No.1614]
第6話「天使の憂鬱」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 20:51:42 [No.1615]
第7話「Do you see the light?」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 21:17:14 [No.1616]
第8話「一人ぼっちじゃない。」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:18:40 [No.1617]
第9話「Who’s that girl?」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:40:56 [No.1618]
第10話「Another Angel」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:04:51 [No.1619]
第11話「変わらないもの」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:13:25 [No.1620]
第12話 「ギャンブル」 - スタンリー - 2011/10/30(Sun) 21:13:32 [No.1621]
第13話 「懺悔」 - スタンリー - 2011/11/03(Thu) 23:15:00 [No.1622]
第14話 「告白」 - スタンリー - 2011/11/05(Sat) 21:42:46 [No.1623]
第15話 「White Light」 - スタンリー - 2011/11/13(Sun) 20:37:11 [No.1624]
第16話「あの日の果実」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 20:35:07 [No.1625]
第17話 「Forgiveness」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 21:19:08 [No.1626]
第18話 「Silent  Jealousy」 - スタンリー - 2012/01/15(Sun) 20:53:36 [No.1627]
第19話「幸福な時間」 - スタンリー - 2012/01/29(Sun) 20:40:44 [No.1631]
第20話 「北からの風」 - スタンリー - 2012/02/19(Sun) 21:06:15 [No.1633]
第21話 「親友」 - スタンリー - 2012/02/26(Sun) 00:10:17 [No.1634]
第22話 「遅すぎたヒロイン」 - スタンリー - 2012/03/18(Sun) 23:06:28 [No.1635]
第23話 「西高東低?」 - スタンリー - 2012/03/21(Wed) 21:12:24 [No.1636]
第24話 「愛しき人」 - スタンリー - 2012/04/14(Sat) 20:33:04 [No.1637]
第25話 「悲しい決断」」 - スタンリー - 2012/05/19(Sat) 23:10:33 [No.1639]
第26話 「優しい嘘」 - スタンリー - 2012/05/20(Sun) 20:48:06 [No.1640]
第27話 「嵐のあとに・・・」 - スタンリー - 2013/01/06(Sun) 21:14:47 [No.1642]
第28話 「Love Drive」 - スタンリー - 2013/01/12(Sat) 19:06:45 [No.1643]
第29話 「夢のグランド」 - スタンリー - 2014/08/03(Sun) 21:01:31 [No.1645]


第28話 「Love Drive」 (No.1642 への返信) - スタンリー

第28話「Love Drive」


淳平と綾は近所のスーパーの駐車場に停車している。


淳平「じゃぁ、俺は助手席にいるから、運転して。」


綾「うん。」

二人が席を替わる。


綾「運転する前に1ついい?」


淳平「何?」


綾「あの時あったぬいぐるみはどうしたの?」


淳平「夕方、家に帰ったときに、みんな車から降ろしといたから。

でも、車内が寂しくなっちゃたな。」


綾「私は、うれしいけど。でも、大丈夫なの?」


淳平「あのバイトは、もう止めるからいいんだ。

それに、綾がなにか自分のものを置きたいかもしれないからな。

そうだ、綾にこれをあげるよ。」


淳平が、ポケットから、車のリモコンドアロック付きのスペアーキー

を渡す。



綾「これって、車のカギじゃなないの?

どうして?」



淳平が照れながら・・・。


淳平「俺の車の指定席チケットみたいなもんかな・・・。

本当は、別の何か良いものを渡したいけど、今日付き

合ったばっかりで何も渡せるものがないからさ。」



綾「ううん、とてもうれしいよ。

私達、本当に付き合ってるって証拠みたいだからね。

本当言うとね、今日家に帰って眠るのが怖かったの。」



淳平「怖い?」



綾「明日の朝、起きたらね、今日のことが全部夢じゃないかと思ってね。

だから、この車のカギを私のベッドの近くに置いておけば、起きても夢

じゃないって思えるから・・・。

これで安心して眠ることができると思う。」



淳平「そうか。

それなら良かったけど・・・・・じゃあ、おしゃべりはこれ位にして

そろそろ運転の練習を始めようか。」



スーパーの駐車場で運転の練習を50分ほどする。



淳平「そろそろ、やめて家に帰ろうか?」



綾「そうね。

で、どうだった私の運転?」



淳平「最初はどうかって思ったけど、だんだん良くなってきた。

運転なんて慣れればどうってことないんだからさ。

あと、ちょっと練習すれば完璧だと思うよ。

だから、また一緒に練習しような。」



綾「うん、一緒に運転してるとね、なんとなくだけど運転が

すぐ上達するような気がするの。」



淳平「じゃぁ、ここから綾の家まで、自分で運転してみるか?」



綾「えっ、それはちょっと・・・・。」



淳平「冗談だよ。

席を替わろうか。」



綾「うん。」



二人が席を替わる。


淳平「送った後、家の前じゃできないから。」

淳平から綾に車内でキスをする。



二人がキスを終え、綾がその余韻に浸っている。


淳平「そろそろ行こうか?」



綾が顔を赤らめて・・・。

綾「うん・・・・。」




二人を乗せた車がスーパーの駐車場から車道に出る。







車内で。


綾「今日は、疲れたわね。」


淳平「いろいろあったからな。」


綾「そうね。」


淳平「これで、あとさつきが来てたら、もう俺の頭の中は滅茶苦茶

になってたよ。」



綾「北大路さん、夕方、私の家に来てたの・・・。」



淳平「なんで家に?」



綾「外村君から、西野さんと別れた話を聞いたらしくて、それで淳平

に告白する前に私に淳平のことをどう思っているのか聞きに来たの。」



淳平「さつきが俺じゃなくて綾のところに聞きに?

それでさつきに何て?」


綾「私、淳平と付き合ってるって言っちゃったの。

そしたらね、北大路さんが淳平のことをあきらめるって言ってくれたの。

あと、今日はこちらの実家に泊まって、あす京都に帰るって。」



淳平「さつきが・・・・あきらめるって・・・。」



綾「どうしたの?」



淳平「いや、この前会えなかったからさ、久しぶりにさつきと話してみた

いって思ってさ。

でも、やっぱ今日は無理だな。心に余裕がないからさ。」



淳平(西野とさつきがおれの前を去って行ったってことだよな。

彼女を選ぶってこういう事なんだな・・・・。)



綾「そうね、私も・・・・。」

綾(真中くん、何かさびしそうね。)



綾「ところでね、真中くん・・・じゃなかった淳平、平日だったら

いつ電話してもいいのかな?」



淳平「基本的にいつでもいいけど・・・でもバイト中は故意に電話にでない

時があるからなぁ。

今月の月・火は、朝から5時位までおそらく工事現場に出てるし、午後8時

から居酒屋でバイトで夜12時位かな。

水曜は午前中だけ現場でバイトだし。

木曜は現場は休みだけど午後8時位から居酒屋でバイトで夜12時だな。

金曜と土曜は、クラブだけでで午後6時から深夜まで働いてるけど・・・

といってもさぁ、角倉さんのトコで就職が決まったら、みんな辞めちゃう

からな。」



綾「3つもお仕事を掛け持ちしてたんだね。」



淳平「これに角倉さんからの依頼が加わるから合計4つってところかな。」



綾「できるだけお仕事の邪魔にならないように電話するからね。」



淳平「分かった。

で、そっちは?」



綾「私は、基本的にいつでもOKだからね。

もし駄目な時は、そう言うからね。」



淳平「ああ、分かった。常識の範囲内で電話をするから。」



綾「楽しみにしてるね。」



淳平の車が綾の家の前で停車する。



綾が、助手席のドアをあける。

綾「送ってくれてありがとう。おやすみなさい。」


綾が車を降りる。



淳平「ああ、おやすみ。」


淳平が挨拶をすると車を発進させる。


綾が淳平を見送ったあと、玄関から自宅に静かに入った。


[No.1643] 2013/01/12(Sat) 19:06:45
i220-109-167-196.s02.a023.ap.plala.or.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS