[ リストに戻る ]
No.5934へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 『立憲政治を護る闘い』はこれからだ! - 豊後の小兵衛 - 2014/07/02(Wed) 14:09:41 [No.5903]
日本一新の会メルマガ『民主主義の危機』に直面した日本! - hasebe - 2014/07/10(Thu) 09:17:59 [No.5907]
平野貞夫氏 『運気』が落ち始めた安倍政治! - hasebe - 2014/07/25(Fri) 15:37:46 [No.5925]
小沢一郎・生活の党代表は、ロイターのインタビューに応じ・・・・ - 豊後の小兵衛 - 2014/07/31(Thu) 14:17:07 [No.5931]
小沢一郎氏提言 (生活の党機関紙16号) - hasebe - 2014/08/02(Sat) 22:21:11 [No.5932]
小泉氏スピーチ「おかしいと言う私が変人なのか」 - hasebe - 2014/08/06(Wed) 22:02:32 [No.5933]
小沢氏の「普通の国」と安倍首相の「積極的平和主義」の違い - hasebe - 2014/08/07(Thu) 11:18:40 [No.5934]
政権交代を目指さない野党に、存在意義はあるのでしょうか? - hasebe - 2014/08/12(Tue) 23:33:56 [No.5935]
Re: 政権交代を目指さない野党に、存在意義はあるのでしょうか? - kana - 2014/08/13(Wed) 13:04:56 [No.5936]
Re: 政権交代を目指さない野党に、存在意義はあるのでしょうか? - hasebe - 2014/08/14(Thu) 17:39:08 [No.5938]
小沢氏は、「中央集権を壊す可能性がある脅威」 - hasebe - 2014/08/18(Mon) 23:23:28 [No.5939]
Re: 小沢氏は、「中央集権を壊す可能性がある脅威」 - kana - 2014/08/19(Tue) 21:42:35 [No.5941]
Re: 小沢氏は、「中央集権を壊す可能性がある脅威」 - hasebe - 2014/08/21(Thu) 10:46:51 [No.5942]
Re: 小沢氏は、「中央集権を壊す可能性がある脅威」 - kana - 2014/08/23(Sat) 15:09:15 [No.5943]
Re: 小沢氏は、「中央集権を壊す可能性がある脅威」 - hasebe - 2014/08/23(Sat) 21:36:47 [No.5944]


小沢氏の「普通の国」と安倍首相の「積極的平和主義」の違い (No.5933 への返信) - hasebe

平野貞夫氏が、「日本一新運動」の原点―225で、小沢さんが
長年かかげてきた「普通の国」と安倍首相の「積極的平和主義」
との違いを分かりやすく記事にされています。

小沢さんの「普通の国」、自立した、しかし世界との共生を目指す
国家としての日本と仮想敵国に負けない軍事力を持って対峙する
という国家との違い。

どちらも独立した誇れる国家に、との思いかもしれませんが、その
理想の高さが違います。

軍事力を前面に出せば、軍拡競争になります。
世界の軍需産業は大喜びかもしれません。

戦争でたとえ勝ったとしても、9.11以降の米国を見れば分かるように
テロで何時、報復されるかと臨戦態勢を続けることになります。

世界の平和と安定のために寄与する国家・・、その段階で日米安全
保障の形は進化します。

現在、国内に133か所も駐留している米軍基地、国連の平和に寄与出来
る国家となれば、敗戦により必要とされた駐留軍ですが、その役目は
終わるものと日米安保に書かれているわけです。

その上で、日本国民が,日本の安全保障の為に他国の軍隊の駐留を欲
しているのなら、それを選択すればいいのでは?

小沢さんの「普通の国」「自立と共生」は、なんと深い意味が内蔵さ
れていることか。

下記に、日本一新のメルマガから平野貞夫氏の記事を一部転載させて
いただきました。



    《日本一新の会》
http://nipponissin1.blog136.fc2.com/


(ロイター通信が確認した小沢氏の「普通の国」と
            安倍首相の「積極的平和主義」の違い)

 7月22日(火)、ロイター通信社は小沢一郎生活の党代表の
インタビューを東京から世界に向けて発信した。その全文を手に
して25年前を思い出して驚いた。

「かつて主張した普通の国≠ニ、安倍首相の主張する積極的
平和主義≠フ根本的違いは何か」との質問に明快に答えていた。

要約すると、

1)(平成初年頃)日本は特殊な国で普通の人の仲間入りはでき
  ないという話が、軍備を大きくし右翼の大国主義というイメ
  ージで伝えられた。

  安倍氏は、「戦前の五大強国といわれた軍備を持つべきだと
  いう、戦前回帰的イメージを抱いている」がまったく違う。

2)私は「自立と共生」を唱えてきた。安全保障であれ何であれ、
  自分のことは自分でするのが当たり前のことだ。

  それ以上の世界の平和維持・紛争解決は、国際社会の共同の
  中で解決していく。

  国連を中心にして解決する、こういう理想で日本国憲法はつ
  くられている。

  日本はその理想を追い求めるべきである。

  安倍氏が自分のことは自分でというのは、戦前の軍事大国と
  しての日本をイメージしている。

3)今度の集団的自衛権の問題も、集団であれ個別的であれ自衛
  権に変わりはない。

  国連憲章にも定められているし、自衛権を持っているのは当
  然だが、憲法第9条によって、日本が直接攻撃を受けた時で
  ない他の国の紛争について、自衛権の発動は認められていな
  い。

  集団的自衛権について憲法第9条の解釈で行使できる余地は
  ない。

  安倍氏がやりたいのなら第9条改正を発議するのが筋道だ。

  私は国連の平和活動には日本は協力すべきだという意志は一
  貫して変わりはない


[No.5934] 2014/08/07(Thu) 11:18:40

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS