146693

Sample BBS

レスが付いても上にあがらない設定です。
文字とコメント欄は見やすいように大きめで。カラーテーマは「ピンク」を摘要。
荒らし対策のため、一部のタグのみ使用可能に設定しています。

(No Subject) / 金多丸
8月6日 土曜日 広島平和記念日 仙台七夕 東京佃祭


今朝はかなり涼しい朝です

23℃


為替135.01円安進行

〔米株式〕NYダウ、小幅続落=雇用好調で積極利上げ懸念(5日午前)
8/5 23:24 配信

時事通信

 【ニューヨーク時事】週末5日午前のニューヨーク株式相場は、好調な米雇用統計を受けて米連邦準備制度理事会(FRB)が大幅利上げを続けるとの懸念が広がり、小幅続落した。

午前10時4分現在、優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比52.00ドル安の3万2674.82ドル。

ハイテク株中心のナスダック総合指数は81.33ポイント安の1万2639.25。
 
朝方発表された7月の米雇用統計で、景気動向を反映する非農業部門就業者数が前月比52万8000人増と、市場予想(25万人増)を大きく上回った。

失業率も3.5%と、予想の3.6%を下回った。
 市場では、FRBがインフレ抑制のために急速に利上げを進めることによる景気悪化懸念が根強い。

雇用の強さが改めて示されたことで、FRBが積極的な利上げ路線を維持するとの見方が広がり、株価を下押している。ただ、売り一巡後は下げ幅を縮めた。
 
雇用統計の発表を受けて、米長期金利が急伸したことも株価の逆風。長期金利の指標である10年物米国債利回りは、発表前の2.70%付近から、足元で2.84%に急伸した

No.2917 - 2022/08/06(Sat) 04:02:53
(No Subject) / 金多丸
■日本通信 <9424>  217円  +13 円 (+6.4%)  11:30現在
 
日本通信<9424>がカイ気配で始まり3日続伸、75日移動平均線をサポートラインに200円近辺でのもみ合いを続けてきたが、足もと満を持して上放れる様相をみせている。

同社は他社から通信回線を借り受けて高付加価値サービスを提供する仮想移動体通信事業者(MVNO)の草分けだが、業績は前期を境に急回復に転じている。低価格プランを武器に個人向け需要を開拓しているほか、法人向けも堅調で原価率改善など採算性も高まっている。

4日取引終了後に発表した23年3月期第1四半期(22年4〜6月)決算は営業利益が前年同期比6.6倍の1億5800万円と高変化を示しており、これを材料視する買いが優勢となっている。

株価は低位に位置するが、出来高流動性に非常に富んでいるのが特徴で、個人投資家を中心に短期値幅取りを狙った投資資金の流入が顕著だ。

No.2916 - 2022/08/05(Fri) 18:13:12
(No Subject) / 金多丸
2022年08月05日14時16分
フォースタはS高カイ気配、人材支援サービス好調で4〜6月期業績拡大
 フォースタートアップス<7089>が、500円高はストップ高となる2794円でカイ気配となっている。4日の取引終了後に23年3月期第1四半期(4〜6月)の決算を発表し、営業利益は1億8900万円で着地した。単純比較はできないものの、単独決算だった前年同期の水準(1億4100万円)から大幅に増加しており、これが好感されているようだ。

 売上高は7億900万円(前年同期単独5億2500万円)だった。スタートアップや成長企業向けの人材支援サービスが好調だったほか、ベンチャー企業のデータベース「STARTUP DB」を活用したサービスが堅調に推移した。なお、通期の増収減益見通しは据え置いている。

No.2915 - 2022/08/05(Fri) 15:12:14
(No Subject) / 金多丸
本日、株価の動向が注目されるのは、


4-6月期(1Q)経常は3.3倍増益で着地したアイロムG <2372> 、


上期最終を一転20%増益に上方修正、通期も増額した有沢製 <5208> 、

4-6月期(1Q)経常は35%増益で着地したフォースタ <7089> など

No.2914 - 2022/08/05(Fri) 08:22:58
(No Subject) / 金多丸
2370メディネット   持っていれば億利人

ヤンセンのCAR-T「カービクティ」の承認了承
再生医療製品部会
2022/8/3 21:36

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会再生医療等製品・生物由来技術部会は3日、ヤンセンファーマのCAR-T細胞療法「カービクティ点滴静注」(一般名=シルタカブタゲン オートルユーセル)の承認を了承した。

No.2913 - 2022/08/05(Fri) 06:42:38
(No Subject) / 金多丸
8月5日 金曜日 上弦 山形花笠祭り

東北三大祭りこれが終わると 秋が駆け足でやってくる


金曜になりました頑張って生きましょう

為替132.97

ダウ平均は小幅安 景気後退への懸念も明日の米雇用統計を控え様子見=米国株後半
4:55 配信

みんかぶFX

NY株式4日(NY時間15:41)
ダウ平均   32735.83(-76.67 -0.23%)
ナスダック   12706.59(+38.43 +0.30%)
CME日経平均先物 27900(大証終比:-50 -0.18%)

 NY時間の終盤に入ってダウ平均は小幅安での推移が続いている。この日の英中銀金融政策委員会(MPC)を受けて市場は、リセッション(景気後退)への懸念を強めている。ただ、明日の米雇用統計の発表を控えて様子見気分が強く、小幅な動きに留まっている状況。

 8月は冴えないスタートを切ったものの、企業の好決算もあり前日は急速に回復していた。第2四半期の決算は、ウクライナ紛争、インフレ高騰、中国のロックダウン、FRBの積極利上げといった複数の懸念から、株式市場の回復を支援している。

 米株式市場の関心はインフレや、それに伴うFRBの積極利上げから、景気後退にシフトしている。前日のISM非製造業景気指数は予想を上回る内容となったが、インフレ懸念よりも、景気後退への警戒感の後退に繋がっていた。

 明日の7月の米雇用統計については、非農業部門雇用者数(NFP)は25万人増が予想されている。経済活動の低下に伴い企業が雇用を削減したため、上半期の月平均45万人増からは伸び鈍化が見込まれているものの、力強い労働市場を示す数字ではある。景気後退局面に入ったとの懸念も出ている中でも、7月の米雇用統計は企業は健全なペースで採用を継続したと予想されている。小売業や建設業に弱さが見られる可能性はあるものの、雇用の増加は引き続き広範な範囲に及んでいることが予想されている。

No.2912 - 2022/08/05(Fri) 06:09:09
(No Subject) / 金多丸
インテリW <4847> [東証P]  ★今期経常は18%増益、3円増配へ
 ◆22年6月期の経常利益(非連結)は前の期比32.9%増の15.5億円に拡大して着地。
続く23年6月期も前期比18.3%増の18.4億円に伸びる見通しとなった。
今期は前期に受注が拡大したクラウドサービス事業などの売り上げを伸ばし、17.5%の増収を見込む。
  
併せて、今期の年間配当は前期比3円増の20円に増配する方針とした。

No.2911 - 2022/08/04(Thu) 18:16:22
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
100/100件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >> | 画像リスト ]