[ リストに戻る ]
No.1370に関するツリー



   EMの使い方をマスターしよう - 管理人kiki - 2011/04/05(Tue) 16:35:37 [No.1370]



並べ替え: [ ツリー順に表示 | 投稿順に表示 ]
EMの使い方をマスターしよう (親記事) - 管理人kiki

皆様こんにちは。
番頭ハマさんいつもありがとうございます(^^)

以下の日時で放射能対策としてのEMの使い方講座を開催いたします。

日時  :  4月19日(火) 14:00〜15:30
費用  :  500円

☆EM製品を販売します。
EM1  1100円
EMW 1050円
EMX  4500円

数倍に増やして効率的に使いますので、コストがあまりかかりません。

ご予約をお願いします:k-kiアットjg8.so-net.ne.jp
お名前とご連絡先の携帯番号をお知らせくださいませ

EMや発酵食品が放射能を除去してくれるのは知っておりましたが、
公的には認められていないので、こうした講座を開くことは躊躇していました。
でも比嘉教授の以下の緊急提言を読んで、できるだけ多くの方に生活に取り入れていただけたらと思いました。

放射能汚染対策
この原稿を書いている現在、福島第1原発の状況がどうなるのか見極めがつきませんが、チェルノブイリのような最悪の状態になったことを想定して、その対策を提案します。

 EM研究機構はチェルノブイリ原発事故から今日まで、その風下で被災したベラルーシに於いて、ベラルーシ国立放射線生物学研究所と共同で、EMによる放射能対策について研究し、様々な成果をあげています。その要点は以下の通りです。

1)被爆者がEM・Xゴールドを1日30cc〜50ccを目安に飲用を続けると、30日内外で、外部被爆はもとより、内部被爆(放射物質が体内に入った状況)も正常に戻る。その後、飲用を中止しても再発は起こらない。我が国では広島の原爆症の方々でもその効果は確認されています。

 このことは、マウスの実験でも確認されており、データの大半は公開されています。いずれも、EM・Xゴールドの持つ抗酸化作用と非イオン化作用と二次元の有害な放射線エネルギーがEMの持つ三次元波動(ヘリカル構造)によって無害化されるためです。

2)光合成細菌を強化したEM活性液を10a50Lの散布で、放射能が年間15〜30%減する事が確認されています。日本のボランティアの行った実験では、月に1回程度の散布で年12回処理で測定限界以下になった例もあります。

 以上の結果は、私が勝手に主張しているのではなく、しかるべく機関と協同して行ったものですが、当時は、非常識として国際学会で発表させてもらえなかった事情があります。同様な結果は、ウクライナの放射線生物学研究所でも得られていますが、発表は受理されなかったそうです。

2003年11月EMフェスタでの発表
EMには非イオン化作用すなわち、電気を帯びさせない力があるとか、いろんな有害な波動が消えてしまう、放射能さえもコントロールするという重力波が関与していることが分かったんです。

また、微生物が放射能除去に効果があると思われる以下の緊急提案もお読みください。

韓国の元科学技術部長官 李 祥羲 先生からの緊急提案が日本の外務省を通じて、菅総理、谷垣総裁、石原幹事長宛に正式に提出されました。
複合微生物 による複合発酵酵素と耐放射性細菌(化学光合成細菌)による生物触媒の科学技術を用いて、放射線エネルギー・放射性物質・放射能の分解消失により汚染によ る人的健康被害及び土壌汚染を回復させることができます。
http://takashima.tidt.fool.jp/


[No.1370] 2011/04/05(Tue) 16:35:37

以下のフォームから投稿済みの記事の編集・削除が行えます


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS