[ リストに戻る ]
No.6096へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 平野貞夫氏の遺言?小沢政治塾15周年≠フ記念講義 - hasebe - 2015/03/28(Sat) 23:24:46 [No.6083]
続: 平野貞夫氏の遺言?小沢政治塾15周年≠フ記念講義 - hasebe - 2015/03/28(Sat) 23:43:33 [No.6084]
Re: 平野貞夫氏の奥様の遺言・・。 - hasebe - 2015/04/02(Thu) 10:36:27 [No.6085]
Re: 平野貞夫氏の奥様のご遺言・・。 - hasebe - 2015/04/06(Mon) 23:42:28 [No.6087]
平野氏メルマガ『菅官房長官、梶山静六氏を師と言うなかれ』 - hasebe - 2015/04/09(Thu) 22:06:25 [No.6089]
Re: 平野氏メルマガ『菅官房長官、梶山静六氏を師と言うなかれ』 - hasebe - 2015/04/10(Fri) 11:35:38 [No.6090]
小沢一郎『ザ・ディプロマット』の寄稿記事全文』 - 豊後の小兵衛 - 2015/04/17(Fri) 08:26:02 [No.6094]
日本一新臨時メルマガ 「民主の退潮「底打ち」「底なし」?」 - hasebe - 2015/04/18(Sat) 19:26:48 [No.6096]
平成の日本改革の原点 - hasebe - 2015/04/18(Sat) 20:20:50 [No.6098]
米大統領元特別補佐官〜辺野古以外の選択肢を〜 - hasebe - 2015/04/19(Sun) 13:59:00 [No.6101]
小沢氏、刊行に寄せてを寄稿「ライマン・ホームズの航海日誌」 - hasebe - 2015/04/27(Mon) 10:09:31 [No.6103]
「民主党退潮に歯止めかからず」 - hasebe - 2015/04/27(Mon) 23:34:12 [No.6104]


日本一新臨時メルマガ 「民主の退潮「底打ち」「底なし」?」 (No.6094 への返信) - hasebe

日本一新の会 メルマガ配信
━━【日本一新】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 臨時増刊号・2015/4/18
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     顧問:戸田 邦司
                     発行:平野 貞夫
                     編集:大島 楯臣
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       <メルマガ・日本一新・臨時増刊号>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
全略〜

☆一斉地方選の前半が終わったが、各地で選挙戦を戦われた議員・
候補者の皆さん、ご苦労さまでした。引き続き、後半戦のご奮闘
をお祈りいたします。

さて自民党の某地方幹部曰く「民主党の連中は09年の政権交代
を自分たちの力だったと錯覚している。その要因の7〜8割は、
小沢一郎の先見性・統率力(指導力)に依るものだ。

小沢氏が抜けた民主党は単なる「選挙互助会」と化している。

否、政権運営の失敗で国民の信頼を失い、互助会機能までも喪失
し、その存在さえ疑われているから党勢が回復しないのだ。

彼らには政権のなんたるかがわかっていない。現在の民主党を核
とする政権交代構想は、夢のまた夢であろう」と私に皮肉ってく
れた。

読売新聞は「党内からは『政権を明け渡して2年過ぎたのに、何
も変わっていない。回復の兆しすらない。

このまま行けば、来夏の参院選はもっと恐ろしい結果になる』と
執行部への批判の声が上がっている」と報じているが、自民党の
某地方幹部の見立てと同じだ。

小沢代表は「日本改造計画続編」について『粗方考えはまとめて
あり、やれば出せますけれども、出しても読んでもらわないこと
にはしようがない。読んでもらうためには、やはり我々が政権を
目指す、獲るということでないと、国民の関心は向きませんから。

そういう意味で、まずは政権奪還を目標にしてやっていきたいと
思います。本のほうは、その後でゆっくり考えて間に合うと思い
ます」と定例会見で答えているが、中々にして含蓄のある回答で
ある、とは事務局の独り合点か!。


 民主の退潮「底打ち」「底なし」意見分かれる

読売新聞 4月14日(火)

 民主党は統一地方選前半戦で議席を大幅に減らしたことで党勢
の地盤沈下が止まらない危機感が広がっている。

 当初は反転攻勢の足がかりと位置付けていたが、政令市議選で
は共産党を下回る「野党第2党」の勢力に転落するなど、目標と
は程遠い結果に終わったためだ。党内には、政権奪還に向けたシ
ナリオを描けない執行部への不満にとどまらず、党の将来性を悲
観して、野党再編を求める声も再び出始めている。

 岡田代表は13日の党役員会で、「全国的に厳しい状況だった」
と述べ、各地で苦戦を強いられたとの認識を示した。

 41道府県議選での獲得議席は前回比82議席減の264議席
に落ち込んだ。17政令市議選では公明、共産両党の後塵を拝し、
第4党に後退した。大阪市議選では党公認候補の当選がゼロに終
わった。

 執行部は当初、統一選で党勢を回復軌道に乗せ、政権奪還につ
なげるシナリオを描いていた。事実上の自民、民主両党の対決と
なった札幌市長選では勝利し、与党に一矢報いる局面もあったが、
期待を大きく裏切る敗北に、党内では「深刻な事態だ」と衝撃が
広がっている。

 ただ、選挙結果の総括をめぐっては、退潮傾向に歯止めがかか
った「底打ち」派と、今後も党勢低落が続く「底なし」派で意見
が分かれている。

 枝野幹事長は、党勢の衰退が「底を打った」との認識だ。道府
県議選の前回当選者は346人だったが、その後の党分裂などの
影響で告示前勢力が275人に減った事情を考慮しているためだ。

枝野氏は13日、国会内で記者団に「若干の微減だが、ほぼ現有
を維持できた」と総括し、「2012年衆院選か13年参院選の
辺りで底打ちして戻しつつある流れだ」と強調した。

 細野政調会長は「底なし」の低迷への危機感を抱いている。

13日、静岡市で記者会見し、「民主党の厳しい傾向に歯止めが
かかっていない」と指摘した。党内では「自民党に代わる受け皿
と見なされていない」との失望感も広がっており、長島昭久元防
衛副大臣も「党の存在意義が問われている」と語った。


[No.6096] 2015/04/18(Sat) 19:26:48

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS