00502
グランド井戸端会議

皆さん自由に遊んでいってくださいね〜
(BBSのタイトルバナーはお友達のKAZUままさんにいただきました)

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
送迎と自立 / グリーンリーフ
アクオリさんの送迎当番に関する書き込みは多くの物議をかもしました。その中で、論点を送迎すること=子供の自立の妨げとなる過干渉のように持って行かれる意見があり、反論したくて書き込みします。

海外で子供のサッカーに付き合いましたが、外国には都会でも車なしではどうにも移動できない場所があります。そういうところでは、中学生になっても当然各自の親が送迎します。平日の練習も、です。高校生になると免許をとって運転する子もでてきますが、16歳の免許取立ての子に遠出は危険なので、やはり送る親が多いです。しかし、そうした地域の子供が自立していない、とは思えません。寧ろ日本の子よりよっぽどしっかりしている子が多いです。自立云々は、小さい頃からきちんと自由と責任の両方をセットで与えて、プラス親が親としての責任を全うに話した結果身につくものなのだと考えます。

私自身は、日本国内外含めて、親ボランティアの送迎・当番制・子供が自分で行く、のすべて経験があります。その中で、一番好きでなかったのは日本の「ボランティア送迎にお願い」です。(海外では経験ありません。子供の世話は各自でします。都合がつかない場合は個人単位で手配します。)

たいていの親御さんは、送迎してくれる親に対して感謝の意をきちんと述べるのですが、練習や集合場所に顔を出すこともなく、子供を家から出してまさに「ほったらかし」の親がいます。そういう親御さんのお子さんに限って朝食抜きできてぐったりとして、かつ忘れ物をしていたり、と手がかかります。体調不良で試合にも出られず、草の上に横になるだけなのがかわいそうで何度も迎えに来てもらおうと電話しましたが、両親ともに連絡つかず。どちらも携帯がつながらない状態でした。水の補充がいるかと思って水筒を開けるとカビだらけ。なんだか子供がかわいそうになって、わが子の試合も観戦せずに一緒にいました。

送迎してくれる他人に甘えて、親としての責任をきちんと果たさない人が出てくるのは(子供本人の成長にとって)一番の問題だと思いました。

個人的には、送迎時間を親子の会話の時間、あるいは、子供の勉強時間にあてています。よって、よそのお子さんをたまにお預かりして子供たちの会話に耳を傾けるのもたまには良いのですが、毎回は勘弁してほしいと思います。我が家にとって、週末の時間はお父さんもいる、家族そろって行動できる貴重な時間です。

「お当番制」というのは、全員に、なのでしょうか。もし一部の親がなんらかの理由で車だしできない、いつも他人にお願い、というのなら不公平だし、自分ではなんにもしない親が出てくるのはちょっとなあ、と思います。
No.7238 - 2008/05/26(Mon) 18:07:50
Re: 送迎と自立 / 1点入れよう!
出すぎなので、もう止めようと思いつつ...

文化の違いというか、日本の中だけとっても地域性が
関係してくる事柄なのかもしれませんね。

我が家がサッカーで移動する場所は、大抵の場合、公共の交通網が
発達しているところですし、
「会場には駐車場がありません。車でのご来場はご遠慮下さい」
なんて、前置きされる都会の学校や、グラウンドがほとんど。
駐車違反の取締りは厳しくなったし...
たまに、「ちょっと車見てくる!」って試合中抜け出す親もいます。

アメリカって、(映画などで見るかぎりですが)
親が車で送迎するか、スクールバスですよね、学校の登下校も。
でもなぁ、ピーナッツバターサンドとリンゴ...じゃなくて、
消化吸収が良くて、栄養価の高い、それでもって、
毎回同じじゃな〜なんて考えたら、やっぱり朝の6時までに
お弁当も用意して、朝ごはんも用意して、それで自分の仕度もして...
なんて嫌だなって思いもあるなぁ。
プラス、子ども達の応援に向かう道中って、それはそれで
夫婦二人だけの大切な時間にもなるし...

送迎する、しないの枝の先には、過保護を通り越した、モンスターペアレント、
放任「主義」とは程遠い、ネグレクトの親がいるのも事実ですが、
今回の議論では、そこまで過激な主張は見当たらないし、
私自身もしたつもりは、ないんだけどなぁ。
No.7243 - 2008/05/27(Tue) 01:27:57
Re: 送迎と自立 / グリーンリーフ
一点入れようさん、レスありがとうございます。

いろいろ書いてしまったのでわかりにくかったかとは思いますが、私が反論したかった点は、「送迎が自立を妨げる」というところだけです。他国の例は、送迎が当たり前の地域でも子供が自立しない、ということはない、という実例として書きました。

その先に書いた他人に我が子を任せっぱなしの親御さんの例は実際に遭遇して私自身が驚いたことなのですが、書いてしまったことで実際の論点がずれてしまいましたね。ただ個人的に一部のボランティアに偏った送迎当番みたいのは、こうした経験からもあまりよく思っていないということなのです。

さて、これも議論の的から少々離れてしまうかもしれませんが。

仰るとおり、毎回送迎は面倒といえば面倒です。
しかし、それを苦に思ったことは不思議とありませんでした。思うに一日の長丁場になるような試合日程が少なかったんです。毎週のように一時間前後運転していって、たった一試合で帰ってくることが多かったです。(日本の小学生のように同じチームと同じ日に複数回練習試合することはまずないです。1チームの選手数が限られてるので、一度の試合でもまあ全員出られます。)なのでお昼のお弁当の心配をすることが殆どなかったし、帰りに家族で外でランチしたりして楽でした。

こうして比べてみると日本の小学生チームの週末スケジュールのほうが(親にとっても)ずっとハードです。向こうでは子供は試合のあった日でも普通に勉強し、泳いだり、他のスポーツしに行ったりしていましたし、当然夫婦二人で会話する時間もありました。

> それで自分の仕度もして...

向こうは皆ラフなので、殆ど自分はパジャマを着ていない、ということだけ確認して家を出ていたような…。(汗)往きは必ず夫に運転させ、横でせっせと自分の顔を書いていました。手抜きどころが多かった、というのも楽だった大きな理由かもしれません。
No.7246 - 2008/05/27(Tue) 09:07:27
Re: 送迎と自立 / さるすべり
 送迎が妨げる自立は子供でなくて親だと思います。これは、人任せにするという部分において問題だと思っているということです。その意味でグリーンリーフさんのこの点のご主旨に賛同します。一方、親が応援をするというのは良いことですし、親がついていくということは別に問題はないと思います。この話の発端は中学生ですから、その結果、明らかに子離れしてないなぁと感想を持つ局面はありますが。
 中学生になったら自分で行けば良い、親が見たいならついて行けば良いというのが私の感想です。地域的な問題はありますが、公共交通機関の使えない会場はそうはないでしょう。小学生だと話は別で、現地集合だと親の送迎が必要なことが多く、車出しもやらざるをえなくなります。その場合はどうしてもボランティアが多いですよね。運転する方も気をつけますが、乗せる方も一定のリスクは覚悟してくれないと困るというのが正直なところです。
No.7247 - 2008/05/27(Tue) 12:49:24
Re: 送迎と自立 / さっかー好き!
グリーンリーフさん

1点入れようさんが一番仰りたかった事は下の書込みにも有りますが下記の事ではないでしょうか?

>ここでの課題、「中学生の部活の送迎」を一つ取ってみた時、送迎する、しないで、親の熱心さが量れるものですか?送迎するということは、物理的に、子どもに同行し、体を使って、子どもと接するわけですから、それを熱心と捉えるのはいいでしょう。では、送迎しないことは、熱心ではない、どーせ大したことない親子...そう取れる書き込み、書き方に対する、私を含む幾人かの方の発言は、
違和感と嫌悪感を抱いての結果だと思います。しょぱんさんの書く、「心だけは離してはいけない」に矛盾していますから。



私も他の方同様?送迎は大好きですが(笑)、試合はともかく練習も良く見に行ったクチですので‥。息子がJrY時代は練習がほぼ毎日夜7時から9時までで交通機関も近くに無く仕方なく??送迎していましたが、夏休みになると当然平日も試合や練習が有ります。その時は昼間ですから時間が掛かっても当然チャリで。時には遠方で現地集合なんて場合も有ります。その時は真剣に電車やバスの時刻表や地図なんかを調べていました。(集合に遅れると試合に出してもらえませんから)
そんな経験からバスや電車にはとても詳しくなりました(笑)

そんな私でもやはり自分の時間は大切です。今日の仕事を見つめ直す時間や家族との時間、ちょっと昼寝なんて時間も大切ですが、別に子育てを疎んじているつもりもありません‥。

皆さんが不信に思うのは、送迎しない=非人格者なんて無茶苦茶な意見を出し相手を侮辱した事です。別に送迎してもしなくて(出来なくても)も親として子供に対する愛情があれば良いのでは?子育てはそれぞれの家庭の事情もあり色々ですよね。(ついでに書けば勿論私は人格者では有りません‥^_^;)
No.7248 - 2008/05/27(Tue) 13:01:02
Re: 送迎と自立 / グリーンリーフ
サッカー好き!さん、レスありがとうございます。

> では、送迎しないことは、熱心ではない、どーせ大したことない親子...そう取れる書き込み、書き方に対する、私を含む幾人かの方の発言は、
> 違和感と嫌悪感を抱いての結果だと思います。


その書き込みは私のものではないですし、その点について言及したつもりは全くありません。そうした議論があるのは、読んで知っておりましたが、そこに口をはさむつもりもありませんでした。そういうこともあり、別スレとしてたてていることをご理解いただきたいです。

> 皆さんが不信に思うのは、送迎しない=非人格者なんて無茶苦茶な意見を出し相手を侮辱した事です。

「送迎しない=非人格者」と私は書いた覚えはありません。またそのような意見を擁護しているつもりもありません。

この点に関して少し踏み込んで申し上げれば、ネット上での論争は往々にして論旨そのものの食い違いよりも、ちょっとした言葉の行き過ぎからヒートアップしてしまうと思うので、黙って拝読するのみ(そこに参加はしていない)です。

私が批判的に書いたのは、「送迎しない・できない親」全員ではありません。繰り返しになりますが、送迎を任せる以上、子供の体調を見極め、きちんと連絡先を教えて何かあったら送迎者から連絡がとれるようにするのが筋だと思うのです。毎回のように一日中携帯オフのままでも、個人ベースでの委託なら、直接改めてもらえるようお話できます。しかし「ボランティア当番」だとそうはいきません。練習でも送迎待ち合わせ場所でも一度もお会いできない親御さんとはいつまでたっても話(つながる連絡先を教えてほしい、の一点です。)ができないのです。そこが私が個人的に「ボランティア当番」の問題点だなあ、と感じた点なのです。
No.7250 - 2008/05/27(Tue) 16:10:43
Re: 送迎と自立 / 1点入れよう!
グリーンリーフさん、お返事ありがとうございます。

もしかして...
送迎する親vs他人任せの親...がテーマだったのですね。
(vsって強烈ですが、便宜上ってことでお許し下さい)
でしたら、私の先の書き込みは、とんちんかんでした。
私は、中学生が部活で移動する際、その主体の在処が、
親なのか、子ども(チーム)なのか でしか考えていませんでした。

アクオリさんの投げかけは、お当番制で、との前置きはありましたが、
「中学生」という年齢に焦点を当てられた問題定義と思いましたので。

また、一連の流れから、

> 論点を送迎すること=子供の自立の妨げとなる過干渉のように持って行かれる意見があり、反論したくて書き込みします。

と冒頭にありましたので、別スレとなっていたのを
特に疑問に思うことなく、書き込みしていました。
議論の焦点を、お当番制に起こる問題点とするならば、
グリーンリーフさんのコメント、ごもっともと感じます。
論点がズレていたのは、私でしたね、すみません。

ただ、正直なところ、お当番制の問題点となると、
あまりコメントできる立場にありません。と言うか、よくわかりません。

4年生までいたチームは、お当番がなく、親御さんはみな、
とても積極的に送迎、応援、その他もろもろやっていましたので
(中にはめったに見かけないお顔もありましたが)「手」はたくさん
あったし、送迎一つとっても、持ちつ持たれつ...という感じで
「今週末お願いできる?」「いいよー」で円満に済んでいました。
でもこれ、耳にする他学年や他チームの保護者事情と比較すると、
かなり異色だったと言えるかもしれません。

5年で移籍したチームは、指導はもちろんのこと、運営全て
チームが担っていて、親は、月謝の振り込みと日頃の健康管理と応援のみ。

お当番と言えば...個人のボールではなく、チーム所有のボールを練習時も、
試合時も使用するので、そのボール運びのお当番が、子ども達に回ってきます。
お当番であれば、一人で自分のサッカーバッグとボール三個入りのバッグを
背負うんですよ。うちは小さい子なので、姿が見えなくなりそう...(悲)

グリーンリーフさんの息子さんは、海外でサッカー経験があるのですね。
羨ましいかぎりです〜!!
No.7253 - 2008/05/28(Wed) 00:28:58
(No Subject) / ユウちゃん
う〜ん、読ませて頂いて「お歳も解りませんし環境も解りませんが、自分が自立してない方が居られますね」。そもそもイチローの父、愛ちゃんの母、高原の母と書くのでしょうかねぇ。書くならば「ご両親」が当たり前ですね。彼らも彼女らも親御さん達だけで一人前に育ったのでしょうか?友達も居て恩師も居て色んな環境の中、苦しい時も悔しい時も踏ん張った結果、今が有るのですよ。人は有名になる事が全てではありませんし、サッカーのプロも死ぬ事もある・・・事実でしょうね。どんなスポーツでも有り得ます、が笑えますか?貴方のご家族であれば・・・まして「お子さん」ならば。一つ勉強された方が良いと思います、文献にも出ていますよ。「育て方で自立はしない場合もあります」、ほって置けば自立するなんて飛んでも無い事。では「親の役目」はどうなるのですかね、「我が家のやり方」だけでは世の中いずれ通用しなくなります。改名はどうですか?「批判鬼」・・・これこそ笑えますね。 
No.7215 - 2008/05/16(Fri) 14:53:41
Re: / さっかー好き!
下に有りましたので上げさせて頂きます。私が例として上げさせて頂いたのはこのご意見です。

ユウちゃんさん勝手な事をして大変申し訳有りませんでした。
No.7245 - 2008/05/27(Tue) 07:44:13
(No Subject) / 風神
みなさん「人それぞれの考え方があるのですから・・・」なぁ 〜 んて書きながら、自分と違う考え方にはずいぶん非難的ですね。
中には上げ足をとる様な、こじ付けの様なのも散見します。

私はこのレスに限って言えば、天邪鬼さんの考え方を支持したいですね。

子供の入社式に行きたいとは思いませんが(高校の卒業式くらいまでは見に行きたいなぁ)、子供のサッカーをする姿はなるべく多い機会、見たいと思っていますから、送迎も可能な限りしたいと思っています。(現在ジュニアユース年代)
そして後で子供と練習や試合の内容についていろいろ話をし、コミュニケーションが取れればいいなぁ、と思っています。(ジュニアユース年代になると急に「試合を見に来るな」という子供が増えます、実際、上の子供の時は見に行けませんでした。)
また、より具体的(試合や練習内容)な話をした方が子供と深いコミュニケーションが取れるし、信頼もしてくれるような気がするので・・・・。

ただ、試合会場までの移動を子供達自身にさせたいという気持ちも理解できます。
なので、基本は現地集合・現地解散にしてもらい子供自身で移動をさせたい家庭は公共の交通機関を使って移動してもらい、送迎をしたい家庭は送迎をする、という方法に変えてもらえばいいじゃないですか!

アクオリさんと同じ考え方の人は保護者会の中にもいるんじゃないですか?
そういう意見を集めて環境を変えていく努力をする事がアクオリさんが考える「お子さんのため」になるんじゃないですか? 
【日本フッボール界の根本的な問題】を変えていくよりは易しいはずです。
No.7231 - 2008/05/24(Sat) 15:49:29
Re: / 1点入れよう!
> ただ、試合会場までの移動を子供達自身にさせたいという気持ちも理解できます。
> なので、基本は現地集合・現地解散にしてもらい子供自身で移動をさせたい家庭は公共の交通機関を使って移動してもらい、送迎をしたい家庭は送迎をする、という方法に変えてもらえばいいじゃないですか!


フフッ、
保護者会やらPTAやらの(特に母親中心の)実態を知らない人の発言だ。。。
No.7236 - 2008/05/26(Mon) 02:18:06
Re: / えいりやん

> フフッ、
> 保護者会やらPTAやらの(特に母親中心の)実態を知らない人の発言だ。。。



小バカにした様な言い方をするなや!
それにPTAが何の関係あるんや?
No.7240 - 2008/05/26(Mon) 22:43:00
Re: / 風神
私はきっと恵まれた環境だったのでしょうね!

息子の保護者会での役員をはじめ、車出しや門番、遠征の付き添いなど、小5の冬からチームを移籍した経緯があるため、私にできる事は積極的に参加してきました。
(試合の観戦・土日の練習見学 等々含め、ホームでの審判へのお茶当番もしました)

当然、周りはお母さん達中心でしたが特に不自由や肩身の狭さは感じませんでした。
みなさんと仲良くさせていただきました。

もちろん私と違う考え方の意見を話される方もいらっしゃいましたが、お互いに意見交換をするという感じ(大人の対応)で気まずくなる事もなかったですね。

まぁ、私の居ない所でどんな話が出ていたか‥、憶測でいろいろ創造する事はできますが……。

結局、息子はジュニアチームのメイトとは部活でサッカーを続ける子、クラブチームで続ける子、違うスポーツを始める子など、ばらばらになりましたが(うちの息子は中学校も違う校区になりましたが)今でも一緒に仲良く遊んでいます。


少なくとも、私がしてきた事は息子の邪魔にはなっていないようです。
No.7241 - 2008/05/27(Tue) 00:49:57
Re: / 1点入れよう!
小バカ...にしたつもりはありません。
「変えてもらえばいいじゃないですか!○○よりは易しいはず」
という言葉から、保護者会をあまりご存知ない、お父さんかな〜と
思いつつ、あの母親中心で回る保護者会の光景を想像したら、
それはそれで笑えてしまったので。

もちろん世界を動かすような難しさではないですが、
何事も「変える」「人を動かす」って、そんなに簡単じゃないですよね。
その辺、「送迎」のトピ主さんも書かれていましたし、
実感すること多いのです。体質はPTAと同じだと感じていますので。
あくまでも私の感想ですが。

「フフッ」と書いたのがいけませんでしたか?
よく(笑)やら(苦笑)は、見かけるし、私も書いたことありますが、
これも、喜の笑いか、小バカにしたせせら笑いか、見る人にとっては...
と言うのがたくさんこの議論の中にもたくさんありますもんね。
とは言え、
私の表現の仕方に、ご気分を害されたのであれば、謝罪します。
以後気をつけます。すみませんでした。

でも...えいりあんさん、この板に、ご自身のご意見は書かれて
いらっしゃらない様ですが、書かれた2行だけなら、
それはそれで、私と同様、あまりお行儀がよろしいとは言えないかと...
「テーマ」に対するご意見もいただければ幸いです。

少年サッカーに無関係な書き込み、失礼いたしました。
No.7242 - 2008/05/27(Tue) 01:14:04
びっくり / さくら
 連休前の試合で惨敗し、保護者応援団を嘆かせた息子のチームの出来事です。先日の練習試合、あの大惨敗から3週間ちょっと。何人かの子どもが目覚ましく成長しているではありませんか。びっくり。
 そして、そのメンツが、なぜか連休中のレクリエーションで大張りきりで手伝っていたお父さんの子どもばかりでした。う〜ん、この関連性は?クラブに協力的、指導者ともよく話し、自分も元気いっぱいのお父さんたち。それぞれお家に帰ってから子どもさんとどういう話をされたのか。まるで、お父さんの元気が子どもに伝染したかのような変わりようでした。
 もし、子どもがなんか伸び悩みだなと思っておられる方がおられたら、だまされたと思って、クラブに足を運んで、指導者のかたと会話してみてください。そして、できることがあったら、協力してみてください。そういうお父さんの後ろ姿を子どもはちゃんとみているんじゃないでしょうか。
No.7218 - 2008/05/20(Tue) 14:21:52
Re: びっくり / チーズフォンデュ
さくらさんへ
 その関連性は、程度はわかりませんが、あると
思ってます。
後姿を見ているというよりも、ビジター(遠慮して
自分が出せない)感覚からホーム感覚に近づくのかもしれません。
子供だけに、コーチとの距離感で左右されるお子さん
も少なくないかと思います(最近は何でも親御さんが
面倒ばかり見ているので他の大人に大しては緊張や
苦手意識など・・・・自分での解決策、対処ができず
引きずったりと・・・・・。また、結構強豪チームは
お父さんの観戦が多いように思われますし、コーチの
お子さんなどは、結構心理的に余裕をもってプレー
できるように見えます。
 良くないのは、我が子ばかりに気をとられ
自分では動こうとせずコーチや他学年チームの批判
ばかりしてチームをダメにしてしまうような親御さん
ですね。


 
No.7219 - 2008/05/20(Tue) 22:31:06
Re: びっくり / バニラ
そのお父様方は、客観的に広い視野で我が子の成長を楽しみながら子供のサッカーを観戦なさっているのでしょうね。素晴らしい事だと思います。
わが子への思い入れからか、サッカーと関係のないところでも嫉妬やライバル心をもたれたり感情が入るようでは…
ましては指導者の方々の批判となると…
大人の歪んだ人間関係から選手が人目ばかりを気にして、いい子を演じないといけないような環境はあってはならないと思います。
案外お父さんはキーパーソンかもしれませんね。
No.7220 - 2008/05/21(Wed) 16:00:35
Re: びっくり / さくら
 チーズフォンデュさん、バニラさんコメントありがとうございます。ホーム感覚。そうかもしれませんね。また、お父さんという一家の中心が指導者のかたを信頼しているということで、子どもも迷いがなくなるというか、この人についていこうという気持ちになるのかもしれませんね。
 母親の見方と父親の見方って、どこか違ってますよね。バニラさんのいうように、客観的に広い視野で見るということは、お母さんにはけっこう難しいものです。子どもは、特に男の子はお父さんにみとめてもらう、ほめられるというのがすごく誇らしいことなんだなと思います。
 チームが上向き調子になってきて、応援にもいっそう力が入りますが、保護者もよい人間関係のなかで子どもたちを見守っていきたいと心から思います。
 
No.7221 - 2008/05/22(Thu) 10:39:12
Re: びっくり / mama♪
さくら様
お子さん達とそのお父様達の関係、おおいにあります。

特に男の子の場合、父親に認められたい!という気持ちは強いですし、
親御さんが、自分だけでなくチームのみんなのために尽力されている、
そして、チームの関わることを楽しんでいる姿は、
子ども達に大きな影響を与え、パワーとなります。

実際、指導者をしている夫と共に、長いこと子ども達を見てきて、
お父様達が、チームの活動に積極的に関わり、指導者とのコミュニケーションをとり、
損得抜きで子ども達と共に活動に参加することを楽しんだ代は、
必ず良い結果を残しています。

我子だけでなく、チームの子ども達みんなの成長を喜べる親集団は、
子どもも、指導者も育てます。

「損・得」ではなく「尊・徳」
大変を楽しみに変え、労を惜しまず尽力できたら。。。
自分も周りも必ず良い方向に変わっていきます。
きっと素敵なチームになれます。
No.7222 - 2008/05/22(Thu) 12:39:11
Re: びっくり / 子供好き
それぞれの事情があり、お父さんが参加出来ない子供やお母さんだけの家庭もありますよね?
私の周りには少なからずいらっしゃいます。
お父さんの影響は良くも悪くもあるでしょうが、居ることありきのスレ&レスは・・・?
少し配慮してもらえたらなぁと。。

以上、空気が読めない投稿でごめんなさい。
No.7224 - 2008/05/23(Fri) 11:28:48
Re: びっくり / さくら
 嬉しくて調子にのって、子供好きさんはじめ多くの方の心を傷つけるようなことを書いてしまって申し訳ありませんでした。心からおわびを申し上げます。
No.7225 - 2008/05/23(Fri) 18:22:08
(No Subject) / ユウちゃん
色んなご意見は解りますね、只気になるのですが自然と子供は離れていきますよ。中学生なら良いかも知れません、しかし高校、大学、社会人となれば別の付き合いもありますし独立して行きます。血の繋がった親子ですから、縁が切れる訳でもありませんしね。私の長い経験で見ると「親離れ、子離れ」の遅い子程、上手くなるのが遅れます。自分でやってみる子程、上達が早いですね。「親」という漢字、良く考えてみて下さいね。木が立った陰から見守る、それにお手伝いしたくても「出来ない家庭」もありますよ。「今日の試合はどうだった?お前のポジションは、上手く出来たか?」会話は幾らでも出来ます。チームメイトの前だと上手く喋れない子も居ます。私はそれが本当の意味の親御さんかと思いますが、どうでしょうか。
No.7208 - 2008/05/14(Wed) 13:54:09
最近・・・ / アクオリ
うちのスポ少に活気が無くなってきている様な感じがするんです。
練習も中止練習試合もあまり入らない、一昨年に比べ去年に比べ・・・減ってる・・・コーチの数も減り・・・
コーチの方々も歳を重ねてきていることもあり、また疲れもあるのか、そういう状況になってま〜す(汗)

しょうがないよね・・・と思いつつ、なんだかなぁ〜〜と複雑心境・・・

サッカー本来の楽しさを経験してほしい親にとっては、不足も感じる今日この頃・・・

試合もたくさん経験して、くやしさ・嬉しさ・感動・・・
経験してくれるといいな

誰かうちのスポ少に新しい風を吹き込んで〜〜〜〜
お前がやれよ!と言われて出来ていたら愚痴らないよね・・・

ひとりノリツッコミですいません
単なる愚痴を言いたかっただけです・・・
No.7197 - 2008/05/11(Sun) 18:08:59
Re: 最近・・・ / さくら
 さくらの子どものチームが、元気がなくなってたとき、娘も出番がないときでした。いつもベンチで、下級生が出ては負けちゃう試合を見ているだけの娘。で、私は動きました。女子サッカーの試合にエントリーしました。メンバー集めて、出ちゃいました。そしたら、他の試合のときも、人数の足りないチームから声がかかったりして、ずっとベンチだった娘も試合にでることができたんですよ。
 そのころ、練習試合もとってきました。アクオリさんの書かれているようなことを他のチームのお母さんとかに話してみたら、「うちの指導者に話してあげようか。」とかいうことで、練習試合ができました。そういう頑張った年は1年間くらいで、あるお父さんが「俺がやる」とコーチをかってでてくださって、見違えるほどチームに活気がよみがえってきて、私の出番はなくなりました。
 誰かの頑張りは伝染するかもしれません。また、子どものひたむきさが伝染することもあるかも。良いほうにチームがすすみますように。
No.7198 - 2008/05/11(Sun) 21:10:26
逆に色々勉強になりますね。 / ユウちゃん
ご無沙汰しています。私自身、指導歴は20年近くなりますが、まだまだ勉強です。父兄の方たちの意見が多く「こう感じてるのか」等、考えさせられますね。私は中学はクラブチームを勧めます、何故か・・・現在の日本は一貫教育ではありません。小学生は000な教育、中学は違う教え方(中には素人の先生もかなり居ます)、高校はまた違う指導。これでは各選手は戸惑いますし混乱しますね、日本独特の「学校教育」でした。海外は違います、幼い頃からクラブチームに通いコーチたちもそれぞれの性格、家庭環境などかなり理解していますし接し方も人で変えたりします。今かなり日本も変わってきました、非常に良い方向に進んでいると思いますね。従って私は「自立心を持たせる事」が大切なので、みんなに「小学生はチームを選べるよね。でもクラブチームは選ぶのは自分じゃ無いよね、チームが選びます。今はどんどん失敗して決して失敗を怖がらない様にね。よ〜し、頑張ろう!」、何か目標を持ちますよ。気の強い子、優しい子、我が侭な子、いつも時間に遅れる子、さまざまです。でも何か目標を持つ事ができれば「その子」は良い意味で変わります。これは経験と・・・信念ですね、壁は越える事は必ず出来ますよ。父兄の皆さんの気持ちが有れば!頑張りましょう。
No.7196 - 2008/05/03(Sat) 12:31:01
仲間への思い / コアラまま
いつもここを訪れて勉強させてもらってます。
せつない話になってしまい、恐縮ですが。よくある事なのでしょうか・・・。
友人の話です。友人の子は5年生で別のチームですが、お互い子供がサッカーをしているのでよく相談したりしてます。その子(仮にA君)は3年生からサッカーを始めました。この前、何かの大会のレギュラー発表があったそうです。A君は自分達はまだまだ今から、という思いがあるからか、あんまり関心がなかったそうです。その数日後、同じチームのB君が「俺、レギュラーに入ったよ。6年生のCは入れなくて、落ちこんでたよ。」と、ニヤニヤしながら言ったそうです。友人は聞こえないふりをして二人のやりとりを聞いていたそうですが、A君は何と言っていいかわからない顔をして無言だったそうです。このB君はA君と同じ5年生ですが、いつも6年生の中に入って試合に出ている子で、A君に対しては道具を取ってこさせたりミスしたらその試合後無視されたりするので、A君からは近寄っていかないそうです。監督や他の仲間がいる時は何もしないし上手だから、保護者の評判はすごくいいのよ、私がA君に対するB君の態度の事を話しても信じてもらえないからだまって見守っている、と友人は言います。
仲間同士、競争がありお互いに切磋琢磨するのはいい事だと思いますが、仲間への思いやりを忘れてしまうのは哀しい事です。
レギュラーからはずれたC君の事をわざわざ言ったB君の気持ち。嬉しくて自慢したくて・・・、ただそれだけだったのでしょうが、C君の事を思いやる気持ちがあればもう少し違った報告が聞けたのでは、と友人と話しました。友人はこれからも見守るけれども、また同じような事があれば今度は監督に相談してみようかな・・・と言ってました。子供同士の事だからとそのまま見て見ぬふりは出来ないなあこれは、と。
この前から指導者⇔子供のことで、いろいろあるなあ、と思ってましたが、子供同士でもいろいろありますね。サッカーやってるから仲間の大事さがわかるし、チームプレーっていいよね〜、とノホホンとしていた私は反省してしまいました。
子供達にはサッカーを通じて心身ともに成長してほしいです。そして私はいいサポーターになりたいです。
だらだらと長文になってしまい、すみませんでした。
みなさんもこんな経験っておありなんでしょうか・・・?
No.7188 - 2008/04/28(Mon) 16:08:13
Re: 仲間への思い / チーズフォンデュ
コアラまま
 「ニヤニヤ」か「嬉しさをかみ殺して」かは
わかりませんが、B君は相当嬉しかったのでしょうね。
よく言うと、本音を正直に打ち明けたというか、
上級生以上に自分が評価されたことが嬉しかった
のではないでしょうか。社会でも同じでしょう。
ただ、小学生のレベルで落ちた子のことを考えるまでは
余裕は無く、難しいというか、この点は親御さんからの
助言の有無によりますね。B君のその態度だけをとると
「いくらサッカー上手くても、人間ができていない
なぁ。」と大人の視点での疑問を感じるでしょう。
それは決して間違ってはないとは思います。しかし、
人間性みたいな部分にも運動神経や身体、精神と同じく
成長の差はあるのではと思ってます。多分、中学、高校
と上がっていくどこかの時点で気付くことかと思い
ます。また、このようなことは周りが言っても本人が
気付かないとこの点は変わらないと思います。これが
経験といわれるものですね。それで成功すれば、
個性と称され、逆だと「性格が・・・・?」という風に
片付けられます。これがサッカーができる子ではなく
勉学が非常にできるお子さんだったらどうでしょう。
サッカーと違い目に見えないだけで同じような現象の
お子さんはいるかと思います。
 つまり、「何が言いたいか」と申すと
チームプレーとは?スポーツマンシップとは?といった
ことを勉強して、チーム内に目標へ一丸となるものが
確立されていることが前提です。それがなければ、
各個人がサッカーという種目を通じて体を動かしに
来ているお稽古事のようなものなのでチームよりも
個人の能力アップが意識の重きになっているので
しょうね。
チームについては中学以降の部活で学んでいくのかも
知れませんね。
No.7189 - 2008/04/29(Tue) 01:31:01
Re: 仲間への思い / 天邪鬼
> 仲間同士、競争がありお互いに切磋琢磨するのはいい事だと思いますが、仲間への思いやりを忘れてしまうのは哀しい事です。

ご趣旨はもっともだと思います。
基本的に、サッカーをやってる子供が全て良い子ではありません。
今、サッカーが上手いB君も中学・高校でも今のポジションを
キープできるものでもありません。
しかし、そのことを大人が頭ごなしに指摘しても何も解決しないでしょう。
子供でも大人でも頭をぶつけなければ痛さは判りません。
そこで、「学習」できるように育てることが大切だと私は思います。
「スポーツは良い子を育てるか」という本をお読みになることをオススメします。
No.7190 - 2008/04/29(Tue) 08:49:42
Re: 仲間への思い / さるすべり
 お手伝いコーチをしていますが、結論「良くあること」です。さすがにコーチの前では言いませんが、保護者を通じて良く聞きます。例えば大会に力の差を付けて2チームエントリーした時等「お前はあっちだったけど、俺はこっちだったぞ」とか。いわゆる「見下しの論理」風に言葉で表現するのは、基本的には個人的キャラによるものだと思います。単純にうれしいだけなら、「Cは落ち込んでたよ」は付けないでしょうね。言わない子は自慢すらしないですし。
 クラブとしては「上手い子にはそれなりの責任もあるし、他の子への思いやりが大切だよ」とは言いますが、完全には守られないですね。低学年に言い聞かせるのは更に難しいですし。
 もし保護者がそういう局面に出会ったら、一般論として注意して良いと思います。
No.7191 - 2008/04/30(Wed) 12:59:35
見守ってあげて / うみぼうし
他の方も書かれていますが、よくある話だなと思います。サッカーの場だけでなく、学校では日常茶飯事ではないでしょうか。でも、そのたびにいちいち担任に注意してくれという第三者の親はあまりいないと思います。仮にそういうことを他の親が言って先生が注意したところで、子供が成長するとは思えません。しかし、そういうことを続けている子は、人間関係でつまずくことが多いでしょうね。嫌われたり、遠ざけられたりしてはじめて「学ぶ」のだと思います。

しかし、もし本当にそのお子さんの成長を願って干渉したい、とのことでしたら、指導者に「告げ口」するのではなく、その場にいた大人の方が直接さらりと注意すべきではないですか?指導者や他の親に言って回ったりするのは、かえってチーム内の雰囲気を悪くする元だと思います。
No.7192 - 2008/04/30(Wed) 22:23:49
思いやり? / 1点入れよう!
そのくらいの失敗があったってよいではありませんか、
子どもなんですから。
書かれた内容をそのままに受け取っても、
子どもに限らず、大人だってやっている行為。
お受験などで、うちは受かったけど、誰それさんちは落ちたとか...

だからって当たり前と言うつもりは無いです。
他の方も書かれていますが、そのような態度であり続ければ、
いつか自分に返って来ますし、
必ず何処かで、落ちたC君の立場になることもあります。
その時学べばいいのです。

それより、私はむしろ、貴方が「・・・・だったそうです」と
また聞きにも関わらず、
実際にその時のB君の言葉、表情を見聞きしていないのにも関わらず、
あたかもB君が思いやりに欠けた少年...と
位置づけて話を展開させていることの方が気になりましたが...?
No.7193 - 2008/04/30(Wed) 23:38:25
勉強不足でした・・・ / コアラまま
みなさんありがとうございました。
そうですね。反省すべき点は私にたくさんありました。
もっと周りをよく見て考えないといけないですね。
書き忘れてましたが、うちの子は3年生です。小学校のサッカーチームに入ってます。投稿したような経験はなく、みんなでワイワイとやってる毎日です。というか、子供が言わないだけで本当はうちの子も経験してるのでは・・・と、知らないのは私だけかもしれない、と今までの自分の関心度を反省です。情けないですが。
友人の話を聞いて、私の中で勝手にA君、B君、C君を作り上げてたようです。A君は友人の子だし一緒に遊んだことがあるので、どうしても味方、というか、なんというか・・・
とにかく反省しました。友人とも連絡取り合ってもう一度話ししました。(友人は大会前で監督に迷惑をかけたくないから、と何もしてないし、A君、B君、C君みんな練習頑張ってたから、見守ってる・・・との事でした)
私だけがあせって夢中で投稿してしまって、なんだか恥ずかしいです。確かに日常生活でも目にしますよね、似たようなたくさんの事。
うちの子も今からぶつかる問題がいっぱいありそうです。日々、勉強ですね。親も子も。
みなさんにご意見を頂いたことを感謝します。ありがとうございました。
No.7194 - 2008/05/01(Thu) 10:06:08
Re: 仲間への思い / さくら
  コアラママさん、はじめまして。友達の話を聞いて、「うちの子もそうじゃないかしら。うちのチームもそうじゃないかしら。」と心配になってしまう気持ちよくわかります。それから、サッカーチームって、学校とか幼稚園より、大人の縛りがきつくないというか、指導者も親や先生とは違うスタンスで子どもに対しておられるところなので、戸惑われる気持もよくわかります。
 今までの関心度を反省する必要はないと思います。自分の子どもを見ていたらいいんですよ。私は、大人があれこれ口だししすぎない子どもの集団のなかで、いろいろな目にあいながら、自分で納得したり解決したりして成長していくことは、とても大切だと思います。子どもたちを見張るようにして、あの子がああ言った、この子がああ言ったと他の人に言って回ったり、指導者に注意するように要求したりするくらいなら、無関心なほうがずっといいんじゃないでしょうか。息子さんが「サッカー行きたくない」と言わないかぎり、普通に応援してあげたらいいと思いますよ。
 サッカーは上には上があって、どこまでいっても、上には上があるようなスポーツです。自分より上手い子がたくさんいることを認めて、学んだり、励みにしたりできるようになった子の勝ちかもしれません。努力した結果、指導者に認められたら、うれしくて自慢したくなるのかもしれませんが、年齢があがればあがるほど、壁にぶつかることのほうが多くなるでしょう。「サッカーうまくても、人間性が」とか言わずに、「まぁ、そういう子もいる。」と受け流して接していきたいですよねぇ。
No.7195 - 2008/05/01(Thu) 16:57:32
ご意見ありがとうございました / プルメリア
一緒に考えていただける方が沢山いて下さることを、本当に嬉しく思います。
心配かけたようでごめんなさい。今、具体的に悩んでいることはもうないのです。子供も少し大きくなりましたし、色々あって子供が移籍を選択しました。ただ、あれから大分たちますが、友達と一緒に続けたい気持ちでいっぱいだったのに、あの時彼が自ら移籍を選んだことは、悲しい選択だったな、と今でも思うのです。
「好きなサッカーが楽しくなくなっちゃうよ」
「僕、怒ったり、反発したり、悔しかったりばっかりじゃなく、普通の気持ちでサッカーがやりたい」
悩んでいた頃、子供が発した言葉です。
指導者の方には、やっぱり、根底に、人間に対する優しさを持っててもらいたいな、と思います。
上手な子を伸ばすことに比重が置かれがちですが、11人いないと試合が出来ない、仲間に対する思いやりを教えることも技術以前にとても大切なことだから、指導者には、優しさを求めたい。
そして、子供にはサッカーから、指導者から、色々学んで、自分に厳しく、他人に優しい人間に育ってほしい、そんなことを考えます。
No.7186 - 2008/04/22(Tue) 22:42:23
Re: ご意見ありがとうございました / ガーグル
プルメリア さんへ
 ん〜ン、指導者と合わなかったのかな?でも、そこで無理して続けるよりは移籍して正解だったと思えるように頑張ってください。環境(どちらかというと指導者がどうこうというより何だかんだ立場をわきまえず口出しする不快を感じる親御さんが数人いましてねぇ〜!)を考慮して我が息子も移籍しました。その時はよーく調べて3チーム迄に絞って、最初に体験練習したチームに本人が決めました。遠征、合宿とサッカーに費やす時間が相当増え、週間スケジュールも相当ハードになりましたがそれなりに技術も向上し僅かながらも精神的にもタフに成長したと思います。また新しい友達ができたというメリットもありましたよ。
今はサッカー&受験で悩んでます。悩んでも、やるのは本人なのでなるようにしかならないような気がしてますが・・・・・・。
No.7187 - 2008/04/24(Thu) 12:41:35
私見 / プルメリア [関東]
色々な方が、色々なところで、同じような問題を抱えているのだな、と思いました。
私は、色んな試合会場で、子供に罵声を浴びせたりしている指導者を見る度、どうして保護者は何もいわないのかな、どうしてあんなことを許しているのかな、と、いつも思います。
サッカー上達のためには、何を言われても、何をされてもいいの?大人だって言われて、されて嫌なことは、子供にもしちゃいけないと思います。ましてや、大人と子供、指導者と子供、それは、ある種のパワーハラスメントです。
「指導に口を出さない」親としてのスタンスが必要だということもわかります。
でも、一方で、子供を守るのも、大人の役割です。
たかがサッカーです。サッカーが上手になっても、人間として、おかしくなっては本末転倒です。嫌なことは嫌と感じ、きちんと自信をもって言葉に出来る子を育てていくことも、とても大切なことだと私は思います。
自分を否定され、向上心がもてる人間なんていないと思う。「競争意識をもたせるため、子供の負けん気を喚起するため」子供に否定的な言葉を浴びせる指導者がまだまだいますが、他人の心を操作しようなんて、相手が大人だろうと、子供だろうと、やっちゃいけないんじゃないかな。試合に出す出さないもしかりです。出られない子の気持ちもきちんとフォロー出来る指導者を見て、子供は安心してサッカー出来るんだと思う。
だから、私は、子供の気持ちに気づかない指導者には、やっぱり親は「考えてください」って伝える責任はあると思います。即、解任するかどうかはともかくですが、例え1人であれ、大人の目から見て、指導者によって取り返しのつかない傷を負った子供がいたら、いくら技術のある、上達させてくれる、キャリアのある指導者であろうと、大勢にとって「良いコーチ」でも、そのまま指導させておいていいかは、1人1人の親が、考えていくべきだと思います。何でもかんでも「モンスターピアレント」「クレーマー」で片付けるんじゃなくて、問題の根源はどこにあるのか、見極める賢さを、親はもたないとといつも思います。
1人1人の子供が、サッカーを楽しめるように、好きでいられるように、最大限の努力だけは怠らないよう、指導者には求めたいですね。
「感謝をする」ことと、「意見を伝える」こととは両立すると思うんだけど、お互いに誠意があれば。
No.7181 - 2008/04/21(Mon) 19:23:49
Re: 私見 / 天邪鬼
> 私は、色んな試合会場で、子供に罵声を浴びせたりしている指導者を見る度、どうして保護者は何もいわないのかな、どうしてあんなことを許しているのかな、と、いつも思います。

そのやり方が気にいらなかったら、そのチームを辞めれば良いだけです。
サッカーを続けるチームはココだけではないのだから。
その指導者のやり方を知っていて所属させているなら
意見を言う必要はない。
知らなくて所属したなら、辞めれば良い。
何故なら、あなたが運営しているチームではないのだから。

私は怒鳴る指導者が大嫌いで、4種時代息子の所属チームを変わらせたことがあります。
何故、止めるのかとその指導者に聞かれた時、貴方の指導歴や功績は素晴らしいが
むやみに怒鳴る貴方の指導方法だと息子は萎縮するし、上手くなるとは思えないと・・・・。

3種、2種とサッカーを続けていると、いろんな指導者に出会います。
簡単に所属を変更できるのは、4種時代だけです。
3種・2種でも同様の監督は沢山います。
学齢が進むにしたがって、子供は成長します。
4種時代、怒鳴る監督に出会うこともその後の「糧」になることもあります。
ただ、4種時代はそれを我慢する必要はありません。
チームを変更すればよいだけです。
No.7182 - 2008/04/21(Mon) 22:35:43
Re: 私見 / さくら
チームを変わるのはたやすいことではないと思います。子どもの心にも、友達関係にも大きな影響を残します。小学校時代というのは、自分の周囲に大人、子どもに関わらず、安心できる人間関係があるかないかで、その後の人格形成に大きく影響する時期だと思います。指導者のかたには、自分の言動が子どもたちの成長に影響を与えることを念頭において、指導にあたっていただきたいと思います。
 ただ、怒鳴る指導者が悪い指導者かというと、その判断は難しいです。試合中は言葉も態度も悪いけれど、本当に一人一人の子どもを良く見て、ユーモアをもって接しておられる指導者のかたもよく見かけます。要は、子どもが嫌っているかどうか、怖がっているかどうかを正しく見極める親の目が問われます。
 「あのチームのコーチはこわいコーチだなぁ!」と子どもに聞いたら、「いや、言ってることは間違ってないよ。」と返されたことがあります。まずは、練習や試合に通って、指導者の言動と子どもの反応をしっかり観察することではないでしょうか。
 私も、モンスターペアレントやクレーマーという言葉が頻繁に聞かれる最近の風潮には疑問を感じます。関係を断つ言葉だなぁと感じるのです。最初から、相手の意見を聞かない、言わせないための言葉です。学校であれ、チームであれ、人間同士なので、思いを伝えあえればいいのになと思います。そういう言葉で、聞くこと自体を拒否するのもどうかと思いますし、やめればいい、やめさせればいいというのも悲しいですし、穏やかに話し合いができればいいですのにね。
No.7184 - 2008/04/22(Tue) 16:11:40
Re: 私見 / ガーグル
◎例えば、
学校なら不登校になったり、その前段階で学校での話をしなくなったとか兆しがあるかと思うのですが、サッカーが嫌になってきているのでしょうか?
そのような兆しがあるようでしたら、早い内に環境を変えられた方が良いかと思います。いや、それこそ親の責務(我が子を守る)じゃないですか。エネルギーは要りますが我が子のことですからね。口先(文句を言う)だけなら楽ですが、何の改善も生まれません。やっぱ、大人間の関係がこじれて、そのとばっちりはお子さんへと・・・。お子さんを守るつもりが自滅へとなりかねません。それ故、基本的に周りに同意を求めることも必要かと思いますが、これにより周りを巻き込むのは避けましょう(そんなの分かっていらっしゃるから敢えてこの場で提言されているのだと思いますが)。最終判断はお子さんと親御さんですよ。
自分なら、本人がサッカー好きなら、他チームでサッカーを続けさせます。理由もきっちりと先方に伝えます。
そして、応援します。その方法は、先ずサッカーのルールから練習メニューまで子供と一緒になって勉強します。また、お子さんの好きなことを応援するのだったらいつも身近にいてあげましょう。練習・試合見学が親の井戸端会議にならぬように・・・ですよ。

◎過去にどなたかのコメントで
>子供達は絶対「上手くなりたい」「強くなりたい」という気持ちを誰もが持ってます。
という内容がありましたが、ほとんどの子供さんの目線の原点かと思います。親御さんは健康的な体力づくり程度でよいと思われている方が多数でしょう。しかし、ゲームなので勝負は避けれませんし勝たないと面白くありません。また大人以上に子供達は一生懸命です。

◎プルメリアさんの
>たかがサッカーです。サッカーが上手になっても、人間として、おかしくなっては
>本末転倒です。
そのとおりだと思います。しかし、サッカーに限らずではないでしょうか。
勉強でも同じかな・・・。超エリートコースを歩み政治家や国家公務員、医者、教授、法曹職者でもハラ○メ○トどころか犯罪で捕まってしまえば本末転倒ですね。要は人間性が大切であるという点は同感で、一般論ですね(これは各ご家庭でのお話のような・・・・・・・。)
しかし、掲載されているように本当に「子供を守る」のであるならば、違う環境(良いと思われる環境)にお子さんを移籍させるのが親としての責務で、サッカーに限らず様々なスポーツに触れさせてあげるといった発想も大切かと思います。
◎最後に
>「たかがサッカー」
一生懸命頑張ってらっしゃるお子さんや携わっている方々に対して、受け止める人によっては失礼なある種ハ○スメ○トと同等の発言かも知れませんぞ。
また、お子さんが萎縮してはいけませんが、大人が振り回されてもいけません。
あと、「モンスターピアレント」、「クレイマー」これも「ハラ○メネト」と同じで受け止める側が判断することで、ここではとやかく言うことではないような気がします。
No.7185 - 2008/04/22(Tue) 18:07:37
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 ... 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 20 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LL (Free) Rocket BBS