[ リストに戻る ]
No.6094へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 平野貞夫氏の遺言?小沢政治塾15周年≠フ記念講義 - hasebe - 2015/03/28(Sat) 23:24:46 [No.6083]
続: 平野貞夫氏の遺言?小沢政治塾15周年≠フ記念講義 - hasebe - 2015/03/28(Sat) 23:43:33 [No.6084]
Re: 平野貞夫氏の奥様の遺言・・。 - hasebe - 2015/04/02(Thu) 10:36:27 [No.6085]
Re: 平野貞夫氏の奥様のご遺言・・。 - hasebe - 2015/04/06(Mon) 23:42:28 [No.6087]
平野氏メルマガ『菅官房長官、梶山静六氏を師と言うなかれ』 - hasebe - 2015/04/09(Thu) 22:06:25 [No.6089]
Re: 平野氏メルマガ『菅官房長官、梶山静六氏を師と言うなかれ』 - hasebe - 2015/04/10(Fri) 11:35:38 [No.6090]
小沢一郎『ザ・ディプロマット』の寄稿記事全文』 - 豊後の小兵衛 - 2015/04/17(Fri) 08:26:02 [No.6094]
日本一新臨時メルマガ 「民主の退潮「底打ち」「底なし」?」 - hasebe - 2015/04/18(Sat) 19:26:48 [No.6096]
平成の日本改革の原点 - hasebe - 2015/04/18(Sat) 20:20:50 [No.6098]
米大統領元特別補佐官〜辺野古以外の選択肢を〜 - hasebe - 2015/04/19(Sun) 13:59:00 [No.6101]
小沢氏、刊行に寄せてを寄稿「ライマン・ホームズの航海日誌」 - hasebe - 2015/04/27(Mon) 10:09:31 [No.6103]
「民主党退潮に歯止めかからず」 - hasebe - 2015/04/27(Mon) 23:34:12 [No.6104]


小沢一郎『ザ・ディプロマット』の寄稿記事全文』 (No.6090 への返信) - 豊後の小兵衛

━━【日本一新】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 臨時増刊号・2015/4/18
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     顧問:戸田 邦司
                     発行:平野 貞夫
                     編集:大島 楯臣
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆「日本一新の会」は、皆さんからご協力頂く「会費」で運営し
  ています。会費切の方は継続を、予備会員の方は維持会費の
  ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 会費は月額¥500円で、一年分前払いの場合は¥5.000円です。
 振込先は下記のとおりです。

 郵便振替用   口座番号   01730-1-114958
         加入者名   日本一新
         カナ表記   ニッポンイッシン

 銀行振込用   銀行名    ゆうちょ銀行
         店名(店番) 一七九(イチナナキュウ)
         預金種目   当座
         口座番号   0114958
         加入者名   日本一新
         カナ表記   ニッポンイッシン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       <メルマガ・日本一新・臨時増刊号>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆小沢代表の米誌『ザ・ディプロマット』の寄稿記事全文を紹介
する。先に送りした「翁長知事・菅官房長官会談」における翁長
知事の冒頭発言と読み比べて欲しい。いずれも「政治とは何か、
民主主義とは?」の根底を問う発言である。これほどの識見をも
つ両巨頭が真摯に話し合えば、辺野古問題は解決する。
私たちは戦前回帰を忌避するために、今こそ小沢一郎氏に、もう
一働きしてもらわねばならない。

                    日本一新の会事務局

『ザ・ディプロマット』の寄稿記事全文』

『安倍政権は米海兵隊の普天間航空基地を沖縄県内の名護市辺野
古に移設する動きの一環として、海底掘削調査を再開するのに、
強引な手法に頼っている。海上保安庁は、地元住民の排除に行き
過ぎた手荒な戦術を用いており、キャンプ・シュワブで働く警備
員らが、移設に抗議する市民らを拘束する事例もあった。

安倍政権はこの重要な政治問題に対して、高圧的な政治戦術を繰
り返し用いており、これは極めて危険である。人びとの意志を尊
重し、民意にもとづく政治をすることが、民主主義の基本原則で
ある。もちろん、世論が国民と国のために正しいことを示す最善
の指標では必ずしもなく、政治家は時には国民と国のために多数
意見に逆らって行動しなければならないかもしれない。これが議
会制民主主義に付きものなのである。

したがって、政治家は常に多数派の支持する特定の行動をすべき
であるとは断定できない。そうはいっても、安倍と彼の政権がこ
の件で用いる高圧的な手法が日本国民の利益にかなっているとは
とてもいえない。施設を普天間から辺野古に無理矢理に移設して
も、沖縄県民にも、国民全体にも利益にならない。だが、そうす
ることが日本と国民の評判に大きな汚点を残すだろう。

日本政府は、普天間から辺野古への施設の移転に問題があれば、
日米関係に悪影響がおよぶだろうと主張している。私は、これは
間違っていると信じている。もちろん、中国の軍事的拡張に関し
て米国が感じている留保は、日本と近隣諸国で共有されている。
だからといって、この理由で、米軍の沖縄駐留が必要であるわけ
ではない。

しかし、米国は目下、アジアだけでなく、ヨーロッパからも前線
部隊を撤収させている。これは、米国が軍事戦略を、常時部隊駐
留から有事に緊急即応部隊を動員する手法に転換したからである。
沖縄に駐留していた海兵隊のグアムとその他への再配置は、この
戦略の一環であり、日本、あるいは沖縄に配慮して無邪気に実行
されているわけではない。

私は米国の軍事戦略の転換を考えると、辺野古に普天間の代替施
設を造ったり、滑走路を建設したりする必要があるとは信じない。
だが、滑走路がほんとうに必要なら、沖縄でも本州でも代わりに
なるのに適した土地がある。したがって、安倍のふるまいがどん
な形であれ、私は土地埋め立てと辺野古での工事の準備を強行す
ることに賛同できない。

私はまた、在日米軍基地の74%を抱えている沖縄の住民の反対
を踏みつぶして、辺野古の滑走路建設を強行して、米国の利益に
なるとも信じない。滑走路が軍事的に正当化されても、美しいサ
ンゴが栄え、マナティと類縁の希少な海棲哺乳類、ジュゴンの北
限の自然生息地である澄み切った海を埋め立てる結果になるのに
他ならない。われわれは力を尽くして、沖縄の貴重な自然環境を
守るべきである。

それでも安倍政権が辺野古移設を実現すると意を決しているなら、
まず地元の行政当局と万全な協議を尽くすべきである。沖縄県民
によって正当に選出された県知事は首相との面会を要請している。
単に見解が異なっているという理由で、安倍が面会を拒んでいる
のは、常軌を逸して子どもじみている。道理をわきまえた議論が
できるはずだとは考えにくくしているのは、総理大臣にふさわし
くない言動であり、幼稚なふるまいなのだ。

仲井眞弘和・前知事が埋め立てを認可したかもしれないが、沖縄
県民はその後の県知事選挙の結果をもって、この上なく明確な、
「No」を計画に突きつけたのである。翁長雄志・現知事は、日本
政府との議論を再開しようとしており、沖縄県民の意志にそって
行動している。安倍が翁長とのかかわりを拒んでいるのは、民主
的な政治手続きを否定している。

日本政府がいましなければならない義務は、まず沖縄の民意を聴
きとることであり、そのうえで、問題解決のための議論を米国と
はじめることである。こうした議論の結果、米軍が沖縄から撤退
することになれば、日本自体が自国防衛の責任を担い、隙間を埋
める方法を決めなければならない。安倍政権はこのような論争を
避けたいと思い、単純に米国の要求にそうことを好んでいる。こ
れもまた、政治手続きの放棄である。沖縄は戦略と地政学の両面
で極めて重要である。米軍が撤退するのであれば、日本が負担を
肩代わりする方法について、日本国民のすべてが真剣に考えるべ
きである。日本国民は、米国がやるべきことをやると当てにする
のではなく、負担をわかちあい、責任を担うべきである。

私は、沖縄の駐留米軍を可能なかぎりの最小限に削減すべきであ
ると信じている。日本が責任分担に取り組む強い決意を示せば、
米国は議論に応じると私は信じている。私は、辺野古移設が計画
どおりに実現しなければ、ただちに日米同盟に重大な影響がおよ
ぶという意見にくみしない。それどころか、普天間基地の移設に
関して、日本政府が高圧的な戦術をつづければ、反感と不信を招
くだけであり、反対派を硬化させる。昔ながらの格言「急がばま
われ」は、この場合でも間違っていない。時間がかかるにしても、
安倍は徹底的な議論を尽くすべきだ。無分別に突き進めば、失敗
に終わるだけであり、日米関係におよぼす影響をさらに悪化させ
るだけである。首相と内閣はもっと誠実な手法を採るべきであり、
もっと広範な視野に立って考えるべきである。

                (文責:日本一新の会事務局)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            次回の定期配信は、4月23日です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━END━━━━━


[No.6094] 2015/04/17(Fri) 08:26:02

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS