07851

蔵王情報  登山道や花の情報

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定
(No Subject) / staka
昨日(3月15日)、今冬4回目の刈田岳へ行ってきました。
澄川スキー場からスタート。ゲレンデTOPからカンジキをはいて中央コースを行きます。
下は固く締まってラッセルなし。縞の沢突き当りからは、アイゼンに履き替えコチンコチンの斜面を一直線に進みます。当日は良く晴れて、避難小屋を見上げながらアイゼンの歯を食い込ませます。
また、所々倒れている竹竿を感謝しながら起こして山頂へ。悪天候の時には有り難い道標です。
ゆっくり歩いてゲレンデTOPから約2時間。山頂鳥居はすっかり元の姿に戻り、厳冬期の面影は見られません。
お釜も薄い氷を張って全容を現しています。
久し振りの晴天に写真を撮って下山。
下りは早くて、エコーラインまで30分。あとは、来た道をのんびり辿り、後見ゲレンデの脇を通ってスキー場Pへ。
多分、今冬最後の蔵王となるでしょうか。
青空と雪を存分に楽しんだ刈田岳でした。

No.12 - 2020/03/16(Mon) 16:10:24
三度目の後烏帽子 / staka
昨日(3.7)、ガイド協会の今冬最後の行事として「後烏帽子岳」に登ってきました。テンクラは“A”。一般の方、会員合わせて20名が快晴・無風の中、長い列を作って樹林帯の中を進みます。前日までに降った雪が結構積っていて、若手(会員には少ないですが)が交代でラッセルです。高齢者集団はモクモクとその後に続きます。小生、終始最後尾で今回も老人に成り切って楽をさせてもらいました。辿り着いた山頂では、期待通り屏風が真っ白な壁をそらせ迎えてくれました。今冬3度目の正直でいつもの威容を満喫し、山頂で握り飯を頬張って下山。40分でリフトTOPへ。一旦、レストハウスにより千年杉を通って下山口へ向かい、予定通り全員笑顔で下山となりました。参加された皆さんのお蔭で、今回も良い山歩きができました。感謝!感謝!
No.10 - 2020/03/08(Sun) 11:48:45
またまた後烏帽子岳 / staka
2月29日(土)ガイド協会の仲間と後烏帽子岳を歩いてきました。
前日までの雪でトレースは全く無く、膝丈程度の積雪を軽く(?)ラッセル。とも行かず、老体にムチ打ってゼイゼイハアハアと息を切らし登ります。
樹林帯の中は無風状態で暑いくらい。1600mを越える辺りからは、遠くに鳥海山が望め元気も出ます。
このまま行けば屏風の真っ白な壁も見えるかと先頭を交代しながら山頂着。
今回は、かろうじて南屏風の全貌が見え大満足です。
帰りは、脱兎のごとく(自分では)駆け下り、レストハウスで少し遅い昼ごはん。メタボ解消のため、トッピング満載のカレーライスは遠慮し掛けそばにしました。
戻りのコースは、いつものとおり千年杉コースで予定通りの時間に下山。
天気と仲間に恵まれ今回も良い山歩きができました。
さて、こんどの土曜日も楽しみです!

No.9 - 2020/03/04(Wed) 10:55:52
後烏帽子岳 / staka
2月24日(月)、後烏帽子岳に登ってきました。
朝は快晴でしたが、登り始める頃から雲行きが怪しくなり、
山頂付近は強風で、今回は屏風岳も眺めることが出来ませんでした。
今年は例年になく雪の少ない年ですが、昨日は新雪がそれなりにあり、冬のルートを辿りながらカンジキの効用を感じながらの登山となりました。
カモシカゲレンデを下りてレストハウスで休憩し千年杉コースで下山。
いつものとおり、下りると快晴の山歩きでした。
3月7日(土)はガイド協会の後烏帽子山行です。
快晴を期待したいところです。
皆さんご参加をお待ちしています。

No.7 - 2020/02/25(Tue) 14:40:07
刈田岳登る! / staka
2月2日(日)刈田岳へ登る。
澄川スキー場リフトTOPから中央コースに入るが、ここはまだヤブが濃くコンパス頼りに観光道路までやや苦戦。ここから縞ノ沢までのルートは断念し雪上車に手を振りながら大黒天へ。
大黒天様も冬眠中でエコーラインより上は思ったより雪はある。夏道ルートでひたすら山頂を目指す。
ニセ刈田辺りからは風が非常に強く、暫しホワイトアウトで立ち往生も。
山頂の神社も鳥居も硬い雪ですっぽり覆われているが、去年よりは痩せているかも。
お釜も一瞬凍りついた姿を見せてくれるもシャッターチャンスまでは譲らず。
今回は、いつものハイラインコースへは降りず来た道を下る。
1600m付近に林立するスノーモンスターは、わずかの光の中で動き出さんばかり。
今冬初の刈田岳は大いに満足。次回は晴天を期待!

No.6 - 2020/02/03(Mon) 14:40:19
2020第1回スノートレッキング / staka
1月25日(土)、国立南蔵王野営場で今冬1回目のスノートレッキングを楽しみました。
当日は、風もなく良く晴れ渡った青空となり、30名を越える参加者は神嶺林道までの往復に心地よい汗を流しました。
雪は少なかったもののスノーシューを使って樹林帯の中を縦横に駆け巡り、冬ならではのトレッキングを満喫しました。
次回は、2月15日(土)、刈田岳の樹氷原探索です。
スノーモンスターに出会えるといいですが・・・。
皆さんのご参加をお待ちしています。

No.5 - 2020/01/28(Tue) 15:59:31
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
36/300件 [ ページ : << 1 2 3 | 画像リスト ]