[ リストに戻る ]
新着記事一覧


WINGBEAT COFFEE ROASTERS


表示対象の変更: [ 新着 10 件を表示 | 36 時間以内の記事を表示 ]
インド人俳優 イルファン・カーン氏 神経内分泌腫瘍で死去 (親記事) - サリー

4月29日、インド人俳優 イルファン・カーン氏が
結腸感染症で死去されたそうです。

2018年に神経内分泌腫瘍と診断され、治療中だったそうです。

日本でも「スラムドッグ$ミリオネア」
「めぐり逢わせのお弁当」が公開されていましたね。

原発がどこなのか不明ですが、結腸感染症ということは、
直腸NETだったのでしょうか?
インドではPRRT治療可能(Lu177)だし、
2年前に診断というのは、早すぎますね。
私自身も、同じ南インドで病気が見つかったので、
なんだか親近感あります。
ひさびさにインド映画見たくなりました。
ご冥福をお祈りします。


関連スレッドを表示
[No.156] 2020/04/29(Wed) 23:58:43 (2576時間48分前)

Re: 転院、電話処方箋発行 しました。 (No.152への返信 / 1階層) - サリー

コロナ禍で、無事転院出来ました。
手続きしたのが3月中旬だったので、手続きはスムーズに出来ていました。

また、私自身保険証が3月末で変わったため、
電話での処方箋発行は不可だと思ってましたが、(HPでは不可との表示)
事務の方からは、保険証の確認ができれば可能と言われ、
無事に出来ました。
(病院にもよると思います)

とにかく、今は病院に電話が全然つながりません。
私自身はあきらめて、最終日の受付開始時間の時報と同時に
電話をしたらつながりました。

処方箋も郵送には時間がかかるそうなので、とにかく
何でも早め早めの対応をすることですね。

高血圧の薬は3ヶ月分処方して貰えました
(症状にもよると思います)


関連スレッドを表示
[No.155] 2020/04/27(Mon) 21:03:10 (2627時間44分前)

Re: 状況は時々刻々変わっています (No.152への返信 / 1階層) - サリー

先週より、状況は時々刻々と変わり、がんセンターや大学病院でも
院内感染等起こっているところもあり、外来停止なども出ているようです。

また、予約変更の電話も、非常につながりにくい状況で、
本来は事前に予約変更するべきところ、事後報告でも仕方ないようです。
電話がつながらず予約変更できないため、無理に通院せず、
結果的に無断キャンセルも仕方ない状況のようです。

とにかく、自分の病状により、適切な対応をすることが大切のようです。


関連スレッドを表示
[No.154] 2020/04/23(Thu) 17:22:14 (2727時間25分前)

[削除] (親記事) -

この記事は投稿者により削除されました

関連スレッドを表示
[No.153] 2020/04/23(Thu) 17:20:10 (2727時間27分前)

新型コロナウイルス禍での通院について (親記事) - サリー

新型コロナウイルスの感染拡大の中、全国で緊急事態宣言が出ています。
そんな中でも、定期通院必須な患者さんが多いと思います。

この状況の中、ほとんどの大学病院等で、電話による処方箋発行、自宅や調剤薬局への処方箋郵送・FAX送信などが対応可能になってきています。

抗がん剤処方などにおいても、3ヶ月以上の継続服用や
副作用が起こっていないなどの条件付きで、可能のようなので、
病院に問い合わせしてみた方が良いです。
各病院で対応はまちまちのようです。
主治医との電話での問診で最終的に判断されます。

尚、退職等で前回受診時と、保険証に変更があった場合などは
対応不可なこともあります。

都内でNET専門外来を設置している病院でも、
国立がんセンター・東京医科歯科大学・慶応病院で
医師や看護師のコロナウイルス感染などが判明しています。
通院には、くれぐれもご注意ください。

再来受付機や、自動精算機のタッチパネルなど多くの人が
同じ場所を触れる機会も危ないです。

各自の状況に応じて通院延期や転院等の対応など
検討した方がが良いです。
治療が必要な場合もありますし、延期した方が良い場合もあります。
感染してしまうと、重篤な状態になり命の危険もあります。

実際に私の近所で、基礎疾患のない方がコロナで
お亡くなりになっています。

私自身は3月中旬に過剰反応と言われながらも
転院手続きをしましたが、結果的には正解でした。
やり過ぎぐらいでやらないと命を守れないかもしれません。


関連スレッドを表示
[No.152] 2020/04/16(Thu) 21:34:05 (2891時間13分前)

カルチノイド心疾患 (親記事) - サリー

カルチノイド症候群のひとつに
カルチノイド心疾患(CHD Carcinoid Heart Disease)があるようです。

日本人には、カルチノイド症候群は少ないと言われていますが、
5-HIAA(ヒドロキシインドール酢酸)と、カルチノイド心疾患には
関連ありそうです。

私自身10年前に、カルチノイドでかかっていた病院で
心エコーを受けましたが、それ以降は心エコーは受けずで、
今回不調により、近所のクリニックで心エコーを受けたら、
異常が見つかりました。

まずは、カルチノイド症候群の有無により、5-HIAAを定期的に
検査し、高値の場合は、定期的に心エコーを受けるべきかも
しれないと感じました。

私自身は、最近5-HIAA検査で高値だったのですが、
心エコー検査の提案は医師からはなかったです。

先日、主治医はカルチノイド症候群による
心疾患で死亡例が数年前にあったとは言われていたのですが、
その割に、前回心エコーの検査の薦めはなかったので、
カルチノイド心疾患について、もうちょっと
ガイドラインにも盛り込んで欲しいと感じました。

ガイドライン改定でのパブリックコメントは終わっているので、
もうちょっと早くわかっていれば、パプリックコメント出せたのにと
残念です。


関連スレッドを表示
[No.151] 2019/08/29(Thu) 20:19:38 (8436時間27分前)

神経内分泌腫瘍・病院の探し方 (親記事) - サリー

mixiのカルチノイドコミュで、同様の投稿をしましたが、
より多くの方のご参考になれば。。。と思い、
これまで、いろいろな方に病院探しのアドバイスをした
内容をまとめました。


<病院の探し方>

1.神経内分泌腫瘍専門外来を開設している病院

  ・北海道大学病院 (2017年4月より)
   surg2-hokudai.jp/img/spoutpatient_open.pdf

  ・国立がんセンター中央病院 希少がんセンター

  ・東京医科歯科大学病院

  ・慶応大学病院

  ・京都大学病院 ガンセンター NETユニット

  ・関西電力病院 神経内分泌腫瘍センター

  ・福岡山王病院 神経内分泌腫瘍センター

2.神経内分泌腫瘍研究会の理事一覧掲載の医師は、詳しい医師が多い様です。
  そちらの病院を受診する
  病理・放射線科は、通常外来はないので、内科・外科医から探す
  http://jnets.umin.jp/riji.html

3.国立がんセンター中央病院のガン情報サービスサポートセンターに電話し、
  神経内分泌腫瘍の地域別の病院ごとの症例数を聞き
  症例数の多い病院から選択する
  連絡先
  https://ganjoho.jp/public/consultation/support_center/guide.html

  がん情報サービスサポートセンター
   0570-02-3410
   03-6706-7797

   受付時間:平日10時〜15時(土日祝日、年末年始を除く)
  
  国立がんセンターは国の機関であるため、公平性を保つ必要があり
  特定の病院を推薦することはできないため、症例数など
  客観的データ提示しかできません。


4.オクトレオスキャン実施施設リストから、
  オクトレオスキャンが可能な病院を選ぶ

  オクトレオスキャンはこの病気特有の検査のため
  その検査が可能な病院では、患者が一定数存在するため

  http://oncology.jsnm.org/kakuchiryou/2017/09-29


1。2の方法で近くの病院が見つかれば、一番良いですが、
地方になると、なかなか病院探しが難しいという現実があります。
地方であれば、3か4の方法が良いでしょうね。


関連スレッドを表示
[No.150] 2019/08/22(Thu) 15:45:22 (8609時間2分前)

中国の臨床試験SANET (親記事) - サリー

(本文・標題、修正しました。

中国でSANETという名称のサルファチニブ(スルファチニブ?)の第3相試験を行ったようです。

https://www.chi-med.com/sanet-ep-met-primary-endpoint/


文中によると、アメリカでは新規に診断されたNET患者は1万9000人で、闘病中の患者は14万1000人、
中国では67,600人の新規患者がいるので、推定闘病患者は499,000人いるとのこと。

日本では新規患者は10万人に数人ということなので、1億2500万人に対しては5千人ぐらい?
ということは、闘病患者は5万人ぐらいはいる?

surufatinibという薬がいつか日本でも選択肢のひとつになれば良いですね。


関連スレッドを表示
[No.149] 2019/08/05(Mon) 12:04:25 (9020時間43分前)

白い巨塔第1話にP−NETが! (親記事) - サリー

テレビ朝日系列の「白い巨塔」を見ていたんですが、
主人公財前五郎は、肝胆膵外科の准教授役。

15年前の白い巨塔は、消化器外科の設定で、膵臓ガンを見つけ・・・などの設定でした。

それで、第1話を見てたら、胃がんの再発だと思う・・・から始まり
EUSで検査・・・というので、もしや?と思ったら、
膵神経内分泌腫瘍。。。

一般的に言われている名称って、「膵内分泌腫瘍」のような気が。
正式には膵神経内分泌腫瘍なんだろうけれど。
医師間ではP-NETって言わないのだろうか?

早期切除は重要だけど、
見つけて明日手術・・・って、普通はそんなのないですよね?
通常は大学病院の手術は1ヶ月待ちでしょうねえ。。。。
P−NETは進行が遅いのに、そんなさっさと切る?
患者も「明日手術」って言われて、「はい、そうですか!」にはならない。
まして、小学生の息子がいるシングルマザーの設定。
入院中の息子の面倒は、誰がみるのか?とか・・・
今は、セカンドオピニオンなんかもあるし。

腫瘍の大きさやグレード(G1・G2)はどうだったんだろう?
EUSで病理検査して見つかったんだろうけど、病名判明まで
早すぎ・・・など、ツッコミどころ満載でみました。


手術は、膵頭十二指腸切除・・・でした。

6月9日まで見逃し配信で見られます。
https://cu.tv-asahi.co.jp/program/1533?official=1


関連スレッドを表示
[No.148] 2019/05/24(Fri) 18:30:50 (10766時間16分前)

Re: レニウムの放射線内用治療 (No.142への返信 / 1階層) - サリー

名称については、Targeted radiopeptide Therapyと言う名称の他に
Targeted Radiopharmaceutical Therapyという
呼び方もあるようです。

日本でも、内用治療、放射性核種治療等、いろいろな呼び方をされるので、
それと同様かもしれません。

Targeted = 標的 という日本語訳になり、
分子標的薬等、腫瘍を狙い撃ちする・・・というイメージですね。


関連スレッドを表示
[No.146] 2019/05/23(Thu) 17:39:18 (10791時間8分前)



- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - ヘルプ - 環境設定 -

- Midi : フリー音楽素材MusMus -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS