[ リストに戻る ]
No.6028へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 山本太郎さんのオフィシャルブログ - hasebe - 2014/12/27(Sat) 10:48:02 [No.6027]
未だ続く 中央集権vs地方分権の戦い - hasebe - 2014/12/28(Sun) 23:24:50 [No.6028]
中国マーケットでのトヨタの現状 - hasebe - 2015/01/05(Mon) 22:55:50 [No.6031]
来年、世界1%の富裕層が得ている富が、残り99%の富を上回る。 - hasebe - 2015/01/21(Wed) 13:01:03 [No.6036]
安倍首相のエジプトでの演説。 - hasebe - 2015/01/23(Fri) 10:02:13 [No.6039]
米軍空爆で1%の効果 - hasebe - 2015/01/27(Tue) 22:26:42 [No.6047]
読書会のお誘い - hasebe - 2015/01/30(Fri) 22:24:42 [No.6050]
国連憲章、敵国条項の危うさ - hasebe - 2015/02/02(Mon) 11:19:30 [No.6053]
Re: 国連憲章、敵国条項の危うさ〜続き - hasebe - 2015/02/04(Wed) 11:54:23 [No.6056]


未だ続く 中央集権vs地方分権の戦い (No.6027 への返信) - hasebe

平野貞夫さんが東北街宣の際、菅原文太さんの東北党を作って
という遺言、という言葉を言われました。

その言葉が気になっていたところ、NHKテレビのEテレの番組
【日本人は何を考えてきたのか】ー第2回自由民権運動ーが
菅原文太さんのガイドで放映されました。

今から140年前、自由民権運動が東北の地に燃え上がったという。

高知の自由民権運動は、今年の2月に高知の「国会の葬式」で
平野貞夫氏からレクチャーを受けましたが、同じ民権運動が
福島で起きていたというのです。

福島県浪江町に生まれた苅宿仲衛やその仲間たちは、自由を求め
命をかけました。

高知から新聞編集で招かれた植木枝盛、彼は国は単位が小さいほう
が民主主義が行き渡るとし、日本を70州に分けて地方自治を認めよ
と言う。

植木枝盛は、憲法草案作っていて、国民の自由と権利,平等を無条件に
保障し、その上「抵抗権」「革命権」まで規定していました。

彼らの自由民権運動は、ある意味地方分権の運動、中央集権との戦い
であり、地方自治を求める運動でもあったのです。

政府の、中央集権の原発誘致も形を変えながら,今もその子孫が戦い
を続けていると言えるのかも知れません。

美智子皇后が語られ名が知られた五日市憲法も、この時期に同じ東北の
宮城県の出身、千葉卓三郎が作った憲法草案は、植木枝盛の憲法草案、
あるいは今日の憲法に匹敵する国民主権をうたっています。

憲法の50%を超える条文で国民の立法権について規定している。

今の日本国憲法にも関わった鈴木安蔵(南相馬市出身)が自由民権運動
を学び、地下水脈で繋がり開花したとも言える。

この放送を見て、自分の国の歴史を殆ど学ばずに来たことをただ恥ずかし
く思いました。

憲法、民主主義、地方分権のその言葉に込められた奥深さの一部を改めて
知ったような気がします。


[No.6028] 2014/12/28(Sun) 23:24:50

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS