01682819

新聞の宅配問題の掲示板 

ご意見ご感想をどうぞ 新聞の宅配問題に限定しません(安 藤)

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定
下記の資料を見つけましたので、とりあえずお知らせ致します。 / 安 藤
下記の資料を見つけましたので、とりあえずお知らせ致します。

2020/10/20 財務省財務総合政策研究所
人口動態と経済社会の変化に関する研究会 第一回報告
「日本で少子化対策はなぜ失敗したのか」
https://www.mof.go.jp/pri/research/conference/fy2020/jinkou202010.pdf

− コロナ後の家族は変わるのか? −
山田昌弘 Masahiro Yamada
(中央大学・文学部・教授)

No.1011 - 2021/08/22(Sun) 12:11:22 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
月刊誌「WiLL9月号」と「Hanada9月号」の広告を見て、評価できる部分と評価できない部分 / 安 藤
月刊誌「WiLL9月号」と「Hanada9月号」の広告を見て、評価できる部分と評価できない部分
---------------------------------------------------------
 7月26日の読売新聞に、月刊誌「WiLL9月号」と「Hanada9月号」の、下記広告が掲載されていて、その中の「Hanada」の「自衛隊は便利屋か 元最高幹部が問題提起」と、「WiLL」の広告の中の、「モノ言う株主 実はハゲタカが狙う東芝切り売り」という部分に注目しました。

 この二つのテーマは、私が、H126 「自衛隊員は無料で使える“便利屋”ではない −災害時の緊急対応に姿を見せない公務員−」と、掲示板 No.1005 - 2021/06/26 「“モノ言う株主”とは何か」で考えた視点(問題意識)と一致したからです。

 この二つはいずれも大事な問題と考えますが、新聞・テレビではそういう問題意識は見られません。

 一方で両誌共に、コロナ対応とオリンピックの開催に関して、「無観客」主張者を批判し、菅総理を「それに反対した」として称賛しています。

 緊急事態等の宣言と終了を何度も繰り返し、感染の拡大と長期化と、国民の「“緊急”疲れ」を招来したことは,トップ(総理)の判断が甘かったことが大きいと言わざるを得ません。

 また、両誌の広告では、何と菅総理の“笑顔”の写真が掲載されていますが、これは限りなく“歪曲”に近い報道と言うべきです。菅総理がこのような笑顔を見せることは皆無です。少なくとも、会見・演説などで国民の前に現れる時にこのような表情は絶対ありません。

 彼の表情は無表情で無愛想です。目は完全に死んでいます。話す言葉は毎回「しっかり」、「万全」、「努力する」などの意味の無い、具体性の無い言葉を連発するだけで、ひとかけらの誠実さも熱意も感じることが出来ません。人格の欠陥を表していると思います。

 しかも、国民に負担を掛けるあらゆる対策は、「知事の要請」を待って、それを受けて「専門家」に諮り了承を得てから実行するパターンばかりで、率先して、リーダーシップを発揮する姿勢が全くありません。考えているのは、責任の回避だけで、率先するのはお金をばらまく時だけです(黒い雨裁判)

 このような「姿勢」で、「死んだ目」で国民に語りかけても、誰も頑張ろうという気にならないのは当然です。

No.1009 - 2021/08/01(Sun) 18:04:11 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
不可解な小林健太郎氏の解任 / 安 藤
 不可解な小林健太郎氏の解任

 7月22日のNHKのテレビニュースは、それぞれ「不可解な小林健太郎氏の解任」、「開閉会式担当 小林賢太郎氏解任 ユダヤ系団体 過去コント非難」と言う二つのタイトルで次の様に報じていました。
----------------------------------------------------------
ユダヤ系人権団体“悪意ある冗談”小林賢太郎氏を非難する声明
2021年7月22日 15時57分  NHK

 アメリカのユダヤ系の人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」は、東京オリンピックの開会式と閉会式のショーディレクターを務める小林賢太郎氏が、過去のコントの中でナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺について悪意ある冗談を言ったとして非難する声明を発表しました。

 アメリカに拠点を置くユダヤ系の人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」は21日、東京オリンピックの開会式と閉会式で「ショーディレクター」を務める小林賢太郎氏について日本のメディア報道を引用する形で過去のコントの中で「ユダヤ人大量惨殺ごっこやろうって言ったときのな」と発言したなどとして非難する声明を発表しました。

 声明の中で「サイモン・ウィーゼンタール・センター」のエイブラハム・クーパー氏は「どれだけ創造的な人物であろうと、ナチスによる大量虐殺の犠牲者をあざ笑う権利はない。この人物が東京オリンピックに関与することは600万人のユダヤ人の記憶を侮辱することになる」としています。

「サイモン・ウィーゼンタール・センター」とは
 「サイモン・ウィーゼンタール・センター」は、1977年に設立されたアメリカの人権団体で、第2次世界大戦中、ナチス・ドイツによって行われたユダヤ人に対する大量虐殺=ホロコーストについての研究調査や記憶を継承していくための取り組み、それにユダヤ系の人々の人権を守るための活動などを行っています。

 団体の名前は、ホロコーストの生存者で戦後、逃亡していたナチスの戦犯の行方を追跡し続け、2005年に亡くなったサイモン・ウィーゼンタールにちなんでいます。

 本部はロサンゼルスにあり、ニューヨークやシカゴなどにも事務所があります。
----------------------------------------------------------
開閉会式担当 小林賢太郎氏解任 ユダヤ系団体 過去コント非難
2021年7月22日 19時50分  NHK

 東京オリンピック・パラリンピックの開会式と閉会式のショーディレクターを務める小林賢太郎氏について、大会組織委員会は過去にナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺をやゆするセリフを使用していたとして22日、解任しました。オリンピックとパラリンピックの開会式では学生時代のいじめの告白をめぐって批判が相次いだ作曲担当者の1人でミュージシャンの小山田圭吾氏が辞任したばかりで、開会式直前に担当者が相次いで辞める事態となっています。

 23日に開催される東京オリンピックと来月のパラリンピックの開会式と閉会式でショーディレクターを務める小林賢太郎氏は、過去のコントでナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺をやゆするセリフを使用していたとして、アメリカに拠点を置くユダヤ系の人権団体が非難する声明を発表していました。

 これを受けて組織委員会は22日、小林氏をオリンピックとパラリンピックの開閉会式のショーディレクターから解任したことを明らかにしました。

 東京オリンピックとパラリンピックの開会式をめぐっては、学生時代のいじめの告白に批判が相次いだ、作曲担当者の1人でミュージシャンの小山田圭吾氏が辞任したばかりで、直前に担当者が相次いで辞める事態となっています。

組織委 橋本会長「外交上の問題もあり早急に対応」
 組織委員会の橋本会長は「開会式を目前に控えてこのような事態になり、多くの関係者、都民、国民にご心配をおかけしたことを深くおわび申し上げます」と述べました。

 また、小林氏について橋本会長は「けさ情報が入るまで過去の発言は知らなかったが、外交上の問題もあり早急に対応するため解任することになった」と述べました。

 そして「次々と多くの問題が発覚し、後手後手に回っている印象があり反省している。今回は早急に解任という手続きを取ったが、一連の問題に対して組織委員会として事前にどれだけ過去の問題を調査していなければならなかったということも含めて責任を痛感している」と述べました。

 さらに「マイナスのイメージがどうしてもぬぐえない状態で開幕を迎えようとしているが、大会を通じて国内や国際社会の多くの方々から信頼を得られるような取り組みをしっかりしていかないといけない」と述べました。

アウシュヴィッツ平和博物館館長「大会の意義を問い直す必要」
 福島県白河市の「アウシュヴィッツ平和博物館」の小渕真理館長は「いくら20何年前の若かりしころの過ちといえども、根本的には許されることではないし、開会式前日に非常に驚くとともに残念に思う。本来であれば平和の祭典で、地球上に戦争や紛争、暴力がある中、オリンピックを通して平和を伝えていく作業が必要な時代だと思っているが、こうした問題により本来の意味も損なわれてしまう」と話しています。

 そのうえで、「今回の件で、まだまだ気を引き締めてアウシュビッツを通して平和や人権の問題を伝えていかないといけないと久しぶりに考えさせられた。70何年前の遠い、よその国の出来事ではなく、今の自分の社会や生活と照らし合わせていくと、差別やいじめも含めて身近にある問題につながる。ただの勝ち負けではなく、大会をやる意義について本質的に問い直す必要がある」と話していました。

 「アウシュヴィッツ平和博物館」はポーランドの国立博物館の協力を受けてできた施設で、ユダヤ人が大量虐殺されたアウシュビッツ強制収容所の資料などが展示されています。

組織委事務総長「小林氏は全体の調整を行っていた」
 小林氏の開閉会式の演出上の役割について、組織委員会の武藤事務総長は「場面ごとの担当者はそれぞれにいて、それらを統一的な一貫性のあるものにするのが小林氏の役割だった。全体の調整を行っていた」と説明しました。

 また、23日の開会式の演出が見直されるのかということについて、橋本会長は「全体を早急に見直している。どのようにしていくかということを早急に協議し結論を出したい」と述べるにとどまりました。

小林氏「当時の愚かなことば選び 間違いだった」
 解任を受けて小林賢太郎氏は組織委員会を通じてコメントを発表しました。

 小林氏は「ご指摘のとおり、1998年に発売された若手芸人を紹介するビデオソフトの中で、私が書いたコントのセリフに極めて不謹慎な表現が含まれていました。思うように人を笑わせられなくて、浅はかに人の気を引こうとしていたころだと思います。その後、自分でもよくないと思い、考えを改め、人を傷つけない笑いを目指すようになっていきました」と釈明しました。

 そのうえで「人を楽しませる仕事の自分が人に不快な思いをさせることは、あってはならないことです。当時の自分の愚かなことば選びが間違いだったということを理解し、反省しています。不快に思われた方々におわびを申し上げます」と謝罪しました。


小林氏の役割は開会式と閉会式「ショーディレクター」
 小林賢太郎氏は、東京オリンピックの開会式と閉会式で「ショーディレクター」を務めていました。

 ホームページによりますと20年余り前に2人組でコントを演じる「ラーメンズ」としてデビューし、その後も劇場での公演を中心に活動しました。

 今回、アメリカのユダヤ系の人権団体から非難を受けたコントは、「ラーメンズ」の活動をしていた頃に演じられたものとされ、ユダヤ人の大量虐殺について悪意のあるセリフが含まれているなどとしてネット上に投稿が相次いでいました。


(中略)

菅首相「言語道断 あってはならないこと」
 菅総理大臣は、総理大臣公邸で記者団に対し「言語道断で、全く受け入れることはできない。あってはならないことで、秘書官を通じて、組織委員会に対し、受け入れられないという対応をした」と述べました。


 そのうえで東京オリンピックの開会式について「予定どおり行うべきだと思う」と述べました。

 また記者団が「関係者の辞任などが相次いでいるが」と質問したのに対し「組織委員会は重く受け止めていると思う。同時に、今まで準備してきたことについて、しっかりやってほしい」と述べました。

茂木外相「極めて不適切」
 茂木外務大臣は「ホロコーストの悲劇は人類史の中でも類を見ない残虐行為だった。小林氏の発言は、いかなる文脈や状況で行われたにせよ極めて不適切であり、受け入れられるものではなく、オリンピック・パラリンピックが目指す『団結』や『共生社会の実現』という目標とも、まったく相容れないものだ。日本政府としてはオリンピック・パラリンピックの精神を体現する大会となるよう、引き続き全力を尽くしていきたい」とする談話を発表しました。

小池都知事「とても驚いた 組織委の判断は適切」
 小林賢太郎氏を大会組織委員会が解任したことについて、東京都の小池知事は「とても驚いた。今回の件はオリンピック憲章にも、また憲章でうたわれる人権を尊重するという都の条例にも反するもので、組織委員会の判断は適切だと考えている」と述べました。

相次ぐ事態に街では批判の声
 大会関係者が相次いで辞める事態に街では批判の声が聞かれました。

 都内に住む60代の女性は「オリンピックが始まるという時に、相次いで担当者が辞める事態となり、開催国の国民として残念で恥ずかしいですし、アスリートにも失礼だと思います。女性蔑視発言もそうですが、これまで許されてきたこともおかしいと思いますし、オリンピックをやる時点で襟を正すべきだったと思います」と話していました。

 また、埼玉県の50代の男性は「やるからには成功してほしいがコロナもあり経済的にもいい面はなく、エンブレムの問題以降、途中途中で批判されて辞める事態が相次いでいるが、最初に選ぶときにふさわしい人を選んでおけば問題にならなかったのではないか」と指摘していました。

 また、都内の20代の大学生の男性は「20年ほど前の話を言われるのはかなという思いもあるが、内容的には非難されてもしかたない。開催を楽しみにしてきたがコロナの中でやるほどではない。延期から1年あったので早めにオリンピックに見切りをつけて、ほかのことに力を使えばよかったのではないかと思います」と話していました。
-----------------------------------------------------------
 今回の動きは大変不可解です。小林氏が“言った”と報じられているのは、芸能人としてコントを演じていた時の、“悪意ある冗談”で「ユダヤ人大量惨殺ごっこやろうって言ったときのな」と言う部分だけで、しかもそれは20年前の事です。しかも、その後本人は反省し、今回改めて謝罪しています。

 解任するのは過酷な処罰では無いでしょうか。この問題がなぜ、直前になって表面化したのか疑問が残ります。
 組織委員会、総理が慌てて処分しなければならない問題でしょうか。拙速の感を拭えません。誰かがIOCの言うことを素直に聞かない日本に対する何らかの意思表示として仕組んだものではないのでしょうか。

No.1008 - 2021/07/22(Thu) 23:16:04 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
韓国人は「対日過剰(異常)反応症候群」という精神疾患を患っているのです / 安 藤
韓国人は「対日過剰(異常)反応症候群」という精神疾患を患っているのです。

 韓国側が、ムン大統領の訪日を取引材料にして、日本に譲歩を迫るという発想がそもそもずれていますね。

 日本で韓国の大統領の訪日を待ち望んでいる人は居ません。それをネタに譲歩を迫るというところが、まさに「自慰(自虐?)行為」なのです。

 「自慰行為」とは、的確な表現ですね。しかし、この的確な表現は最近の韓国大統領の訪日をめぐる動きだけに限りません。韓国人の「No Japan」にも、旭日旗非難にも、すべてに当てはまります。すべては自分の対日劣等感、被害妄想を爆発させて、精神状態の安定を図る「自慰行為」なのです。

 「自慰行為」の一言は、韓国人には相当堪えていると思います。「日韓」のターニングポイントになる一言となる可能性があります。

 韓国人は「対日過剰(異常)反応症候群」という精神疾患を患っているのです。その症状を指摘する一言です。

菅総理のブレない対応は評価すべきです(単なる無策の可能性もありますが)。

 これは米中関係の悪化に伴う、アメリカの日韓に対する変身が大きく作用しています。しかし、アメリカも表だっては何も言っていないので、いつ再変身するか分かりませんが。

No.1007 - 2021/07/20(Tue) 07:13:50 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
豪雨頻発の中で、聞かれなくなった「水不足」 / 安 藤
豪雨頻発の中で、聞かれなくなった「水不足」

 日本では連日集中豪雨の被害が報じられていますが、地球温暖化の影響で、世界各地で40度以上の猛暑等の異常気象が報じられています。

 しかし、日本では忘れられていることがあると思います。それは「水不足」です。
 過去、10年から20年以上前までは、日本のどこかで例年のように降雨量の不足による水不足が起き、給水制限が実施されていました。特に、四国の瀬戸内海沿岸地域では、頻発していたように記憶します。しかるにここ数年は全く報じられることが無くなりました。

 降雨量が多いことは、備えさえ整えておけば多すぎて困ることはありません。海に捨てれば良いのですから。
 水不足に悩む国が多い中で、豪雨は感謝すべき事です。

No.1006 - 2021/07/13(Tue) 11:56:57 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
“モノ言う株主”とは何か。 / 安 藤
“モノ言う株主”とは何か。
 6月25日のNHKのテレビニュースは「東芝 株主総会 永山取締役会議長ら2人の再任 反対多数で否決」と言うタイトルで、次の様に報じていました。
----------------------------------------------------------
東芝 株主総会 永山取締役会議長ら2人の再任 反対多数で否決
2021年6月25日 22時36分 NHK

東芝の株主総会で、永山治取締役会議長ら社外取締役2人の再任が反対多数で否決されました。会社が提案した人事案が否決されるのは異例で、いわゆる“モノ言う株主”への対応などをめぐり企業統治の責任を株主から厳しく問われたかたちです。

東芝では、株主に選任された外部の弁護士が去年の株主総会の運営についての報告書で、会社と経済産業省が連携し筆頭株主でいわゆる“モノ言う株主”の提案を妨げるため、一部の株主に不当な影響を与えたと指摘し、「公正に運営されたものとはいえない」と結論づけました。

この問題をめぐる会社側の対応に批判も出る中、25日の株主総会では取締役11人の人事案が諮られ、採決の結果、永山治取締役会議長ら社外取締役2人の再任が反対多数で否決されました。

会社が提案した取締役の人事案が否決されるのは、異例です。

この背景には、議案への賛否をアドバイスする議決権行使の助言会社が、“モノ言う株主”への対応などに永山議長らは責任を負うべきだとして、再任に反対するよう推奨していたことがあります。

海外の機関投資家など株主の多くが反対票を投じたものと見られ、会社の経営が適正に行われているか監督する企業統治の責任を株主から厳しく問われたかたちです。

これを受けて、東芝は株主総会後の取締役会で、綱川智社長が暫定的に議長を兼務することを決めました。

一方、総会で承認された新任の社外取締役で、金融機関出身のジョージ・オルコット氏が辞任を申し出て、受理されたということです。

去年の株主総会を調査の弁護士「重たい結果」
東芝の去年の株主総会に関する調査を行い「公正に運営されたものとはいえない」と結論づけた中村隆夫弁護士も25日の総会に出席しました。

永山治取締役会議長ら社外取締役2人の再任が否決されたことについて、中村弁護士は「重たい結果だと思う。私たちとしては、できるかぎり正確に、客観的な報告書を作らせていただき、それに対して株主の皆さんが判断されたということだろう。東芝は結果を受け止め、しっかり前に進んでもらいたい」と話していました。
株主からは厳しい意見
東芝の株主総会で、永山治取締役会議長ら社外取締役2人の再任が否決されたことについて、出席した株主からは厳しい意見が聞かれました。

兵庫県から参加したという46歳の男性は「2人の再任が否決されたことは、会社のこれまでの対応に疑問が残る以上、妥当な判断だと思う。東芝は日本を代表する企業でもあるので、今回の問題を踏まえてよりよい方向に進んでほしい」と話していました。

ほかの株主の男性は「今回の結果は妥当だ。株主は、経営者にものを言わないといけない立場なのに、その言動を抑えるようなことをすれば株式会社として成立しない。きょうの株主総会では今後の対応について質問したが、『適切に対応する』というひと言だけで残念だった」と話していました。

また、別の株主の男性は「2015年の不正会計問題以来、経営陣に危機意識がないと思う。心から株主や社員のことを思う誠意がみられず残念だ」と話していました。
主力の取引銀行幹部「ダメージは大きい」
主力の取引銀行の幹部は事前の取材に対し、「東芝の経営は永山治議長なしではうまくいかない。株主にはその点をぜひ理解してもらいたい」と述べていました。

東芝は、過去の不正会計問題などを踏まえ企業統治をどのように強化するかが課題になっていて、取引銀行の関係者からは永山氏の手腕に期待する声があがっていました。

25日の株主総会のあと、取材に応じた主力取引銀行の別の幹部は、「永山氏は東芝の経営のかじ取り役だった。改革に道筋をつけようとしていただけに、再任の案が否決されたダメージは大きい」と述べ、懸念を示しました。
助言会社の大手2社 社外取締役の再任に反対を推奨
機関投資家に議案への賛否をアドバイスする議決権行使の助言会社の大手2社が、永山治取締役会議長ら一部の社外取締役の再任について、反対を推奨していました。

この2社は、アメリカの「ISS」と「グラスルイス」で、株主総会の運営に関する会社側の調査への対応などをめぐり、永山氏らは責任が問われるべきだなどとしていました。

まとまった資金を株式などで運用している機関投資家は、助言会社のアドバイスをもとに議案への賛否を決めるケースが多く、2社が永山氏らの再任について反対を推奨していたことは、今回の採決の結果にも一定の影響を与えたとみられます。
株主の日本生命 会社提案の人事案すべて賛成
東芝の株式を保有する株主の日本生命は、永山議長を含めて会社が提案した取締役11人の人事案にすべて賛成したことを明らかにしました。

そのうえで株主総会の結果について「一時的に経営が混乱することは避けられないと思われるが、早急に新体制を構築し、全社一丸となって一連の事象の事後対応と成長戦略の遂行をお願いしたい」としています。
経済産業省 コメント差し控えたい
永山治取締役会議長らの再任が否決されたことについて、経済産業省は個別企業の株主総会や人事についてはコメントを差し控えたいとしたうえで、「東芝には、株主との対話を通じたコーポレートガバナンスの向上を図りつつ、国の安全の確保にとって重要な事業や技術の安定的な発達が図られることを期待している」としています。
“モノ言う株主”への対応などめぐり混乱続く
東芝はことし3月に臨時の株主総会を開き、去年7月の株主総会が公正に運営されたかどうか調査するため、弁護士を選任する議案を諮りました。

いわゆる<fontcolor="#ff0000">“モノ言う株主”として知られる筆頭株主の投資ファンド「エフィッシモ・キャピタル・マネジメント」による提案で、会社は反対を呼びかけましたが、賛成多数で可決される異例の結果となりました。

選任された弁護士は今月10日に報告書をまとめ、この中でエフィッシモの提案を妨げるため会社と経済産業省が連携して不当な影響を一部の株主に与えたと指摘し「総会が公正に運営されたものとはいえない」と結論づけました。

これを受けて、東芝は永山取締役会議長が陳謝するとともに、責任の所在を明確にするため、外部の第三者も加わって改めて調査を行う方針を示しました。

また、報告書で外部の弁護士よりも前に去年の株主総会の運営について調査を行っていた監査委員会が機能を十分に果たしていないと指摘されたことを受けて、担当の社外取締役2人を退任させることを決め、総会直前に人事案を変更していました。

一方、この間のことし4月、東芝はイギリスに本拠を置く投資ファンドから、上場を取りやめて株式を非公開にする買収提案を受けました。

いわゆる“モノ言う株主”など外部から影響を受けない体制を目指すものでしたが、当時の車谷暢昭社長が、かつてこの投資ファンドの日本法人のトップを務めていたことなどから、提案の背景が不透明だという批判が出ました。

こうした中、買収提案からおよそ1週間後、車谷氏が辞任し、綱川智会長が社長に復帰するなど、“モノ言う株主”への対応などをめぐり混乱が続いています。
永山治氏とは
永山治氏は大手製薬会社、中外製薬のCEOを1992年から26年間、務めたほか、2013年から6年間はソニーの取締役会議長を務め、グローバル企業の経営に関する経験と見識を評価されて、去年7月、東芝の取締役会議長に就任しました。

ことし4月に会社が外資系の投資ファンドから買収提案を受けた際には、議長として対応にあたりました。

この買収提案は、いわゆる“モノ言う株主”など外部から影響を受けない体制を目指すものでしたが、当時の車谷暢昭社長が投資ファンドの日本法人の経営トップをかつて務めるなど提案の背景が不透明だと批判が出る中、車谷社長が辞任したことを受けて綱川智会長が社長に復帰する人事を主導しました。

また、今月10日に去年7月の株主総会をめぐって株主に選任された外部の弁護士による報告書が公表されると、責任の所在を明確にするため外部の第三者も加わって改めて調査を行う方針を示すとともに、総会運営には問題がなかったとした監査委員会を担当する社外取締役2人の退任を決めました。

しかし、株主の間からは永山氏の責任を問う意見もあり、議決権行使の助言会社が再任に反対することを推奨していました。
再任否決された社外取締役 小林伸行氏とは
25日の東芝の株主総会で、永山治氏とともに再任が否決された社外取締役の小林伸行氏は公認会計士で、会社の監査委員会の委員でした。

去年の総会をめぐり、株主に選任された外部の弁護士が「公正に運営されたものとはいえない」と結論づけたのに対し、小林氏らの監査委員会は、「問題はなかった」としていました。
----------------------------------------------------------------------------------
 記事では“モノ言う株主”とはどういう立場で、何を言う人達のことを言うのか明確にされていませんが、
 会社のためにモノを言うのでは無く、株主のため、自分の(短期的)利益のためにモノを言う人達だと思います。今までの日本の株主の多くが、長い目で見た会社の利益ためを重視してきたのとは根本的に異なると思います。もちろん従業員のことなど一顧だにしない人達だと思います。
 今までの日本の大企業では、従業員(組合)も長期的な会社の利益のために、協力してきましたが、今後は“モノ言う株主”に対しては、そのような甘い対応は出来なくなると思います。

 思えば東芝が今日の苦境に至ったのは、アメリカの原子力企業ウェスティング・ハウスを買収し、その後、隠れていた(隠されていた)不良債権・債務により大損害を蒙ったことが原因です。

 今回の“モノ言う株主”達の国籍は分かりませんが、彼らに骨までしゃぶられる結果になるのでは無いでしょうか。

No.1005 - 2021/06/26(Sat) 12:02:26 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
東京都議会議員選挙の応援をする菅総理は、持論の「東京一極集中排除」について、なぜなにも語らないのか / 安 藤
東京都議会議員選挙の応援をする菅総理は、持論の「東京一極集中排除」について、なぜなにも語らないのか

 6月25日のNHKテレビニュースは、「【党首らの訴え】都議選告示 国政選挙並みの態勢で臨む各党」と言うタイトルで、それぞれ次の様に報じていました。
-----------------------------------------------------------
【党首らの訴え】都議選告示 国政選挙並みの態勢で臨む各党
2021年6月25日 12時39分  NHK

任期満了に伴う東京都議会議員選挙が25日、告示され、来月4日の投票日に向けて9日間の選挙戦に入りました。秋までに行われる衆議院選挙の前哨戦とも言われる今回の選挙に各党とも国政選挙並みの態勢で臨んでいて、各党の党首が出陣式や街頭などで支持の拡大を訴えました。

都民 荒木代表「小池知事の改革をしっかり支えていく」
都民ファーストの会の荒木代表は「小池知事が都議会で改革を行っていくために、私たち、都民ファーストの会がしっかりと支えていく。コロナ禍にあって、都民の代弁者はいるのでしょうか。東京オリンピック・パラリンピックでも都民の暮らしや命がないがしろになっている。命懸けで、都民の生活、命、そして、暮らしや事業を守り抜いていく覚悟であります。古くて遅くて、頼れない国を、そして都議会を、しっかりとスピード感を持って新しく変えていきたい」と述べました。

自民 菅首相「東京都の成長が日本の成長に」
自民党の菅総理大臣は、党本部で行われた出陣式で、「ワクチン接種に全力を挙げている。国民の安全安心を何としても確保していきたい。東京オリピック・パラリンピックで最優先すべきは安全安心だ。災害に強いまちづくり、あるいは観光都市や金融センター、中小企業対策など、連携をしながら、東京都を成長させる。それが日本の成長につながる」と述べました。

公明 山口代表「市議や区議など組織網生かしコロナに対応」
公明党の山口代表は、東京 調布市で、「コロナ対応は、政府・国だけでできるものではない。皆様の声をキャッチできる力がなければならず、市議会議員や区議会議員、それに、国会議員のいない政党ではできない。ネットワークを生かして、コロナに安心して立ち向かい、乗り越えられるように進めていく」と訴えました。

(以下略)
------------------------------------------------------------
 自民党の菅総理と、公明党の山口代表は重要なことに触れていません。
 菅総理は東京都民に対して、持論の「東京一極集中排除」「地方創生」について、なぜなにも言わないのでしょうか。何かを言うべきです。

 また、公明党の山口代表は、4年前の前回選挙ではそれまで都議会で自民党と連立与党として都政に参加していたのを覆して、小池知事の支援団体である「都民ファースト」と選挙協力をして「連立与党」と成っていたものが、なぜ今回「都民ファーストの会」と絶縁して自民党との関係を復活したのかについて、都民に対して説明すべきです。

 しかるに2人とも都合の悪いことには口を津噤んでいます。

 同日のNHKの朝のニュースでは、「東京都議選の争点 「コロナ対策・対応」が70% NHKアンケート」と言うタイトルの、次の様な報道もありました。
----------------------------------------------------------
東京都議選の争点 「コロナ対策・対応」が70% NHKアンケート
2021年6月25日 4時26分  NHK

 東京都議会議員選挙に立候補を予定している人に対するNHKのアンケートで、今回の最大の争点は何か尋ねたところ、70%の人が「新型コロナウイルスの対策・対応」と回答しました。

 今回の東京都議会議員選挙でNHKは、立候補を予定している260人余りにアンケートを行い、これまでに254人から回答が寄せられました。

このなかで、選挙の最大の争点は何だと思うか8つの選択肢を挙げて尋ねたところ、「新型コロナウイルスの対策・対応」が70%と最も多くなりました。

 次いで、「小池知事の評価」が10%、「東京オリンピック・パラリンピックの在り方」と「少子高齢化の対策など福祉政策」がそれぞれ4%、「首都直下地震の対策」が1%、「いずれもあてはまらない」が10%、「回答しない」が1%でした。

(以下略)
------------------------------------------------------------
 NHKは今回の選挙に際して、立候補予定者260人余りに対して、8つの選択肢を提示してアンケート調査をして、その結果を報じていますが、この「東京一極集中排除」と「公明党の動き」の2点については選択肢としてあげていません。

 この2点はNHKにとっても都合の悪い質問なのでしょう。

 菅総理秋田県出身で強い郷土愛の持ち主のようです。「東京一極集中排除」と「地方創生」はそれを抜きにしては考えられません。
 現在の選挙区は神奈川二区で、首都圏(広義の東京圏)ですが、神奈川二区の選挙区でも、「東京一極集中排除」の演説はしているのでしょうか。

No.1004 - 2021/06/26(Sat) 11:25:41 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
中学生の夏休みワクチン接種に反対したのは日教組では無いのか / 安 藤
中学生の夏休みワクチン接種に反対したのは日教組では無いのか

 6月20日と21日のNHKテレビニュースは、「児童生徒ワクチン接種“近く文科省が方針示す”河野規制改革相」、「河野大臣 “児童生徒夏休みに接種”発言で陳謝「『誤解与えた』」と言うタイトルで、次の様に報じていました。
-----------------------------------------------------------
児童生徒ワクチン接種“近く文科省が方針示す”河野規制改革相
2021年6月20日 11時35分  NHK

 新型コロナウイルスワクチンの児童・生徒への接種について、河野規制改革担当大臣は「夏休みに打ってもらい、2学期は心配せずに学校に行ける状況にできたらいい」と述べ、近く文部科学省が方針を示すとの見通しを示しました。

 河野規制改革担当大臣は20日朝、日本テレビの情報番組「シューイチ」に出演しました。

 この中で河野大臣は、12歳から15歳の児童・生徒に対する新型コロナウイルスのワクチン接種について、「有効性も安全性も、年齢による差がほとんどないことが分かっている。義務ではないので学校の授業時間に集団で打つことはないと思うが、夏休みに打ってもらい、2学期は心配せずに学校に行ける状況にできたらいい」と述べました。

 そして、文部科学省が近く、児童・生徒への接種に関する方針を示すとの見通しを示しました。

(以下略)
---------------------------------------------------------
河野大臣 “児童生徒夏休みに接種”発言で陳謝「誤解与えた」
2021年6月21日 16時40分 NHK

 新型コロナウイルスワクチンの児童や生徒への接種をめぐり、河野規制改革担当大臣は「夏休みに打ってもらえたらいい」と述べたことについて、政府として夏休み中に接種を終えるよう求めたものではないと説明し、誤解を与えたとして陳謝しました。

 河野規制改革担当大臣は、20日に民放の番組で、12歳から15歳の児童や生徒に対する新型コロナウイルスのワクチン接種について「夏休みに打ってもらい、2学期は心配せずに学校に行ける状況にできたらいい」などと述べました。

 これについて河野大臣は21日に、記者団に対し「政府として、何か急いでやってくださいということでもなく、夏休み中に終わらせてくださいということでもない」と述べ、児童や生徒への接種を夏休み中に終えるよう求めたものではないと説明しました。

 そのうえで「自治体がいろいろとスケジュールを考えてくれていると思うし、保護者の同意も必要なので、そういうことを考えながら自治体でやってくださいということだ。私の舌足らずで、誤解を与えてしまいおわびを申し上げたい」と陳謝しました。

 一方、河野大臣は21日から職域接種が本格的に始まったことを踏まえ、大学生に対しては、可能なかぎり夏休み中に接種を終えてほしいと求めました。
----------------------------------------------------------
 12歳〜15歳の子供に対して、ワクチン接種はした方が良いのか、しない方が良いのかどちらなのでしょうか。100対0の答えは無いにしても、した方が良いとは言えるのでは無いでしょうか。12歳が問題ないこと、強制では無い事は河野氏が最初から明らかにしています。そして、どうせするなら少しでも早いに越したことが無い事は、言うまでもありません。良いアイデアだと思います。

 この河野規制改革相の提案について、即座に訂正が出てきたことが翌日に報じられていますが、誰から、どの組織から異論・反論が出たのかが全く明らかにされていません。
 また、河野氏の弁明が夏休みにこだわっているように聞こえますし、保護者の同意が必要なことは、ワクチンに限らず言うまでも無いことで、この点も不可解です。

 この反論は「日教組」とその手下である文科省自体から出てきたのではないのでしょうか。夏休みに“出てこい”などとは論外である、と言う所では無いでしょうか。
 もしそうだとしたら、この両者はこの非常事態で、生徒の安全と円滑な学校生活よりも、自分の夏休み(本来教師に“夏休み”があるのでしょうか)を重視・優先するという最低の人たちと言わざるを得ません。学校・文科省がこんなことだから、教師を志望する学生が減少するのです。

 反論が出たことは間違いないにも拘わらず、その出所を隠すだけで無く、出所自体に触れていないNHKは視聴者に真実を伝えるよりも、異論の出所を保護することしか考えていません。

No.1003 - 2021/06/21(Mon) 23:01:14 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
ワクチンの政治利用 / 安 藤
ワクチンの政治利用

 6月15日の読売新聞は、「ベトナムにあすコロナワクチン約100万回分提供へ 茂木外相」と言う見出しで、次の様に報じていました。
------------------------------------------------------------
ベトナムにあすコロナワクチン約100万回分提供へ 茂木外相
2021年6月15日 15時05分  NHK

 新型コロナウイルスワクチンの海外への提供をめぐり、茂木外務大臣は、16日にベトナムに対しおよそ100万回分を提供することを明らかにしました。また、7月上旬にもインドネシアやタイなど、東南アジアの4か国にワクチンを提供したいという考えを示しました。

 茂木外務大臣は閣議のあとの記者会見で、先に台湾に対し新型コロナウイルスワクチン124万回分を提供したのに続き、16日にベトナムに対し、日本で製造したアストラゼネカのワクチンおよそ100万回分を提供することを明らかにしました。

 また、7月上旬にもインドネシア、タイ、フィリピン、マレーシアの4か国にワクチンを提供したいという考えを示しました。

 さらに、台湾やベトナムへの追加の提供や、ワクチンを分配する国際的な枠組みを通じた供与も検討していく方針を示しました。

 茂木大臣は、新たなワクチン提供を調整しているのはいずれもASEAN=東南アジア諸国連合の国々だとしたうえで「ASEANは日本が提唱した、自由で開かれたインド太平洋を実現していくうえでも極めて重要な国々だ。国内の感染状況やワクチンの不足、そして日本との関係などを総合的に勘案して判断した」と述べました。

ベトナム 首相「心より感謝」
 日本政府が新型コロナウイルスのワクチン、およそ100万回分をベトナムに提供すると決めたことについて、ベトナムのファム・ミン・チン首相は、日本の大使と会談して感謝の意を示しました。

 ベトナムのファム・ミン・チン首相は15日午前、首都ハノイで日本の山田滝雄大使と会談しました。

 冒頭、山田大使は、日本政府が日本で製造されたアストラゼネカのワクチン、およそ100万回分をベトナムに無償で提供すると決定したことを伝えました。

(以下略)
-----------------------------------------------------------
 茂木外相は、ワクチン無償提供と、「自由で開かれたインド太平洋」という「外交・安保」を結びつけて論じています。確かにそれは本音だと思いますが、大規模な感染症の蔓延に対する人道的な支援を,露骨に結びつけて表明するのは避けるべきで、それではワクチンを「一帯一路」の拡大の手段に、利用している中国を非難出来なくなります。

No.1002 - 2021/06/15(Tue) 23:15:37 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
もう見たくない菅のバカ面 / 安 藤
もう見たくない菅のバカ面

 6月13日の読売新聞は、「G7終えた菅首相、東京五輪『全首脳から力強い支持いただいた』」と言う見出しで、次の様に報じていました。
-------------------------------------------------------
G7終えた菅首相、東京五輪「全首脳から力強い支持いただいた」
2021/06/13 23:34 読売
G7サミット
 【コーンウォール(英南西部)=藤原健作】菅首相は13日午後(日本時間13日深夜)、対面形式では初めての参加となった先進7か国首脳会議(G7サミット)を終え、「率直に意見交換できた。普遍的価値を共有しているG7として、これからの国際秩序をリードしていきたい」と述べた。コーンウォールのホテルで同行記者団に語った。

G7サミットを終え、記者の質問に答える菅首相(13日午後、英コーンウォールで)=伊藤紘二撮影
 今夏の東京五輪・パラリンピックについては、「全首脳から大変力強い支持をいただいた」と強調した上で、「しっかりと開会し、成功に導かなければならない。そういう決意を新たにした」と述べた。
---------------------------------------------------------
 日本国内の感染状況を踏まえて、日本国民の命を守る為に、オリンピックは予定通り開催すべきか否かと言う事は、日本国民の問題であって、外国首脳が判断すべき事ではない。
 外国首脳が言ったことは、「日本政府の判断を尊重する」と言う意味でしかない。その外国首脳の発言を国内の論議に利用するとは、政治家として最低の発言である。
 改めて思う、「もう見たくない菅のバカ面」

No.1001 - 2021/06/14(Mon) 10:51:20 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
「朝日」と「毎日」の行為は人間のクズのすること / 安 藤
産経の「夕刊フジ」の「ZAKZAK」にこういう記事がありました。
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/210519/dom2105190006-n3.html

------------------------------------------------------------
 「メディアの役割」問う朝日、毎日の“全面戦争” ワクチン架空予約問題めぐり「極めて悪質」「公益性ある」…「お互い頭冷やして」識者 (1/3ページ)
2021.5.19
印刷

渦中の朝日新聞出版(写真)と毎日新聞社渦中の朝日新聞出版(写真)と毎日新聞社
渦中の朝日新聞出版と毎日新聞社(写真)

 岸信夫防衛相と河野太郎ワクチン担当相が、朝日新聞出版と毎日新聞の報道姿勢に異議を唱えた。防衛省が運営する東京と大阪の新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターの予約システムをめぐり、同出版が運営するニュースサイト「AERA dot.(アエラドット)」と毎日新聞などが、架空の接種券番号で予約ができるかを検証して報じたことに、記者会見で「悪質な行為。厳重に抗議する」などと表明したのだ。政府・与党関係者からは同様のコメントが相次ぐ一方、一部の野党幹部識者からは「メディアの役割」などと、AERAや毎日新聞側を支持する声も集まっている。 

 「今回、朝日新聞出版AERAドットおよび毎日新聞の記者が不正な手段により予約を実施した行為は、本来のワクチン接種を希望する65歳以上の方の接種機会を奪い、貴重なワクチンそのものが無駄になりかねない極めて悪質な行為です」

 「不正な手段でのワクチン接種の予約は、本当に希望する方の機会を喪失し、ワクチンが無駄になりかねないと同時に、この国難ともいうべき状況で懸命に対応にあたる部隊の士気を下げ、現場の混乱を招くことにもつながります」

 岸氏は18日朝、ツイッターで複数の投稿に分けて、こう主張した。指摘を受けた不備については、システム改修することを表明した。


 バトルの発端は、17日にスタートした大規模接種センターの予約システムをめぐり、アエラドットと毎日新聞の記者が「架空の接種券番号」で予約ができるかを検証した報道だ。いずれも予約ができたことを確認したうえで、予約システムに不備があると報じた。日経BPが運営するニュースサイト「日経クロステック」でも、同様の記事が掲載されている。

 国民の「命を救う切り札」であるワクチン接種を加速するため、防衛省・自衛隊は本来の「国防」任務と並行して、ワクチン接種任務を準備している。「国難」ゆえ、ほぼ突貫工事に近い。

 岸氏は虚偽予約防止に必要な接種券番号を含む個人情報について、「防衛省が把握することは適切ではない」と説明し、市町村のコードの真偽を確認できるよう改修する考えを示した。一方で、朝日新聞出版と毎日新聞には防衛省から抗議文を送ったという。

 架空入力をめぐっては政府・与党関係者からも言及が相次いだ。

 河野氏は18日午前の記者会見で、「一部の報道で、65歳以上でない方が面白半分に予約を取って65歳以上の方の予約を邪魔し、それを誇っているかのような行動があったので、自衛隊から抗議が出されたと承知している」と語った。

 加藤勝信官房長官は、架空予約が大量に行われた場合について、「悪質なケースは法的措置をとることも排除していない」と警告した。刑法第233条の「偽計業務妨害罪」や、刑法第161条の2の「電磁的記録不正作出罪」などが想定されそうだ。


 こうした動きに対し、当事者はどう受け止めているのか。

 毎日新聞は19日朝刊で、「防衛相、架空入力に抗議 本社『公益性あると判断』」というタイトルの記事を掲載し、「予約システムについて『架空の数字を入力しても予約できる』との情報を得た。事実であれば放置することで接種に影響が出る恐れもあり、公益性の高さから報道する必要があると判断。防衛省への取材を進めるとともに、記者が実際に入力して事実であることを確認した。予約はすぐに取り消し、接種を受ける人に影響しないよう配慮した」などと説明した。

 アエラドット編集部は、産経新聞の取材に対し、「今回の記事は、ワクチン接種の予約システムの脆弱(ぜいじゃく)性と、今後予約システムを使った重大な不正行為が行われかねない恐れがあることを指摘したものだ。記者はシステムを使って予約した後、すぐにキャンセルしている」と説明した。

 政界では、与野党で賛否が激突した。

 安倍晋三前首相は18日、自身のツイッターで「朝日、毎日は極めて悪質な妨害愉快犯と言える。防衛省の抗議に両社がどう答えるか注目」と投稿した。

 立憲民主党の枝野幸男代表は18日の党会合で、「システムの欠陥を指摘したメディアに『早い段階で気付かせてくれてありがとう』と言うのが本来の姿だ。意味不明な対応をしている」と、防衛省を批判した。

 今回のバトルをどう見るか。

 元読売新聞記者で、ニュースサイト「SAKISIRU」(サキシル)を創刊した報道アナリストの新田哲史氏は「アエラドットや毎日新聞のようなゲリラ的手法は、平時ならギリギリ許される範囲だろうが、コロナ禍という『有事』では微妙だ。両メディアは自らを正当化しているが、特権を振りかざすように見え、違和感を覚える。ワクチン大規模接種の現場業務にも多大な影響が出る。一方、岸防衛相も直情的に反応し、安倍前首相もここぞとばかり過剰に反応したことで、かえって左派メディアが騒ぎ立て、図に乗る材料を与えてしまった。ここはお互いに、頭を冷やして対応してほしい」と語っている。
-----------------------------------------------------------
 国家の非常・緊急事態で頑張っている組織に対して、この程度の“不備”で、このような騒ぎ方をする「朝日」と「毎日」の行為は人間のクズのすることです。
 産経新聞が「中立的な論調」で、識者の「中立的な意見」を報じるのは“一つ穴の狢”と言うべきです。

 批判したいなら、すべてを自治体任せで何もせず(出来ず)、混乱と大幅遅延を招来し、挙げ句の果てに自衛隊に丸投げで縋った厚労省以下の役所・役人を批判してからにすべきです。

 今回のコロナ禍に限らず、地震が起きても、台風が来ても当然のごとくボランティア・自衛隊の出動を要請し、自らは専ら事務所に籠もって、外に出るのは“罹災証明の発行”程度しかしていない、役所・役人の劣化は目に余るものがあります。

 このような中で、究極の国家非常事態、戦争が起きたら、日本は戦闘が始まると同時に、国内が収拾のつかない大混乱に陥って、即、敗北するでしょう。

No.1000 - 2021/05/19(Wed) 12:43:39 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
コロナ感染急拡大、医療崩壊の時に、姿が見えなくなった「日本医師会」 / 安 藤
コロナ感染急拡大、医療崩壊の時に、姿が見えなくなった「日本医師会」

 蔓延が急拡大し、医療体制の崩壊が現実のものとなった今、NHKのニュースで、“日本医師会”の登場が急減しています。

 NHKのニュースを、直近1週間のニュースで、「日本医師会」で検索しても、出てくるのは下記の2本だけです。
--------------------------------------------------------
菅首相会見 ワクチン接種 1日100万回を目標とする考え
2021年5月7日 20時23分  NHK

 菅総理大臣は、4都府県の緊急事態宣言を延長し、愛知県と福岡県を対象地域に追加すると決めたことを受けて、7日夜、記者会見し「私自身が先頭に立って、ワクチン接種の加速化を実行に移す」と述べ、7月末を念頭に希望するすべての高齢者に接種を終わらせるため、1日100万回の接種を目標とする考えを強調しました。

(中略)

 その上で「こうした対策は国民生活に大きな制約を与えるものだ。今回の延長に際しては、平常時の時期にあわせた、高い効果が見込まれる措置を徹底することにより、対策を講じていきたい」と述べました。

9月末までに5000万回分追加 来年分の2億回分の供給を協議
 ワクチン接種を加速化する具体策について「必要なのは確実なワクチンの供給とスタッフの確保だ。すでに全国の市町村に、来月末までの供給量を示しており、来月はじめまでにおよそ4000万回分を届ける。医師や看護師などの確保についても個別の市町村の状況に応じてしっかりと対応していく。先日、日本医師会の中川会長と日本看護協会の福井会長に直接、協力要請を行うとともに、休日夜間の体制拡充への支援を決定をした」と述べました。

 その上で「医療機関に勤務している医師や看護師の方々が兼業して接種を手伝うこと、さらに歯科医師の協力を得ることも進めていく。先日、アメリカを訪問した際にファイザー社のCEOと協議した結果、新たに9月末までに5000万回分のワクチンが追加されることとなった。さらに来年分としてモデルナ社やノババックス社と合計2億回分の供給を受けることを前提に協議を進めている」と述べました。

(以下略)

---------------------------------------------------------
緊急事態宣言31日まで延長 愛知 福岡を追加 分科会で了承
2021年5月7日 14時05分  NHK

 新型コロナウイルス対策で、専門家でつくる分科会は、東京、大阪、兵庫、京都の4都府県の緊急事態宣言について、来週11日の期限を今月31日まで延長するとともに、愛知県と福岡県を来週12日から対象地域に加える政府の方針を了承しました。

 感染症などの専門家でつくる政府の「基本的対処方針分科会」は、7日午前、西村経済再生担当大臣らが出席して開かれました。

(中略)

日本医師会 釜萢常任理事「宣言解除の目標を明確に」
 日本医師会の釜萢敏常任理事は、記者団に対し「緊急事態宣言を延長するにあたって『何を達成したら解除になるのか目標を明確にしてほしい』という意見があったが、目標は新規感染者数をできるだけ減らすことに尽きるので、人流が減ったから解除できるものではない」と述べました。

 一方、今回「まん延防止等重点措置」の適用とならなかった茨城県、石川県、徳島県について「『重点措置』は、あくまでも感染拡大が始まった地域を察知し、いかに対処するかが目的なので、知事の意向も踏まえて、要請のあったところは、速やかに認めたほうがよい」と述べました。

(以下略)

--------------------------------------------------------
 日頃“医療崩壊”を懸念する発言を繰り返していた、中川会長以下の幹部達は、一体なぜ大事な時に、登場が激減したのでしょうか。

 唯一、日本医師会 釜萢常任理事が1回登場しただけで、発言も“医療の崩壊”や“ワクチン接種”に対する日本医師会の応援・協力についてではなく、「宣言解除の目標を明確に」と言うテーマです。

 本来、日本医師会が日本の医学・医療の為の組織・団体であるのなら、今こそ活躍の時であるとして、民間病院での重症患者の収容、ワクチン接種の協力などで、中川会長などの出番が増えて良さそうですが、登場しなくなったのはなぜでしょうか。

 いざという時には、何の役にも立たない組織・団体である事が、白日の下にさらされる事態を避けたいからだと思います。

No.999 - 2021/05/09(Sun) 22:32:58 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
アメリカの対応の不備は単なる「怠慢」では説明がつきません / 安 藤
 アメリカの対応の不備は単なる「怠慢」では説明がつきません。

 5月4日の読売新聞オンラインは、「[深層NEWS]尖閣巡る日中対立『米国の態度が問題を複雑化』…寺島実郎氏」と言う見出しで、次の様に報じていました。
---------------------------------------------------------------------
[深層NEWS]尖閣巡る日中対立「米国の態度が問題を複雑化」…寺島実郎氏
2021/05/04 23:51 読売

 日本総合研究所の寺島実郎会長と東京財団政策研究所の柯隆(か・りゅう)主席研究員が4日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、沖縄県の尖閣諸島などを巡る日中の対立について議論した。

 寺島氏は、米国が尖閣諸島の主権について特定の立場を取らないことを挙げ、「米国の態度が問題を複雑化している。日本は『なぜ領有権を認めないのか』と主張すべきだ」と指摘した。柯氏は、「世界の主要国と対立する中国にとって、日本は国際社会にアクセスするための突破口だ」と述べ、さらに対立を激化させることはないと分析した。
-----------------------------------------------------------------------
 誰がどう考えたって、アメリカの態度は不可解です。しかし、私が知る限り政界、学界、マスコミで、尖閣とアメリカを結びつけて、このような視点で論じる人は、初めてです。
 台湾人漁民が尖閣に不法上陸した時点で、アメリカが施政権者として必要な対応をしていれば、今日の事態にはならなかったと思います。

 アメリカの対応の不備は単なる「怠慢」では説明がつきません。
------------------------------------------------------------------

No.998 - 2021/05/05(Wed) 18:38:12 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
不安が消えない尖閣諸島への「日米安保条約第5条」適用 / 安 藤
不安が消えない尖閣諸島への「日米安保条約第5条」適用

 5月2日のNHKテレビニュースは、「日米制服組トップ会談 東シナ海 現状変更の試み断固反対で一致」と言うタイトルで、次の様に報じていました。
--------------------------------------------------------
日米制服組トップ会談 東シナ海 現状変更の試み断固反対で一致
2021年5月2日 12時31分  NHK

 自衛隊トップの山崎統合幕僚長は訪問先のハワイでアメリカ軍の制服組トップと会談し、中国を念頭に、東シナ海での一方的な現状変更の試みに日米で断固として反対することで一致しました。

 山崎幸二統合幕僚長はアメリカのインド太平洋軍司令官の交代式に出席するためハワイを訪れ、現地時間の4月30日、アメリカ軍の制服組トップ、ミリー統合参謀本部議長と会談しました。

 4月の日米首脳会談以降、両者が対面で会談するのはこれが初めてです。

 防衛省によりますと、会談では、インド太平洋地域の情勢について意見交換したということで、海洋進出の動きを強める中国を念頭に、東シナ海での一方的な現状変更の試みに対し、日米で断固として反対することで一致したほか、日米安全保障条約第5条のもと、沖縄県の尖閣諸島を含め、日本の防衛に対し、アメリカの揺るぎないコミットメントを再確認したとしています。

(以下略)

-----------------------------------------------------------
 この尖閣諸島への日米安保条約第5条の適用については、最近では日米の外交・防衛当局者が会談する度に確認が繰り返されています。最近では3月の日米2+2会談、4月の菅首相の訪米で行われたバイデン大統領との首脳会談で、同様の確認が発表されています。

 なぜ同じ事が短期間の間で繰り返されるのでしょうか。やはり日本側に不安感、不信感が払拭できないのだと思います。それはアメリカ側が、一時期、この点について言及を避ける事態が続いたからに他なりません。

No.997 - 2021/05/04(Tue) 11:34:04 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
日銀総裁として8年間物価上昇2%を唱え続けて、未達に終わる黒田氏の責任 / 安 藤
日銀総裁として8年間、物価上昇2%を唱え続けて、未達に終わる黒田氏の責任

 4月27日のNHKテレビニュースは、「日銀 黒田総裁 今の任期中に2%の物価目標 達成困難に」というタイトルで、次の様に報じていました。
-------------------------------------------------
日銀 黒田総裁 今の任期中に2%の物価目標 達成困難に
2021年4月27日 12時24分 NHK

 日銀は27日までの金融政策決定会合で、経済と物価の最新の見通しをまとめた「展望レポート」を公表しました。
 それによりますと、物価の見通しは、今年度の生鮮食品を除いた消費者物価指数が政策委員の見通しの中央値でプラス0.1%とし、前回・1月時点の見通しのプラス0.5%から引き下げました。

 新型コロナウイルスの影響で経済活動が停滞し、物価が下押しされることに加え、携帯電話料金の値下げが要因だとしています。

 そして、再来年度=2023年度の物価見通しを初めて示し、政策委員の見通しの中央値でプラス1.0%としました。

 黒田総裁のいまの任期は2023年4月8日までで、現状ではこの任期中に2%の物価目標の達成が困難であることを日銀みずから示す形となりました。

 一方、景気の現状については「新型コロナウイルスの影響から引き続き厳しい状態にあるが、基調としては持ち直している」という判断を据え置きました。

 先行きについては当面の経済活動は「対面型サービス部門を中心に感染拡大前に比べて低めで推移するものの、回復していくとみられる」と分析しています。

 こうしたことから今年度の実質のGDP=国内総生産の伸び率は政策委員の見通しの中央値でプラス4.0%とし、前回の見通しのプラス3.9%から引き上げました。

 また、▽来年度はプラス2.4%と、前回の見通しのプラス1.8%から引き上げたほか、▽再来年度はプラス1.3%としました。
物価上昇率の推移は

(中略)

黒田総裁「時間がかかっており残念だ」
 黒田総裁は3回目の緊急事態宣言など新型コロナウイルスの感染拡大が物価や経済に与える影響について「当面は、変異株を含めた感染症の動向や経済活動への影響について注意が必要であり、下振れリスクが大きいと見ている」と述べました。

 また、アメリカと中国の対立が世界経済に与える影響について「大きなマイナスになるような事態が発生するとは見ていない」としました。

 日銀は27日までの会合で、再来年度・2023年度の物価見通しをプラス1.0%とし現状では黒田総裁のいまの任期中に2%の物価目標の達成が困難であることを日銀みずから示す形となりました。

 これに関して黒田総裁は、「物価目標の実現に時間がかかっており残念なことだ」と述べました。

 その一方で、2%の物価目標は達成できるとした上で、「私の任期の中でどうこうということは必要ない。目標の達成が2024年度以降になったとしても致し方ないと思っている」と述べ、いまの金融緩和策を粘り強く続ける考えを強調しました。

 また、いまの大規模な金融緩和を縮小するいわゆる「出口政策」に関して黒田総裁は、「現時点で議論することは時期尚早だ。あくまでも2%の物価安定の目標が目に見えてくる段階で戦略の議論をする」と述べました。

黒田総裁の金融政策とは
2013年3月に就任した日銀の黒田総裁。

 デフレからの脱却を目指すため2%の物価上昇率の目標を2年程度で実現すると宣言し、就任直後の(4月)金融政策決定会合で、大規模な金融緩和策を打ち出しました。

 国債の買い入れを大幅に増やし、市場に大量の資金を供給するのが柱で、「黒田バズーカ」とも呼ばれました。

 金融市場では、円安・株高が一気に進みましたが、翌年(2014)、消費税率の引き上げと原油価格の急落が日本経済に影響を与えます。

 物価上昇率が鈍ったことから、日銀は2014年10月、市場の意表を突く形で追加緩和を決定。

 世の中に出回るお金の量をさらに増やし、ETFについても買い入れのペースを加速させました。

 しかし、その後も物価目標は達成できず、2016年1月、日銀は「マイナス金利政策」の導入に踏み切ることを決めます。

 金融機関が日銀に預けている「当座預金」の一部にマイナスの金利を適用する日銀史上初めての政策でしたが、次第に資産運用や金融機関の収益などに悪い影響が出るといった声が強まっていきました。

 こうした「副作用」に配慮しつつ、物価目標をできるだけ早期に達成するため、日銀は2016年9月、金融緩和の「総括的な検証」を実施。

 ▽短期金利はマイナスにし、▽長期金利をゼロ%程度に抑える金融緩和策の導入を決め、金融政策の主軸は「量」から再び「金利」へと移りました。

 去年以降は、新型コロナウイルスの影響を受ける経済を下支えするために、金融緩和を一段と強化しています。

 こうした大規模緩和によって、日銀が保有する国債の残高は、去年12月末時点で(まつ)545兆円と、全体の44%を占めるまでになりました。

 また、日銀が保有するETFの時価総額も、東京証券取引所1部に(じょ)上場する企業の株式全体のおよそ7%に上っています。

 それでも日銀が新たに公表した経済と物価の最新の見通しでは2023年度も物価上昇率はプラス1.0%にとどまるとしました。

 黒田総裁が就任当初、2年程度で実現するとしていた2%の物価目標

 現時点では就任から10年を経ても達成が困難であることを日銀みずから示した形です。

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、経済と物価への下押し圧力は今後もかかり続けるとみられ、日銀の金融政策の運営は一段と厳しさを増しています。
------------------------------------------------------
 当初2年で消費者物価2%上昇を達成するとしていた政策目標が、8年経っても未達であるのであれば、それは失敗として責任を追及されるべきです。
 
 彼は就任以来8年間、寝ても覚めても物価上昇目標2%を唱え続けた人で、他に目標は無かったに等しいと思いますので、成績評価をすれば零点と言われてもやむを得ないと思います。
 もし、“失敗”ではないと言うなら、それは“目標設定が適切で無かった”ことになり、意味の無い目標で、8年間日銀を導いてきたのなら、その責任も軽くありません。

 「私の任期の中でどうこうということは必要ない。目標の達成が2024年度以降になったとしても致し方ないと思っている」と言っていますが、後任者が2%の目標をどう評価するか、引き続き目標として掲げるかすら未定・不明の中で、「任期中にこだわらない、達成が2024年以降でもやむを得ない」と言う言い方は僭越であり、“軽はずみ”の誹りを免れないと思います。

 こういう言い方は、失敗であるにも拘わらず、失敗と認めたくない事から出た“強弁”に過ぎず、謙虚さに欠けトップにふさわしくないと思います。

No.995 - 2021/04/29(Thu) 01:18:12 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
言い訳の準備に万全を期し、方針決定に時間がかかる菅総理 / 安 藤
言い訳の準備に万全を期し、方針決定に時間がかかる菅総理

 4月8日と9日のNHKのテレビニュースは、コロナの感染拡大について、次の様に報じていました。
----------------------------------------------------------
東京都に「まん延防止等重点措置」適用へ 菅首相が方針表明
2021年4月8日 22時31分  NHK

 新型コロナウイルス対策をめぐり、菅総理大臣は、東京都に「まん延防止等重点措置」を適用する方針を明らかにしました。
感染状況が悪化している、ほかの地域についても「重点措置」の適用が必要か検討する考えを示しました。

 東京都が「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請したことを受けて、菅総理大臣は、8日夜、西村経済再生担当大臣や田村厚生労働大臣らと今後の対応を協議しました。

 このあと、菅総理大臣は、記者団に対し「東京都は、ここ2日間、新規感染者数が500人を超えており、病床の使用率も増加傾向にある」と指摘しました。

 そのうえで「要請を受けて、5大臣会合を開催し、東京都の『重点措置』について、あす、専門家による分科会に諮ることを決定した」と述べ、東京都に「重点措置」を適用する方針を明らかにしました。

 一方で、菅総理大臣は「東京以外の地域や期間については、まだ何も決まっていないが、地元の自治体と検討しながら、機動的に早急に方向性を出していきたい」と述べ、感染状況が悪化している、ほかの地域についても「重点措置」の適用が必要か検討する考えを示しました。

(以下略)
----------------------------------------------------------
東京 京都 沖縄に「まん延防止等重点措置」適用 今夜決定へ
2021年4月9日 5時22分  NHK

 新型コロナウイルスの感染の再拡大を抑え込みたいとして、政府は、来週12日から、東京、京都、沖縄の3都府県に「まん延防止等重点措置」を適用する方針で、9日夜開く対策本部で決定することにしています。

(中略)

 重点措置の適用は3都府県とも来週12日からで、京都と沖縄は来月5日まで、東京は来月11日までとする方向で、午前7時半から開かれる、専門家でつくる分科会に、こうした方針を諮ることにしています。

 そして、分科会の了承を得たあと、国会への報告と質疑を経て、9日夜開く対策本部で決定することにしています。

(以下略)
----------------------------------------------------------
 政府内での専門家との協議は、日時・形式・参加者にとらわれず、随時・スピード感を持って行うべきで、分科会、専門家会議などの組織・名称をいちいち使うことなく、承認・議決などの手続きを取ることなく、すべて総理の責任に於いて政府の方針として決定すれば良いことである。
 しかるに現状の意思決定は、手続きが煩雑で、時間がかかりすぎている。

 その原因はひとえに、菅総理に判断力・意思決定能力・責任感が欠如し、自分が決定した政策の結果について、「言い訳」の準備に万全を期そうとするからである。

No.994 - 2021/04/09(Fri) 22:11:55 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
精神科医・心理学者の意見を聞きたい / 安 藤
精神科医・心理学者の意見を聞きたい。

 菅総理の異常な目つきと、喜怒哀楽のない不気味な無表情
人格異常の表れではないのかと。

 テレビニュースに登場する菅総理を見ていて、いつも考えさせられるのは彼の表情(無表情)である。

 目つきが尋常でなく、目の表情は生き生きとしたところがなく、完全に死んでいる。表情には喜怒哀楽も笑顔も何もない。人格異常を疑わせる。

 今回アメリカに行ったら、バイデン大統領他のアメリカ人は、彼の表情の異常さに驚くのではないか。
 菅総理の不気味な無表情は、バイデン大統領以下の政治家、マスコミ関係者、一般国民に強烈な(悪)印象と警戒感を残すのではないか。良好な人間関係など無理だと思う。
(そう言えば習近平も、管とは種類は違うが、病的無表情である)

 よりによって、他に何の取り柄もないこのような人物が、なぜ総理大臣になってしまったのかと、考え込んでしまう。

No.993 - 2021/04/03(Sat) 12:06:57 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
菅総理は滑稽な“自画自賛”に気付いているのだろうか / 安 藤
菅総理は滑稽な“自画自賛”に気付いているのだろうか

 3月22日の読売新聞は、「自民党大会 首相演説要旨」と言う見出しで、次の様に報じていました。
--------------------------------------------------------
自民党大会 首相演説要旨
20210322 0500
[読者会員限定]

自民党大会での菅首相(党総裁)の演説要旨は次の通り。

 【新型コロナ対策】

 これからが重要な時期だ。決して気を緩めることなく、マスク、手洗い、3密回避を徹底し、変異したウイルスを警戒することでリバウンド(再拡大)を防ぐ。一進一退はあっても、必ず先に明かりが見えてくる。

 【衆院解散・総選挙】

 どんなに遅くとも秋までには総選挙がある。私は先頭に立って戦い抜く決意だ。

 【東京五輪】

 感染対策を万全にして、アスリートが運動する姿を通じて、日本から世界に勇気と希望を届けたい。

 【日米首脳会談】

 バイデン大統領が直接会談する最初の外国首脳として迎え入れていただく。我が国との関係を極めて重視している証しだ。政策のすり合わせを行い、連携と協力を確認したい。

 【憲法改正】

 我が党の党是だ。まずは第一歩として(改正手続きを定めた)国民投票法改正案の成立を目指したい。

 【生い立ち】

 秋田の農家に生まれ、26歳の時に地縁血縁のない横浜で政治の世界に飛び込んだ。そうした私でも努力すれば、首相、総裁になれる。誰にでもチャンスがある。これが日本、そして自民党の素晴らしさだ。
------------------------------------------------------
 全体を通して、「要旨」だから当然と言うかもしれませんが、簡単すぎて何も中身があることを言っていません。実態が余りに中身のない発言なので、「要旨」としてもこれだけのことしか記事に出来なかったのかもしれません。

 その中で注目すべき点があります。それは「生い立ち」の部分です。菅総理は自分の生い立ち(非エリート)を「田中角栄」の再来を思わせるかのように、「私でも努力すれば、首相、総裁になれる」と言って、セールスポイントにしています。
 うっかり聞いていると、“確かにそうだ”と勘違いしてしまいそうですが、果たしてそうでしょうか。

 総理になってから、あるいはなる前から、多数の国民が認める能力、実績があれば、「自分のような“非エリート”でも“首相、総裁になれる”のは、日本の素晴らしさだと言って良いと思いますが、この掲示板の下記の991番で指摘したように、菅総理の能力・適格性には深刻な“疑問符”がつきます。

 もしそうだとしたら、そのような人物が、間違って“首相、総裁”になってしまったのは、日本の制度に重大な欠陥がある事の証しでしかなく、“素晴らしいこと”ではありません。大事なのは本人の資質と実績であって、“努力ではありません。結果に拘わらず“努力”が評価されるのは、小学校低学年までの話です。菅総理は自分の発言が、滑稽な“自画自賛”である事に気付いているのでしょうか。

No.992 - 2021/03/22(Mon) 22:14:51 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
菅総理は近来まれ、おそらく鳩山由紀夫以来の最低総理 / 安 藤
菅総理は近来まれ、おそらく鳩山由紀夫以来の最低総理

 3月17日の読売新聞に、「[菅流政治]検証半年」という連載記事があり、厳しく菅総理を批判していました。その指摘は辛辣ですがどれももっともで、菅総理は近来まれ、おそらく鳩山由紀夫以来の最低総理だと思います。指摘は多岐にわたっていて、詳細なまとまった感想は書けませんが、概略を紹介すると共に簡単に感想を書きます。(茶色字は記事、黒字は安藤の意見)
--------------------------------------------------------
総理の改革、執務室の机を小さく…「大きな構想ない」党内から不満[菅流政治]検証半年<2>

 本当に目先の細かいことばかりで、大きな構想が無いより以前の、「構想」などないと思います。

物足りなさ
 「国民のために働く内閣」を掲げた菅は、就任直後から矢継ぎ早に政策課題に手を着けた。携帯電話料金の引き下げ、デジタル化、不妊治療の保険適用。ブレーンの一人、東洋大教授の竹中平蔵が説く「アーリー・スモール・サクセス」、小さくても早期の成功事例を重視する戦略だ。


 携帯料金の問題は、許認可官庁の総務省の問題では無く、公正取引委員会が担当すべきです。市場経済の原則は「価格は自由で公正な市場で決定されるべきで、官の行政指導で決まるべきものではありません。端末と通信料の抱き合わせ販売が、高価格の原因で、端末メーカーの衰退を招きました。

 菅は若手議員の頃から、国民の多くが賛成し、変化を実感しやすい「身の回り」の個別政策実現に力を入れてきた。「ふるさと納税」が典型で、政府・与党内では「菅型民主主義」とも呼ばれる。

 ふるさと納税は単なる役所のネット通販で、商品を買うと代金相当分の税金が還付され、実質的に無料で商品が買えるという制度です。出身地とは関係なく誰でも利用できるという無茶苦茶な制度です。

 ただ、首相になった今、自民党内には物足りなさを感じる向きもある。

 細かいことばかりですね。喋ることを聞いていても、頭に残ることはほとんどありません。

 天皇誕生日で休日の2月23日昼、東京・赤坂の衆院議員宿舎。あるベテラン議員が、党幹事長の二階俊博を自室に招いた。2人の会話は、菅の政権運営に話題が及んだ。
 「大きな構想がない。官房長官の延長でやっている感じがする」


 本当に目先の事しか見えない、超狭視野・近視眼的ですね。

 「菅さんが何を目指しているかが分からない。思想があるかどうかさえ分からない」。党中堅は漏らす。安倍、菅両政権で要職に就く閣僚経験者は、「中長期的な『菅ビジョン』が必要だ」と指摘する。

 多分明日のこと、言い訳のことしか頭にないでしょう。思想なんて微塵も無いでしょう。

国民受け
 これに対し、菅は「消費税をそんなに強く打ち出したら、与党に返り咲くことができない」と抵抗した。谷垣が譲歩し、最終案では消費税に関する表現は弱められた。当時を知るベテランは「菅さんにとって政策は二の次」と感じたという。


 頭にあるのは党内人事、人間関係だけでしょう。

 「国民が当たり前と思うことを実現するのがおれのビジョンだ」。菅は周囲にこう語る。ただ、国民受けを優先した政策遂行は、ポピュリズム(大衆迎合主義)と背中合わせでもある。

 ポピュリズムと言っても、国内の身近なことだけですね。外交・防衛ではポピュリズムさえ無いですね。

個人的な関心 原動力
 菅首相は、2006年に初入閣した総務相時代、ふるさと納税の創設に尽力した。自らが秋田県出身で地方への思いが人一倍強いことも背景にあった。


 この人は何で神奈川県の選挙区から出ているのかと思います。ふるさとのために頑張りたいのなら、秋田の選挙区から出るべきです。神奈川県民に対する背信では無いでしょうか。


 利水ダムを活用した水害対策や、ジビエ(野生鳥獣の肉)振興にも力を入れてきた。テーマは多岐にわたる。首相周辺は「その時々の個人的な関心が原動力になっている」と語る。

 視野にも展望にも欠けてどうしようも無い人ですね、
----------------------------------------------------

No.991 - 2021/03/18(Thu) 23:27:59 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
“広く薄く”は不適当 / 安 藤
“広く薄く”は不適当

 3月2日の読売新聞は、「高齢者向けワクチン、各都道府県に配分量通知…自治体『対象の1%しか届かない』」と言う見出しで、次の様に報じていました。
--------------------------------------------------------
高齢者向けワクチン、各都道府県に配分量通知…自治体「対象の1%しか届かない」
2021/03/02 22:31 読売
新型コロナ

 厚生労働省は、新型コロナウイルスのワクチンの高齢者向け接種について、都道府県別の当面の配分量と配送スケジュールを自治体に通知した。4月12日の接種スタートに向け、同5日の週に送られる第1弾は、各都道府県で最大2000人分に限られる。同26日の週からの本格的な接種に向け順次、配送量を増やす。まずは広く薄く全国に行き渡らせる方針だが、配分量が少ないために接種計画を見直す自治体も出てきている。

 横浜市は、対象となる高齢者約93万人分の1%程度しか届かないとみられる。このため、4月中は集団・個別接種は実施せず、高齢者施設などでの施設接種に限って行う方針を打ち出している。大阪府の吉村洋文知事は、4月の供給量が想定より少ないとして、全府民への接種完了時期が当初の目標の9月末から10月末頃にずれ込むとの見通しを示している。

 厚労省の3月1日付の通知によると、第1弾は4月5日の週に、各都道府県の医療機関などに配送される。人口の多い東京、大阪、神奈川の3都府県には各約2000人分、残り44道府県には各約1000人分が配られる。

(以下略)
--------------------------------------------------------
 記事には「広く薄く」とありますが、ワクチンを地面に撒くのなら、そういう表現に余り違和感はありませんが、人間に注射するのだと言うことを考えれば、首を傾げざるを得ません。

 東京・神奈川・大阪の3都府県の合計人口は3,045万人で、そこに6,000人分と言うことは、人口1万人あたり約2人分と言うことになります。
 一方で人口の少ない方から3県を比較すると、鳥取・島根・高知の3県の合計人口は192万人であり、そこに3,000人分となり、人口1万人あたり約16人分となります。

 かなり極端な差(濃淡)があり、“広く薄く”という表現は適当ではないと思います。

No.990 - 2021/03/04(Thu) 01:59:55 [pknn018-223.kcn.ne.jp]
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
100/100件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 >> | 過去ログ | 画像リスト ]