[ リストに戻る ]
No.1645へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「Some Kind of Wonderful  【reviced edition】」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:46:50 [No.1609]
第1話 「届いてはいけない想い」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 22:47:47 [No.1610]
第2話  「壊れた時計」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:06:11 [No.1611]
第3話 「天使からの招待状」 - スタンリー - 2011/09/25(Sun) 23:46:10 [No.1612]
第4話「Reunion 前編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:05:31 [No.1613]
第5話「Reunion後編」 - スタンリー - 2011/10/02(Sun) 16:13:46 [No.1614]
第6話「天使の憂鬱」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 20:51:42 [No.1615]
第7話「Do you see the light?」 - スタンリー - 2011/10/09(Sun) 21:17:14 [No.1616]
第8話「一人ぼっちじゃない。」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:18:40 [No.1617]
第9話「Who’s that girl?」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 07:40:56 [No.1618]
第10話「Another Angel」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:04:51 [No.1619]
第11話「変わらないもの」 - スタンリー - 2011/10/10(Mon) 19:13:25 [No.1620]
第12話 「ギャンブル」 - スタンリー - 2011/10/30(Sun) 21:13:32 [No.1621]
第13話 「懺悔」 - スタンリー - 2011/11/03(Thu) 23:15:00 [No.1622]
第14話 「告白」 - スタンリー - 2011/11/05(Sat) 21:42:46 [No.1623]
第15話 「White Light」 - スタンリー - 2011/11/13(Sun) 20:37:11 [No.1624]
第16話「あの日の果実」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 20:35:07 [No.1625]
第17話 「Forgiveness」 - スタンリー - 2011/12/03(Sat) 21:19:08 [No.1626]
第18話 「Silent  Jealousy」 - スタンリー - 2012/01/15(Sun) 20:53:36 [No.1627]
第19話「幸福な時間」 - スタンリー - 2012/01/29(Sun) 20:40:44 [No.1631]
第20話 「北からの風」 - スタンリー - 2012/02/19(Sun) 21:06:15 [No.1633]
第21話 「親友」 - スタンリー - 2012/02/26(Sun) 00:10:17 [No.1634]
第22話 「遅すぎたヒロイン」 - スタンリー - 2012/03/18(Sun) 23:06:28 [No.1635]
第23話 「西高東低?」 - スタンリー - 2012/03/21(Wed) 21:12:24 [No.1636]
第24話 「愛しき人」 - スタンリー - 2012/04/14(Sat) 20:33:04 [No.1637]
第25話 「悲しい決断」」 - スタンリー - 2012/05/19(Sat) 23:10:33 [No.1639]
第26話 「優しい嘘」 - スタンリー - 2012/05/20(Sun) 20:48:06 [No.1640]
第27話 「嵐のあとに・・・」 - スタンリー - 2013/01/06(Sun) 21:14:47 [No.1642]
第28話 「Love Drive」 - スタンリー - 2013/01/12(Sat) 19:06:45 [No.1643]
第29話 「夢のグランド」 - スタンリー - 2014/08/03(Sun) 21:01:31 [No.1645]


第29話 「夢のグランド」 (No.1643 への返信) - スタンリー

第29話 「夢のグランド」

綾が玄関から自室に行く途中の廊下で弟に会う。



正太郎「姉ちゃん、さっき男と会ってたろう?」



綾「そうだけど・・・・。」



正太郎「姉ちゃんから帰っていいって電話をもらう前に、マンション

から女が出てきたけど、あれって高校時代好きだった男の彼女だよな。

もしかして姉ちゃんが言ってた彼氏ってあの男ことなのか?」



綾「そうよ。」



正太郎「あれから4年以上も経ってるのに、ずぅっとあいつのことが好き

だったんだな。

前の彼女ってあの時と比べてまたすごく綺麗になってたけど、なんで男の

マンションから出てきて、ひょっとして、あそこで前の彼女との修羅場に

なってたんじゃないのか?」



綾「違うわよ、彼の家に行ったら、たまたま彼女が帰るところだっただ

けだし、彼本当に別れたって。」



正太郎「もし、そうだとしても、前の彼女があの時そこにいたわけだから

よりを戻しに来てたんじゃないのか?

あんな美人が本気であいつにアタックをかけたら、姉ちゃんまたフラれる

かもしれないから、あまりそいつに期待をしないほうがいいぜ。」



綾「もう、いいでしょ。

正太郎には関係ないんだから。

私は、お風呂に入って寝るからね。」

綾(せっかくいい気分で帰ってきたのに台無しじゃない。

もう正太郎とは当分口をきかないんだからね。)



綾は怒って自室に戻り着替えを取りに行き風呂場へ向かう。


綾が衣服を脱ぎ、浴室入り、体を洗い湯船に入る。


綾(今日一日でいろいろあったけど、私って真中くんの恋人になれたんだ。

でも西野さんって真中くんの嘘を本当に信じてるのかな。

もし、嘘だと分かったら、またよりを戻そうとするかもしれない・・・。

本当に正太郎のせいで、なんか不安になってきちゃったじゃない。

もう、はやく寝てこのことを忘れよう。)


綾が浴室をでて、体をふき、パジャマに着替えて髪を乾かし、自室に戻る。


綾がベッドのサイドテーブルに淳平から貰ったスペアキーを置いた後で

部屋の照明を消す。

綾がベッドのサイドテーブルに淳平から貰ったスペアキーを置き

ベッドの上で横になる。


綾が布団に入り今日の応接間での出来事を思いだす。


綾(真中君と恋人になれたんだ。

高校三年生のときの文化祭の時フられて、彼の大学受験の時に

あんな過ちをして彼をあきらめたけど・・・よかった、今日告白

して。)


綾が部屋の明かりを消す。

綾が今日の中学校でのグランドでの出来事を思い出す。

綾(中学三年生の時、西野さんへの告白を見た時は

恥ずかしいって思ったけど、私に対してしてもらえる

ととても嬉しかった。

これからも一生忘れない思い出になると思う。)

綾が小さなあくびをしてサイドテーブルに置いた車の

スペアキーを見て。

綾(おやすみ・・・・真中君、じゃなくて淳平。)


綾が眠りに入る。







綾の夢の中

小学校の運動会で綾がグランドの外周の外にビニールシート

に座っている。


隣に綾の子供の頃に似た眼鏡をした幼稚園児位の女の子が座って

おり、その後ろに綾の母と父が座っている。

その女の子が向こう側のトラックに徒競走の出走準備で並んで

いる淳平を小さくしたような男の子を指差して綾に話かける。


女の子「ねぇ、見てお母さん、お兄ちゃん次だよ。」

綾「そうね。あれっ、お父さんは?」


女の子がトラックのコーナー付近でビデオカメラを構えている

親達を指差して。

女の子「お父さんなら、ずぅっとあそこにいるよ。」


そのコーナー付近にいる親達の集団の中に、業務用に使うような

ビデオカメラに頑丈な三脚をつけて構えている淳平を見つける。


学校の先生「位置について。  ヨーイ。」

ピストルの音が鳴ると同時に淳平を小さくした男の子を含め

8人くらいの小学生が一斉に走り出す。




女の子「お兄ちゃん頑張れ。」


綾「頑張れぇ。・・・・あっ!」




トラックの最初のコーナーを回り、綾たちの座っている付近で

1位で走ってきた淳平を小さくしたような男の子が転び後の7人に

に次々に抜かれる。


膝を擦り剥き少しよろめきながら立ち上がるが他の走者はゴールする。

片足を少し引きずるように走り出すと周りから拍手の音が聞こえて

くる。


少しして、淳平を小さくしたような男の子がゴールすると更に大きな

拍手が聞こえてくる。

女の子「せっかく途中までは一番だったのにねぇ。」


綾の母「『転ぶ』ていうのは遺伝するのかしらねぇ。」


綾「それって私からって事?

もう、一生懸命やったんだから褒めてあげてね。」

綾の両親が笑っている。


少しして淳平が満足げに綾の座っている所にくる。


淳平「傑作が撮れた予感がする。

早く編集しないとな。

帰ったら一緒にやろうぜ。」


綾が呆れ顔で。


綾「まだダンスとか他の種目もあるんだから。」

淳平が笑いながらビデオカメラをビニールシートの上に置いて

女の子を抱きかかえて座る。



夢が終わる。






綾が目を覚ます。


綾(なに今の?

もしかして夢?

じゃぁ、昨日の事も・・・・?)


綾がベッドのサイドテーブルに視線を移して置いてある車の

貰ったスペアキーを見て安心する。





綾(よかったぁ。あれは夢じゃなくて。)


綾(グランドでの告白のインパクトが強すぎたからあんな夢を

見たのかなぁ。でもさっきの夢の中で、真中君が旦那さんで

男の子が小学生くらい、女の子が幼稚園くらいだったなぁ。

もしこの夢の話を真中君にしたらどんな顔をするのかなぁ。

夢の中での真中君って親バカだったなぁ。

でもこんな話をしたら付き合いだして間もないのに結婚を

迫ってるみたいだから・・・。いつか話せるときがきたら

それとなく話してみよう。)




綾が部屋で着替えて、ダイニングへ向かう。


綾「おはよう。」

綾の母「おはよう。朝食の準備ができてるからね。」


綾「うん、ありがとう。ねぇお母さん、お料理のことを教えて欲しいけど、いい?」


綾の母「いいけど・・・。でも、急にどうして・・・。

もしかして、彼でも出来た?」


綾「・・・うん。

それでね、やっぱりお料理とかできないとダメじゃないかなぁって思ってね。」



綾の母「そうなの。それで、どんな人なの?」



綾「中学校の時からの同級生なの。」


綾の母「そう、今何をしている人なの?」


綾「今はアルバイトなんだけどね、近々面接を受けて映像関係の

会社に就職予定なの。」


綾の母「綾ちゃんが好きになった人なら、きっといい人でしょうね。」



綾「それでね、まだお父さんにはまだ内緒にしておいて欲しいの。」



綾の母「それは構わないけど、お父さんに心配をかけるようなこと

だけはしないでね。」



綾「するわけないじゃない。」



綾が朝食を終え自室に戻り執筆を始める。


綾(これから、真中くんと平日に会うのなら夜になりそうだから

できるだけ執筆は午前中にしないとね。)






綾が執筆を始めてから2時間程してから玄関からチャイムの音がし

綾の母がドアホンで対応する。



綾の部屋の内線の呼び出しがなり、綾が受話器を取る。



綾の母「綾ちゃん、お友達がおみえになってるから

ちょっと玄関にいってもらっていい。」



綾「だれなの?」



綾の母「高校時代のお友達できれいな女の人みたいよ。」



綾「今すぐ、行くから。」

綾が受話器を置き、玄関に向かう。



綾(誰だろう・・・。)



綾がドアを開け、立っている人を見て驚く。





綾「西野さん」


玄関の前には、西野が立っていた・・・。


[No.1645] 2014/08/03(Sun) 21:01:31
e0109-106-188-182-106.uqwimax.jp

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS