[ リストに戻る ]
No.4674へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 植草一秀さん、京都で力強く呼びかけ! - ローリエ - 2012/05/21(Mon) 20:36:02 [No.4664]
Re: 植草一秀さん、京都で力強く呼びかけ!ー6月3日デモ(東京で予定) - ローリエ - 2012/05/21(Mon) 20:55:07 [No.4665]
もっと大きく・・・耳障りな(声高な少数派)の声 - hasebe - 2012/05/23(Wed) 14:27:55 [No.4671]
小沢氏の自民党脱党は、日本からの資金流出を防ぐ為? - hasebe - 2012/05/23(Wed) 22:53:44 [No.4674]
[削除] - - 2012/05/24(Thu) 12:29:29 [No.4675]


小沢氏の自民党脱党は、日本からの資金流出を防ぐ為? (No.4671 への返信) - hasebe

1985年のプラザ合意により、1ドル235円だったものが
1年後には150円にまで急激に円高、ドル安になりました。

日本の輸出産業、繊維、雑貨など壊滅し、その打開に金利を
最低にまでおとし、それがその後のバブルの引き金にもなった
とも言われています。

その3年後の1988年、当時の竹下首相は突如、先物取引を導入
株価は4万円にまで届く勢いに跳ね上がりました。

当時、米国からは「日本の金融・資本市場の開放に関
して、(中略)次々と要望が出されていた」わけです。

今と同じで、日本は言いなりに急激な金融市場解放を
他国がしているような保護をすることもなく行ったのです。

日本の金融界も企業、個人投資家の多くは、知識、技術共
に未熟で急激な金融市場の変化に対応出来ずボロボロに
なり未だにその影響が尾をひいています。

バブルの崩壊と共に40兆円以上と言われる日本の資金が米国
に流出したとも言われています。

その時、竹下首相に、加熱した株価を一時安定させるため
のサーキットブレーカー制度(ストップ、ストップ安で
一時株の売買を止め安定させる)を取り入れるようにと進言
した、たった一人の政治家は小沢さんでした。

それが聞き入れられない為脱党し、細川政権を作り、その
8ヶ月間の政権の潰れる2ヶ月前にサーキットブレーカー
制度を作り上げたわけです。

板垣英憲氏は、その時から竹下氏との戦いが始まった
と書いています。

その時結成された「三宝会」が、いまだに影を及ぼしている?

金丸信氏は、金庫の金の延べ棒が検察の手入れで見つかった
際、それは小沢氏の新党結成の資金にしたかった、と語っていた
のを当時の新聞記事で読みました。


その間のことを板垣英憲氏がブログに書いています。


<板垣英憲のマスコミに出ない政治経済の裏話>
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/e286363922b6b209ddd6eb91ae6fec78

『1988年9月3日、竹下登首相が東京と大阪の証券取引所に日本初の
 デリバティブ「TOPIX日経平均株価の先物取引(裁定取引)導入。

 ソロモン・ブラザーズとメリルリンチが、大商い。

 サーキットブレーカーをセットしておらず、40兆円が米国に流出し、
 バブル経済が崩壊。

 小沢一郎官房副長官が竹下登首相に「ストップ」を進言するが、拒否。

 小沢一郎官房副長官は、竹下登首相に「あんたは、国賊だ」と抗議する。

 ここから、小沢一郎官房副長官は、新党をつくって、自分たちが
 サーキットブレーカーをセットみせる」と決意。

 後ろ盾の金丸信元幹事長(竹下派「経世会」会長)と密に新党つくりの
 準備にかかる。

 このときから数えると「小沢一郎元代表の戦い」は「24年戦争」となる。』


[No.4674] 2012/05/23(Wed) 22:53:44

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS