[ リストに戻る ]
No.5676へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 2011.7.26 ゲンダイ「菅首相に重大な疑惑」 - えいこ - 2013/10/23(Wed) 15:13:29 [No.5667]
「政治とカネ」、小沢さんを追い出した菅さんが問題が多かった! - えいこ - 2013/10/25(Fri) 15:24:35 [No.5669]
野田氏、政権を奪われた相手にエールを送る ゲンダイ - えいこ - 2013/10/25(Fri) 15:48:55 [No.5670]
@2013.10.21 ゲンダイ 「結局、小沢一郎が悪者だったのか」 - えいこ - 2013/10/27(Sun) 12:54:04 [No.5675]
A2013.10.21 ゲンダイ 「結局、小沢一郎が悪者だったのか」 - えいこ - 2013/10/28(Mon) 08:41:56 [No.5676]
Re: 2013.10.21 ゲンダイ 「結局、小沢一郎が悪者だったのか」 - えいこ - 2013/10/28(Mon) 09:07:27 [No.5677]
米国側が見た「小沢氏の対米交渉力」 - hasebe - 2013/10/29(Tue) 21:28:43 [No.5681]
平野貞夫氏『吉田茂氏の残した言葉』 - hasebe - 2013/10/31(Thu) 12:46:31 [No.5683]
hasebeさんの投稿で思い出したゲンダイの記事 - えいこ - 2013/10/31(Thu) 22:07:10 [No.5684]
小沢さんが目指す『責任のある野党』とは - hasebe - 2013/11/02(Sat) 00:44:24 [No.5685]
@国政への不満層の 投票先  川崎市長選 東京新聞 - えいこ - 2013/11/02(Sat) 09:56:17 [No.5686]
A国政への不満層の 投票先  川崎市長選 東京新聞 - えいこ - 2013/11/02(Sat) 10:26:45 [No.5687]
@ニューヨーク・タイムズ 日本の新聞より厳しい ゲンダイ - えいこ - 2013/11/03(Sun) 13:34:00 [No.5688]
Aニューヨーク・タイムズ 日本の新聞より厳しい ゲンダイ - えいこ - 2013/11/03(Sun) 14:06:38 [No.5689]


A2013.10.21 ゲンダイ 「結局、小沢一郎が悪者だったのか」 (No.5675 への返信) - えいこ


> (野田氏の)連載にはあ然とするくだりがある。

  民主党は 09マニフェストに消費税増税を書かなかった。鳩山政権時に

「任期中には 上げない」と断言した。だから、増税がマニフェスト違反であるということは

野田自身も分かっていた。問題は その先の野田の思考回路である。

<任期中に上げないということは、議論して 法律を作って、実施するのは任期後だったならば、

ギリギリのへりくつが 成り立つかな>

 こう思ったことを 連載で振り返っているのである。

私は 詐欺師ですよ、と公言したようなものだ。


 断っておくが、野田が持っている権力は 野田のものではない。

国民に公約を示し、民意が賛同し、その結果 与党になった政党が 国民からの負託を受けて、

権力を行使するのである。


 増税がどうしても必要だったにしても、国民をだまし、裏切った罪は消えないのだ。

国民に「申し訳ない」と ざんげするのが筋なのに、野田は、公約破りを「屁理屈」で

片付け、自らの行動を自慢し、「公約破りはおかしい」 とかみついた小沢を批判するのだ。


 民主党は ほぼ消滅した。仲間をなき者にし、安倍自民の一党独裁を許し、

議会制民主主義を破壊した。野田は連載で、<消費税をとるか、総理大臣をとるか、

党をとるか、政治生命を懸けた>とも語っていたから、民主党が消えてなくなるのも

覚悟の上だったことになる。よくもまあ、新聞連載などに出てこられるものだ。


 庶民は野田の面を見るたびに 不愉快になるのだが、ここまで野田にコケにされ、

言われっぱなしの小沢も小沢だと言いたくなる。


 母親が 「男は言い訳をしない。人の悪口は言わない」 と教育してきたせいらしいが、

今度も沈黙し、ますます存在感が薄くなっている。


 このままでは野田が正義面するだけでなく、野田の一方的な証言がそのまま歴史になっていく。


 正確に言うと、小沢は 生活の党の代表として、毎週、定例の記者会見は開いている。

そこでは 安倍独裁のおそろしさや 民主党の今後などについても語っている。

とはいえ、わずか9人の弱小政党だから、大メディアは見向きもしない。

かくて、小沢は言われっぱなし。それをいいことに ますます野田がでかい顔をするわけだ。


「最後の小沢一郎」の著者、ジャーナリストの鈴木哲夫氏は どう見ているか。

「小沢さんは『政治は結果責任』が信条なので、言い訳はしない。なんでもかんでも

『小沢が悪い』ということになってしまうが、言い訳したら 小沢さんじゃなくなってしまいます。

それでなくても 野田さんと 小沢さんは 政治家として ガキと大人ほど違う。

野田さんなんか相手にせず、政界再編のタイミングをじっと見ているのでしょう。

民主、維新、みんなの一部が勉強会を始めていますが、集まっているのは小物ばかりで、

誰もまとめきれませんからね」


[No.5676] 2013/10/28(Mon) 08:41:56

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS