[ リストに戻る ]
No.5275へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 『ムネオの日記』2013年1月16日(水) - 米ちゃん - 2013/01/17(Thu) 11:04:07 [No.5275]
『ムネオの日記』2013年1月21日(月) - 米ちゃん - 2013/01/21(Mon) 21:49:16 [No.5278]
『ムネオの日記』2013年1月22日(火) - 米ちゃん - 2013/01/22(Tue) 21:29:02 [No.5283]
『ムネオの日記』2013年1月23日(水) - 米ちゃん - 2013/01/23(Wed) 20:11:14 [No.5284]
『ムネオの日記』2013年1月24日(木) - 米ちゃん - 2013/01/24(Thu) 20:21:15 [No.5288]
『ムネオの日記』2013年1月25日(金) - 米ちゃん - 2013/01/25(Fri) 21:59:11 [No.5289]


『ムネオの日記』2013年1月16日(水) - 米ちゃん

 一票の格差が解消されないまま実施された昨年12月の衆院選挙は、憲法違反として選挙無効を求めた訴訟の第一回口頭弁論が15日、札幌高裁であり、即日結審し3月7日に判決が出ることになった。

 北海道3区は衆院議員一人当たりの有権者数は全国最小の高知3区の2.20倍、全国最多の千葉4区は高知3区の2.43倍の格差である。

 全国34選挙区について14の高裁で訴訟がおこされているが、すでに最高裁が違憲状態と判決をしており、どこよりも先に判決がでる札幌高裁の行方に注目したい。

 どう考えても国権の最高機関である国会が、自らの立場、身分を速やかに結論を出さなかった責任は重い。党利党略、自己保身で何年も惰性で来たツケを一日も早く払拭しなければならない。国会議員の自浄能力が問われているのである。

 衆議院・参議院とも一日も早く、格差是正と定数削減に取り組むべきである。

 地方公務員の給与削減を麻生財務大臣が知事会長らに要請したことに対し一部、知事らが反発しているが、これも自分本意の表れでないか。

 東日本大震災の復興財源の為、国家公務員は7.8%2年間削減した。地方公務員にも協力を呼びかけるのは財務大臣として当然の姿勢である。地方自治体の判断によっては地方交付税の削減も有り得ると言うのも、もっともな話である。

 北海道・岡山・鳥取のようにすでに国より給与水準が下がっている自治体もあるのだ。

 東日本大震災復興財源捻出は公務員のみならず、国民に課せられた大きな責任である。

 同時に麻生財務大臣は地方公務員に給与削減を言う前に、国会議員の135万円の給与を3分の
1カット、650万円のボーナス凍結、特権的手当(月100万円の交通通信滞在費等)の廃止を打ち出せば、知事会側も文句の付けようがなかったと思うのだが。

 先ずは隗より始めよである。法律を作り予算を審議する国会議員が自ら身を削ることが国民への一番の処方箋であり、解決策であることを肝に銘じるべきでないか。

鈴木宗男


[No.5275] 2013/01/17(Thu) 11:04:07

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS