[ リストに戻る ]
No.1212に関するツリー



   臭いについて - おおやま - 2010/02/10(Wed) 00:49:27 [No.1212]
Re: 臭いについて すみません、上は長文すぎたので少... - おおやま - 2010/02/10(Wed) 19:45:20 [No.1213]
生ゴミ処理 - 番頭ハマ - 2010/02/12(Fri) 10:26:40 [No.1214]
Re: 生ゴミ処理 - おおやま - 2010/02/14(Sun) 12:40:18 [No.1215]



並べ替え: [ ツリー順に表示 | 投稿順に表示 ]
臭いについて (親記事) - おおやま

kiki様、ハマ様、お返事ありがとうございました。
EM菌家事日記にある情報は、EMで生活を豊かにするための宝の山だと思います。
EMの教科書として、愛読させていただいております。
実際に、ハマさんがここに書かれてあることを手本に
できそうなところから、EM生活を行ってきました。
ハマさんに紹介していただいたことのほんのほんの一部ですが
やってみるとすごい!
以前のEMの無い生活感覚にはない、豊かさ、ほんものを感じるようになりました。
ここで一つ二つ述べる小さなできごとではなくて
私にとっては生活感覚が変革したかもしれないほどの
大きなできごとがちりばめられた半年でした。

私は恥ずかしながらEMを始めてまだ半年です
しかし、「EMは、静かに、劇的と感じる変化をもたらす」
ということを実感しています。
さらに、楽しい体験を積んでいきたいと考えています。
いろいろ教えてほしいと思います。


臭いについてですが、
こんな状態です。

生ごみバケツが8割ぐらいたまり
2週間(外において)発酵させて
土に混ぜる前の臭いは、白菜付けの臭いがしました。
生ごみ2週間発酵もののほうが臭いの濃度は濃いですね。

私の両親は漬物は作りませんでした。
なので、糠漬けや、何かを発酵させる臭いは知りませんでした。

この冬、EMの発酵に関連した漬物に興味をもちまして
白菜づけをしてみました。
生ごみ2週間発酵ものは
白菜づけの臭いに似ています。

抽出液の臭いは、決していい臭いではないのですが
すっぱい、ちょっと生ごみくさいが
腐った臭いではない臭い。
いつも同じ臭いなので
こんなものかな、という感覚でいます。

昨年夏に一回目の生ごみ処理は
抽出液に生ごみの小さい破片やら混じってきて
臭いもだんだん変になってきたので
途中で土に埋めて捨てたということがありました。

ハマさんの言うとおりぼかしが少なかったのが原因だと思います。
案内資料では、ぼかしを「一〜二握り」とか、「パッとまく」とか
ぼかしは少量でよいと受け取れる表現がされてあるので
間違いました。

生ごみとぼかしをよくかき混ぜながら、ぼかしを多めに使う
(三角コーナー満杯の生ごみには、五握り程度、あるいはそれ以上必要)ということを
試行錯誤して学習しました。

生ごみ処理の仕方が、EMの比嘉教授の奥様の節子様の発表スライドで
ネットで紹介されてましたので、そのやり方に沿って行ってからわかるようになりました。
h ttp://www.ecopure.info/glossary/rs2.html

しかし、ほんとうの臭いは一度もかいだことがなく
どれがよくて、だめなのか実はわからないのです

生ごみぼかし合えを行おうと
台所で生ごみ処理器BBスペシャルの蓋をあけると
発酵したものでない臭いがします
腐っている臭いでもない
ムッとした臭い
生ごみが発酵したものと、発酵する前の混ざった臭いか?
換気扇をかけるのですが
蓋をあけて作業はじめると家人に不評です
(生ごみにかぶせている新聞紙の臭いかな)
この臭いが私の家庭における一番の課題かな
と思われます。

冬は換気扇をかけると寒くなるので
今は玄関外で行っています。

長文失礼しました。
本日はここまでにします。
今後とも、ご指導のほどよろしくお願いいたします。


[No.1212] 2010/02/10(Wed) 00:49:27
Re: 臭いについて すみません、上は長文すぎたので少し短くし再投稿です (No.1212への返信 / 1階層) - おおやま

kiki様、ハマ様、お返事ありがとうございました。
EM菌家事日記にある情報は、EMで生活を豊かにするための宝の山だと思います。
EMの教科書として、拝読させていただいております。

私はEMを始めて半年です
ハマさんがここに書かれてあることを手本に
実践を始めてから
「EMは、静かに、劇的と感じる変化をもたらす」
ということを少しずつですが実感しています。

臭いについてですが、
本当の臭いは一度もかいだことがなく
どれがよくて、だめなのか実はわからないのです。
以下のような状態です。

<生ごみぼかし合えからの、抽出液(液肥)の臭い>
は、すっぱい臭いと生ごみのような臭いが混じった
臭いです。
いつも同じ臭いになるので
こんなものでいいかな、という感覚でいます。

昨年夏に一回目の生ごみ処理は
抽出液(液肥)に生ごみの小さい破片などが混じってきて
生ごみもドロドロになり
抽出液(液肥)の臭いも変になったので
途中で土に埋めて捨てました。
ハマさんの言うとおりぼかしが少なかったのです。

案内の資料では、ぼかしを「一〜二握り」とか、「パッとまく」とか
ぼかしは少量でよいと受け取れる表現がされてあるので
勘違いして少ししか使いませんでした。

生ごみ処理の仕方が、EMの比嘉教授の奥様の節子様の発表スライドで
ネットで紹介されてましたので、そのやり方に沿って行いました。
h ttp://www.ecopure.info/glossary/rs2.html三角コーナー満杯の生

ごみには、EM菌ぼかしを五握り程度、
あるいはそれ以上使い、生ごみとよく混ぜなければならない、
ということがわかりました。

<台所で生ごみ処理器BBスペシャルの蓋をあけた時の臭い>
ムッと臭います。
腐っている臭いでもない
生ごみが発酵したものと、発酵する前の生ごみが混ざった臭いか?

冬は換気扇をかけると寒くなるので
今は玄関外で行っています。


<2週間発酵させた生ごみぼかし合えの臭い>
2週間発酵させて
土に混ぜる前の臭いは、白菜付けの臭いがしました。
濃度の濃い臭いです。

長文失礼しました。
EMはやっててとても楽しいです。
今後とも、ご指導のほどよろしくお願いいたします。


[No.1213] 2010/02/10(Wed) 19:45:20
生ゴミ処理 (No.1213への返信 / 2階層) - 番頭ハマ

おおやまさんこんにちは。サイトのなかでも何度か書いていますが生ゴミ処理はボカシを多くすることが成功の秘訣です。ボカシが少なくて臭いとか腐ることで挫折する人が多くいます。やり方の紹介に「糠漬けのニオイのようになれば・・」と書いてあるのに生ゴミに一握り掛けて・・では少なく過ぎるでしょう(笑)

糠漬けは、樽いっぱいの糠床に対して漬ける野菜はせいぜい2−3割ではないでしょうか。どんなに多くても半分を超えることはないでしょう。それなのにゴミ処理は1割あるかないかでいいという・・そんなに都合よくはいきませんね(笑)

それはともかく糠床のように生ゴミよりもボカシを多くすれば誰がどんなものを処理しても失敗することはありません。ボカシを購入していてはこの方法は続けられないのです。糠を仕入れることが出来る方なら自分で醗酵液と混ぜてボカシを作ればいいのです。

醗酵液を生ゴミにかけてから処理するのは大変有効ですよ。食器すすいだ残り水に醗酵液を入れて三角コーナーにかければ排水溝も一緒に綺麗になります。魚のアラなどニオイのきついものは濃い目に(醗酵液そのままでも構いません)野菜くずなら洗い桶にコップ半分くらいで充分です。お湯に醗酵液をいれたものなら相当な威力があります。全体に行きわたらせて水がそこそこに切れたところで処理すればEMボカシが一握りでもまあ何とかなると思います。

魚を捌くときはまずバケツに醗酵液を入れておき、捌いた魚の内臓も骨も頭も(食べられるところはとことん食べましょう)どんどん入れちゃって終わったら庭に穴を掘ってバケツの中身をあけちゃうというやり方も楽ですよ。殆どニオイは気にならないはずです。

水分をしっかり切ることとなっていますが、醗酵液をかければ逆にヒタヒタでもまず腐ることはないのです。

面倒臭がりなら(私ですが)生糠をかけてそのまま庭に埋めてます。醗酵液が全体に行きわたっているなら糠もなしにして埋めても構いません。場所がいくらでもあるならこれが簡単です。

醗酵液はとてつもない力を秘めています。EMXGOLDとかセラミックとかセラパウダー、またそれらの関連商品などがたくさん出てますが、安くて自分で作れるEM醗酵液が一番すごいと感じています。これをうまく利用することがEM活用の秘訣です。


[No.1214] 2010/02/12(Fri) 10:26:40
Re: 生ゴミ処理 (No.1214への返信 / 3階層) - おおやま

 お返事ありがとうございます。ぼかしは安価ですが、たくさん使うようになってきたので、もっと安く手に入れたいと思っていたところでした。
 >BBスペシャルにビニール袋を入れてそのなかに糠と醗酵液をほんのお湿りくらいに混ぜ合わせておけば充分ボカシの代用が出来ます。
 ぼかしの作り方は案内では大掛かりの印象があるのですが、ハマさんのやりかただと、なるほど!自分でも作れそうですね!是非取り組んでみたいと思います。
 糠を一緒に使った米のとぎ汁発酵液の使い道ってたくさんあるんですね。すごくわくわくしてきます。
 最近、切断されないままのいか腑が生ごみに出てて、出勤前だったこともさり、いつもどおりにぼかしをふりかけて、バケツの中に入れたのですが、これは発酵液につけるかしてから、ぼかしをまぶして土に埋めるのがいいのかな、と今思いました。
 確かに、ペットボトルに小分けした米のとぎ汁発酵液原液でも腐ることはなかったですね。忘れて放置状態にあったのですが、3か月近くたっても変質は感じられなく、使っても全く大丈夫でした。
 米のとぎ汁発酵液の効果は、「いつのまに?」とか「なぜ直った?」「今までの苦労はなんだったんだ」とか不思議な感じを伴うことがありとても楽しいものと感じています。
 いろいろな場面で、米のとぎ汁発酵液の効果を確かめられることは楽しいことだと思います。ハマさん、今後ともご指南お願いいたします。


[No.1215] 2010/02/14(Sun) 12:40:18

以下のフォームから投稿済みの記事の編集・削除が行えます


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS