[ 掲示板に戻る ]

記事No.863に関するスレッドです


藤田先生へ / 水上雅敏
藤田先生、ご返信ありがとうございます。
>夢がまったく新しいものを創り出していることに驚いています ⇒実はほとんどの夢もそうなのでしょうが、私も同じようにあえて意識したのは若い時に夢が夜桜の風景を描いていたことです。とても美しくて、自分にはこんなの描く芸術性ないのに、夢にはあるのか、と不思議に思ったものでした。或いは、過大評価して何かを防衛しているのかも知れませんが、夢の中で発見するとか、―代表的にはラマヌジャンが夢の中で女神から数学の解答を得るとか、―というのを考えるとやはり意識的に持てる能力を超えた部分が夢を作り出す機構にはあるのかも知れませんね。しかし、それが出来るのも覚醒時に、他者とのパロールの弁証法を通じて去勢、無へと開く程度の範囲でできる無意識の技なのではとも思います。ただ、去勢への開きは少なくても、偏った天才的能力を夢を作り出す機構が発揮する、というのはありえるかとも思います。
>いわゆる現実もこのような創造作用で構成されていることを実感します →ここまで考えておりませんでしたが、面白いですね。藤田先生らしい発想にも感じます。でもそう言えばそうですよね。今私に思い当る一番いい例が、数、です。人間が勝手に作ったはずの数に、様々な謎が隠れていて(たとえばリーマン予想など)、人間のほうが翻弄されるとか、です。

No.863 - 2019/03/30(Sat) 13:29:11