[ リストに戻る ]
No.6180に関するツリー


WINGBEAT COFFEE ROASTERS


並べ替え: [ ツリー順に表示 | 投稿順に表示 ]
「野党協力の深層・・戦後共産党はいかに大転換に至ったのか」(平野貞夫著)を読んで (親記事) - 日本一新の会事務局

                       日本共産党府中市議会議員 結城 亮

今朝(19日)は西武線多磨駅であいさつ、終日、ニュース配布活動など。さてこのほど、
平野貞夫氏(元自由党参議院議員)が、「野党協力の深層 自由党の再起動、共産党の大
転換」という著作を発行されました。自由党の小沢一郎代表の側近として政界で活動され
てきた同氏ですが、衆議院の事務局に勤務していた時代にはじまり、その後、参議院議員
として政界で活躍されていた時から今日にいたるまで、共産党の政治家と親交をえていた
エピソードも多数振り返る内容。なかでも故上田耕一郎さん、故吉岡吉典さんらと様々な
ことを語り合っていた話は、興味深いものです。そして平野氏自身の憲法観や共産党観も
ふまえながら、野党連合で政権交代の実現を訴えています。

また第一部では小沢一郎氏との対談も掲載、小沢一郎氏は今回の志位委員長の決断を「大
英断」と評価したうえで、共産党の政治姿勢について「共産党は本当に純粋培養なところ
がある」「本当に驚くほど交渉とか、かけひきとかいうより、もうこうと決めたら一直線」
「いろいろ引いたり押したりしなきゃいかんのだと、多少アドバイスもさせてもらってい
る」としています。
さらに「政策論的に、哲学的に、もう一歩共産党は変わらないとダメだと考えています」
「安保論などは凍結と言っていますが、現時点ではそこまでよく言ったということでいい
のだが、そのままというわけにはいかない。(先を)どうするんだということです」と、
安全保障政策について共産党にはさらなる「発展」を求めています。ちなみ小沢氏は現在
の日米関係について、今の安倍内閣による対米従属外交を批判し、国連中心の世界平和の
構想を語っています。

今回の著作を読んで、日本共産党は他党の政治家から見ても、本気で政権に参加し、政権
を担う覚悟をもって臨んでいること、そのために生臭い政局にも積極果敢に、たたかいを
挑んでいる志位委員長の政治姿勢も読み取ることもできました。
ぜひみなさん、ご一読ください。


[No.6180] 2016/12/27(Tue) 08:35:42


   「野党協力の深層・・戦後共産党はいかに大転換に至ったのか」(平野貞夫著)... - 日本一新の会事務局 - 2016/12/27(Tue) 08:35:42 [No.6180]





以下のフォームから投稿済みの記事の編集・削除が行えます


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS