[ リストに戻る ]
No.5741へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 小沢一郎vs堀茂樹 ちょっと硬派な対談Vol.3 - hasebe - 2013/11/21(Thu) 11:00:07 [No.5714]
Re: 小沢一郎vs堀茂樹 ちょっと硬派な対談Vol.3 - えいこ - 2013/11/21(Thu) 16:27:36 [No.5717]
@生活の党 機関誌 第8号  堀 茂樹教授 - えいこ - 2013/11/24(Sun) 17:21:05 [No.5720]
今一度、今度こそ「責任ある健全な野党」を! - hasebe - 2013/11/24(Sun) 18:14:14 [No.5721]
現在の混乱も長い歴史のサイクルの一コマ? - hasebe - 2013/11/25(Mon) 13:24:52 [No.5722]
A 生活の党 機関紙 第8号 堀 茂樹教授 - えいこ - 2013/11/26(Tue) 22:15:20 [No.5723]
【小沢一郎生活の党代表 早稲田大学講演】 - hasebe - 2013/12/15(Sun) 20:07:37 [No.5739]
動画がアップされました。 【小沢代表と堀茂樹慶大教授の対談】 - hasebe - 2013/12/17(Tue) 17:10:26 [No.5740]
【小沢代表:早稲田大学講演会】 - hasebe - 2013/12/23(Mon) 21:48:28 [No.5741]
@「国連の理念と世界観に立って安全保障を」 - hasebe - 2014/01/31(Fri) 22:30:43 [No.5771]
A 「円安による中小企業の苦境」 - hasebe - 2014/01/31(Fri) 22:40:05 [No.5772]
B国連平和活動への積極参加こそ、日本国憲法の理念 - hasebe - 2014/01/31(Fri) 22:53:47 [No.5773]


【小沢代表:早稲田大学講演会】 (No.5740 への返信) - hasebe

12月19日、小沢さんの早稲田大学での講演会に
冷たい雨が降る中行って来ました。

1時間35分の間、背筋を伸ばし立ったままの講演は
風邪気味の小沢さんには楽では無かったのでしょうが
かすれていた声が、時間と共に滑らかにになり内容も
濃い心に残る講演会でした。

まずは、若者に向かっての言葉から始まりました。
『こころざしとか夢とかは、現実は厳しくそう簡単に実現しない。
 だからこそ理想なのだから大きな志を持ち、夢や理想を高く掲げて
 頑張って欲しい。』

《小沢さんの歴史観》
『人間の4000年の歴史は、殆ど同じ事の繰り返しである』

だからこそ、現在の事象も歴史に学べと日頃から小沢氏は言う。

考えてみれば、今から1300年以上前の壬申の乱は、日本の伝統的部族社会
とグローバリーゼーション(当時は中国でしたが)の戦い。

1200年前の岩手水沢のアテルイの戦いは、中央集権国会と部族社会の
戦いでした。
今、起きているTPPの話もどこか似ている?

《自立と民主主義》
『国の最終的な決定権は、国民にある。
 一人一人の国民の自立無くして民主主義はあり得ない。』
 
『自分自身で考え、自分自身で判断し、自分自身で行動する』
 
『主権者がその主権を行使するのは”選挙”しかない。
 選択にはどちらが”よりまし”のベターなのを選ぶしかない。』

《日米同盟、日米交渉》
 『外務省には交渉力は無い。米国は開戦すら日本には知らせない。
  イラク戦争時も政府の幹部からでなくアーミテージ氏からの電話1本』

 『彼らは、日本人は嘘をつく、ごまかしを言う、と思っている。』
 (日本人のアイマイさ”前向きに検討"は、官僚言葉で実際はノーの意味)

 
 『米国交渉者は、とんでもない非常識な要求をグイグイおしてくる。』
 『しかし彼らと本気で交渉した後は、いまだに小沢さんに情報を提供
  してくれるような関係を築いている。』

《テロとの戦い》
 『米国も中国もテロとの戦いを続けているが、ウィグル、チェチェン、
  パレスチナの戦いをテロと言えるか?
  彼らの独立運動はテロとは違う。
  彼らの国家と民族の生き死をかけた闘争、そんな人達を相手に生存を
  かけて戦わなくてはならない。』

 安倍政権は国家安全保障会議(日本版NSC)の設置や集団的自衛権行使
 など米国と共に戦争を行えるようにしようとしていますが、その戦争の
 相手は小沢さんが語ったように「国家と民族の生き死をかけた人達」との
 戦いに巻き込まれると言うことです。

 安倍政権の目指すものの危うさを脆さを知る必要がある。

最後に小沢さん
『愚直に生きる。
 ”誠”が好き。
 騙すより騙されるほうがまだ良い。
 夜陰に乗じてうまくやったと思っていても、
 いずれは白日の下の晒される。』
 

若者との質疑応答で、小沢さんは実に丁寧に真っ正面から答えました。
特に”秘密保護法”に関する答えではわかりやすかったです。

若者が、秘密保護法が日米同盟にとってプラスになるか?
との問いに対し
『米国にとって都合はいいかもしれないが、それによって
 対等の関係になどならない。官僚機構にとって益々権益が増えるだけ。』

『日米関係では、言うことは言う、やることはやる、嘘はつかない、
 自己主張をしない人間は軽蔑される。』


下記の板垣 英憲氏のブログに早稲田での動画が載っています。
ぜひご試聴して下さい。 
   

板垣 英憲氏「マスコミに出ない政治経済の裏話」
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/2620f704d0fa9c63fe0e39e14ce32775


[No.5741] 2013/12/23(Mon) 21:48:28

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS