[ リストに戻る ]
No.5821へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 「国会の葬式」 - 豊後の小兵衛 - 2013/12/05(Thu) 14:20:57 [No.5732]
Re: 「国会の葬式」 - hasebe - 2013/12/10(Tue) 23:26:22 [No.5733]
マスコミの葬式 - hasebe - 2013/12/11(Wed) 15:51:19 [No.5735]
Re: マスコミの葬式 - 豊後の小兵衛 - 2013/12/13(Fri) 13:20:27 [No.5737]
Re: マスコミの葬式 - 豊後の小兵衛 - 2013/12/13(Fri) 13:21:59 [No.5738]
高知での『違憲国会の葬式』 - hasebe - 2014/02/18(Tue) 12:03:01 [No.5790]
Re: 高知での『違憲国会の葬式』 - hasebe - 2014/02/18(Tue) 12:12:35 [No.5791]
平野貞夫氏『違憲国会の葬式』 - hasebe - 2014/02/27(Thu) 10:20:18 [No.5798]
違憲国会の葬式 弔辞 - 豊後の小兵衛 - 2014/02/27(Thu) 13:58:46 [No.5799]
議会政治再生・ジョン万次郎宣言 - 豊後の小兵衛 - 2014/02/27(Thu) 14:02:59 [No.5800]
Re:3人のパネラーによる「 討議」 - hasebe - 2014/02/28(Fri) 10:36:01 [No.5801]
「新聞葬」に込められた土佐人の心意気 - hasebe - 2014/02/28(Fri) 11:21:01 [No.5802]
土佐人の心意気 - 豊後の小兵衛 - 2014/02/28(Fri) 15:17:07 [No.5803]
平野貞夫氏:「3・11原発事故」の解決を阻止するのは誰か! - hasebe - 2014/03/16(Sun) 23:16:30 [No.5815]
平野貞夫氏メルマガ:「日本は核武装すべきなのか」 - hasebe - 2014/03/24(Mon) 14:06:59 [No.5820]
『違憲国会の葬式』 弔辞 - 豊後の小兵衛 - 2014/03/25(Tue) 15:58:46 [No.5821]
議会政治再生・ジョン万次郎宣言 - 豊後の小兵衛 - 2014/03/25(Tue) 16:01:20 [No.5822]
Re: 議会政治再生・ジョン万次郎宣言 - hasebe - 2014/03/28(Fri) 14:44:28 [No.5828]
Re: 議会政治再生・ジョン万次郎宣言 - hasebe - 2014/03/29(Sat) 00:10:43 [No.5829]


『違憲国会の葬式』 弔辞 (No.5820 への返信) - 豊後の小兵衛

  違憲国会の葬式 弔辞

違憲国会の葬式を挙行するにあたり、趣旨と経過を申し上げ、弔辞と致します。

 まず、北は北海道から南は九州・沖縄と、自由民権・国会開設運動発祥の地、
南国土佐に駆けつけて頂き、『違憲国会の葬式』に参列された皆さんに心から
感謝いたします。

 わが国の議会政治は、明治23年(1890年)に発足し、今年で124年
となります。漂流少年・ジョン万次郎が米国から持ち帰った草の根デモクラシ
ーの一粒の種が原点でした。激動の歴史を生き抜いて、平成21年には国民の
意志による歴史的政権交代を実現し、国民は民主主義の定着に大きな期待を持
ちました。

 しかるに、民主党政権は政権交代の総選挙で国民と交わした公約を破るだけ
ではなく、検察権力による議会政治への干渉を阻止するどころか、議会政治の
常道を踏みにじり、今日の、きわめて劣化した議会政治の要因を創ったのであ
ります。平成25年暮れの総選挙では、国民の気持ちは民主党を離れさまよい
ながら自民・公明政権へと交代しました。この自・公政権も1ヶ年の歳月を経
ず、議会政治や憲法の原理を冒涜し続けています。

 明らかに「議会政治の自殺」といえる『特定秘密保護法』の立法過程を検証
しますと、まず、国会の役割の原点は「国家権力の持つ情報をどのように国民
に開示するか」にあることを踏みにじるどころか、国会議員を処罰しその活動
を制約する内容が含まれ、また、司法権の裁判にすら支障を与えかねない問題
もあります。

 さらに重大なことは、わが国の国会はここ数年、司法権の相続く「一票の格
差、違憲判決」で、両院は違憲状態の構成と断じられていることです。この、
「違憲国会」が、己の立場をわきまえず、国家・社会の道義や常道を崩壊させ
ています。

 もっとも致命的な問題は、21世紀の「高度情報化社会」という、恐るべき
時代に文明が移行したという感性や歴史認識が、提案者の政府をはじめ与野党、
マスメディア、学識経験者などに、まったく欠落していることであります。

 今日、私たちが生きる「高度情報化社会」での情報とは、人間にとって空気
や水や食糧といったもの以上の役割を果たしています。それを曖昧な構成要件
で、行政権力が拡大して解釈・運用できる仕組みを、強制力をもつ法律とした
ことは、人間の生存権に干渉するという、あってはならないことです。国家が
最小限度の秘密保護制度を必要とするなら、人間の基本権や文明の特質を熟慮
したうえでなければなりません。
 私共がもっとも危惧するのは、今日に至っても、これらの問題を正確に認識
する政党や政治家がきわめて少なく、劣化した議会政治を反省もなく続けてい
ることであります。

 この事態を解決するためには国会開設・自由民権運動の歴史を知るべきです。
明治15年7月、明治政府の弾圧により高知新聞が発行禁止となりました。そ
れに抗議し国会開設運動を進化させるため、5000人が参列して、「新聞の
葬式」が行われました。この史実に学び、議会政治再生のため、「違憲国会の
葬式」を開催するに至ったのであります。

 最後に申し上げたいのは、明治13年4月、国会期成同盟が、8万7千人余
の署名をもって、太政官に提出した『国会開設の請願書』の一文です。
「国家の原素たる者は人民にして、国は民に由って立つ者なれば、人民に自主
自治の精神なく、人民に人民たる権利を有することなければ、国家は能く不覊
独立する可きことなく・・・、今先づ国会を興さざるを得ざる可き也」

 脳死状態の国会を再生させるにあたり、私たちはいたづらに政党や政治家を
批判できません。根本は「国民の自主自治の精神」にあるといえます。これを
反省し「高度情報化社会」という時代に対応する新しい国会を誕生させるため、
参列された皆さまのご精進を期待し、弔辞といたします。

  平成26年2月22日

                     日本一新の会代表 平野 貞夫


[No.5821] 2014/03/25(Tue) 15:58:46

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS