[ リストに戻る ]
新着記事一覧


WINGBEAT COFFEE ROASTERS


表示対象の変更: [ 新着 10 件を表示 | 24 時間以内の記事を表示 ]
自動文字お越しアイテム (No.421への返信 / 1階層) - 四方 無畏

大部品:閻魔紙
部品:概要
音声を文字化するマジックアイテム。木簡に触れて祝詞を唱えた人物の言葉が文字として木簡に自動的に名前と共に書き記される。複数人で同じ木簡に触れて順に祝詞を唱えることで多人数の書記も可能である。効果有効範囲は木簡から五メートル程である。
部品:製法

部品:使用法
木簡に触れながら「閻魔王に請い願う。ここに記録を残したまえ。」と唱えると記述が開始される。「閻魔王に記録の終わりを御知らせする。」と唱えると記述終了
ちなみに、発言の最初に自動的に名前が記述されるため偽名は使えない。
部品:定着化
使用後半年すると消えてしまうため、残したい場合は閻魔王の神殿にて定着化が必要である。


関連スレッドを表示
[No.527] 2020/01/18(Sat) 00:46:38 (767時間12分前)

ドルイド (No.521への返信 / 2階層) - 鈴藤 瑞樹


【ドルイド歴史関連】

ドルイドとは
ドルイドとは、詩歌藩国にうまれた職業のひとつである。
特定の神を深く信仰し、その神から授かった盟約魔法を使う、いわゆる魔法のエキスパートである。


誕生の経緯
詩歌藩国には魔法があったが、それを扱う者の呼称については特に決まったものはなかった。
魔法は普段から使うものであり、特別なものではなかったのである。
そのうちに幾人かの吟遊詩人や神官が神々との関係を深め、自然保護や豊穣祈願をこなすうちにふつうとは一線を画す仕事をこなすようになった。
これがドルイド、知恵もつ者たちのはじまりである、とされる。



普段の活動
神官であれば神殿内での活動が主となる者もいるだろうが、ドルイドはより広範囲に移動する。
神との対話のために神殿にいることももちろんあるが、それ以上に神の忠実な手足として世界中を旅して回る必要があるからである。
吟遊詩人のように旅先でドルイドに助けられたという話は事欠かない。
詩人たちと違うのは、より魔法と神々に関する問題に目端が効くということである。


価値基準
神々、及び魔法に関わるすべての物事がその活動範囲と言える。
神との対話は盟約魔法を扱うドルイドにとっての基本中の基本であり、彼らはまず自身の信仰する神に従って行動を決定する。それは一国の王の決定よりも上に位置する価値基準であり、ドルイドはそれだけ神を重要視しているという証左でもある。



修行期間
ドルイドとなるには、師となるドルイドについて修行を行い8年ほどの経験を積まなくてはならない。
またドルイドは吟遊詩人や神官のその先にある職業であり、もとは詩人や神官出身者が大部分を占める。

フェリ
ドルイド見習いのことを通称、フェリと呼ぶ。
フェリは師であるドルイドについて修行をおこない、地域や神様の信頼を得たら本格的にドルイドになってドルイドとしての活動を始める。






【活動内容など】


日銭の稼ぎ方
ドルイドは世界中を旅をしつつ魔法についての問題や事件を解決し、その対価として金銭や食事、物品などを受け取ることで日々生活している。
たとえば日照りで雨が降らない地域などでは天候操作によって雨をふらし、問題を解決するなどである。
旅僧のような生活に近く、それゆえに金銭的に豊かであるものは残念ながら少ないと言ってよい。


欠点
魔法には強い適正を持つドルイドだが、その反面、機械技術などとは相性が悪く、苦手としている者が多い。
竜などもこの範疇に入るため、竜との親和性が高いウォーバードなどとは違い一定の距離を置いている場合が多い。






【魔法関連】(10部品くらいほしい?)

有名な魔法
ドルイドが扱う魔法で有名なものとして、天候操作魔法が挙げられる。
これは山岳信仰にあたる霊峰シュティオンを信仰するドルイドたちが扱う盟約魔法のひとつである。
冬の嵐を和らげたり、日照りの季節に雨をふらせたりと活躍の場は非常に多い。



魔法に関して
魔法に関してもドルイドは大きな発言力を持つ。
なんらかの事件や事故に魔法が関与している場合、調査などにはたいていドルイドが関わる。
これはドルイドが魔法について深い造詣を持っていることが理由であり、他国の魔法であっても吟遊詩人として蓄えた知識とドルイドとしての魔法の知恵を合わせて正しい判断を下してくれる。


盟約を結ぶ神
ドルイドは一柱の神を信仰し盟約魔法を習得し、それを扱うすべを磨いていく。
一度に二柱の神を信仰することはないし、信仰を変えたらもとの信仰の魔法は使えなくなる。
単一の魔法しか使えないが、それゆえに強力な魔法を行使できるのがドルイドである。


魔力を感じる感覚
ドルイドは人間の中でも魔力を感じ取る感覚に優れている場合が多い。
それは魔力を視認できたり、触覚として感じたりといったもので、これらの感覚を修行によって養うのもドルイドの修行のひとつである。


魔法についての知識
実技的な面についてももちろん重要視されるが、それ以上に座学についての修練が重要なのがドルイドである。
魔法とはなんなのか、魔力とはなんなのか。してはいけないこと、逆にしなければならないことをよく知っていなければ魔法のエキスパートは務まらない。
ドルイドは魔法を体系化された学問としても修めている。


マジックアイテムの扱いについて
魔法の知識についての一環になるが、魔力の込められた道具、マジックアイテムについても一通りの使い方、作り方、修繕の仕方などを学んでいる。
そのため帝國、共和国で規格のようなものが違った場合でも、ある程度は対処して行動することができる。




内在魔力の素養
魔法を扱う者は体内に魔力を保有していなければならない。
先天的に魔力を持つ者がドルイドとなることができる。
逆に言えば魔力を持たない者はいかに優れていてもドルイドを名乗ることはできない。



【旅関連】


足腰の丈夫さ
ドルイドは自身の足で世界中を巡り、魔法についての知識を収集、また魔法に関する問題の解決を行うなどするため移動が常となる。
そのため自然と足腰が鍛えられ、健脚となることが多い。



野営知識
ニューワールドには砂漠から密林まで様々な国が存在し、時には文明の感じられないような場所もあり、そのすべてに赴く可能性があるドルイドはどんな場所でも休むことができるよう野営の知識も持ち合わせている。



自炊
街や村へ到着すれば酒場や食堂などで食事をとることもあるが、旅の最中には自炊での生活が基本となる。
このためドルイドは基本的な料理の知識、技術も持ち合わせている。
また食材についても現地調達できるよう食べられる野草、キノコなどの知識も持つ。


関連スレッドを表示
[No.526] 2020/01/08(Wed) 15:41:32 (992時間17分前)

ダムレイさんの初冬コミ お茶会議事録 (No.514への返信 / 2階層) - みー

アイドレス ダムレイさんの初冬コミ お茶会
2019年12月29日(日)

●参加者
ダムレイさん@リワマヒ
刻生・F悠也さん@フィーブル
月松堂さん@蒼悟
白河さん@レンジャー連邦
ライチさん
ソーニャさん
谷坂さん@神聖巫
みー@詩歌

●☆が7つでエースチャレンジ
谷坂さん・・・2つ
白河さん・・・4つ

●T22.5の心配なところ
共和国で木になっていない人が世話をしてくれているけど、きちんとしてくれているかな?
木から戻った時に、ずっと稼動していた国の人(サイボーグとか)と、考え方に軋轢が生まれないだろうか。
以前から、見るだけと言われてても爆発してきたので、1%の確率といっても信用できない

●7桁クイズについて
・何のために7桁ゲームをやったの?
 →180秒間世界同士を接続して相互の情報交換を活発にした
 →旅人を移動させた
・旅人は誰?
 →このえたかふみ(瀬戸口)がイントラシアへ旅立ったのではないか。
  →キーワードの薔薇に符合する(薔薇の騎士だから)
   →芝村さんの直前ツイートには、多目的結晶を持ってないと言っていたので、ガンパレメンバーは違うのでは?
    →デクは瀬戸口本人ではなく、死体に憑依していたので、5121の正式メンバーではない。
     その為、ゲームの瀬戸口が多目的結晶を持っていなくてもおかしくない

●お花見ラジオのこと
ラジオだと敵側に情報を抜かれないので安心。
芝村さんのレスポンスを早くして、もっと情報を多くしたい(NWCだと時間がかかる)
ソーニャさんが番組作ったら、商業化できるのでは?
 →ソーニャさんは色々企画中で、ありがとうって沢山の人から言われた事が本当に嬉しそうだった

●アイドレス戦史研究会(サマリー?)
アイドレス戦史研究会というものがどこかにできたらしい(白河さん談)

●剣聖ジョニー(カオリのお父さん)見かけない

●過去と未来どうなってるの
・ダイカトーは未来の人間なのに、シオネアラダの元に集まっている
・青狸さんの娘さんと青が会っていたり、古歌集も過去未来が混じっている

●ガンパレードフルオーケストラってどうなったの
第5世界は今接続できない状態

●B世界とかエースとか
・B世界のエースは残っていない
・エース召喚システムはクーリンガンが使用していた
・B世界はループしている → 17ターンで失敗してループを繰り返している
 →B是空さんと他のBの人が一枚岩とは限らないので、反対派を排除してループ実行していそう
・Bの人=か○ものだから、同じ人間と思ってはいけない
(でも仲直りしないといけないんだったら、同じだと思ってもいいんじゃないのかな〜 ←みー脳内)
・皇帝いつ変わったの?
・あった事を確認
 T15〜T17くらいで、か○のものに圧勝(ラウンドバックラーでぼこぼこ)
 か○のものがA世界をラーニング
 是空さんが大統領になって会いに行ったら、ウエスタ王が原さんだった
  →そしてポチ皇女はアジアちゃんだった
   →T12までは男王だったので、T13くらいから入れ替わり
 T17でセプテントリオンが活発になった
  →気付いたら壊滅していた
   →セプテントリオン統括はブランカ、創設はラスタロロス
 クーリンガンが出てきた後に設定国民が意思を持ち始めた(システム2以降)

●分国する国
マッチ棒さんの国(新規の方と準備中)
戯言屋さんの国(他のプレイヤーは無しで準備中?)


関連スレッドを表示
[No.525] 2020/01/01(Wed) 16:32:49 (1159時間25分前)

魔法詩歌弓『風弓』(修正2) (No.421への返信 / 1階層) - 鈴藤 瑞樹

●魔法詩歌弓『風弓』

・精霊についての部品を追記
・最初に概要を追記


詩歌弓は28部品

魔法部分は10部品くらい追加で評価9に




風弓とは
詩歌藩国独自の武装である詩歌弓に、魔法による要素をプラスすることでさらなる強化を狙った装備品。
魔力をもった素材を追加で使うことで完全術式のA式に当たる部分を受け持つことができるようにした。
弓を扱う素養に加えて魔法にも習熟する必要があるため、強力だが使用の敷居は若干高い。



素材について
基本となる素材は通常の詩歌弓と同じでメタルリーフの金属素材や植物木材などが主となるが、魔法を使うにあたって魔力を宿した素材(海底から採掘された魔法金属類、特にマジックシルバーが多い)も利用して弓、矢が作られている。


矢にも工夫を
弓だけでなく矢にも工夫が施されており、特に矢じりには魔法金属が少量練り込まれており魔法発動のための媒体としても使用されうる。
ただし、そのために矢じりの強度などが下がっているなどのデメリットもある。




魔法の効果
風弓は括りで言うとマジックアイテムであり、風神様との盟約により風の魔法を使うことができる。
具体的には「風矢の護り」という魔法を使用できる。これは空気を固めた甲殻を矢にまとわせて放ち、通常よりも飛距離、威力を強化するという魔法で、通常の詩歌弓よりも単純に威力が高いという利点がある。
詩歌弓と矢に使われた魔力を含む素材から魔力を消費し(A式)空気を固めた甲殻を生成、矢にまとわせて射出する(B式)という完全術式となる。








使い方
まずふつうの弓のように矢をつがえて引き絞り、魔法の詠唱(具体的には歌を歌う)を行う。
この時点で矢に風が付与されるので、放つ。
使い方が通常の詩歌弓とそれほど変わらないので習熟に時間がかからないというメリットもある。




欠点
連続で使うのは難しい。
というのも歌魔法という性質上、詠唱の時間を挟むのでどうしても通常の弓矢よりも時間がかかるので速射は難しくなる。
とはいえ連射が必要な場合は通常の詩歌弓の使用に切り替えればいいだけなので(そのぶん威力は落ちるが)問題ないといえば問題ない。



弓を扱う技術は必要
魔法による補正で飛距離や威力は上昇するが、命中のためには射手の技術が必要になる。
優秀な弓であっても結局は使う者が優秀でなければ宝の持ち腐れであり、それは風弓も例外ではない。
使用する場合はきちんと弓の訓練をしてから使うこと。



盟約先は
盟約は風神雷神神殿の風神様に由来する。
詩歌藩国以外でも祀られているニューワールドではポピュラーな神であり、比較的に人間に友好的であることが知られている。


使用者が盟約を結ぶ
「風矢の護り」を使用するために盟約が必要なのは射手であり、風弓の製作者ではないことに注意。
逆に言えば風弓を作るために必要なのは技術と素材だけで、神との盟約は必須ではない。





飛んでくる矢が見えにくい
副次的な効果として、空気が圧縮された甲殻が矢を覆うという性質上、光が屈折して矢が見えにくくなる。
そもそも視認してから弓矢を回避すること自体が困難であるが、ニューワールドにはそういったすごい連中がいなくもないのでこの効果は有効に作用するだろう。



有効射程
詩歌弓の有効射程は50m程度だが、魔法詩歌弓『風弓』は150m離れた相手にも有効打を与えられる程度には強化されている。
矢を届かせるだけならば200m程度まで可能。


精霊を知覚する
風弓を扱う者の中で、少数の者が謎の声らしきものを聴いたと報告してきた。
それはまわりに人がいない場合でも発生しており、声を聞いた者の話ではおそらく精霊の声ではないかと言われている。真偽は不明。
おおよそ声の内容は使用者を助ける内容だったため、声を聞いた者は好意的にとらえている模様。


関連スレッドを表示
[No.524] 2019/09/16(Mon) 17:10:02 (3726時間48分前)

ヤナギ (No.421への返信 / 1階層) - たい

ヤナギ

落葉性の木本であり、高木から低木、ごく背が低く、這うものまである。先端の枝が細長く垂れ下がっている事が特徴的です。
主に温帯に生育し、寒帯にもある。高山やツンドラでは、ごく背の低い、地を這うような樹木となる。水辺に生育する種が多いが、山地に生育するものも少なくない。


関連スレッドを表示
[No.523] 2019/08/29(Thu) 23:32:32 (4152時間26分前)

フィリ(作りかけ) (No.421への返信 / 1階層) - たい

フィリ

フィリの概要
フィリとは、ドルイド見習いであり、そのお手伝いである。そのため、必ず一人のドルイドを師匠とし、弟子入りする。ドルイドにならずにフィリのままでいる事もできる。
必ずしもドルイドになる必要はない。
主な仕事はドルイドと共に地域振興を手伝う事、自然や出来事を観察して記録を取る事、神殿に行って神官のお手伝いをする事である。

フィリの修行
フィリはドルイドに師事した後、ドルイドに文字や記録の取り方を教わり、町で地域振興の手伝いをする。ドルイドの担当している神様の神殿へ行き、歴史や神様について学ぶ。
また、遠い場所に足を運ぶ事もあるので砂の上での歩き方や山や森での歩き方を教わる。
こうして3年ほど修行すれば一人前のフィリとなる事ができる。
一人前のフィリになれば師匠ドルイドから離れてもよい。好きな地域に根付いたり、旅をしたり、別のドルイドの手伝いをしても良い。


記録関係


旅関係


コミュニケーション関係


関連スレッドを表示
[No.522] 2019/08/23(Fri) 19:19:35 (4300時間39分前)

ドルイド(作りかけ) (No.421への返信 / 1階層) - 鈴藤 瑞樹

【ドルイド歴史関連】

ドルイドとは
ドルイドとは、詩歌藩国にうまれた職業のひとつである。
特定の神を深く信仰し、その神から授かった盟約魔法を使う、いわゆる魔法のエキスパートである。


誕生の経緯
詩歌藩国には魔法があったが、それを扱う者の呼称については特に決まったものはなかった。
魔法は普段から使うものであり、特別なものではなかったのである。
そのうちに幾人かの吟遊詩人や神官が神々との関係を深め、自然保護や豊穣祈願をこなすうちにふつうとは一線を画す仕事をこなすようになった。
これがドルイド、知恵もつ者たちのはじまりである、とされる。



普段の活動
神官であれば神殿内での活動が主となる者もいるだろうが、ドルイドはより広範囲に移動する。
神との対話のために神殿にいることももちろんあるが、それ以上に神の忠実な手足として世界中を旅して回る必要があるからである。
吟遊詩人のように旅先でドルイドに助けられたという話は事欠かない。
詩人たちと違うのは、より魔法と神々に関する問題に目端が効くということである。


価値基準
神々、及び魔法に関わるすべての物事がその活動範囲と言える。
神との対話は盟約魔法を扱うドルイドにとっての基本中の基本であり、彼らはまず自身の信仰する神に従って行動を決定する。それは一国の王の決定よりも上に位置する価値基準であり、ドルイドはそれだけ神を重要視しているという証左でもある。



修行期間
ドルイドとなるには、師となるドルイドについて修行を行い8年ほどの経験を積まなくてはならない。
またドルイドは吟遊詩人や神官のその先にある職業であり、もとは詩人や神官出身者が大部分を占める。

フェリ
ドルイド見習いのことを通称、フェリと呼ぶ。
フェリは師であるドルイドについて修行をおこない、地域や神様の信頼を得たら本格的にドルイドになってドルイドとしての活動を始める。



欠点
魔法には強い適正を持つドルイドだが、その反面、機械技術などとは相性が悪く、苦手としている者が多い。
竜などもこの範疇に入るため、竜との親和性が高いウォーバードなどとは違い一定の距離を置いている場合が多い。






【魔法関連】(10部品くらいほしい?)

有名な魔法
ドルイドが扱う魔法で有名なものとして、天候操作魔法が挙げられる。
これは山岳信仰にあたる霊峰シュティオンを信仰するドルイドたちが扱う盟約魔法のひとつである。
冬の嵐を和らげたり、日照りの季節に雨をふらせたりと活躍の場は非常に多い。



魔法に関して
魔法に関してもドルイドは大きな発言力を持つ。
なんらかの事件や事故に魔法が関与している場合、調査などにはたいていドルイドが関わる。
これはドルイドが魔法について深い造詣を持っていることが理由であり、他国の魔法であっても吟遊詩人として蓄えた知識とドルイドとしての魔法の知恵を合わせて正しい判断を下してくれる。


盟約を結ぶ神
ドルイドは一柱の神を信仰し盟約魔法を習得し、それを扱うすべを磨いていく。
一度に二柱の神を信仰することはないし、信仰を変えたらもとの信仰の魔法は使えなくなる。
単一の魔法しか使えないが、それゆえに強力な魔法を行使できるのがドルイドである。


関連スレッドを表示
[No.521] 2019/08/12(Mon) 21:44:39 (4562時間14分前)

海図(汎用) (No.421への返信 / 1階層) - 鈴藤 瑞樹

【海図】


・海図とは
一般に海図といえば航海用海図をさし、沿岸の地形や水深、浅瀬、航路や航法、海流の情報や灯台などの航海に必要な情報が記されている。
藩国ごとに調査方法は異なるが、詳細な情報は戦争にも使われてしまうことを避けるため、国家機密とされる場合がある。


・基本的な制限
敵対者に使われることを避けるため詳細な海図は国家が管理する。
個人で所有することは難しく、漁村などでは村長が保管、管理するように定められていることが多い。
紛失は厳罰に処され、報告が義務づけられている。
また国外への持ち出しについても制限がある。


・大きさは新聞紙二枚分
海図には定型の大きさがあり、1085ミリ×765ミリだ。
これは新聞紙を広げてそれを二枚並べたサイズと同程度。
かなりの大きさになる。
このサイズは全紙と呼ばれ、その他に二分の一、四分の一サイズがあり、縮尺率や海域によってサイズが異なる。


・海図の種類
ひとくちに航海用海図といってもその用途と縮尺によって総図、航洋図、航海図、沿岸図、港泊図の五種類に分けられている。
それぞれの特徴は別途記述する。


・総図と航洋図
総図は広大な区域を記載したもので、長い航海や航海計画立案に用いられる縮尺400万分の1よりも小さい縮尺のものをさす。
航洋図は長い航海に用いられ、沖合いの水深、主要灯台の位置などが図で示されており、縮尺100万分の1より小さいものを指す。

・航海図と海岸図
航海図は陸地の見える沖合いを航海するときに使用され、船の位置を陸上の目標物で確認できる。縮尺は30万分の1より小さいもの。
海岸図は沿岸航海時に使用し、沿岸の水深、地形、目標などが詳細に記載されている。5万分の1より小さい縮尺になる。

・最後に港泊図
港泊図は港湾への出入港や停泊に利用するため、港湾、泊地、錨地、漁港、水道そして瀬戸などを詳細に記載している。5万分の1未満の縮尺の図はすべてこのカテゴリに分けられる。

・用途に応じた海図を取り替えながら使用する
このように海図には広い区域のものからピンポイントの詳しい情報が記載されたものまでさまざまだ。航海ではひとつの海図を用いるのではなく、その用途に応じた海図を取り替えながら使用するのが常である。


・水深表示の謎
はじめて海図を見た人が意外に思うのは海の深さを示す線が見当たらないことだろう。陸地の地形図なら山などの高さが等高線で示されているので、おおまかな高低やこう配がわかる。
ところが海図にはたくさんの数字が散らばるように書き込まれている。
この数字は水深を示している。



・等深線とは
海図にも、深さを示す等深線なるものはあるのだが、陸地の地形図のように詳細はなく、10メートル、20メートル、50メートルといった程度であくまで補助的なものである。これは船の上での読み取りやすさを考慮しているためである。


・瞬時に水深を把握する必要
安全な航海のためには水深は正確に、しかも素早く知る必要がある。
たとえば大型船舶の船底は4.5メートル、タンカーなら20メートル以上が海中にある。
この船底が海底に触れたら座礁という事態になるため、瞬時に水深を把握する必要がある。


・判読を誤る危険
ことに時化などで大揺れする船のなかで航海地点の水深を読み取る際、いちいち等深線を追うよりも明快な数字で示されている水深値のほうが読み取りやすい。
海図に等深線がびっしり書き込まれていては判読を誤る危険もある。




・潮の満ち引きの差について
また海の深さは潮の満ち引きによって大きく違ってくるが、海図の水深は引き潮でもっとも海面が下がったときの水面の位置、低潮面を基準として測ることが取り決められている。
しかもその深さになった地点ではなく、その深さよりさらに深くなる直前の地点を示すことになっている。
たとえば水深10メートルの地点を示す際、9メートルから10メートルになる地点ではなく、11メートルになる直前の地点を記すのだ。
こうすることで船が座礁するリスクを防いでいる。



・使いやすさ重視
航海用海図の水深や等深線は地形を忠実になぞることよりも実際に安全な航海をするための見やすさと使い道を重視して作製されていると言えるだろう。





・海と陸のさかい目とは
海と陸のさかい目は?と聞かれたら誰もが海岸線と答えるだろう。一見、単純な質問だが、実際の海と陸の境界はもう少し複雑である。
ご存知の通り、海岸に打ち寄せる波は常に動いていて、潮が満ちたり引いたりしている。満潮のときもあれば干潮のときもあり、満潮と干潮では海岸線の姿は様変わりする。場所によっては広い干潟が現れたりもする。



・地形図では
では動く海岸線をどのように判断して地図に書いているのか。じつは地形図に描かれる海岸線は最高水面と呼ばれる満潮時が基準。つまり陸地が一番狭い状態で記されているわけだ。たしかに干潮時を基準にしてしまうと時間によっては地図にあるはずのものが消えてしまうわけだから、満潮時を基準にするのも納得できる。




・低潮線
しかし海図の場合はそう簡単にはいかない。満潮時と干潮時では海の深さも違うし干潮時には海があるはずの場所が陸地になっていたりすると船の航行にとって危険である。そのため海図には干潮時の線、低潮線も引かれている。年間を通してもうこれ以上海水が引かないと考えてられる海面を基準とした線だ。

・線が2本引かれている
つまり海図には海岸線と低潮線の2本が引かれていることになる。
ただし、海岸線と低潮線の間隔が狭く両方を表現できない場合は低潮線を省略して海岸線だけを記載する決まりになっている。
この低潮線は領海を決める基準値となる線でもある。満潮時の海岸線を用いず、干潮時の低潮線を用いる。


・海図ならではの特徴
海図ならではの特徴として、縮尺が許す限り海岸が砂浜なのか岩なのか、それとも崖なのか、その特徴が記されている点。これはもし船が海難事故をおこした際、沈没を回避するために自ら海岸に乗り上げる場合があり、そのときの海岸の性質を見極めるためである。


関連スレッドを表示
[No.520] 2019/08/10(Sat) 13:57:20 (4618時間1分前)

海の岩場の食用貝類 (No.421への返信 / 1階層) - たい

海の岩場の食用貝類

サザエ
海水生の巻貝。浅い岩礁域に生息する食用貝類。足の先に硬い蓋を持っているのが特徴。殻は大型で、殻高、殻径ともに10cm以上になる。
産卵期は夏。藻を食べている。夜行性。
生殖腺(いちばん貝殻の奥にある渦巻き状の部分)の色が雌は緑、雄は灰色(成熟期にはクリーム色になる)。

アワビ
海水生の巻貝。巻き貝であるが、巻いた部分がなく1枚の貝殻のようになっている。アワビの殻は、殻の内側全体から層が付加されて厚くなってゆき、成長した殻は長径5cmから20cm、短径3cmから17cm程度のおおよそ楕円形である。
潮間帯から水深20メートルの岩礁地帯に生息する食用貝類。
産卵期は秋から冬。
大型の海藻類を食べている。
アワビ類の雄雌は生殖腺の色(緑-雌、灰色-雄)で区別できる。

牡蠣(カキ)
淡水と海水の入り混じる海域に生息する二枚貝。
マガキは交代的雌雄同体。
性転換し、生殖は別個体が交代で雌雄の役割をする。
産卵期は6月から8月、一部秋に産卵する個体もある。
食用にされる大型種がよく知られるが、食用にされない中型から小型の種も多い。どの種類も岩や他の貝の殻など硬質の基盤に着生するのが普通であるが、付着する物質は必ずしも岩である必要は無く小さな岩片や他の貝殻も利用される。
他の貝と違って水が無い所でも1週間程度は生存する。また、着生してからはほとんど動かないため、筋肉が退化し内臓がほとんどを占めている。


関連スレッドを表示
[No.519] 2019/08/02(Fri) 23:32:29 (4800時間26分前)

Re: 桃・オオカムヅミ (No.517への返信 / 4階層) - たい

桃・オオカムヅミ

オオカムヅミについて
詩歌藩国の高い山の山頂付近に生息している桃。葉と枝には邪気除け、魔除けの効果があり、その実は甘くて美味しい。
品種名としてはオオカムヅミという名前がある。

高い場所でのみ育つ
おおよそ標高3.5km以上8km未満の高さで育ち、それ以下の高さの土地では育たない。また、低地では種子は発芽しない。標高3500m以上の高さに植えておくと発芽する。
雪の中でも枯れず、詩歌の冬の嵐を耐える。
また、20℃以上かつ高湿度な環境が続く場所では病原菌に負けて枯れてしまう。
また土地の温度が30℃を超える場所では根が熱で死ぬため枯れる。

樹液は凍らないが人体には毒
樹液は不凍液を作り出して凍らない様にしているが食べる事は出来ない。人体には有毒である。
また葉にも人体に対して有毒な成分が含まれるため、どの様な環境下で育ったオオカムヅミの葉でも、食べてはいけない。

根は堅く、幹を支える
山頂付近の強い風の中でも地面から離れないように堅く根をはっている。岩の表面や隙間に根をはり、その根は長い。
根は下方向によく伸び、硬い岩などは避けて伸びる。山頂付近では幹と山を支えるため、下方向50m前後まで根を伸ばす事もある。
樹高は3から10mの小高木だが、10mの高さまで育つ事は稀である。
芽が出てから一年の後に幹が育つ。風に負けて幹が倒れないようにするため、根が伸びるのを待つのである。
また、根が伸びる時、周囲の環境を調べつつ、有毒物質の情報を幹に伝える。

毒素は少量分解して排出する。
多少の毒素のある土地でも育つ。ただし、間欠泉の近くだったり、火口付近の極めて熱い環境では育たない。土に含まれている毒は幹の維管束を通って運ばれ、葉に溜め込まれる。
葉は大気から魔力と光エネルギーを使い、根から集まった水分と毒素を分解、合成し、薬効成分を作る。過剰な毒素は葉から排出する働きがある。
薬効成分は木が死なないために作り、また種子がその毒素で死なないように果実や果皮、種子にも溜め込まれる。

薬効成分を作り出す能力は引き継がない
オオカムヅミは親から薬効成分を託されるが、その薬効成分を作り出す能力は継承しない。
これはオオカムヅミが毒の分解も行なっている事から子孫まで同じ毒に耐性を持つ必要がないからである。

毒に耐性を持てるのは一生に一度だけ。
毒に耐性を持てるのは種子から発芽した後から一度だけである。
基本的には根を伸ばしている最初の一年の間に有害物質の情報を集め、薬効成分を作る準備をする。
しかし、稀にこの期間の間に毒に出会わない個体が発生する。この個体は薬効成分を作る能力が準備状態のまま待機しており、急激な環境変化によって有毒物質が発生した場合には直ちに解毒と薬効の生成を開始する。

強い毒や複雑な毒に耐性を持つ個体は短命
これは、生物としての機能を解毒、薬効成分の生成に対して使う割合が増えるため短命になる。
強い毒と出会ってしまった個体は、一年を待たずして死んでしまう事もある。
複雑な毒は分解に時間がかかり、薬効の生成にも時間がかかるため、果実の量が減少する。
そのため、全ての個体が子孫を残せるわけではない。

苦手で分解出来ない物もある。
塩が大量に存在する環境下では生存できない。塩が少量含まれる土では根から吸い上げ夏季に樹皮から分泌し雪を溶かすのに利用するが、基本的に塩は苦手である。オオカムヅミは塩を分解する事も、塩が大量に存在する環境で適応出来るような薬効成分を作ることも出来ない。
重金属も苦手としており、周囲にそれらがある場合、接触している部分は黒く変色し、表皮が厚くなる。また根から重金属は吸収しない。

メタルライフが持ち込んだ重金属以外の毒素を解毒する。
メタルライフが生きる上で作り出した毒素や排泄物。持ち込んだ毒などを少しずつだが分解する働きもある。
人に無害な物も多いが、植物やオオカムヅミにとって有毒な物もあるため解毒する。

昼と夜の長さが同じ頃に花を咲かせる
春の、昼と夜の長さが同じ頃に花を咲かせる。おおよそ3月の終わり頃である。
綺麗な白い花を咲かせる。両性花である。薄い香りがする。雌しべと雄しべの位置が極めて近く、風で揺れたり重力によって花粉が落ち、自家受粉する。
4月の中頃まで花は見られる。

7月から8月に実る、桃の実
7月から8月に実る秋の果物。
球形で縦に割れているのが特徴的。果実は赤みがかった白色の薄い皮に包まれている。果肉は水分を多く含んでいるが少し固い。甘くて美味しい。
また、痛みやすく収穫後すぐに軟らかくなるため、賞味期間が短い。

果実と果皮と種子には薬効成分がある。
オオカムヅミの果実と果皮と種子には、枝や葉に含まれる、毒素に有効な薬効成分が含まれている。特に果皮と種子に多く薬効成分が含まれており、薬効成分を持つ果皮はとても渋い。種子もとても渋い。
毒のない環境で育ったオオカムヅミの果皮は味がしない。
種子は薬効成分を持つ持たないに関わらず渋い。


関連スレッドを表示
[No.518] 2019/07/30(Tue) 22:51:22 (4873時間7分前)



- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS