[ リストに戻る ]
No.6165に関するツリー


WINGBEAT COFFEE ROASTERS


並べ替え: [ ツリー順に表示 | 投稿順に表示 ]
◎「日本一新運動」の原点―302 (親記事) - 豊後の小兵衛

            日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観

〇 甘利経済再生大臣問題について −1

『週刊文春』1月28日号は「甘利明大臣事務所に賄賂1200
万円を渡した」という見出しで、実名告発の政界を激震させると
報道した。しかも、「口利きの見返りに大臣室で現金授受」との
サブタイトルがあるというサプライズである。「とうとう来たか」
これが私の実感であった。
 運が良いのか悪いのか、通常国会は1月4日の異常召集中で、
安倍政権や甘利大臣側は何の対応も準備もできないまま、野党の
追及にさらされることになる。甘利大臣は、1月21日の参議院
決算委員会で大臣室での現金受取を「否定」できず「記憶をたど
っている」と釈明した。20日の記者会見では、「調査した上で
説明責任を果たしたい」と平静を装っていた。

 永田町の情報通によれば、週刊文春は16日に甘利大臣に確認
のため取材している。翌17日と18日の2日間、記事をモミ消
す工作をしたが不調で、19日に官邸に駆け込んだとのこと。
『日刊ゲンダイ』(22日付)に同趣旨の記事が出ているが、ま
ずは正確な情報であろう。とすれば20日の記者会見も、21日
の参議院決算委員会での甘利大臣の発言は、わかっていて明らか
に嘘をついているといえる。
 さすが自民党と公明党の与党からの「説明責任を果たせ」との
合唱に「一週間以内に説明する」と期限を切ったが、これも悪質
な智恵である。一週間以内に「逃げ道」とか「辞任した後の政権
への悪影響回避策」を、菅官房長官を中心に悩みに悩んでいるだ
ろう。野党、特に民主党は突然の敵失に小躍りしているが、この
問題を単純な政争や個人プレーにしてはならない。安倍政権の、
「甘利問題」は自民党政治の宿痾であり、決して「古典的資金集
め」ではない。この宿痾を治療しない限り、我が国に真のデモク
ラシーは期待できない。

(類は友を呼ぶ安倍政治!)

 小泉純一郎という政治家に対する評価はいろいろあるが、最大
の歴史的ミスは安倍晋三という政治家を後継者として自民党総裁・
内閣総理大臣として指名したことだと思う。それを、自民党とい
う政治集団が追認したことは、あと十年もすれば「政治的大ミス」
であったことを歴史が証明すると確信している。
 第一次安倍内閣で、安倍首相が盟友の甘利明を経産大臣として
入閣させたとき、私は「類は友を呼ぶ」という格言を思い出した。
説明の必要はないと思うが、「知性・性格・思想・人格等々」が
似ている人間は「友」となるという意味である。立派な人は立派
な人で集まり、ダメな人はダメな人で類(む)れるということだ。
別に安倍首相と甘利大臣のことを言っているのではない。一般論
でいっているだけだ。

 議会デモクラシーという政治システムは、大前提に「善良な有
権者が、良識ある代表者を選び、健全な政治を行う」といえるだ
ろう。安倍首相の人格・品格・知性力・学力・思想・性格等々に
ついて語るつもりはない。第一次安倍内閣を、安倍首相の腹痛が
原因で崩壊させた時、国民世論は政治家・安倍晋三を批判したが、
政治家としては批判されても、人間として批判されるべきことで
はない。首相として健康が保持できなければ辞任するのが政治の
常道である。その頃までの自民党はそれなりの保守党であった。
 5年を経て第二次安倍内閣が成立するという奇跡が発生する。
これから、安倍晋三という政治家は運命的豹変をする。俗な表現
をすれば、「背後霊」が入れ替わったとも言えるし、精神医学的
に言えば、「人格移動」という専門家もいる。第二次、第三次と
政権を続ける間に自民党という政党の悪い面が目立つようになる。
かくして、保守政治の良質な部分がなくなり「安倍一強体制」が
できあがった。その最大の功労者が甘利明である。

(甘利明の資質を心配していた父・甘利正!)

 私が何故に「甘利明」にこだわったことをいうのか。それは、
父・正と親しい関係があったこと。そして彼が政治家となったこ
とに、責任の一端が私にもあるからだ。説明しておこう。
「父・正」は神奈川県の足柄地方の出身だ。農家の救済活動など
で「昭和の二宮金次郎」といわれた苦労人だった。政界の実力者・
河野一郎も一目を置く人物であった。昭和51年12月の衆議院
総選挙(ロッキード選挙)で、新自由クラブから当選した。河野
洋平氏らが、「政治とカネ」の自民党体質を批判し離党して結成
したものだ。この総選挙で18名を当選させてブームとなった。
甘利正氏は河野一郎の長男・洋平氏の後見人という役割であった。

 新しい政党で国会運営に慣れていない「新自由クラブ」は甘利
正議員を議院運営委員会に所属させ「政治改革」を担当すること
になる。当時、私は議院運営委員会の担当で甘利議員のさまざま
な問い合わせの窓口であった。甘利議員からは信頼されいろいろ
な話を聞き相談を受けた。甘利家の祖先は武田信玄の重臣・甘利
虎泰だ。その子孫で「甘利の会」をつくりたいとの相談を受けた
ことを憶えている。
 父・正の心配の種は息子「明」の政治家としての資質であった。
昭和54年4月、衆参両院が『中国全国人民大会』(日本の国会
にあたる)のケ頴超常務委員会副委員長(周恩来元首相未亡人)
を団長とする代表団を招待したときであった。東京から東海道の
要所を視察することになり、一泊目が箱根の椿山荘で、甘利議員
の地元であった。私は衆議院事務局からの案内担当で、このとき
甘利議員から変わった申し出があった。

「息子が慶應大学に在学中だ。親として恥ずかしい話だが、甘え
て育てたので政治家にしてよいか悩んでいる。その資質があるか
どうか箱根に呼ぶので検分してくれないか」
 ということで、宿泊した機会に短時間面談することになった。
印象は思ったより「ボンボン」で自民党著名政治家の息子がよく
入学する、慶応の法学部の代表的タイプだった。後日、父親から
聞かれたので「少し苦労させてからだと大丈夫、後継者となれま
すよ」と回答しておいた。「その時はよく指導してくれ、頼んだ
よ」と言われたことも記憶している。

 甘利明氏は大学を出てソニーに入社した後父親の秘書となった。
昭和58年12月の総選挙で衆議院議員に当選する。後継者とい
えばいろいろ問題があるが、若手として順調な国政参加であった。
この時期、私は衆議院事務局委員部総務課長だった。国会運営で
与野党の騒動で苦労していたが、甘利明議員とも昵懇な付き合い
をしていた。
 ある時期から甘利議員の態度が急変した。それは、私が参議院
議員となって平成5年6月に自民党を離党し、小沢一郎氏の側近
として非自民細川連立政権の樹立に活動した頃からであった。国
会の廊下ですれちがっても、顔をそむけるようになった。私は、
甘利議員から誉められようとは思わないが憎しみを持たれる筋合
いもない。私の信条に基づく政治活動を批判されても良いが、あ
まりにも幼児っぽい態度に呆れ果てていた。
 平成16年7月の参議院選挙に出馬せず、「国会議員は引退す
るが政治からは引退しない」といって、「日本一新の会」を設立
して市民運動を始めた。首都圏での業界などの講演や、懇談会で
甘利明議員の支援者等から、さまざまな聞くに堪えない話をうけ
ていた。いずれ問題になると危惧していたところであった。

(甘利問題は安倍政治への「天命の仕掛け」)

 甘利大臣口利き事件で悩む安倍政権は、これから、より凶暴性
を増していくだろう。乱暴な国会運営だけでなく、検察・警察に
圧力をかけて甘利問題をウヤムヤにしていくであろうことは眼に
見えている。さらに、それをマスメディアが共謀して国民の目を
逸らしていくことになろう。しかしこれまでのように、安倍政権
の思いのままになるかどうかが「安保法制問題」と同様に、立憲
主義確立につながる重大な問題だ。
 思えば「小沢一郎陸山会問題」は行政権力と司法権力が、立憲
主義を冒涜したものだ。政府与党幹部から『甘利大臣口利き事件』
は「ワナをしかけられたもの」との声が出ている。それは、甘利
大臣個人や事務所のあり方に「ワナを仕掛けても」追及すべき問
題があった証しでもある。
 この問題は、安倍政治に天誅を下すために放たれた「天命の仕
掛け」といえる。何故、自公政治に「天命の仕掛け」が放たれた
のか、自公政治の本質を検証しなければならない。  (続く)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           次回の定期配信は、2月4日(木)です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━END━━━━━


[No.6165] 2016/01/28(Thu) 09:34:29
Re: ◎「日本一新運動」の原点―302 (No.6165への返信 / 1階層) - hasebe

甘利氏の問題が、ぜひ安倍政治に天誅を下すために放たれた「天命の仕
掛け」であって頂きたいと願います。

こんなにも、平和、安全、民主主義が、たった一人のリーダによって
変質するものだと、戦後民主主義の空気の中で育ったためか信じられ
ない思いです。

この甘利氏問題の幕引き?でもそうですが、安倍政権の広報活動の
巧みさは、今までの政権と大きく違い、メディアコントロールに
関しては抜群の巧さです。

日本の国民の国民性?なのか、まさか新聞、テレビという公共財とも
いえる場で、ぬけぬけと嘘を垂れ流すとは多くの国民は思いもしない
のです。

原発、基地問題でも、そこにつぎ込まれる莫大な資金の前に、見て見ぬ
ふりして、仕方がないとひざまずく。
昔から、泣く子と地頭にはかなわないと。

政治家も、北海道の鈴木宗男氏は、安倍総理とどんな約束をしたので
しょうか?
娘、民主党の鈴木貴子氏の自民党への鞍替えがささやかれています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160130-00000084-jij-pol

また、森ゆうこ前議員が立候補を予定している新潟では、かつて小沢氏の
秘書で当選した民主党の菊田真紀子氏が衆議院から参議院への鞍替え立候補
を発表したとか。
http://www.uxtv.jp/news-ux/%E5%8F%82%E9%99%A2%E9%81%B8%E3%80%80%E6%B0%91%E4%B8%BB%E3%83%BB%E8%8F%8A%E7%94%B0%E8%A1%86%E9%99%A2%E8%AD%B0%E5%93%A1%E3%81%8C%E9%9E%8D%E6%9B%BF%E3%81%88%E3%80%80%E6%93%81%E7%AB%8B%E3%81%B8/
彼女は、小沢攻撃の最先端となっていました。

権力の中枢が、これ程なんでも有りの世の中。
司法の場でも、その権威が落ちていることを堀田元検事が、”やめ検が〜”と
いう言葉を使って嘆いていました。

今では、先生と呼ばれた人たちへの尊敬は地に落ちた?

平野貞夫氏が書いているように、きっちりした検証をしないと、国に全体がもたなく
なっていくような不安を感じます。


[No.6166] 2016/01/31(Sun) 12:05:06
Re: 日本一新メルマガ【甘利大臣口利き問題について=i続き)】 (No.6166への返信 / 2階層) - hasebe

日本一新の会 メルマガ配信
━━【日本一新】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 通巻第303号・2016/ 2/ 4
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     顧問:戸田 邦司
                     発行:平野 貞夫
                     編集:大島 楯臣
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎「日本一新運動」の原点―303

            日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観

〇 甘利大臣口利き問題について=@(続き)

 1月28日(木)午5五時、甘利大臣は「UR口利き事件」に
ついて記者会見を行った。私が納得できないのは会見の内容だけ
ではない。記者会見の前に何故国会での説明をさせないかという
問題だ。「週刊文春」の特ダネを最初に問題にしたのは国会であ
った。野党は先ず、国会での説明を要求しなかったのか。野党第
一党の民主党は本気で問題の解明をする気があるのか、はなはだ
疑問である。臑に疵でも持っているのか。

 甘利大臣(当時)の説明は「自分だけが潔白で法的責任はない
のだ」ということを、何度も何度も東京地検特捜部で検事をや
っていた弁護士の調査≠ニして正当化していた。本当に潔白であ
るならば、権威に依存した説明は不要で誤解されるだけだ。あの
記者会見の内容を国会でやっていたなら国会で嘘をついたとなる。
それが議員辞職へと追い込む原点となる。

 実は、甘利記者会見の前日、東京新聞と日刊ゲンダイからコメ
ントを求められた。日刊ゲンダイでは、「甘利問題」で安倍政権
をどう攻めるか、「基本姿勢を言え」とのこと。読まれた方もい
ると思うが改めて転載する。

「甘利問題の本質は何か、この認識をきっちりさせる必要があり
ます。ことは甘利さん本人が斡旋利得処罰法に問われるか否か、
という問題に止まりません。自民党の政治家は業者からカネをも
らって政権にへばりつき、官僚を動かし自分たちの権益を再生産
してきた。口利き≠ヘ戦後の経済成長の過程で、自民党が『制
度化』したものだという問題が根っ子にあるんです。野党はまず、
そうした視点をもって追及すべきです。具体的な手法としては資
料要求や証人喚問ですが、それに応じざるを得なくなるよう追い
込むことです。

 かつて小渕首相が倒れた後に、森喜朗さんが首相に選ばれた際、
私は国会で『森政権は談合クーデターでできた憲法違反の政権だ
!』と、何度も批判し、与党から懲罰委員会に付する動議が出さ
れたことがあります。結局、衆院が解散になって懲罰委員会は開
かれませんでしたが、仮に開かれていれば談合だったのかどうか、
与党は事実関係を調査せざるを得なくなっていたのです。これほ
ど重大な問題なのですから、野党は『肉を切らせて骨を断つ』ぐ
らいの覚悟が必要です。

 さて甘利議員が大臣を辞めたとなると、国会で説明させるには
委員会などの議決が必要となる。圧倒的多数の自公与党は応じる
はずはない。ましてや「告発者」の反論を、国会の証人や参考人
としてさせようとしても与党は簡単には了承しないだろう。だか
らといって、野党は何時までも総予算審議入りを拒否はできまい。

 そこで、告発者を国会に証人などに出頭させる状況をどうつく
るかだ。既に、朝日新聞(二月一日朝刊)では告発者の一式武氏
に取材して、大臣室での「現金授受」の様子や「URとの交渉」
等で、甘利大臣の記者会見内容との食い違いが明らかになった。
これだけでも「証人喚問」の理由になるが、しぶとい与党はそれ
でも応じないだろう。

 そこで野党がやるべきことは、「甘利大臣口利き事件解明」の
調査機関を、他の野党と一緒に結成することだ。その主催で告発
者を国会に招き、公開の会合で説明を求め、丁寧に質疑も行い、
マスコミを通じて、予算委員会で甘利議員と告発者を対決をさせ、
事実を解明しければ国民世論が納得しない環境づくりをすべきだ。
これが当面の課題だ。

 この問題に私が拘る理由はURがS社に提示した「2000万
円の補償金」が、甘利事務所の口利きで「2億2000万円」と、
10倍以上にも跳ね上がっていることが大問題である。「甘利事
務所」という言い方で、甘利大臣と秘書を区別して、秘書の責任
で済ませようとしている。甘利大臣の職務権限がURの業務と無
関係ではないことは明らかだ。構造汚職の臭気が「プンプン」し
ている。30億円と言われる別件の補償金交渉となれば「UR民
営化」への絡みか?。甘利問題のポイントはここに尽きる。


〇「政治とカネ」、自民党悲喜劇物語 1

 甘利経済再生大臣問題は自民党の負の部分の『ゴミ溜』といえ
る。それは数十年にわたって論議されてきた、我が国における、
「政治とカネ」の、宿痾である。何故、日本では「政治とカネ」
が健全にならないのか。自民党という政党が、「金権政治」を最
大の利権目的として、その為「政権交代を不浄とする思想」から
抜け出せないことにある。その歴史の概略を述べておきたい。

1)保守合同以前の「政治とカネ」

 敗戦直後の日本政治のトップリーダーは、吉田茂首相である。
吉田政治の「政治とカネ」に、吉田茂個人の問題としては後世の
参考にならないが、政権政党としての「自由党」の錬金術は戦前
の政党政治の延長で問題があった。

 参考のために吉田首相の「金銭感覚」について述べておこう。
吉田茂は明治11年生れで土佐の自由民権運動家・竹内綱が愛人
の芸者たき≠ノ生ませたといわれている。西南戦争の真っ最中
で、父・竹内綱が西郷支援に関与した疑いで逮捕された時期であ
った。いろんな事情で横浜の大富豪・吉田家に養子に出されるこ
とになる。実父への反発が強く「カネが仇」という精神で、一生
に使い切った総額が百億円を超すという、ウソかマコトか疑う話
も残っている。外務省へ新橋の料亭から馬で通ったという話も残
っている。

 昭和21年6月、公職追放となった鳩山一郎に代わって自由党
総裁・首相への道を説得された時に条件をつけたのが「カネはつ
くらない。人事には口出しするな」であった。従って、自由党の
政治資金をつくったのは、池田勇人や佐藤栄作という官僚出身政
治家であった。官僚出身政治家の錬金術は、出身省庁の許認可な
に関連して、企業や企業団体から政治資金を出させることで、保
全経済事件(昭和28年)は大蔵省出身の池田勇人系政治家の疑
惑が問われた。造船疑獄事件(昭和29年)は運輸省出身の佐藤
栄作幹事長に疑惑が向けられ、法務大臣の指揮権発動≠ナ逮捕
を免れた。

 この場合、政治資金を党のために集めることで個人のポケット
に入れることはなかった。新憲法下、昭和23年に「政治資金規
正法」が制定されたが現在のように厳しい規制と手続がなかった。
事件化は、企業や国民の活動に大きく影響が出る場合、刑法など
による汚職として問題となった。この時期、保守実力者の錬金術
は、わかりやすくというと、事実上の「脅迫」や「集(たか)り」
であった。昭和20年代の復興期、石炭国管問題・ダム建設など
経済再建の国家プロジェクトが展開された。土建業などからのカ
ネは、小者の政治家は親分へ上納し、ポストを求めた。実力者の
親分はグループの拡大に活用し、それが派閥となる。親分の代表
的なのは河野一郎・大野伴睦氏などである。

 昭和20年代政治家が自分の事業で得た資金でのし上がるケー
スは少なく、田中角栄ぐらいであった。極めて異例なケースで、
米国からの機密資金を活用して総理大臣になった人物がいるが、
自民党結成の項で述べる。

2)自民党結成と「政治とカネ」
 
 敗戦から3年後の昭和23年12月23日、東条英機ら7人の
A級戦犯が絞首刑に処せられた。翌24日A級戦犯容疑者の19
人が巣鴨プリンスから釈放された。東条内閣の閣僚であった岸信
介や児玉誉士夫・笹川良一らの超国家主義団体の指導者がいた。
米国の意図は、彼らを釈放して米ソ冷戦が始まったばかりの時期
に情報活動に利用するためであった。(春名幹男「秘密のファイ
ル―CIAの対日工作―新潮文庫)。

 自民党は昭和30年11月、保守合同により結成された、政党
としては「日本民主党」、「自由党」の2党の合同であったが、
歴史的には戦前の「政友会」と「民政党」、戦後はその系列を引
く「自由党」と「改進党」という日本の保守勢力を二分していた
政党の合同であった。同じ保守といっても、リベラル保守系と戦
前回帰国家主義系など、思想信条的には水と油の関係であった。
自民党はこの党内対立の振り子の原理で、結成以来、ほとんどの
期間政権を続けてきたが、第2次安倍政権以降、「リベラル保守」
は完全に死滅している。

イ 岸信介首相の「政治とカネ」

 岸信介(安倍首相の祖父)は自由民主党の初代幹事長に就任し、
巨大保守政権党を牛耳ることになる。

 A級戦犯容疑として昭和23年に米国から釈放され昭和27年
に追放解除3年目で巨大与党の幹事長となる。政治資金は、誰が
どのように調達したのか。自民党の「政治とカネ」問題で真っ先
に検証されなければならない。米軍の手で巣鴨から釈放され情報
活動として、CIAに協力していく岸信介の資金はどこから出た
のかという問題は巷間に数多の情報があることから、それらに委
ねよう。                     (続く)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          次回の定期配信は、2月11日(木)です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━END━━━━━


配信不要の方は、下記アドレスより配信停止を行ってください。

******************************************
日本一新の会

メルマガ配信登録・解除はこちら
http://www.nipponissin.com/regist/mail.cgi

******************************************


[No.6167] 2016/02/04(Thu) 10:08:18
高知県勝手連「野党共闘を求めて」講演会のお知らせ (No.6167への返信 / 3階層) - hasebe

《「今、この時代をどう考えるか― そして選挙のこと」》

  平野貞夫講演会 ゲスト:大西聡(弁護士)
  
 日 時:2016年2月27日(土)

 場 所:四万十市中央公民館 2F 大ホール
         四万十市右山五月町8−22
         電話 0880−34−7311

 時 刻:18:00開演(17:30開場)〜20:00

 入場料:前売り¥1.000円 当日¥1.200円

 主 催:高知勝手連 問合せ:0880-34-0901 山本(昼間)
               090-1001-6644 岡村(夜間)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【設立趣意】

 私たちは、この秋の国会で採決された安保関連法廃止を実現す
 べく、「高知勝手連選挙対策本部」を起ち上げました。来たる
 参院選・衆院選に向け、野党共闘を求め行動していきます。

 これほどまでに平和主義・立憲主義・民主主義がないがしろに
 されるこの国の惨状は、これまで私たち市民が政治から目を背
 け、大事な決定を人任せにしたことが原因です。

 安保関連法廃止の一点において、共通の意識を持つ市民があら
 ゆる立場を超えて共同・連帯し、選挙での勝利を目指します。
 
  共同代表:嘉納泰史 岩城留美子 山本祐子 外京ゆり

  顧  問 岡田健一郎(高知大教員)
       國光甘雨 (弁護士)
       田中全  (元四万十市長)
       島岡幹夫 (農業)

  賛  同:DEMOCRATIC BEATs CRIMSON LIVE実行委員会
      PEDAL、塩の邑、天の川工房
      個人賛同員124名(2015.12.25現在)

  事務局代表
       岡村志保 090-1001-6644(平日は17時半以降)
            メール  katternkochi@gmail.com


[No.6168] 2016/02/04(Thu) 19:43:58
平野貞夫氏デモクラTVで語る【甘利発言の本質とは?】 (No.6168への返信 / 4階層) - hasebe

《甘利発言の本質とは何か!》

安倍政権のマスコミを駆使したプロパガンダは実に巧妙。
甘利氏の「美学」?
ぞっとした人もいたのでは?

2月1日放映のネットテレビ「デモクラTV】で平野貞夫氏が
熱く語っています。

「平野貞夫氏】

〜なぜ、国会議員は、甘利氏国会で発言させない!〜
〜なぜ、はマスコミは、甘利氏の犯罪性を追求しない〜

マスコミの記者会見などでなく、なぜ国会で発言させないのか!
発言に嘘があれば偽証罪なりで追求できるではないか。
それが議会制民主主義国家だろう。

《甘利発言の本質は?》
 甘利氏は、記者会見で東京地検特捜出身弁護士が
『法的責任は無い』と言ったと6回も発言している。
 それは、何を意味しているのか?
 彼は”そこ”を恐れていたのでは?

【URは、旧住宅公団、準国家機関です。
 甘利側は、S社への補償に関してUR側と交渉し、その中で
 「少し色をつけて」と言われた2000万円を2億2千万に増額
 して支払った事実がある。
 10倍増額です。
 経済再生大臣は、絶大な職務権限を持っている。
 それがどういう犯罪かを検証すべきでしょう。

 甘利辞任発言の効果を上げる為、安倍首相の続投発言。
 これは、立憲主義、法律を蔑ろにする悪質パホーマンスと
 言わざる得ない。】
              (平野貞夫氏デモクラTV)
               http://dmcr.tv/index.html


[No.6169] 2016/02/05(Fri) 12:49:40


   ◎「日本一新運動」の原点―302 - 豊後の小兵衛 - 2016/01/28(Thu) 09:34:29 [No.6165]
Re: ◎「日本一新運動」の原点―302 - hasebe - 2016/01/31(Sun) 12:05:06 [No.6166]
Re: 日本一新メルマガ【甘利大臣口利き問題について=i続き)】 - hasebe - 2016/02/04(Thu) 10:08:18 [No.6167]
高知県勝手連「野党共闘を求めて」講演会のお知らせ - hasebe - 2016/02/04(Thu) 19:43:58 [No.6168]
平野貞夫氏デモクラTVで語る【甘利発言の本質とは?】 - hasebe - 2016/02/05(Fri) 12:49:40 [No.6169]





以下のフォームから投稿済みの記事の編集・削除が行えます


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS