[ リストに戻る ]
No.5408へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all ≪憲法≫を学ぼうと思います。 - hasebe - 2013/04/26(Fri) 22:55:51 [No.5396]
Re: ≪憲法≫を学ぼうと思います。 - McRash - 2013/05/06(Mon) 23:21:32 [No.5422]
Re: ≪憲法≫を学ぼうと思います。 - showa-oyaji - 2013/05/07(Tue) 12:18:08 [No.5423]
Re: ≪憲法≫を学ぼうと思います。 - かすみ。 - 2013/04/29(Mon) 20:14:37 [No.5399]
「重いメディアの責任」を問う。 - hasebe - 2013/04/28(Sun) 13:00:41 [No.5397]
Re: 「重いメディアの責任」を問う。 - かすみ。 - 2013/04/29(Mon) 20:23:26 [No.5400]
【小沢憲法改正試案】とは。 - hasebe - 2013/04/30(Tue) 15:56:25 [No.5404]
Re: 【小沢憲法改正試案】とは。 - hasebe - 2013/05/01(Wed) 11:35:45 [No.5405]
Re: 【小沢憲法改正試案】とは。 - かすみ。 - 2013/05/01(Wed) 20:27:12 [No.5406]
衆愚主義プロジェクトの成功? - hasebe - 2013/05/01(Wed) 23:47:30 [No.5408]
小沢氏「今こそ国際安全保障の原則確立を」 - hasebe - 2013/05/03(Fri) 08:21:00 [No.5410]
小沢一郎氏「憲法記念日にあたって」 - hasebe - 2013/05/04(Sat) 10:38:03 [No.5414]
Re: 小沢一郎氏「憲法記念日にあたって」 - 赤毛のアン - 2013/05/06(Mon) 22:06:55 [No.5418]
憲法改正について - 日本一新の会事務局 - 2013/05/09(Thu) 11:19:28 [No.5424]
Re: 憲法改正について - hasebe - 2013/05/10(Fri) 11:37:55 [No.5427]
小沢さんの憲法改正案その一 - hasebe - 2013/05/10(Fri) 11:58:39 [No.5428]
メルマガ・日本一新・通巻第161号 - 日本一新の会事務局 - 2013/05/15(Wed) 09:15:38 [No.5436]


衆愚主義プロジェクトの成功? (No.5406 への返信) - hasebe

かすみ様、皆様

【占領下に制定された憲法は無効である】という意味では、
もしかしたら平成25年の現在でも占領下であり、いまだ憲法
の改正をする資格がないのでは?と思わないでもないです。

多くの官僚、政治家がアメリカ詣でをし、それは最高裁判事
までも・・・。
高級ドレイが下級ドレイを管理していても、結局、他国の
ご主人様の顔色を見、忖度をして政治をしているのですから。

今日は、何故か、下記のブログの文字が妙に身にしみます。
独りファシズムVer.0.1をコピーさせていただきました。


<独りファシズムVer.0.1>
http://alisonn003.blog56.fc2.com/


この国の錯乱とは、立法権が他国へ譲渡されていることに起因するのだろう。

ACTA批准、TPP加盟、原発推進、消費税率引上、社会・教育・福祉・年金などの
全面的な削減、資本規制撤廃(外資による日本企業買収)、労働者の非正規化など、
これらは国家の最高議会で成立したものではなく、その原型は「対日改革要望書」、
「日米経済調和対話」、あるいは「日本経団連政党評価表」のアジェンダ(要求項目)
として記されていたのであり、つまり主要な国内法は外国人投資家によって起草されて
いるのであり、CSISやヘリテージ財団など米国のシンクタンクによって策定されて
いるわけだ。

圧倒的マネーを武力とする対日戦略は、橋本政権下の「金融ビッグバン」において
先鋭化したのだが、山一證券が資本規制解除による過激な空売りによって廃業となり、
8兆円もの公的資金を投じられた長銀が、僅か10億円でリップルウッドに売却され、
さらにGEが東邦生命を取得、AIGが千代田生命を取得するなど、90年代後半には
金融・保険分野における侵食が加速し、あらたな構造の再編成が引き起こされている。

2001年に発足した小泉政権は、時価会計制度を強行し、1万4千円台であった東証株価を
7千円台まで下落させた後、主要企業の過半数株式を外資に取得させ、つまり経済市場
におけるイニシアティブをグローバル資本に譲渡したわけだ。

アベノミクスなど浮かれているが、自国通貨を希釈して株高を引き起こし、株式を
底値で取得していた外国人投資家に莫大な売買益を提供しているだけであり、
どれほど馬鹿げたことなのか、もはや説明するまでもないだろう。

繰り返すが、時価会計制度とは、企業資産を取得原価ではなく期末時点の時価で
算定するシステムであり、デフレ環境においては資産劣化によってバランスシート
(決算書)が暗転し、これにより大量の株式が一斉売りとなるという破滅をもたらす
のだが、政権は同期して35兆円もの為替介入を行い、すなわち東証株の買い取り資金を、
国家資源から米国系ファンドへ拠出していたわけだ。

さらに小泉政権は外資比率50%を超える企業による献金を解禁するのだが、つまり彼らは
「金銭の代価として、外国人投資家に有利な制度を法案化する行為」を合法化し、
政策そのものを市場取引するというビジネスモデルを構築したのであり、売国によって
金を稼ぐという背徳を公然化したのだが、この国は絶望的に民度が低劣であり、これらの
情報群をいまだ意味化することすらできない。

あいかわらず自称愛国者は「小泉さん」なのだが、連中の知性はこの程度の理解を忌避する
ほどに狭隘なのであり、むしろ単純な世界観と強権者への従属を好むという彼らの性向は、
メディア装置型政党による蒙昧主義と親和性が高いのだと思う。

安部内閣においては市場原理主義の第三世代改革が推進されているのだが、その中核が
TPPによる自由貿易であり、あらゆる参入障壁の撤廃であり、インフラストラクチャの
全面的な民営化という新たな次元展開であり、つまるところ本質とは「勝者総取り」
というイデオロギーの純粋な表明に他ならない。

繰り返すが、この国において政治者は、外国資本が要求する制度改革の達成度によって
インセンティブ(成果報酬)を授与されるシステムであり、それは未検証の仮説ではなく、
公然であり合法なのであり、つまり全ての法案は国民の福祉や利益ではなく、資本利潤
の最大化を目的として制度化されると捉えなくてはならない。

売国者は水道事業の民営化すら付託されているのだが、それによりフィリピンやボリビア
では料金が5倍にまで引き上げられ、アフリカ諸国では上水道から締め出された市民が
河川水の飲料を強いられ、コレラ、赤痢が蔓延した挙句、数千人が死亡する事態と
なっている。

代替のない水道は独占事業であり、しかも競争原理に晒されることがない必需品で
あるのだから、暴騰は必死であり、「市場が完全なものに近づくほど、市場の力は
暴力性を帯びる」という法則が発動するわけだ。

いずれにしろIMFの債務国でないにも関わらず、この時代に自国の水資源を他国へ
譲渡するのは日本国だけであり、それはすなわちコンプラドール(売国)市場が
過熱している証左なのだろう。

原子炉事故によって東北・関東圏の水源が絶望的に汚染される最中に、残された水源が
外国資本に譲渡され、爆発的な疾患が予示されながら、彼らの教唆によってガン保険
すら縮減されるのだから、我々の人権原理が、「地球的ハイパークラス」という
エリートよって解体されていると考えるべきだ。

あらためてイラクと日本国においては、同期してグローバリストによる侵略が
進行しているのだが、前者においては2500万人国民を制圧するにあたり、3万発
もの爆撃弾と、2万もの精密誘導ミサイルを要したのとは対照的に、後者においては
1億2000万人を制圧するにあたり、報道とバラエティ番組というコンテンツ群に
よって達成されたと言えるだろう。

つまりモボクラシー(衆愚主義)を原理とする壮大なプロジェクトが結実したのであり、
周到に精神を空洞化された我々は、太平洋戦争をしのぐ災禍と犠牲をもってそれに気付く
のだろうけども、その時には再生すら叶わないのであり、あまりにも全てが手遅れなの
かもしれない。


[No.5408] 2013/05/01(Wed) 23:47:30

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS