[ リストに戻る ]
No.5377に関するツリー


WINGBEAT COFFEE ROASTERS


並べ替え: [ ツリー順に表示 | 投稿順に表示 ]
小沢一郎氏宣言【安倍総理のTPP交渉への参加表明を受けて】 (親記事) - hasebe

生活の党のHPに、昨日の安倍首相のTPP参加表明を受けて
小沢さんが抗議の声明を発表しました。

下記は、その声明文をコピーいたしました。

<生活の党ホームページ>
 http://www.seikatsu1.jp/

【安倍総理のTPP交渉への参加表明を受けて】

平成25年3月15日
生活の党代表 小沢一郎

 本日、安倍晋三首相が環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加表明を行った。生活の党はかねてより、TPPが単なる自由貿易協定ではなく、日本国民の命と暮らしを脅かし、社会の仕組みの改変を迫る異質な協定であることから強く反対してきた。しかし自公政権が日本の国益を守るより、米国の言いなりになり、TPP交渉に参加表明したことは、国家百年の大計にもとる重大な誤りであり、即時撤回を強く求める。

 世界やアジア各国の成長を日本に取り込むために自由貿易を促進し関税や非関税障壁を撤廃し、人、モノ、金、サービスを自由に行き来させることによって、新たな可能性が広がることは事実である。しかしTPPは、農業生産者が指摘するように、「単なる農業分野の関税引き下げ問題ではない。

米国主導であらゆる規制の緩和、ルール改正を同時並行で進め、国民の命と暮らしよりも大企業の利益を最優先する。食の安全・安心、医療、外国企業からの訴訟など多くの問題を抱えている」など、国民の生命と財産を守るための協定では全くないのである。

 加えて、今参加表明しても、先般シンガポールで開催されたTPP準備会合で明らかになったように、米国側は各国交渉者に「日本が交渉に参加した場合、すでに確定した内容について再交渉も文言修正も認めない上、新たな提案もさせない」と伝えている。この交渉実態を見れば、安倍首相の「TPP交渉は聖域なき関税撤廃が前提ではない」との主張が全くの欺瞞であることが分かる。自民党の衆院選公約である6項目は到底守られず、公約破りは明白である。

 米国の市民団体もTPPの草案文書を基にして「TPPは表向きは貿易協定だが、完全な企業による世界統治だ」と告発している。国民の生命、財産を守ることが国政を託された国会議員の最大の使命であり責務である。自公政権は今すぐ、TPP交渉への参加表明を撤回すべきである。

 今、日本政府が最優先すべきは、命、暮らし、地域を守るために震災復興、被災地域再生、原発事故の早期収束、原発ゼロへのエネルギー政策の大転換である。生活の党は引き続き、日本政府のTPP交渉参加阻止に向け、各界各層と連携し闘っていく。


[No.5377] 2013/03/16(Sat) 11:47:25
奴隷には上級ドレイと下級ドレイが存在する。 (No.5377への返信 / 1階層) - hasebe

国会において、自民党の大西英男議員が5分間、孫崎さんを
非難している姿を見て、”ここまで来た?”としみじみ
思いました。

今や、先生というものに幻想は捨てていますが、国政を論じる
国会の場で、与党の議員が民間の一評論家を攻撃、しかも内容は、
間違いだらけ(彼は本を読んでいない?)、孫崎氏の発言を
放送したテレビ局までを攻撃。

日本には、民主主義は育っていなかったとは思っていましたが
これでは余りに下品だと思いました。

孫崎氏は、この言論弾圧に一人奮戦しています。
他のジャーナリスト達は、このことに黙して語らないのでしょうか?

孫崎氏の著書の一節が思い出されます。

<戦後史の正体>から

【重光は次のように書いています。

「結局、日本民族とは、自分の信念をもたず、強者に追随して自己保身を
 はかろうとする三等、四等民族に堕落してしまったのではないか」
(『続 重光葵日記』)
「節操もなく、自主性もない日本民族は、過去においても中国文明や欧米文化の
 洗礼を受け、漂流していた。

 そうして今日においては敵国からの指導に甘んじるだけでなく、これに
 追随して歓迎し、マッカーサーをまるで神様のようにあつかっている。

 その態度は皇室から庶民にいたるまで同じだ」(同前)

「はたして日本民族は、自分の信念をもたず、支配的な勢力や風潮に迎合して
 自己保身をはかろうとする性質をもち、自主独立の気概もなく、強い者にただ
 追随していくだけの浮草のような民族なのだろうか。

 また、米側の見方も次のとおりです。
  
マッカーサー自身、次のように書いています。
「私は日本国民に対して、事実上無制限の権力をもっていた。

 歴史上いかなる植民地総督も征服者も、私が日本国民に対してもったほどの
 権力をもったことはなかった」

「軍事占領というものは、どうしても一方はドレイになり、他方はその主人の
 役を演じはじめるものだ」(『マッカーサー回想記』)

 天皇も総理大臣も、マッカーサーからみれば「ドレイ」なのです。
 つまり自主的には判断ができない存在です。

  しかし「ドレイ」だからといって、イコール悲惨な生活ということにはなりません。

 ドレイは財産です。
 しっかり働いてもらわなければならないので、虐待されるとはかぎりません。
 古代ギリシアでも一九世紀の米国でも、財産であるドレイが大事にされる
 ケースは数多くありました。
 しかし主人に嫌われれば命をなくするのもドレイの宿命です。
 運命は御主人様次第なのです。

さらにいえば、ドレイには上級ドレイ(日本人支配層)と下級ドレイ(一般市民)が
 存在し、前者が後者を支配するという構図が存在します。

 吉田首相は、上級ドレイが下級ドレイに対して尊大に接する様子を、一般の人びと
 相手によく演じていました。

 しかし、夜陰にまぎれ、帝国ホテルにこっそりとしのびこんで、主人であるウィロビーと
 会っていた姿は国民にはみせていません。

 かろうじて犬丸帝国ホテル社長のような人が見ているだけです。

 トルーマン大統領は次のように書いています。
「マサチューセッツ工科大学の総長コンプトン博士は、〔日本から〕帰国したあと
 ホワイトハウスに来て私に説明した。

 彼にまとめてもらった覚書は次のとおりである。
日本は事実上、軍人をボスとする封建組織のなかのドレイ国であった。

そこで一般の人は、一方のボスのもとから他方のボスすなわち現在のわが占領軍の
 もとに切りかわったわけである。

 彼ら多くの者〔にとって〕はこの切りかえは、新しい政権のもとに生計が保たれて
 いければ、別に大したことではないのである」(『トルーマン回顧録』)】


[No.5378] 2013/03/23(Sat) 13:06:54
キッシンジャー氏の語録 (No.5378への返信 / 2階層) - hasebe

あいば達也氏の下記のブログ、その中のキッシンジャー氏の語録
を見て、これが彼の国の本音、ある意味バイブルになっているのでは
と思いました。

しかしキッシンジャー氏の日本人嫌いはかなりのものですね。
彼の心の深層心理は、何なのでしょうか?

あいば達也氏のブログの抜粋をコピーさせていただきました。


<あいば達也 世相を斬る>

【「米国・霞が関・経団連・自民・マスコミ」は、菅民主が生まれた時から
  政策を練り上げていた】
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/b0f827fd9e539016f788eb766b85cfb6

〜前略〜
日本におけるTPP推進論者の主張を聞いていると、「中国包囲網」と云うキーワードを
金科玉条に挙げている。

WTOの行き詰まりと中国の覇権への野心を、日米韓が協力して阻止しなければならない、
と云う論法に行き着く。WTOの行き詰まりと中国の覇権への野心と云う側面から論を
進めれば、なるほどの思える論説になる。

このような側面からのアプローチだけを見聞きすれば、TPP推進に傾斜しても、
何の不思議もない。

傍若無人に振舞う現在の中国の大衆の一部や尖閣を巡る鞘当て等を眺めて、苦々しく
思っている日本人の大衆心理にフィットするのが「中国包囲網」と云う言葉である。

 しかし、米国においていまだに一目置かれる重鎮の立場を維持しているキッシンジャー
の語録を思い出す時、「中国包囲網」と云う言説が、実は日本の思い込みである
可能性を否定できないと云う強い危惧があるのである。

そんなことを考えていると、「晴天のとら日和」さんのブログに「キッシンジャーの語録」
が記されていた。

読めば読むほど、筋の通ったキッシンジャーの炯眼である。
(勿論、非常に不愉快な思考であるが真実を示している)

以下に貼りつけておくので、一読しておいて貰いたい。
「中国包囲網」と云う日本の側の思い込みが如何に危険か、多少は考える人も
出てくるだろう、と期待して。

≪ キッシンジャー語録

■「日本は経済大国になってしまった。もっと早く潰しておくべきだった」

■「東アジアはアメリカと中国の両覇権国で支配する地域だ」

■「日本には絶対に核武装させてはいけない」

■「台湾や韓国や日本ごときの為に、アメリカが中国と戦争するなんて馬鹿げている」

■「中国の経済発展と軍事大国化は、アメリカの利益になる」

■「日本の自主防衛を封じ込めると同時に、日本を中国、韓国、北朝鮮、ロシアから
 分断して孤立化させる事が大切だ。
 
  そうすれば日本はアメリカに依存せざるを得なくなり、アメリカにとって都合の良い
  経済政策と外交防衛政策を取らざるを得なくなる」≫

(晴天のとら日和より)


[No.5379] 2013/03/25(Mon) 21:41:48
戦争に負けて占領された国の運命 by キッシンジャー (No.5379への返信 / 3階層) - nicol

hasebeさん、みなさん、こんばんは

安部芳裕さんの「世界超恐慌の正体」(普遊舎新書)を読んでいて
キッシンジャー氏の冷徹な目に驚かされました。

ある論文で、こう述べているそうです(P153より抜粋)。

「戦争に負けて敵軍に占領された国は、占領軍に対して徹底的なゲリラ戦を長期実行するか、
目先の利益と安全を確保するため占領軍に協力し服従するコラボレーショニストになるしかない」

「長期間コラボレーショニスト体制を取る敗戦国には二つの問題が生じる」

「一つは国家の正当性を失う。占領軍の押し付けてきた憲法や法律、行政制度や教育、
歴史解釈をそのまま使うのですから、他国からも自国民からも独立国として扱われず、
誰からも尊敬されない国となる」

「もう一つはモラール(士気、気概)を失う。宗主国に従属するだけの統治者では、
国民は「国家のため」なんてことは考えずに、自分の生活さえ良ければそれで良いと
考えるようになる」

引用ここまで

コラボレーショニストというのは「敵国への協力者」「祖国を裏切る者」
というような意味だそうです。難しい社会のことなど考えずに、家族を大切にし、
趣味の世界に生きる、そんな日本人の生き方を見通していたかのようです
(いつ書かれたのか調べようとしましたが、わかりませんでした)。

キッシンジャー氏は、1923年、ドイツ生まれ。
1938年、ナチスの政策を嫌った一家は米国に移住し、第2次大戦中の1943年、同国に帰化。
昼間は工場で働き、夜間高校に通って、家計を助けました。

自著『ひ弱な花 日本』で「日本は保護国」と言い切ったブレジンスキー氏も、
1928年、ポーランド生まれ、ナチスの台頭、後にスターリン粛正を目の当たりにしています。
一家は1938年、カナダに移住し、大戦後も祖国帰国はかないませんでした。(以上、Wikiより)

ひるがえって、今、日本の舵取りをしている人達は、
戦争を知らず、右肩上がりの世を謳歌してきた世代。
体制に従属する以外の道を構想すらできないのではないでしょうか。
原体験が違いすぎるような気がします。

小沢さんも「欧米では自分の考えや主張がなければ軽蔑される」
というようなことを言ってますよね。

政治家や官僚を手なずけながらも、心の中では蔑んでいる。
だから「(日本を)もっと早く潰しておくべきだった」という本音が漏れる。
(ただ、この語録の出典は何なんでしょう、気になります)

憲法や安保に込められた思惑とも関わってくることなのでしょう。
『日米地位協定入門』(創元社)を読んでみたいと思います。


[No.5380] 2013/03/26(Tue) 22:56:47
Re: 戦争に負けて占領された国の運命 by キッシンジャー (No.5380への返信 / 4階層) - hasebe

nicolさん、皆様

私は,少し反省しています。
キッシンジャー氏の言葉を出すなら、きちんと
その原本を読んで勉強してからですね。

ユダヤやクルドという祖国を持たない民族が
どれ程の苦労を重ねてきたかを考えると、
単純に考えてはいけませんね。

【「戦争に負けて敵軍に占領された国は、占領軍に対して徹底的なゲリラ戦を長期実行するか、
 目先の利益と安全を確保するため占領軍に協力し服従するコラボレーショニストになるしかない」

「長期間コラボレーショニスト体制を取る敗戦国には二つの問題が生じる」

「一つは国家の正当性を失う。占領軍の押し付けてきた憲法や法律、行政制度や教育、
 歴史解釈をそのまま使うのですから、他国からも自国民からも独立国として扱われず、
 誰からも尊敬されない国となる」

「もう一つはモラール(士気、気概)を失う。宗主国に従属するだけの統治者では、
 国民は「国家のため」なんてことは考えずに、自分の生活さえ良ければそれで良いと
 考えるようになる」】

戦後70年、右肩あがりの経済の繁栄の中、私達は、事実を
直視することなく、張りぼてのような平和の中で暮らしていたの
でしょうか?

それでも保護国であっても,その現実から目を背けていれば生きていけて
米国も余裕がある時は、それほどアコギなこともせず、ソ連への防波堤
としての浮沈空母の役割があったわけで。

冷戦終結後、プラザ合意以降、保護国としての締め付けが厳しくなって
いったと考えられます。

竹下元首相と小沢さんの戦い、その後の小沢さんの自民党離脱、それも
そこらへんと無縁ではなく、竹下氏は晩年、米国の意のまま動いたことを
”間違っていた”と語ったそうです。

昨日のニュースでも、米軍と自衛隊の指揮官がごく近くに集まりだした
とありましたが、経済、軍隊とこの日本列島多くの部分、他国の管理下
にあると見たほうがいいのでしょう。

「日米地位協定入門」前泊博盛氏著は、今日手元に届きましたが、
私のにも読みやすい語りくちです。

小沢さんの言葉ではないですが、知れば知るほど、学べば学ぶほど・・、
の心境です。


[No.5381] 2013/03/27(Wed) 23:05:48
田中宇氏国際ニュース★北方領土問題はまだまだ解決しない (No.5381への返信 / 5階層) - hasebe

田中宇氏の国際ニュースの無料版の記事に
安倍首相の訪ロの事が載ってました。

参考になるのでは、とここにコピーさせて
いただきます。


《田中宇の国際ニュース解説≫
http://tanakanews.com/130502japan.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★北方領土問題はまだまだ解決しない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 4月末、安倍首相が10年ぶりの日本首相の公式訪露としてロシアを訪問し、
プーチン大統領と会って北方領土問題の交渉再開を決めた。日露間でここ数年、
北方領土問題の交渉が止まっていただけに、これで一気に交渉が進むのでない
かとの憶測が飛んでいる。

 だが私が見るところ、北方領土で交渉が進む可能性は非常に低い。米国の力
が低下して覇権の多極化が進み、国際政治力を米国にだけ依存している日本の
力も米国とともに弱くなる一方、多極化によってロシアの力は増えている。こ
れまで2島返還以上の対日譲歩をする気がなかったロシアが、自国が強くなっ
て相手(日本)が弱くなる流れの中で、それ以上の譲歩を今後するはずがない。
2島返還なら日本は拒否だ。

http://tanakanews.com/101106russia.php
メドベージェフ北方領土訪問の意味

 今の日本政府は、自国民の生活維持よりも、日米同盟の維持を優先している。
TPPや、日銀による円の増刷と国債買い支えは、長期的に日本経済を破壊す
る効果をもたらす一方で、TPPが米国企業、円増刷が米連銀(ドル)を支援
するものであり、日本国内を犠牲にして日米同盟(対米従属)を維持する策だ。
米国はロシアを敵視しており、今後米露対立が高まるおそれもある。そんな中
で日本がロシアと関係改善すると、日米同盟を損なうことになりかねない。

日本はロシアとの関係を、短期的に改善するとしても、長期的、根本的に改善
する気がない。日本政府は、北方領土問題を解決するわけにいかない。

http://www.ft.com/cms/s/0/c546f69c-a365-11e2-8f9c-00144feabdc0.html
US and Japan deal paves way for trade talks

「4島を日本のものと認めつつ2島だけ返す」とか「4島総面積の半分を日本
に返す」といった話をプーチンが示唆したという幻影を日本外務省がマスコミ
に流して報道させた。これは日本側に問題解決の意志がないことを如実に示し
ている。日本政府に問題解決の意志があるなら、2島返還が出発点であると示
唆するはずだからだ。

 日本がロシアと交渉を再開することにした理由は、尖閣諸島問題で中国との
対決姿勢が激化し、いずれ戦闘が起きるかもしれないという状況下で、中国と
戦争したらロシアが中国に味方して日本を軍事的に脅す可能性が高いので、そ
れをやめてもらうために当座の日露関係を好転させておく必要があるためだ。

これまでロシアは、尖閣で日中対立が激しくなるたびに、戦闘機を飛ばして日
本の領空を侵犯したり、メドベージェフ前大統領が北方領土を視察して自国領
だと誇示してみせたりしている。ロシアは、日本が中国と対立して防衛的に余
裕がない瞬間を見計らって、日本を威嚇している。2正面戦争を回避したい日
本政府は、ロシアと表面的な和解をする必要があった。

http://tanakanews.com/120316putin.htm
日本をユーラシアに手招きするプーチン

 プーチンが日本に最もやらせたいことは、ロシアのシベリア・極東開発に日
本の資金を出させ、開発に参加させることだ。シベリア・極東は、冷戦期間中、
ロシア政府の資金注入で何とか経済を回していたが、冷戦終結後、貧困、資金
難、人口流出がひどくなった。プーチンは何年も前からシベリア極東開発を
推進しているが、思ったように進んでいない。ロシア極東に多く入り込んでい
る中国商人は短期の儲けしか考えないので、それより日本企業に来てほしい。

日本が来てくれれば、シベリアの石油ガスを安く買いたたこうとする中国に
「日本の方が高く買ってくれる」と言い返せる。

http://tanakanews.com/130118japan.htm
中国と対立するなら露朝韓と組め

 尖閣で中国との一触即発で日本がピリピリしているときに限ってプーチンが
戦闘機を領空侵犯させてくるのは、日本に嫌がらせをして「やめてほしければ
シベリア極東に金を出してくれ」と言っていたと読み解ける。これまでのよう
に、北方領土問題が解決するまで日露の本格的な経済協調拡大もないというあ
り方をやめて、経済協調だけ先行する構想は、日露双方で以前から語られてい
た。日中対決激化の中で、日本政府は、領土問題と切り離して日露経済協調を
進め、プーチンにいやがらせをやめてもらいたいのだろう。だから安倍首相は、
訪露団に大勢の企業幹部が同行させた。領土問題は交渉を再開するが解決に
近づかない。米露関係が悪化したら、日本政府は、領土交渉を凍結し、日本企
業をシベリアに置き去りにして、米国と一緒にロシア敵視の態勢をとり、対米
従属を保持できる。

http://www.atimes.com/atimes/Japan/JAP-01-010513.html
Moscow reserved on rare Japanese visitor

 安倍首相は訪露2週間前の4月15日、NATOの事務局長が訪日した際、
日本とNATOの協調関係を強化する宣言(共同声明)を出している。日本が
NATOとこの種の声明を出すのは歴史上、初めてだ。NATOは米欧がロシ
アと敵対するために作った組織であり、そこに日本が協力するのは、東西から
ロシアを挟み撃ちする構図だ。日本はロシアと関係を良くしていく方向にない。


[No.5411] 2013/05/03(Fri) 09:24:02
しぶいはるお氏【米国よ、そんなに小沢一郎が邪魔か】 (No.5411への返信 / 6階層) - hasebe

<しぶいはるお(渋井治雄)さんのブログ>を徳永みちおさんの
ツイッターから見つけました。

衆議院議員 平沢勝栄元秘書 という経歴だというのもおもしろいです。

1年ほど前のブログ記事のようですが、江戸っ子のタンカを聞いている
ような小気味よい記事でしたのでここにコピーさせていただきました。



http://shibui.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-ca38.html
【米国よ、そんなに小沢一郎が邪魔か】

何をくだらないことをいつまでやっているのだ。

万が一にも、人様から内緒で貰った金にしろ、たかだか4億円程度の、
はした金で政治歴43年の政治家に、つまらぬ因縁をつけるとは卑怯である。

どんな世界だって人を束ねるには金が必要であり、それは人としての器量でもある。

それが出来ない人間に限って、妬んだり僻んだり男らしくないのにも程がある。

天下の検察が二度も不起訴にしたものを、わけのわからない、お兄ちゃんや、
お姉ちゃんを集めて検察審査会だと言うのですから、検察審査会が聞いてあきれる。

東京地検や日本のマスコミを操って小沢攻撃ばかりやっていないで、CIAでも何でも
前面に出てきて小沢潰しを日本国民の前でやればいいと思う。

4億円の原資なるものは、小沢氏の湯島の旧宅15億円と世田谷の自宅9億円の売却代金で、
差し引き5億円の残金であったでは、へなちょこ検察も、もはやどうにもなるまい。

小沢証言が二転三転どころか、日刊ゲンダイの言うとおり、一転もしていないのだから、
小沢氏は誣告罪で訴えることも可能なのではなかろうか。

それもこれも、小沢潰しは、田中元総理と一緒で日本の独立を許さない米国の方針なのである。

小沢氏を復権させれば必ず消費税増税は葬られる。
何としても小沢排除がその根底にあるのである。

一度は田中総理を裏切った小沢氏ではあるが、懺悔の魂は田中総理の元に戻ったのであろう。

田中総理の仇討のためにも小沢一郎氏が米国石油王に最後の戦いを挑まねばなるまい。

田中真紀子氏の言われる通り、政界の高倉健、小沢一郎しか米国と戦える政治家は、
もはや日本には、いないと思われる。

ブログを書いていたら、何、ホルムズ海峡封鎖で石油が日本に入って来ないだと。
又、石油の値段つり上げ工作か。

イランと仲が良かった日本、イランの石油を楽しみにしていたら米国が、その仲を引き裂いた。

何でもいいが戦争やるなら日本を巻き込むな。
ホルムズ海峡以外の南極ででもやれ。

とにかく堅気の皆さんに迷惑のかかる喧嘩は、真っ平ご免です。

・・・・・・・・・・・・・・・コピーおわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[No.5412] 2013/05/03(Fri) 19:37:39


   小沢一郎氏宣言【安倍総理のTPP交渉への参加表明を受けて】 - hasebe - 2013/03/16(Sat) 11:47:25 [No.5377]
奴隷には上級ドレイと下級ドレイが存在する。 - hasebe - 2013/03/23(Sat) 13:06:54 [No.5378]
キッシンジャー氏の語録 - hasebe - 2013/03/25(Mon) 21:41:48 [No.5379]
戦争に負けて占領された国の運命 by キッシンジャー - nicol - 2013/03/26(Tue) 22:56:47 [No.5380]
Re: 戦争に負けて占領された国の運命 by キッシンジャー - hasebe - 2013/03/27(Wed) 23:05:48 [No.5381]
田中宇氏国際ニュース★北方領土問題はまだまだ解決しない - hasebe - 2013/05/03(Fri) 09:24:02 [No.5411]
しぶいはるお氏【米国よ、そんなに小沢一郎が邪魔か】 - hasebe - 2013/05/03(Fri) 19:37:39 [No.5412]





以下のフォームから投稿済みの記事の編集・削除が行えます


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS