[ リストに戻る ]
No.5481へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「生活の党しか他に無いのだ。挫ける事なかれ。諦める事なかれ」晴れのち曇り... - ローリエ - 2013/06/25(Tue) 12:24:10 [No.5480]
Re: 「生活の党しか他に無いのだ。挫ける事なかれ。諦める事なかれ」晴れのち... - 田村 秋生 - 2013/06/25(Tue) 18:28:19 [No.5481]
Re: 「生活の党しか他に無いのだ。挫ける事なかれ。諦める事なかれ」晴れのち... - 時々パリ - 2013/06/26(Wed) 07:00:31 [No.5484]
まさか『晴れのち曇り、時々パリ』さん、ここで会うとは、有難う! - 田村 秋生 - 2013/06/26(Wed) 15:54:19 [No.5485]
Re: 「生活の党しか他に無いのだ。挫ける事なかれ。諦める事なかれ」晴れのち... - ローリエ - 2013/06/25(Tue) 19:52:21 [No.5482]
★先ずは「参院選」で、小沢『生活の党』の勝利を!・・・反原発:小出氏と共... - 田村 秋生 - 2013/07/06(Sat) 16:09:51 [No.5500]
Re: 「生活の党しか他に無いのだ。挫ける事なかれ。諦める事なかれ」晴れのち... - hasebe - 2013/06/25(Tue) 21:47:23 [No.5483]
今日30日13:30【生活の党応援団 佐倉連絡事務所開設】 - hasebe - 2013/06/30(Sun) 09:26:57 [No.5491]
Re: 今日30日13:30【生活の党応援団 佐倉連絡事務所開設】 - hasebe - 2013/06/30(Sun) 21:49:49 [No.5493]


Re: 「生活の党しか他に無いのだ。挫ける事なかれ。諦める事なかれ」晴れのち曇り、時々パリさんより (No.5480 への返信) - 田村 秋生

> 皆様、大変ご無沙汰いたしております。
>
> 昨日、生活の党の参議院選挙の政策、ポスターなどが発表されました。
> 意表を突いた、小沢さんが黄色いユニフォーム着てサッカーのゴールキーパーを務めるポスターはすでに賛否両論をにぎにぎしくもたらしています。
> 私は、小沢さんを隠してしまった総選挙の反省から、そしてこのどうしようもない状況を少しでも食い止めるために「生活の党」が踏ん張るぞ!という意気込みを見せていることに賛同します。
>
> 後は、私たち支持者がいかに今の状況を打破するために小沢さんの力が必要かを示せるかどうかだと思います。
>
> そんな折、まさに、与謝野晶子をほうふつとさせる檄文を発しているブログを知りました。
>
> パリから日本の状況に発信し続けておられる方です。
> 先ごろ一時帰国されて、三宅雪子さんの事務所を激励訪問されたそうです。
>
>
> 以下少し引用します。
>
> 「候補者間での軋轢、それをサポートするべき現前議員たちはほとんど力が入らず、しかもその彼らの間でさえも、軋轢があるという。
>
> 小さな所帯のくせに、党中枢での風通しは極めて悪く、候補者の希望も意見も、小沢代表には届かない。
>
> ましてや、支持者である国民の声等、まったく届かない。
>
> 各候補者へ、手弁当で手伝いに張り付いている、コアな支持者だけが、かろうじて内情に触れる程度。
>
> そんな状態で、期待ができるだろうか。
>
> 小沢一郎自身は、そのような周辺での軋轢は知る由もなく、しかし選挙の展望だけははっきり見えている筈だ。
> (中略)
>
> ここで支援を止めてはならない。
> ここで、内輪もめしてはならない。
> 今ここで、敵陣営を利することとなる宣伝合戦等は、厳に慎むべきであろう。
>
> 疲労困憊している候補者たちに、一番の元気の元となるのは、私たち支持者の変わらぬ「精神的」支援なのだ。
> 励まそう。
> 慰めよう。
> 後押ししよう。
> そして、可能な限り支持者を増やすべく、努力しよう。
>
> 友人知人に声をかけよう。
> 親戚一同を口説き落とそう。
>
> なぜ「生活の党」でなければならないのか。
> なぜ小沢一郎なのか。
>
> 『国民の生活が第一』
> 党名ではなくなったが小沢とその追随者達の、変わらぬ政治理念であるはずだ。
> そして、周りを見回してみるがよい。
> 「国民の生活」に言及している政治集団が、他にあるか。
> (後略)
>
> 是非、お読みください。
> そして広めましょう。
>
> 「晴れのち曇り、時々パリ」
> 小沢一郎と「生活の党」を支持する皆様方へ訴える。敢えて訴える!」2013−06−24
>
> http://blog.goo.ne.jp/veritas21/e/6c0c73a7d4b0bbaa0010f22e9201150c … … 




ローリエさん、皆さん

先ずは、僕からのお願いを!
◆鳥越俊太郎氏推薦!『小沢一郎謀殺事件〜日本の危機は救えるか?』平野貞夫著(ビジネス社刊、1,700円+税)の、宣伝・拡散お願いします。正直言えば、個人的にこの出版社に”恩義”あるからです。今、読み始めてますが、数冊買って、世話なってる知人達に購読要請・寄贈したりしています。(特に30代以下の若者には、説明付き?で寄贈)

◆7月2日(火)午後6時半(開場)『八重洲ブックセンター本店』に参集を。・・・東京駅八重洲口にある八重洲ブックセンター本店で7/2(火)19時から著者の平野貞夫氏が、ジャーナリスト鳥越俊一郎氏を迎え、刊行記念トークショー!
お申し込みは八重洲ブックセンタへ。http://www.yaesu-book.co.jp/(※本当は行きたかったが、僕は夜勤の仕事で行けないので申し訳ないですが。)

それはともかく、
『時々パリさん』の熱い!祖国(民)へのメッセージはとても良いのですが、彼はズーッとフランスに居て仏語は堪能なのですから、僕は今日のフランス人の政治・社会への国民意識・行動を語ってもらいたい(照会してもらいたい)、それによって「日仏の比較」で”啓蒙”してもらいたいのですがね。僕が、通訳できる位の堪能な仏語能力持ってれば、一番やりたいこと。
敢えて、ツイッターで初歩の仏語力しかないにも関わらず、シャンソンやフランスでの政治的出来事を努めて照会してるのは、それがこの国に必要だと思ってるからです。
海外旅行で最も人気の高いフランスやパリに多くの日本人(然も若い)が行ってるにも関わらず、単なる観光と買い物だけに終わってる感じは、、、以前、僕の友人パリジャンの女房が”軽蔑”と言ったことがあります、有名なブティック集まる通りに群れている日本人達を見て。
この国の戦後は”カネ”に汚染されている、それは今振り返れば「労働組合」さえも、です。
賃上げしか”闘わない”労働組合、民主・社民系『連合』だけでなく、共産党系『全労連』然りです。それは、50代以上の左翼系人間(日本人)の平和ボケ思考の責任です。
小出裕章氏の「責任」論、「政治嫌い」の発言の裏にある”絶望感”はそこにある、と僕は思っています。むしろ、「30代以下の若者」は政治に無関心であるのではなく、失望(絶望)してるのです。そうしてきた責任は、その若者たちの親=5、60代以上の「団塊=全共闘」、ないし「60年安保」世代にあるのです、原発を許してきた=”豊かな”消費をしてきた、小出氏は決して”政治無関心”でなく、政治に”左翼”よりも怒りもった知識人=マルキストと僕は思っています。
『さざなみ通信』の原仙作氏も、、、奇妙に?「政治家:小沢一郎」を高く評価してる二人、と僕の感じです。

もう出かけますので、今回はここまで。中途半端になってしまったので、後で、また書きます。


[No.5481] 2013/06/25(Tue) 18:28:19

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS