[ リストに戻る ]
No.6087へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 平野貞夫氏の遺言?小沢政治塾15周年≠フ記念講義 - hasebe - 2015/03/28(Sat) 23:24:46 [No.6083]
続: 平野貞夫氏の遺言?小沢政治塾15周年≠フ記念講義 - hasebe - 2015/03/28(Sat) 23:43:33 [No.6084]
Re: 平野貞夫氏の奥様の遺言・・。 - hasebe - 2015/04/02(Thu) 10:36:27 [No.6085]
Re: 平野貞夫氏の奥様のご遺言・・。 - hasebe - 2015/04/06(Mon) 23:42:28 [No.6087]
平野氏メルマガ『菅官房長官、梶山静六氏を師と言うなかれ』 - hasebe - 2015/04/09(Thu) 22:06:25 [No.6089]
Re: 平野氏メルマガ『菅官房長官、梶山静六氏を師と言うなかれ』 - hasebe - 2015/04/10(Fri) 11:35:38 [No.6090]
小沢一郎『ザ・ディプロマット』の寄稿記事全文』 - 豊後の小兵衛 - 2015/04/17(Fri) 08:26:02 [No.6094]
日本一新臨時メルマガ 「民主の退潮「底打ち」「底なし」?」 - hasebe - 2015/04/18(Sat) 19:26:48 [No.6096]
平成の日本改革の原点 - hasebe - 2015/04/18(Sat) 20:20:50 [No.6098]
米大統領元特別補佐官〜辺野古以外の選択肢を〜 - hasebe - 2015/04/19(Sun) 13:59:00 [No.6101]
小沢氏、刊行に寄せてを寄稿「ライマン・ホームズの航海日誌」 - hasebe - 2015/04/27(Mon) 10:09:31 [No.6103]
「民主党退潮に歯止めかからず」 - hasebe - 2015/04/27(Mon) 23:34:12 [No.6104]


Re: 平野貞夫氏の奥様のご遺言・・。 (No.6085 への返信) - hasebe

日本一新の会 メルマガ配信
━━【日本一新】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 臨時増刊号・2015/4/4
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     顧問:戸田 邦司
                     発行:平野 貞夫
                     編集:大島 楯臣
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       <メルマガ・日本一新・臨時増刊号>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆平野代表の令室の逝去について、事務局宛に多くの弔意メール
 を頂戴しましたが、すべて平野邸へ転送いたしました。

代表は、『妻の遺志もあり、日本一新運動≠ヘ生命あるかぎ
り続ける』
 と決意を新たにしていますので、向後もよろしくお願い申し上
 げます。
                    日本一新の会事務局

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関連して「経済界」の4月21日発売号に、永田町ウォッチング
としてジャーナリストの山田厚俊氏が、告別式に出席した所感を
書いている。

その末尾には『(平野氏が)今後妻から貰った命≠どう永田
町に注力していくのか大いに見ものである。

そして、小沢氏だ。
統一地方選後、いよいよ日本の政治図を組み替えるため、本格
始動するだろう≠ニいうのだ。

来夏の参議院選に向けて、野党の選挙協力はもとより、今後の国
会運営についてもより積極的に動き出すものと見られる。

小沢は死んでいない=\―。
2人の盟友から、無言の誓いが感じられたのだ』と結んでいる。

                 (全文は『経済界』を参照)

同じく「サンデー毎日」の4月12日号には、倉重篤�氏のサン
デー時評『「恐ろしい世の中になるよ」小沢一郎から見た安倍政
権』が掲載され、同じく末尾には『政局見通しも語った。

野党再編が動き出すのは年内で、参院選に向けて統一名簿を作れ
るかどうかがカギだという。

1時間弱の小沢方言録、政局解説者としての歯切れの良さは期待
値を上回った』とある。

そしてまた、4月3日の朝日新聞には「軍事力での貢献 行き過
ぎ」と題して、かつての自民党内でも右≠ニ称されていた山崎
拓氏が「安倍政権の姿勢には、強い危機感を持ちます。

専守防衛から他国防衛容認に転換し、国際貢献に軍事力を投入す
ることは今までの安保政策を180度変えるものです。

地球の裏側まで自衛隊を派遣できる恐ろしい広がりを持っている」
と警鐘を鳴らしている。

『戦前の昭和史と似てきた。経済格差が増え、軍需産業で不況を
乗り切ろうとしている』とは小沢氏の弁だが、このままで良いは
ずはない。

傍観して戦前を繰り返すのか、議会民主政治を確立するために
主権者≠ニして振る舞うのか、今こそ、私たちの覚悟が問われ
ている。


[No.6087] 2015/04/06(Mon) 23:42:28

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS