[ リストに戻る ]
No.6095へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all ナノ純銀による放射能低減の本格的研究始まる! - 豊後の小兵衛 - 2015/04/14(Tue) 17:28:05 [No.6091]
Re: ナノ純銀による放射能低減の本格的研究始まる! - hasebe - 2015/04/14(Tue) 21:58:21 [No.6093]
Re: ナノ純銀による放射能低減の本格的研究始まる! - hasebe - 2015/04/17(Fri) 21:39:47 [No.6095]
平野貞夫氏メルマガ:「戦後70年村山談話」のいきさつ - hasebe - 2015/05/14(Thu) 10:54:02 [No.6106]
Re: 平野貞夫氏メルマガ:「違憲立法」を強行する恐怖の安倍政治の背後 - hasebe - 2015/05/29(Fri) 22:43:17 [No.6110]
日本一新の会メルマガ:<野党再編>構想活発化 - hasebe - 2015/06/06(Sat) 21:35:57 [No.6113]
日本一新の会『日田研修小旅行』最終のご案内! - hasebe - 2015/06/06(Sat) 21:39:21 [No.6114]
アベノミクスの実態=軍需産業はおいしい? - hasebe - 2015/06/10(Wed) 10:38:17 [No.6115]
平野貞夫氏メルマガ「安保法安を廃案にする死角有りno.5」 - hasebe - 2015/06/22(Mon) 21:47:51 [No.6119]
安倍首相!『お祖父様が憲法上、集団的自衛権行使はダメ』と断言 - hasebe - 2015/06/24(Wed) 14:35:55 [No.6120]


Re: ナノ純銀による放射能低減の本格的研究始まる! (No.6093 への返信) - hasebe

日本の得意分野のナノ技術が、
《「核廃棄物放射能の消滅」のみならず、「安価で放射能を伴わない
クリーンエネルギーの実用化」まで見えてきたのだ。》となる可能性
がでてきたという。

福一の原発事故、放射能汚染で苦しむ日本にとって大きな福音であり
クリーンエネルギーの実用化という夢の話。

この研究に全力を傾けていただきたいと思います。

下記のメルマガの後半に有った【平成の政治改革の原点、(米ソ冷戦
終結が日本の政治構造を変える)】の部分は、新しいスレッドを立て
たいと思いますので省かせていただきました。




日本一新の会 メルマガ配信
━━【日本一新】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 通巻第261号・2015/4/16
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     顧問:戸田 邦司
                     発行:平野 貞夫
                     編集:大島 楯臣
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎「日本一新運動」の原点―261

            日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観

○ようやく始まった
      「低エネルギー核反応(LENR)」の本格研究!

 3月31日(火)、東北大学院元教授の岩崎信工学博士からの
電話で「東北大学電子光理学研究センターと(株)クリーンプラ
ネットが『凝縮系核反応』に関する共同研究部門を設立し、本年
4月1日から基礎研究と応用研究を同時に開始することになった」
と知らせてくれた。

『凝縮系核反応』とは聞き慣れない難しい言葉だが、1989年
(平成元年)に発表された「常温核融合」に端を発し「個体核反
応」や「低エネルギー核反応(LENR)」などの名称で各所で
細々と続けられた研究を本格的に始めようというニュースである。

 わかりやすく説明すると、「3・11福島原発事故」がもたら
した放射能被害対策について、私たちは「ナノ純銀による放射能
低減システム研究会」を結成し、徹底した実証実験を重ね、LE
NRの可能性を公表して政府や学会に再現実験や確認実験を要請
してきた問題である。

「メルマガ・日本一新」では何回も紹介し、その評価や批判が読
者からあったことはご記憶にあると思う。

(詳しくは拙著『戦後政治の叡智』巻末の「福島原発問題を解決
し、東京五輪を新たな文明の出発点へ」を参照されたい)

 私たちの活動が東北大学の「凝縮系核反応研究部門」の新設に、
直接影響を與えたわけではない。

しかし安倍宣男理学博士が発見し、岩崎信工学博士(核計測学)
が検証した「ナノ純銀担持体による広範な放射能核種変換能力の
活用」がこの研究部門でテーマとなることは時間の問題である。

なお、最近では核種変換がナノ純銀だけではなく「他のナノ技術
による物質でも可能」との情報もある。

これからは幅広い研究が行われることが、人類の救済につながる
ものと期待している。

(「凝縮系核反応研究部門」の研究内容)
 3月30日(月)に東北大学で記者発表されているが、ポイン
トの研究内容を紹介すると、
「具体的には、以下のような研究を進める予定です。

1)凝縮系核反応生成物の核種同定の信頼性向上
2)凝縮系反応進行時における発生放射線の精密測定
3)凝縮系核反応の反応率の増強方法の探索
4)凝縮系核反応による放射性元素の放射能減少の有無の確定
5)凝縮系反応の発生熱の起源とエネルギー利用可能性の開発

以上のような共同研究により、核物理学に新たな核反応の概念が
打ち立てられるとともに、安価でコンパクトな放射線を伴わない
過剰熱発生エネルギー利用、核廃棄物放射能の消滅等、クリーン
エネルギー実用化への展望が拓けるものと期待されます」とある。

(「究極の脱原発」の研究成功を祈る!)

 1989年に発表された「常温核融合」は、マスコミや経済市
場でブームとなったが、初期研究にありがちな再現性が悪く主流
学会から似非科学として烙印を押されて、一部の人たちによって
研究が続けられていた。

奇しくも、平成23年の東日本大震災で福島第一原発事故の歴史
的悲劇発生の年から、国際的に研究の進展を見るにいたった。

これは神の啓示か。

 昨年7月7日、ナノ純銀による放射能低減システム研究会を代
表して、岩崎信工学博士がアイソトープ協会で「放射能低減効果」
を学術発表した。

翌々日、日経産業新聞は「三菱重工業が提唱した、パラジウムを
活用した低温による元素変換実験を、豊田中央研究所が再現実験
で確認した」と報道し、関心を強めていた。

 今回、東北大学の電子光理学研究センターと(株)クリーンプ
ラネットが共同研究で、LENR関係の実用化を目指す応用開発
研究を行うことは、放射能・原発に苦しむ人類への何よりの福音
である。

日本科学史上での、一大ニュースであるにもかかわらず新聞・テ
レビは一切報道しない。

この研究が成功すれば、究極の脱原発となる技術だからである。

「核廃棄物放射能の消滅」のみならず、「安価で放射能を伴わな
いクリーンエネルギーの実用化」まで見えてきたのだ。

 東北大学での共同研究の成功こそ、人類を救済する鍵である。
脱原発運動の質を向上させる好機といえる。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          次回の定期配信は、4月23日(木)です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━END━━━━━


配信不要の方は、下記アドレスより配信停止を行ってください。

******************************************
日本一新の会

メルマガ配信登録・解除はこちら
http://www.nipponissin.com/regist/mail.cgi

******************************************


[No.6095] 2015/04/17(Fri) 21:39:47

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS