[ リストに戻る ]
No.5798へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「国会の葬式」 - 豊後の小兵衛 - 2013/12/05(Thu) 14:20:57 [No.5732]
Re: 「国会の葬式」 - hasebe - 2013/12/10(Tue) 23:26:22 [No.5733]
マスコミの葬式 - hasebe - 2013/12/11(Wed) 15:51:19 [No.5735]
Re: マスコミの葬式 - 豊後の小兵衛 - 2013/12/13(Fri) 13:20:27 [No.5737]
Re: マスコミの葬式 - 豊後の小兵衛 - 2013/12/13(Fri) 13:21:59 [No.5738]
高知での『違憲国会の葬式』 - hasebe - 2014/02/18(Tue) 12:03:01 [No.5790]
Re: 高知での『違憲国会の葬式』 - hasebe - 2014/02/18(Tue) 12:12:35 [No.5791]
平野貞夫氏『違憲国会の葬式』 - hasebe - 2014/02/27(Thu) 10:20:18 [No.5798]
違憲国会の葬式 弔辞 - 豊後の小兵衛 - 2014/02/27(Thu) 13:58:46 [No.5799]
議会政治再生・ジョン万次郎宣言 - 豊後の小兵衛 - 2014/02/27(Thu) 14:02:59 [No.5800]
Re:3人のパネラーによる「 討議」 - hasebe - 2014/02/28(Fri) 10:36:01 [No.5801]
「新聞葬」に込められた土佐人の心意気 - hasebe - 2014/02/28(Fri) 11:21:01 [No.5802]
土佐人の心意気 - 豊後の小兵衛 - 2014/02/28(Fri) 15:17:07 [No.5803]
平野貞夫氏:「3・11原発事故」の解決を阻止するのは誰か! - hasebe - 2014/03/16(Sun) 23:16:30 [No.5815]
平野貞夫氏メルマガ:「日本は核武装すべきなのか」 - hasebe - 2014/03/24(Mon) 14:06:59 [No.5820]
『違憲国会の葬式』 弔辞 - 豊後の小兵衛 - 2014/03/25(Tue) 15:58:46 [No.5821]
議会政治再生・ジョン万次郎宣言 - 豊後の小兵衛 - 2014/03/25(Tue) 16:01:20 [No.5822]
Re: 議会政治再生・ジョン万次郎宣言 - hasebe - 2014/03/28(Fri) 14:44:28 [No.5828]
Re: 議会政治再生・ジョン万次郎宣言 - hasebe - 2014/03/29(Sat) 00:10:43 [No.5829]


平野貞夫氏『違憲国会の葬式』 (No.5791 への返信) - hasebe

日本一新の会のメルマガ『違憲国会の葬式』のまとめを
下記に転載させていただきます。




◎「日本一新運動」の原点―202

            日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観

○ 議会政治の再生のための『違憲国会の葬式』

 2月22日(土)、高知市立自由民権記念館で『違憲国会の葬
式』が厳粛に挙行された。参列者は報道によって差があるが、高
知新聞では「百人の献花」とのこと。朝日新聞と共同通信の配信
では「約150人が参加」と差があった。主催者発表はなかった
が、両方正しいことにしておく。

 県外からは、小沢一郎氏と太田秘書、同行記者(朝日・二階堂
氏、NHK・宮里氏)2名、日本一新の会員45名で、他は高知
県内からの参列者であった。さらに、自由民権記念館の場外での
街頭活動者が、約30名、「平野、出てこい」と叫んでいた。

 小沢さんは数日前から悪性の感冒で前日まで自宅療養しており、
医者から止められていた。「どうしても参加する」と、熱っぽい
顔で参加し、喉をやられているので3分程度の挨拶ということで
あった。ところが、20分近く「今の議会政治、民主主義は非常
に危うい」と熱弁を振るい、参加者を感動させた。まずは当日の
模様を報告しておきたい。

(『違憲国会の葬式』)
『違憲国会の葬式』は、武内則男前参議院議員の司会で始まった。
まず、発案者が「弔辞」を朗読した。

 違憲国会の葬式 弔辞(PDFファイル添付)

「弔辞」朗読のあと、参加者による献花が、議会政治の再生を訴
えて行われた。

(『討議』―議会政治の再生のためなすべきこと!)

 『討議』は、高知新聞編集局次長の須賀仁嗣氏がコーディネー
ターを努めてくれた。冒頭、小沢さんが体調の関係で3分程度の
挨拶ということであったが、20分近い大演説となった。要旨は
次のとおり。

1)安倍政権は国民の生活の安定、基本的人権の擁護という政治
のあるべき姿と全く逆の方向の政策を推進している。日本の民主
主義は危機的状況であり、国民も考えるべきである。

2)国会の状況が一強多弱であることが危険ではない。自民党政
権にかなわないという雰囲気で、権力に擦り寄る傾向が、野党に
あることが危険である。政権与党におもねっていては、国民の選
択肢がなくなる。

3)憲法解釈の変更など、個別の重要政策での世論調査では安倍
政治に反対が多数の反面、内閣支持率が高いという理解できない
現象がある。本当に日本は民主主義の国かと思う。選挙が大事で
あり、自分の意見を票にきちんと出さない限り、何も変わらない。

(パネリストの発言要旨)
 
1)五島正規元衆議院議員 既成政党の劣化はひどい。民意を代
表し指導し、議会政治を機能させる能力はなくなった。政党の再
生を地方からやり直すべきだ。住民が生活を向上させるため、地
域ごとの問題を地域政党が主体となって連合して、国政を正常化
させることで議会政治を再生すべきだ。脱原発の代替エネルギー
も地域から実現できる。

 安倍首相が同盟国ではなくても集団的自衛権の対象になり得る
としたことは、いつでも戦争できるということになる。国会がこ
れを問題に出来ないようではどうしようもない。特定秘密保護法
なんか、国会の自殺だ。

2)平野貞夫元参議院議員 現在の自民党のルーツは、明治10
年代に国会開設運動をやった土佐の立志社や自由党の人たちだ。

全国で8万7千人の請願署名のうち、4万8千人・55%が土佐
の人びとだった。国会の再生は土佐人の責任という自覚を促すた
めにこの催しを提案した。その時の基本思想は「国家の原素は人
民だ」という国民主権論であった。

 それが百133年を経て、自民党の憲法改正案は「国民は国家
の犠牲になれ」との思想でつくられている。議会民主政治の原点
を放棄し、冒涜した恐ろしい現象が、21世紀の日本だ。議会政
治を再生させるには、高度情報化社会に適合する国民教育が必要
だ。権力側が狂っているので草の根運動で始めたい。

(『議会政治再生・ジョン万次郎宣言』)

 討議が終了した後、日本一新の会会員で高知市議会議員の長尾
和明氏が『議会政治再生・ジョン万次郎宣言』を提唱し、参加者
総員で賛同し力強く採択した。


[No.5798] 2014/02/27(Thu) 10:20:18

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS