[ リストに戻る ]
No.5931へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 『立憲政治を護る闘い』はこれからだ! - 豊後の小兵衛 - 2014/07/02(Wed) 14:09:41 [No.5903]
日本一新の会メルマガ『民主主義の危機』に直面した日本! - hasebe - 2014/07/10(Thu) 09:17:59 [No.5907]
平野貞夫氏 『運気』が落ち始めた安倍政治! - hasebe - 2014/07/25(Fri) 15:37:46 [No.5925]
小沢一郎・生活の党代表は、ロイターのインタビューに応じ・・・・ - 豊後の小兵衛 - 2014/07/31(Thu) 14:17:07 [No.5931]
小沢一郎氏提言 (生活の党機関紙16号) - hasebe - 2014/08/02(Sat) 22:21:11 [No.5932]
小泉氏スピーチ「おかしいと言う私が変人なのか」 - hasebe - 2014/08/06(Wed) 22:02:32 [No.5933]
小沢氏の「普通の国」と安倍首相の「積極的平和主義」の違い - hasebe - 2014/08/07(Thu) 11:18:40 [No.5934]
政権交代を目指さない野党に、存在意義はあるのでしょうか? - hasebe - 2014/08/12(Tue) 23:33:56 [No.5935]
Re: 政権交代を目指さない野党に、存在意義はあるのでしょうか? - kana - 2014/08/13(Wed) 13:04:56 [No.5936]
Re: 政権交代を目指さない野党に、存在意義はあるのでしょうか? - hasebe - 2014/08/14(Thu) 17:39:08 [No.5938]
小沢氏は、「中央集権を壊す可能性がある脅威」 - hasebe - 2014/08/18(Mon) 23:23:28 [No.5939]
Re: 小沢氏は、「中央集権を壊す可能性がある脅威」 - kana - 2014/08/19(Tue) 21:42:35 [No.5941]
Re: 小沢氏は、「中央集権を壊す可能性がある脅威」 - hasebe - 2014/08/21(Thu) 10:46:51 [No.5942]
Re: 小沢氏は、「中央集権を壊す可能性がある脅威」 - kana - 2014/08/23(Sat) 15:09:15 [No.5943]
Re: 小沢氏は、「中央集権を壊す可能性がある脅威」 - hasebe - 2014/08/23(Sat) 21:36:47 [No.5944]


小沢一郎・生活の党代表は、ロイターのインタビューに応じ・・・・ (No.5925 への返信) - 豊後の小兵衛

[東京 22日 ロイター]―小沢一郎・生活の党代表は、ロイターのインタビュー
に応じ、安倍晋三首相はピークを越え下り坂に入ったと述べ、長期政権に懐疑的な見
方を示した。(http://bit.ly/1n5cOgJ

 原子力発電所の再稼働、福島県知事選、沖縄県知事選、消費税率10%への引き上
げ判断など、政権の今後を左右する大きな課題を抱え、年内の衆院解散・総選挙はあ
りえないとの見通しを示した。
 集団的自衛権行使容認については「日本は憲法第9条によって、日本が直接攻撃を
受けたときでない他の国との紛争については、自衛権の発動は認められていない」と
反論し解釈の余地はないとした。
 安倍政権による集団的自衛権行使を容認する閣議決定後、専門家の間では、日本が
安全保障面で「普通の国」になる一歩だとの評価が聞かれた。1993年に出版され
た自身の著書『日本改造計画』で「普通の国になれ」と主張した小沢氏に、安倍首相
との主張の違いを聞いた。

インタビューは17日に行った。概要は以下の通り。

─かつて主張した「普通の国」と安倍首相の主張する「積極的平和主義」との根本的
な違いは何か。

「『普通の国』と最初に言ったときには、日本は特殊な国で普通の人の仲間入りはで
きないという話をしただけだが、私の真意と異なり、軍備を大きくしてというような、
右翼の大国主義というイメージで伝えられてしまった」
「安倍氏が普通の国と言っているかは別にして、私の考えとは違う。安倍氏は、いわ
ゆる戦前の五大強国と言われた軍備を日本は持つべきという、戦前回帰的なイメージ
を抱いている。安倍氏の言う普通の国というのは、そういった軍事的、経済的な大国
主義をイメージしているが、幻想である」

「私は『自立と共生』を唱えてきた。安全保障であれ何であれ、自分のことは自分で
するのが当たり前のこと。ただ、それ以上の、世界平和の維持・紛争解決について、
国際社会の共同の中で解決していく。すなわち、国連を中心にして解決する、という
理想に基づいて日本国憲法は作られている。日本はその理想を追い求めるべきである」
「自分のことは自分でやる。それ以上のことは、国際社会の共生と共同の中で解決し
ていく。安倍氏はそこが抜けているのと、自分のことは自分でというのを戦前の軍事
大国としての日本にリンクしたイメージをもっている(点で、私の主張と異なる)」

「今度の集団的自衛権(の問題)も集団的であれ個別的であれ自衛権に変わりない。
当然、国連憲章にも定められているし、自衛権を持っているのは当たり前だが、日本
は憲法第9条によって、日本が直接攻撃を受けたときでない他の国の紛争については、
自衛権の発動は認められていない。国際協調の中で、国連を中心にして解決を図って
いくことが、憲法の理念であり、理想である」

─集団的自衛権行使容認を閣議で決定する手法について。

「この問題は、解釈する余地がない。第9条は、他の国の紛争に自衛権を発動しては
ならない、と書いてある。解釈する余地がない。条文に書いてない時に(ケースで)、
解釈が生まれる。安倍氏は当初、憲法改正に取り組もうとしていたが、雰囲気が悪く
なっていくにつれ、だんだん言わなくなった。
 これは、9条の改正を主張するのが筋道で、それが正しい為政者のやり方だ。安倍
氏がやりたいのであれば、国民に憲法9条改正を発議すればよい」「私は、国連の平
和活動には日本は協力すべきだ、という意思は一貫して変わりない」

─安倍政権が長期政権になる可能性は。

「ならない。国民のためにならないし国のためにもならない。何より国際情勢が楽観
できない。長期政権を阻むのは経済的な問題だろう。政治と経済は裏表だから、分け
ることはできない。世界経済が必ずしも楽観できないからだ」

─9月衆院解散・総選挙の可能性は。

「今年、解散・総選挙はないと思う。滋賀県知事選の結果に政権与党はとてもショッ
クを受け、がっくりきているらしい。年内には川内原発再稼働、福島県知事選、沖縄
県知事選、消費税率10%引き上げの判断などが控えている。国内情勢だけでこれだ
け大きなものがある。今年選挙はありえないと思う。そこをなんとかくぐり抜けてい
けば、もしかしたら(来年)夏まで持つかもしれない」

「来年の夏までに、世界が平穏無事であれば、安倍政権は続くと思う。そうすると、
解散・総選挙するかもしれない。ただし、安倍氏はもうピークを越え、今は下り坂。
この坂の角度が大きいか、小さいかという話だ」

                (リンダ・シーグ 吉川裕子 編集:田巻一彦)


[No.5931] 2014/07/31(Thu) 14:17:07

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS