0057249
山口高校ラグビー部 掲示板
HOME | 新規投稿 | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定
選抜予選中国ブロック  / 藤井
山口高校 36 (前半31-5) 29 広島工
  (後半5-24)

選抜大会の県予選を初優勝して臨んだ中国ブロック大会は、2月7日に岡山市の東にある環太平洋大学ラグビー場で行われました。雲の切れ間からときどき陽射しがのぞく天気で、微風、人工芝と、比較的よいコンディションです。

広島工のキックオフで試合開始。ボールを着実にキャッチして、ハイパントで敵陣に入り、相手のミスを誘います。そのまま攻め込んで一気にトライして先制、幸先のよいスタートです(5-0)。その後も押し気味に試合を進めますが、得点できずに均衡した状態がしばらく続きます。均衡を破ったのは広島工。キックのカウンターアタックからトライで同点に追いつきます(5-5)。

ところが、この得点で山口高校の攻撃に火がつきました。直後にトライを返すと、前半残り約10分で3トライを追加し、31-5と大きくリードして前半終了。流れるようなバックラインの展開からの得点あり、FWが力強くディフェンスを突き破る得点ありと、山口高校の全員ラグビーが会場を沸かせました。ハンドリングエラーや反則もほとんどなく、上々の前半でした。

緊張がほぐれ、十分な点差をつけて、楽勝ムードで始まった後半は、逆に試練の時間となりました。ハーフタイムに相当喝を入れられた広島工は、強みであるFWにこだわってきました。後半、先にトライを返すと、ラインアウトモールからの攻撃を主体に攻撃を重ね、31-19と2トライ・ゴール差まで追いすがります。これで、ゲームがわからなくなりました。

前の試合までは圧勝だった山口高校のスクラムですが、マイボールはキープできるものの、今日はやや劣勢。ラインアウトこそ安定していたものの、敵ボールではモールをうまく止められません。 後半はブレイクダウンでも押され気味になり、焦って反則の繰り返し。自陣に釘付けです。1トライを返しましたが、その後も2トライを献上して36-29 と、残り約5分の時点で、1トライ・ゴールで同点という状況にまで追い込まれました。その後、一進一退の攻防が続くうちにノーサイド。結果的には、手に汗握る接戦となりました。

見事な前半とは裏腹に、受けに回って反則を繰り返し、自滅パターンになった後半。対照的な前後半でした。

山口高校のテンポのある攻撃は、相手を翻弄していました。敵陣に行ってマイボールを獲得しさえすれば、高い確率で得点を挙げることができました。FWも自分の形に持ち込めば、十分に通用していました。

一方で、後半受けに回った時に、このチームに必要なものがはっきりしました。劣勢になった時にパニックにならない精神力、苦しい状況にこそ反則をしない規律、お互いを鼓舞する声などなど。

強い相手と戦わなければ見えない課題が見えてきました。次は、より強い相手との対戦です。一戦一戦を大切に、成長のための糧にしてくれることを祈っています。

No.676 - 2016/02/07(Sun) 18:29:22
おめでとうございます<(_ _)> / Y
おめでとうございます。
追い上げられましたが、逃げ切った感じですね(^^)/
お疲れ様でした。
次回の対戦校は尾道さんでしょうか?

No.675 - 2016/02/07(Sun) 13:32:25
対 広島工業 / 保護者
36-29
勝ちました!

No.674 - 2016/02/07(Sun) 13:29:44
お!勝ってますね(^^)/ / Y
寒い中、お疲れ様です。
前半は、良い感じの様ですね!(^^)!

No.673 - 2016/02/07(Sun) 13:27:42
対 広島工業 / 保護者
前半終わり、31-5勝ってます。


No.672 - 2016/02/07(Sun) 13:01:20
新人戦決勝 / 小見山
山口48ー24萩、美祢青嶺、山口農業合同

初戦で見せた動くラグビー。ブレイクダウンでの捌きが早い。

合同チームは、「個」の良さが馴染みよくまとまっています。ランニングで展開するところが「演出」として際立つチーム。

そこへまず、見応えのある山高のスクラム。一点プッシュで圧倒し、奪うこと多数。ここでミスが打開されます。
プレーの流れを追うと、FW〜FW〜BK〜BK〜そしてフィニッシュは縦横を選ばない。相手ディフェンスが揃わなくなるまで、繋ぐラグビーを見せてくれます。
コンバージョンも角度のあるところから仕留め、得点の重ね方も、相手へのプレッシャーには充分な雰囲気。
ただひとつ、ディフェンスの詰めに「いやらしさ」を足していけば、狭いスペースを割られずに失点も抑えられる気がします。
相手に嫌がれるチームは、それだけで余裕が生まれる。
まずは優勝の言葉に自信を持ち、失点を振り返り、強化していきましょう。「懐」の深いチームになれること、期待が大きく膨らむ大会となりました。

No.671 - 2016/01/30(Sat) 21:27:02
新人戦準決勝 / 小見山
山口20ー5高川学園

様々な意味で厳しい試合でした。
風と雪、スリップするグラウンドコンディション、そしてボール。
風下の前半、エリア重視でキックから畳み掛けて来るのが高川の戦術と思いましたが、コンパクトなラインでランキングを仕掛けて来ます。
お互いが足下を取られ、ステップが踏めない状態。タックルもずれ気味で団子状のラックの連続、互いに持ち味のスピードが見られません。
ハンドリングエラーもゲームを膠着させてしまいます。

後半は風上のアドバンテージからエリアをキープする時間も増え、決定的な局面では確実にトライで結び、来週の合同チームとの決勝へ。中国大会出場の機会は確保出来ました。

課題は山積みです。コンディション不良でミスが起きるなら、ミスなく安定するゲームプランを作っておく。コーリングで認知出来るはずです。
スクラムの圧倒的な安定感だけが今日の勝利のシステムでは、あまりにも「ネタ」が少ない。
今後に価値あるゲームとして切り替えられるのは、選手の皆さんです。

No.670 - 2016/01/23(Sat) 21:44:06
24日(日)の試合の延期について / 部長 岩崎洋
24日に予定されていた三位決定戦・決勝戦は

30日(土)に延期されることが決定いたしました。

場所・試合開始時刻はそのままです。

応援のほどよろしくお願いします。

No.669 - 2016/01/23(Sat) 11:02:16
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
300/300件 [ ページ : << 1 ... 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 ... 38 >> | 過去ログ | 画像リスト ]